Manaboo 電子政府・電子申請コラム 

電子政府コンサルタントの牟田学が、電子政府・電子申請、その他もろもろ、気まぐれにコメントしてます。

NPO的な生き方を模索する:電子政府との関り方

2007年05月17日 | 作者への問合わせ
電子政府・電子申請は、公共性の高い分野です。作者が提唱する「電子申請の8原則」でも、まず第一に「社会性・公共性」を挙げています。そこで、考えなければいけないのが、「電子政府・電子申請」に対する作者の取組み方です。

行政政書士の廃業について」等でも触れていますが、改めて再確認しておきたいと思います。


●基本的な考え方

基本的な考え方は、「より良い電子政府・電子申請」を実現するために

1 問題点を発見・指摘し、解決方法を提案していく
2 より公平で自由な立場から、情報提供や提言等を行う
3 あらゆる形のコミュニケーションを大切にする

言ってみれば、「一人NPO」みたいなものです。

NPOという法的な組織になると色々と大変なので、NPO的なスタンスで個人活動していくということ。

「一人NPO」の良いところは、判断が迅速に行えて、フットワークが軽いことです。

まあ、作者一人の判断で動けるわけですから、当然ですね。


●「より公平で自由な立場」を維持するために

「より公平で自由な立場」を維持するためには、

・特定の企業や営利団体に属さない(仕事の場合は個別の契約とする)
・様々な職種や組織の人と交流する

などを心がけています。

企業とは期間や内容を定めた契約でお仕事することはあっても、顧問契約、雇用契約、役員就任等は避けています。

上記の2点は、「より良い電子政府・電子申請」の障害となる「組織間の縦割り」に巻き込まれないための予防策にもなっています。


●公共性と収益性のバランス

冒頭で述べたように、電子政府・電子申請は公共性の高い分野ですから、基本的には「お金儲け」の手段とはなりません。それは、ベンダー等の営利組織に任せれば良いことです。

とは言っても、作者も霞(かすみ)を食べて生きていくわけではないので、一定の収益も確保しなければいけません。

ここが悩ましいところで、「コミュニケーションを大切にする」考え方からすれば、政府機関であろうと企業であろうと、対価に関係なく交流することが望ましいのですが、それでは収益確保も難しく、体一つしかない作者は対応できなくなってしまいます。


そんなこんなで色々と模索した結果、現在は

・政府機関や非営利組織であれば、無償か実費でご協力する
・企業等の営利組織であれば、ご相談を含めて費用をいただく

という形に落ち着きました。


さて、こうした「NPO的な生き方」をいつまで続けられるものか、といった不安もありますが、できることなら「在野の探求者」であり続けたいと願う作者であります

ということで、皆様のご協力をよろしくお願い致します


関連>>社会に還元する仕組みを作って成功したい(nikkei BPnet)
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かわさきミュートン | トップ | 電子政府サービスにおける開... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。