goo

見に来て下さった方へ

 見に来て下さって、どうもありがとうございます
皆様、初めましてクランベリーと申します
どうぞよろしくお願い致します

ずっと見てる側だったけど、何かを伝えられたら、何かお役に立つ事が出来れば、
そして、自分が乗り越えて来た11ヶ月と、
これからを、綴っていきたいと、思います

2005年9月、突然の激痛と、大量の出血。それが、ガンの発覚だった。
私の病名は、婦人科系ガンの中で、わずか数%しか患者が居ないとされる膣ガン。
そして、ステージ鶤-b(進行ガン)。肝臓に遠隔転移アリ。

現在に至るまで、約10クールの抗がん剤治療を、
「Weekly Chemotherapy」
と言う、週に一度づつの分割投与の方法で、やって来ました。
(お薬は、タキソールとカルボプラチンのブレンド)
それに加え、放射線療法実施。リニアックとブーストと言う方法で33回照射。

約1年続いた治療は奏功を成し、成功してくれて、
2006年11/9時点で一応の治療は一区切り。

 

2010年11月で5年目を迎える事が出来ました。2011年11月で丸々5年を過ぎました。

そんな私の、笑えた事泣いた事日々のあれこれ、書いております。

『ガン患者に100の質問』へは、コチラからも見る事が出来ます

自分から中々話し掛けられない、ビビリーな小心者ですが、
お気軽にコメント、メッセージ残して頂ければ、嬉しいです
病気の話し以外もいっぱいあるけど、見て楽しんでもらえれば嬉しいな


無料レンタルメールフォーム メッセージ、メールは、こちらからどうぞ


写真や・文章などの無断転用記載は、お断り致します。
その際、一言声を掛けて下さると、嬉しいです。

商用目的や宣伝、 記事に関係の無いコメント、及びトラックバックは、
管理者の判断により、 削除させていただきますので
ご了承下さいませ。



mixi(ミクシィ)やってます!










=====================================
今年も、RFL芦屋をよろしくお願い致します。
沢山の皆様のご参加、お待ち申し上げております。
2008年・9月13日・14日開催



詳しくはこちらをクリックしてね
コメント ( 21 ) | Trackback ( 0 )

定期外来11月編

皆様、こんにちは。

ご無沙汰しております。ゆうに半年ブリ・・・(;´∀`)
皆さん、お元気にされてますか?
私は、この時期自分の誕生日と重なる事もあり、毎年恒例になってる(?)
旅へ出るつもりでしたが、今年はまだ旅へ行けてません。(笑)
理由は、体調が悪いとかそんなんじゃ無くて、
私にとっての活力であるNBAの開催が未だ不透明で、
(ロックアウト中)
観戦へ行けないと言う事が大きく占めています。
後、候補としてタイも挙げてたんですが、あの洪水でこの頃、
目処が立たず仕舞いで。・゚・(つД`)・゚・
そんな私的理由です。(誰も聞いてないしw)
有難い事に、元気に今年も誕生日を迎える事が出来ました。
もう、あれから丸々5年が過ぎました。
キャンサーサバイバー6年目です。

そんな半年ブリな11/28は定期外来の日でした。

もう、放射線科を卒業したので、女性診療科だけの診療となりますけど、
この日はCTがあり、時間的に詰まっていました。

=その前に前フリ=
半年前に訪れた時よりも更に病院内がキレイに改装されててびっくり(゜o゜;
建物の外観や、高さなどは変わって無いんだけど、内装や造りが変わってた。
節電ムード?の影響なのか、電気(照明)が薄暗いゾーンもあり、
少し患者としては心的にアレでした。。。
でも、仕方無いですかね。必要な部分に電気を優先せねばならない訳で・・・。
の割には、大きな待合室の他に、
CTなどの待合室には誰も居なくてもテレビがずっと着いてたり、
無駄な面も見え隠れ・・・。

システムが殆どデジタル化へ移行されてて、ちょい手間取ったw
都市部の病院に通ってる方は、こんなの当たり前なんだろうけど、
なんせ、アナログだった田舎の病院なもんで
(一応、大学病院なんだけどねw)
普段、スマホやパソコンを当たり前に使う我ら世代でも、
少し手惑いました。(;´∀`)
今までと一番違ったのは、血液検査をする際、
検査部に依頼されてる科からのファイルを提出する→
(私の場合は女性診療科)
そこで検査部の方達が
「この患者さんの血液検査のオーダーはこれだな」と見て容器を準備→
その準備が整ったらその容器を患者に渡され→
前もって取ってた受付番号順に検査室へ。
ってな、超面倒な手順でしたが、
今回からは(どうやら夏に導入された様子)診察券を機械に通せば、
私のデーターがすぐにバックヤード(検査部の)に届き、
受付番号が印刷されたバーコードのレシートが出て来ます。
そして、その番号がボードに点灯したら検査室に入る→
検査部の方がバーコードをピッ→
クランベリーさんですか?確認の為にもう一度お名前をフルネームでご自分で言って下さい→
「はい、クランベリーです。」と言うスピーディーな流れに。
針刺し場(採血するとこ)もカナリ大きなスペースで
看護師の方も前より大勢居られました。一気に済みますね。
今回、私は男性でしたが、まあまあ丁寧な看護師さんで良かったです。
終始無言でしたけどw
血圧が低い為か中々血が流れなくて、
三本採るのにちょい時間が掛かったかも(;´∀`)
無事済ませて次はCTへ。

同じ検査部でもこちらは放射線を使いますから、放射線科へ移動。
放射線部は前と変わらずでした。待合室がキレイになったくらいかな。(笑)
毎度の事ながら私は造影剤アリなので、
この日も同意書と共にCT室に入りました。
ここのところ、アレルギーに対してとても世間も過敏にもなってるし、
ある日突然現れるって事もある為に、過去に造影剤で副作用が出たか、
何度も丁寧に聞かれました。
正直に、
「少し膝の裏がかゆくなったり、目が腫れたりした事が過去にあります。だけど、
数時間で引きますし、主治医も大丈夫だとの事ですので造影剤して下さい。」
と言っても、看護師さんが何度も丁寧に、
「副作用が出たのはいつのCTか覚えてる?同じ造影剤でもメーカーの違いで
アレルギーが出ない事もあるから、出た時の検査、覚えてたら教えて?」
って気を遣ってくれました。
でも私、覚えて無くて・・・(;´∀`)
そしたら看護師さんが
「この前のCTの時はどうだった?大丈夫だった?」
と尋ねられたので、
「よく覚えていません。ごめんなさい」
って言うと、
「覚えて無いって事は、恐らく大丈夫だったのでしょうね。
ではこないだと同じメーカーの造影剤入れますね♪」
と言ってくれました。
中から、放射線医の先生も出て来て、
検査する前から何か要らん事言ってしもたなーって、
なんか恥ずかしくなりました。(笑)
でも、こんなにしつこく聞かれたのは初めてだったので・・・。
今回は、造影剤の量を正確に決める為に・・・と、体重も聞かれました。
これだけ徹底して聞かれるって事は、
それだけ造影剤に対してアレルギーが出る方が多いんだな、と思ったり。
もちろん検査中に身体が火照るって言う現象は皆さん同じかと思われますが。
そんなお騒がせなCTも造影剤アリで無事終了。
アレルギーを引き起こさない為にも、出来るだけ早く造影剤を体外へ排出した方が良いとの事で、
いつも通り、水分を沢山とって流して下さいねと注意書きをもらい、
次はこの日最後の女性診療科へ。

先生の数が増えた訳じゃ無いけど、患者さんの人数が減ったのか、
ほぼ予約時間内に呼ばれて診てもらえます。
この日もすぐでした。
診察室へ入ってすぐさっきのCTの結果を教えてくれました。
異常なしでした。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
血液検査の結果もこの日は出てたようで、こちらも異常なし。
だけども私としてはコレステロール値が高いって言う事が怖かったので、
ようやくお薬を出してもらう事にしました。
(主治医Nは別に気にすること無いって言ってたけどね)
この日は内診も無く、問診のみで比較的早い診察でしたね。(笑)
世間話的な、
「最近、どう?」
みたいな会話を多少して・・・。(;´∀`)
不定愁訴的な耳鳴り、めまい、たちくらみ、などはやっぱありますが、
こう言う症状とは付き合っていかねばならないんですよね・・・。
軽減は出来ても。
30代で更年期・・・切ないですけど。
そして、思い出したように(ってコラw)半年前の細胞診の結果を。
こちらも、私にとっては異常なしと言えるクラス2でした。
「細胞医の先生と僕とでダブルチェックしてるから、クラス2は大丈夫」と、
私を察してちょっと気遣いが見えた、
6年目のお付き合いの主治医Nでした。(笑)
でもその主治医N、どうやら4月から半年程出向にいかれるらしくて、
その前に診察してもらう事になりました。
次の診察が前倒しの4ヵ月後、3月末。
「このまま先生、戻って来ないんですか?それ困る〜・゚・(つД`)・゚・ 」
って言ったら、
「必ず戻っては来るんだけど、当面半年の予定だがどうなるか未定」
との事なんですって。
あー、ここで先生変わっちゃったらメゲるなあ・・・。(´;ω;`)
まあ、次回はまだN先生ですけど。
次の外来は3/26の予定です。

お薬がいつもの、
・エストラーナテープ
・デパス(睡眠導入剤としても使用)
・カマグ
に加え、コレステロールを下げる作用のお薬
・メバロチン錠10
が加わりました。
「エストラーナ」とこの「メバロチン」単価が結構高いんですね。(笑)
私の場合、次の外来までに日数がある分、
個数も多くなるからな・・・(;´∀`)
薬剤師の方が
「後発品もあるので、(ジェネリック)気軽に仰って下さいね♪」
と丁寧に言って下さいましたが、書いた通り処方してもらいました。
関係無いけど、薬局におっきな「彦根のにゃんこ」が座ってますw
めっちゃ可愛い。(*^_^*)
皆、握手したり頭触ったりするからか、黒くそこだけなってました。(笑)
お子さんとか、喜ぶでしょうね。
私も、喜んで握手してますけど。(;´∀`)(エエ大人のクセにねw)

不定期更新でほったらかしのブログを気に掛けて下さる皆様、
様子を見に来て下さってありがとうございます。
私は、元気です(∩´∀`)∩


コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

定期外来5月編

皆様、こんにちは。

半年ブリの更新です。お元気にされていますか?
私は、有難い事に、元気にやっています。(*´∀`)♪
半年も空くと、ブログの機能や仕様も様変わりしていたようで、
中々、使い辛いものがありますね・・・(;・∀・)
(絵文字挿入が分からん・・・w)

もう5月なのに、朝はとても肌寒く、そして台風の影響もあってか、
前の晩は雨が凄かったです。(゚Д゚;)
だけども、日中は日差しが痛い程で、蒸し暑い一日でしたね。

そんな5/30は、半年外来でした。
今回のメニューは、放射線科→骨塩検査→採血→女性診療科。
この前の診察は昨年の11月。
あの診察で5年を一応経過した訳ですけど、(告知され治療開始から)
本来の山場治療とも言える、
放射線+抗がん剤と言う治療を終えて、ようやく5年となりました。
まずは放射線科から。
5年が経過した事もあって、
ようやく放射線科においては、卒業出来る事となりました。
正直、長かった。
この前撮ったMRIの結果を「何とも無く、順調な経過だよ」と教えられ、
(ってか半年前のヤツ。遅いしw)
専門家からのお話に安堵しました。

5年通して、私は運良く、同じ放射線科の先生に診てもらう事が出来ましたが、
S先生(放射線科の担当医)と最初お会いした頃の私は、
全脱で心身共にボロボロの頃だった。
だけど、今こうして元気にしていられるのは先生達のサポートがあったからこそ。
長い間、お世話になりました。どうもありがとうございました。
一番最初に私と夫に「放射線治療にて100%不妊します」と告げたのは、
この先生でした。淡々と説明がありましたが、(同意書?に沿って)
今でも鮮明に覚えています。めっちゃ泣いたから。。。
(S先生が悪い訳じゃ勿論無いけどね)

この日は、骨塩検査と言う、骨の検査も予約が入っていたので、
放射線科を終えた後、向かいました。
放射線科のすぐ隣、放射線部での検査。
前回受けたのは、退院する時だったので5年前。
どんな検査だったか、忘れてましたけど、MRIなみに全身脱いで検査着に着替え、
備えました。(指輪まで外すよう指示されたのは、初めてやったw)
検査は、足と足の間に棒?みたいなものを挟んで、仰向けに寝てるだけ。
機械が勝手に私の体の上を通って、スキャンしてくれます。
息を止めておく必要も無く、痛くもかゆくも無い検査ですね。
結果は、即オンラインで女性診療科へ送られるそうなので、
検査を終えた後、着替えて次は採血へ。

いつも朝イチに採血に並ぶ事が多いので混んでるなーと感じますけど、
朝イチを外れると、そんな混んで無い様子で、すぐやってもらえました。
ここ検査部は、採血ばっか毎日してるナースさん達ばかりなので、
手際よく、すぐ済ませてくれました。今回は何故かとても痛く感じましたけど。(笑)
そして最後に向かうは、女性診療科へ。

前にも書きましたが、病院内を徐々に工事中で、ようやく妊婦さんと(母子診療科)
婦人科(女性診療科)の中待合を分けるようになりました。
(診察室の並びも1〜3、4〜6と分けてある)
これで妊婦さんを見て、落ち込む事も少なくなったと思っていましたが、
中待合は、扉一枚で隔ててあるので、誰かが空けたままの状態にしていたのか、
筒抜けになってて、びっくりしました。(笑)
何の為に、分けててんw みたいなね。。。(´▽`;)アセ
意味があって開いていたのかも知れないと思うと、安易に閉められないし。(笑)
そして中待合に呼ばれて、すぐ私の番が来ました。
まずは、前回の血液検査の結果から。(半年前のw)
問題なし。
そして次は、さっきやった骨塩検査の結果。
背骨ラインと大腿部、二つを計っていたようでしたが、背骨の方は平均年齢よりも強くて、
問題なし。(100%を超えてたみたい)
問題は、大腿部。足の付け根ラインです。
ここへは、ダイレクトに放射線を当てていた事もあり、
尚且つ卵巣機能は停止してる訳ですから、
骨も弱くなってる可能性が高いと予想されていました。
結果は、85%。
この数字は、適正範囲内でクリアだそうですが、ギリギリライン。
因みに5年前に計った時は75%だった模様。
あの頃はノンホルモンで(ホルモン入れるお薬飲んで無かった)その上、
長期の抗がん剤と放射線治療をした後だったので、数字が低かったですけど、
この5年で、自力(と言うか、日常生活で)にて適正範囲まで改善出来たのは、
嬉しい話です。てっとり早く骨を強くするお薬もあるようですが、それに頼らず
足を強くする為に、まずは自分の力で伸ばしてみようとの話でした。
足を地面に付けて足に体重をキチンと掛ける事で、付け根の骨を強く出来るようです。
(軽いウォーキングなど。私の場合です。)
そして、細胞診は前回去年の8月以来と言う事で、こちらも。。。(;・∀・)
院内が改装されて、初めて内診室に入りましたけど、診察台も新調されてました。
診察部屋数が増えた分、内診室の広さが随分狭くなりましたけど・・・。
今回もカーテン全開でお願いし、二箇所細胞を採ったようでした。
ヒリヒリ痛く、微量出血しましたけど、まあ好きではありませんが、もう慣れましたw
内診の後、再び診察室へ。
見た目にも今まで通りとの事で(前患部)内診では異常なし。
有難い事に、こちらも順調な経過なようで、次回の検診も半年後で良いとの事。
次、主治医Nと会う時は6年目を迎える時です。
残念ながらこちらの科とは、まだまだお付き合いがあり、卒業はありませんけどヽ(´Д`;)ノ
お薬を処方してもらい、この日はお終い。
デパスと、カマグ、ホルモンのお薬は、引き続きエストラーナテープ(パッチ)で。
よく貼り変えるの忘れるので、実は減ってないんだけどw(コラッ)

次の外来は、11/28。一応、名目上最後のCT検査アリ。
次の外来まで季節が又、二つ変わります。
次回は、秋ですね♪

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

定期外来11月編

皆様、こんにちは。

随分ご無沙汰しております。
ついこの間、アメリカ旅より戻って参りました。(Boston+NY)

月日が経った間に、有難い事に誕生日を無事迎える事が出来、
その誕生日を今年は大好きな街の1つ、NYで迎えられ、
また1つ思い出となった誕生日でした。
と、共に、無事5年と言うガン患者の縛りを越せる事となりました。
しかし、他の皆さんとは違い、私は当初の状態がカナリ重篤だった事もあり、
これからも、定期的に通院せねばならない、と言う事になりそうですが、
一応、主治医の「心配枠」から外れる事が出来て、とても嬉しく思っています。
支えて下さった皆様、医療チーム、家族、友人、仲間達にホントに感謝です。

11/29は、一応定期外来5年の最後の日でした。
放射線とMRIもあり、かなり時間的に忙しかったですけど、
ちゃんと間、間に入れてくれてあったので、待ちぼうけする時間も無く、
午前中の間に全て終わりました。
放射線外来は、6ヶ月ブリだったんだけど、特に問題も無く順調な経過。
しかし、最初に抗がん剤治療だけから始め、
患部を小さくしてから放射線治療に進んだので
放射線治療を行ってからはまだ4年半。。。と言う事で、
放射線の最終外来は後1度、半年後の5月にある予定です。
ここで問題が無ければ、一時放射線科からは遠のける予想です。(先生談)
放射線の次の外来は5/30の予定。

続いて、MRI。
久々に撮ったと言う事もあり、色々と禁則が変わっていました。
まず、女性に関わるメイクの中で、
マスカラとアイシャドウを着けてはいけない、と、
同意書を書いた時に、注意がありました。
今まで一度も言われた事ありませんでしたけど、どうやら微量かも知れ無いけど、
鉄粉が含まれているかも知れないので、念の為・・・とのお話でした。
なのでこの日の私は目元メイクの無い、とてもボヤっとした顔にて来院・・・。(笑)
そして検査着に着替えて撮影開始。
私は造影剤付きの検査なので約1時間ほど、掛かりました。。。
最初、あの爆音がうるさく感じているのに、途中から慣れて来て、
筒の中で眠れるようになってるってのに、自身でもびっくり。(笑)
でも、あの筒の中に閉じ込められるって言う感覚は、パニックになりそうになりますね。
最初、ドキドキが中々おさまらなかった。事無きを得ましたけど。
CTは早く終わるけど、被曝するし、
MRIの方が造影剤も検査自体も身体にまだ優しいですが、
用途によりけりなので、仕方ありませんね。

1時間の筒体験を終えた後、女性診療科へ。
最初に書くのを忘れましたが、病棟、院内、ロビー、
全てにおいて何年か計画で改築工事を行っていて、
ようやく、メインゲートの部分がこの日に美しく生まれ変わった模様。
外来部の待合い、診察室も様変わり。
良くなった面は、女性診療科と母子診療科(妊婦さん達)と、
別々になった事。。。中待ち合いの中では別になっています。
これだけでもストレスは減りますね。(笑)妊婦さんが悪い訳じゃ無いんだけど。
私達にとっては、ナーバスになっているので、こう言った配慮は助かります。
中待ち合いに通され、すぐに主治医が私を呼びました。
今まで診察室の番号が「4」だったのですが、
この日の新診察室から「3」へ変更になったらしく、
最初、アナウンスで間違えて
「ベリーさん、第4診察室へ・・・いやいや、第3診察室へどうぞ」
と言い直していたのに、ウケましたね。(;´∀`)
血液検査も問題無しの範囲、この間の細胞診もOK、
そして先程撮ったMRI画像も、主治医が見る分には問題なし、
後は、放射線の画像診断専門医の方からの見解待ちだけども、
恐らく問題無いだろうとのお話でした。
一応ガンで言われる「5年経過」と言う意味合いの縛りは越える事が出来ました。
主治医も未だに、
「最初運ばれて来た時は、どうなる事かと思った。
まさかこんな日が来るなんてね。(´∀`)僕も嬉しい。」
まさかってどう言う事よ・・・(笑)とか思いましたけど、ホントに有難い話です。
感謝しています。
と同時に、同じ先生に5年間ずっと診て貰えた事が私にとって嬉しい事でもあります。
私の担当看護師だったYちゃんは大学院へ行き、未だに勉学に励み中なのだとか。
助産師のその上の資格を取るため、自分のスキルアップだそうです。
この日に会えなくて残念ですが、心からエールを送りたいです。

5年終わってしたかった事、主治医の先生と写真を撮る事。。。
この日、一緒に主治医と写真を撮りました。(・∀・)
「緊張するなあ。。。」
とか言いながらも、笑顔で対応して下さいました。(載せませんけどw)
ご自分の顔が大きいって認識なさっているのか、遠近法を使いながら、
私からのけぞってたのが、笑えました。(笑)

先にも書きましたけど、幾ら5年縛りを越えても、
私は定期的に診察をまだこれからも受けなければならないようで、
次の外来は半年後の5/30。
放射線の診察日と揃えてもらいました。
次の外来では、骨塩検査も併せて受ける事に。

次の外来が半年後って事で、4月も越えるし、
もしかしたら先生居なくなってるかも・・・との心配があったので、
尋ねてみましたら、無いとは言えないけども、もしこの病院を離れたとしても、
出向扱いでいずれは又戻るから・・・みたいな、答えでした。
ちょっとドキドキですけど、5年も診て貰えた事に感謝ですね。
まあ、次の外来の予約票の主治医の名前は「N」となっているので、
今の時点での異動はなさそうですけど。
====================================
ロクに更新もしないこのブログに沢山の方が集まって下さり、
とても嬉しく思っています。
お付き合い下さった皆様、そしてmixiから気に掛けて見に来て下さる皆様、
ありがとうございます。
暫く、更新を致しませんが、自分の記録の為にも、
そして、同じく病に寄り添っている方々へ、
何らかの情報として発信出来ていればと思い、残しておく事にしました。
(まだ辞めないけどねw)

※あまりにmixiにログインしない為に、IDやパスワードを忘れてしまい、
ログインする事が出来ません。(笑)
メッセなど送って下さった皆様、返信も出来ず放置でごめんなさい。。・゚・(ノД`)・゚・。
中身も読めていません。。。ごめんなさい。。。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

定期外来8月編

皆様、こんにちは

すっかりもう外来報告のみのUPdateになってしまっているのに、
何度も、足を運んで下さる方々、気に掛けて下さりありがとうございます☆
有難い事に、元気な毎日を送っています(´∀`)ノシ

さて。
あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、真夏真っ盛りな8/19は定期外来でした。
(ホントは、8/16の予定でしたが、自らの都合により日程変更させてもらったので)

日を変更させてもらったと言う事もあり、朝イチでの枠しか空いてなくて、
いつもよりも早く、受付INです。(;´∀`)
いつもの受付のお姉さんがいらっしゃらず(曜日が違うから)
採血アリを忘れられてた模様。
(その後診察後、帰り掛けに採血)

今回は女性診療科1つのみの受診だったんで、気分的にもラク♪♪
だけど、内診がある(だろう)ので、心中はドキドキでしたけど(;´Д`)

程なくしてすぐ呼ばれ、比較的スムーズに診て貰えました。
主治医Nに会うのは3ヶ月ブリ。
「最近、身体の不調的な事は無いかな〜?」
みたいな問診から始まり、前回の採血の結果から。
別段、問題なしで、いつも通りだった模様。
(3ヶ月前の結果だけどw)
私の方から、身体の火照りがカナリを感じる、との訴えに主治医Nは、
ボケ抜き、本気顔で
「それは、夏だからじゃないの?」
と言われ、ショック。(笑)
確かに、夏で気温も高い事も左右されてるとは思うんだけど、
クーラーをつけた部屋で寝ていても、過ごしている時間でも、
あの独特のホットフラッシュ的なものが「カーッ」とやってくるので、
その旨を状況説明→主治医N、やっと納得・・・みたいな。((´∀`))
今まで、女性ホルモンをほんの少しだけ経口薬にてINしていましたが、
更年期的な症状を緩和する為にも、もう少し効き目が期待出来るであろう、
貼り薬?パッチみたいなモノにお薬変更に。※エストラーナテープ
今までのお薬、プレマリンの説明書きには、書いてなかった、
「更年期障害の症状を和らげます」
との説明のみがこのエストラーナテープには書いてあり、
ちょっとショック。。。(´Д⊂ヽ
確かに、排卵しないって事はそう言う事なんだろうけど、
まだ私30代。。。更年期・・・か・・・受け入れなければいけない現実ですけどね。
なんか改めて、切ない・・・デス。。゚(゚´Д`゚)゚。

話は少しそれるけど。。。

※ここからはちょっとツンデレ病んデレです。。。グチっぽいって言うかw
聞きたく無い方は自己防衛にて、読み進まないで下さい。(笑)

============
この更年期的な症状って、目に見えないだけにとても厄介。
私は自律神経失調症もある為、健康な同世代には理解されない面や、
まあイワユル、メンタルでも病んでるワケでして、
周囲に中々解ってもらえないのが辛い。。。
大切な人だけに理解してもらえれば、それで良いって事ですが、
母にはこの症状が理解が出来ないらしく。。。(笑)ちょっと悲しいっす。
母の世代は心的病+更年期的な症状は
「本人のやる気次第、モチベーションの持ち方次第、病は気から」
とスパッっと斬る世代なので、症状を話しても平行線です。(笑)
メンタル的な話は、少し置いといて。。。
外見に解る症状?として、シミも増え(色素沈着的な)
髪がカナリ薄くなって来たって事が、とてつもなく悲しいです・・・。
まあ、白髪は染めればなんとかなるけど、(まあ、それもショックだけど)
この髪の細くなりようったら、無いですね。
頭皮、地肌が透けて見える程ですし。
今年70歳になった母も、今同じ悩み。(笑)=髪薄
私の外見は、もう20歳は衰えていっているのかも知れないですね。
気にしすぎ!と言われるかも知れないけど、
明らかに、治療後と治療前では、髪の量が違う・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
(全脱してから、確実に変わってしまった)
元気になれただけでも有難い話なのに、欲がどうしても出てしまう。
今更なのに、「どうして自分には子供が出来ないのか」は、
日々自問自答、自責の念でいっぱいです。。。
そして、
「子供が居ない=自分の時間が持てて良いじゃない、好きな事も出来るし♪
自分にも投資出来るし、無いものねだりだよ」
的な事をたまーに言われるのも憂鬱。。。
無いものねだり???ここは過敏反応です。(笑)
命があれば、時間は自分で作れるでしょう。
子育てが忙しく、自分自身に投資が出来なくとも、努力でなんとかなるでしょう。
しかし、私は医師に「100%不妊」と言う事実を突き付けられたワケで、
自分のDNAを引き継いだ子を持つ事は、努力しても一生出来ない。
医師が「100%」って言い放つってホント、絶対無いって意味ですよね。
可能性すら無いのですから、「不妊」と言う事を、
まだ可能性が僅かでもある方々の「不妊」と一緒にしないで頂きたい。
そして、
「そんなに子供が欲しいなら。。。産みの親より、育ての親って手もあるよ
(里親制度や養子縁組)」
的な話をされる事がありますが、
(ここは考え方、人によりけりだと思います。悪いって言ってませんよ。)
だた私と夫、2人の考えでは受け入れられないので、無理。。。
こうなると、落ち込みスパイラルに。(笑)
私のせいで100%の不妊なワケだし。。。

結婚して12年、子供を持てないだろう身体になって約5年。。。
私の病気の情報を知る知人友人から、
未だに子供のみの顔付き年賀状が送られる始末・・・。
単に私の僻みだと言う事は承知です。。。だけどやはり辛い。
そんな中、今年(と言ってももう後3ヶ月で今年も終るんだけどw)
の年賀状の一枚に、
「娘と一緒に作りました」
とあとがきされた、折り紙で切り絵された年賀状には、
ちょっと感激した。。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
娘っ子達の顔と友人の顔が浮かんだ。。。
子供の話を書くと、延々になるし、更に落ち込むし、
もうここいらでツンデレ病んデレは止めておきます。。。(笑)
心無い事を言う人も居るけど、支えてくれてる方達が居てくれる事も事実。
そう言う友人、知人、家族、医療チーム、
ブログで共感してくれる仲間の皆様に感謝です。いつもどうもありがとう☆

又、ツンデレ病んデレにな記事になったらスミマセン(´Д⊂ヽ

=============
話戻って。
程なく問診が終った後は、内診+細胞診へ。
朝イチなので、内診室もすぐに呼ばれました。
支度をし、内診台に上ろうとしたら、今日の看護師さんは、
私が入院してた頃、まだルーキー級の働きっぷりだった、
あの頃、若かった方でした。(・∀・)
向こうから「あ、クランベリーさん!」と声掛けてもらいましたので、
少し話ました。(下半身裸状態でw)
ご結婚されたようで、病棟勤務から外来勤務へ異動されたとの事。。。
あの頃とは違い、ハツラツとお仕事、されてました♪
私の変貌ブリ?にカナリびっくりしたようで、
どれだけ、入院中ぶすっとしてたのかと思うと、恥ずかしくなりました。(笑)
〜私の愛しい「担当看護師Yちゃん」は、もう結婚したのかな。。。
風の噂では、Yちゃん、助産師の更にまだ上の資格をとるために、
再度大学へ進学したとか、しないとか。。。
Yちゃんとは恋愛ネタも話したなぁ。元気かなぁ。。。〜

すぐ先生が到着し、内診が始まりました。
と共に、細胞診。もう慣れてきましたけど、やっぱ痛いっす。(笑)
いつも通り、カーテンは全開で。
私をリラックスさせるために、色々話をしてくれてましたが、
私はそれどころでは無く・・・。(;´∀`)
神経がどうしても、内診+検査の方へ集中してしまい、
話半分でした。(笑)
主治医Nは、内診が上手いのです、すんなりささーとしてくれました。
経膣エコーも済ませ、終了。
次は又診察室へ。
細胞診の結果はすぐには解りませんが、
内診では、別段問題なし、昔に比べカナリスムーズに出来るようになったと。(・∀・)
(硬化してた部位が、カナリ柔らかくなって来たとの事)
今回ホルモン薬を変えた事で、(貼り薬の更年期症状和らげるってヤツだけどw)
更なる柔らかくなる事に期待が持てるかも、との事でした。

そして、話題は次の外来の日程へ。
3ヶ月後は、私の5年経過です。。。
他の皆様のお話を読むと、治療が終って5年と数える方が多数でしたので、
その旨を先生に、もう一度尋ねてみました。
すると、治療を始めた日から数えて5年、との事。
私は1年間治療をしましたが、その1年の間、効果が見られ、兆候も無かった為、
治療開始から勘定する、との事でした。
後3ヶ月で、イワユル5年が経つワケです。
私は、完治とは見なされないけど、(病院と縁は切れない)
ここまで来れた事に、今を楽しめる事に感謝です。
前回の外来でも、
「まさか、ここまでになってくれるとは正直思わなかったよ、
あ、でも僕はクランベリーさんに、何かあるとは思わなかったし、
何にも無いって信じてたけどね(笑)」
と、調子良さげでしたが、私も含めて先生だって喜んでくれる事に、
又、嬉さも倍増です。まだ後3ヶ月ありますけど。。。(;・∀・)
そして、
「もう、次の外来では5年経った事になるから、最後のMRIを撮らせてね」
と、MRIの予約を入れました。
「最後の」
か。。。
CTの方は、定期的に撮らねばならないとのお話でしたが、
もう、輪切り画像で調べ無くても心配無いとの、先生の判断。

いつも月曜日の外来ですが、今回は木曜日だった事もあり、
あのI先生が戻って来てるって事で会いたいな〜と主治医Nに言いましたら、
どうやら、タイミング的にお忙しかった模様で、会えず仕舞い・・・(´Д⊂ヽ
隣りのお部屋で診察中でした。
又、お楽しみは次って事で。(・∀・)
お薬の処方はいつも通り+貼り薬。(プレマリンは止め)

この後、採血をし、お薬もらって終了。
今回の薬剤師さんは、すんなりお薬くれて、質問もされなくて良かった。。。

次の外来は、11/29の予定です
放射線科、MRI、女性診療科、とフルコース。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )

定期外来5月編

皆様、こんにちは

随分とご無沙汰しております。
最近、定期的にしか更新をしなくなってしまったので、
ここを見て、私の便りを知られる方々も多いようで、
ご心配お掛けしています。
気に掛けて下さる皆様、どうもありがとう
有り難い事に、私は今も元気でやってます
今は、毎日趣味のブログを更新するのに精を出し、
大好きなNBAをネットで観戦の日々です

そんな中、5/17は外来DAYでした。
半年ブリの放射線+CT検査、併せて女性診療科。
放射線→採血→CT→女性診療科 と言う順で。
忙しいスケジュールに思えて、全て時間差の続きで予約をとってもらっているので、
割りとスムーズにいきました。女性診療科の待ち時間以外は・・・(笑)

放射線、半年ブリですけど、まあ特に何も問題も無く・・・
もう放射線治療を終えて4年経ちます。
何も特に問題が起きない事に感謝しつつ、
引き続き、まだ半年毎に診察です。
次は11月。
半年空くと、季節が2巡しますね。(笑)
11月は、私にとって忘れられない日がある大切な月。

続いて採血、CTの予約があるのでそれに併せて順番を今回は、
とっておいてくれました。助かった。(笑)
思ったよりも採血がすぐに終わったのでCT時間までしばしのんびりと。
予約時間よりも早目に受け付けに行くと、なんと早く呼んでもらえました。(笑)
何度やっても、あの筒好きにはなれませんね。
CTの機械が熱を持つから?なのかはどうか解りませんが、
いつもあの部屋、寒い。(笑)
CT機が変わっていました。あれは、最新機器なのかな?
メーカーまでは確認出来ませんでしたが。
そして、大嫌いな造影剤、打つですよ( ´Д⊂
同じ量、同じ液なんだろうけど、今回は凄く体に負担が掛かりました。(´ヘ`;)
あの熱くなる感じは、なんとも言えん、嫌な気分になりますね。
でも仕方無い、画像をクッキリ見るために私には必要だとの判断なので。
針を刺したまま、手をバンザイして筒に入る際、
針を刺した方の腕、痛いです(笑)我慢しますけど。(^^ゞ

CTを終え、続いては女性診療科。
今回は、ココで一番待たされました・・・(・_・;)
中待合に入ってから1時間は待ったと思う。
次第に忘れられてんのちゃうかな?と不安になった頃、
私が呼ばれましたよ(笑)
前回やった採血の結果と、細胞診の結果から。
(3ヶ月前の結果やけどw)
細胞診はクラス兇濃笋砲箸辰討OKライン。問題なし。
採血に関しても、問題なし。
有り難い事です。
それに加え、さっきやったCTの画像がオンラインで送られているので、
そちらも見ながら、問題なしとのお話。。。
そして、先生が病状とは関係の無い話を少し話をし出しました。
それは、4年前異動になったI先生の事。。。
「I先生の事、覚えてる?」
と主治医N先生が聞いて来たので、
「もちろん、覚えてます!だけど、患者さん沢山居られるし、
 I先生は私の事は覚えてらっしゃいませんよね?」
と答えました。
すると、I先生が病院へ戻って来てると言うのです!4年ブリに!
その上、私の事は覚えていてくれていて、
(ある意味、重篤患者だったと言う事で・・・(^^ゞ)
今、元気に毎日を送っていると言う事を、信じられないと仰っていたらしい。(笑)
:主治医N談

4年半前、最初に運ばれて来た時、医療チーム誰もが私の状態にうつむき、
見通しをつけられず、先行きも絶望だろうと予想していた・・・と、
今更ながら主治医Nが私に言いました。
I先生は、まさか何事も無く4年半も私が過ごしていた、とは、
思いもしなかったようです。失礼しちゃうわ〜(笑)
そのくらい、私は最重篤患者であった事は確か。
失ったモノは沢山あるけど、同時に今の私がある事に感謝しなければ。
そのI先生は月曜日では無く木曜日、外来に来てると言うので、
会いたいなら、木曜日に来てみて、と主治医Nが私を促しましたが、
次の外来の予約も月曜にしてしまい、会えるのはまだ先になりそう。(笑)

I先生とは、あの辛い現状を私と家族に4年半前、全て告知した先生・・・。
主治医では無かったけど病棟医長だったので、入院中はよく面倒みてもらった。。。
あの頃は泣いてばっかりだったからな、私は。(笑)
いつも声かけしてくれて、励ましてくれた、アニキみたいなI先生。
ようやく治療が半年過ぎたか・・・と思われた頃、
異動が決まって、あの時はとても淋しい思いをしたっけ。
その頃からもう4年。

私と同じ症例の患者さんを、主治医Nは今診ているんだけど・・・と、
話してくれました。
(年齢は私よりも随分上のようですが)
だけど、それ以上をお話にならないので、
私も聞きませんでした。
その患者さんが、良い経過を辿りますように

お薬を処方してもらい、
今日の診療はこれでお終い。
次回は、8/16。お盆明けです。
=================================
もう、何度も経験してるし、相手に悪気があるわけでは無いとは解っていても、
薬剤師の方の、お薬についての説明、困る事が多々あります。
いつも同じ薬局に行っても、担当の方が変わる事もあるし、
その上、病名を知らないわけですから、(多分)
お薬の説明は、薬剤師さんのお仕事。。。
それは解るんだけど、処方通りにどうしてすぐ出してくれないんだろう。
質問とか、しないで欲しい。
ここで、何か私がお薬に対して症状を訴えて、処方が変わるのか?と言いたい。
そう言う事は、主治医と話す事でしょう?違うのかな?(^^ゞ
今回は、女性ホルモン剤服用について、
「生理は順調に来てますか?」
と聞かれ、悔しくなりました。解りますよ、もちろん悪気無いのは。。。
でも、他にもお薬を待ってる患者さん居られるのです。
その中で私は、
「生理はありません」
と、何度言って来た事でしょう。。。
空気が読めない方は、それに加えて
「どうして来ないの?生理。。。」
って、言う人居たりね。(笑)
今回の人も、この言葉手前まで言う感じの薬剤師さんだったので、
間髪入れずに、
「治療により、生理は来ません。主治医の指示通り出して下さい」
と言いました。
もっとどうして、すんなりいかないんだろう。。。
その後、ジェネリックのお薬の話までして下さいましたが、
ここで、お薬を変更する事は出来ないワケでしょう?
医師の処方箋が要るワケですよね?なのになんで、ここで言うの・・・(笑)
感じの良い薬剤師さんだったので、悪気無いのは解ります。
だけど、私と同じように切なく思う女子も他に沢山居るんだ、って、
解ってもらえると、嬉しいな。
=================================
5/15はIさんの命日。
もう3年になります。

Iさん、私は今日も元気に前を向いています。
下を向く事もまだまだあるけど、なんとか笑ってます!!

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

定期外来2月編

皆様、こんにちは

前の外来から随分日が経った為、更新しない間に年は越すわ、
すっかり真冬モード。
そして暦の上では立春も過ぎ、もうすぐ春。

ご無沙汰しております。
ロクに更新もしない私のブログへ、沢山の方が様子を伺いに見に来て下さったり、
メールフォームより、直接メールを下さったりと、
気に掛けて下さり嬉しく思っています。
いつもどうもありがとうございます。

趣味のブログより、もう既にご存知の方も居られるかも知れませんが、
先月、1人旅より戻って参りました。
今回の行き先はボストンオンリーで、趣味を最大に満喫出来て嬉しかった。
ホントはNYに住んでる友人にも会いたくてNY経由で計画してたのですが、
友人も丁度その時期、NYを離れて旅へ出る・・・と言う、
最悪なタイミングだったので、ボストンだけ廻る事に決めました。
大好きな街、ボストン。京都と姉妹都市のボストン。
元気をくれるPlayerが居るボストン。

スポーツ観戦を1人でするのは、少し淋しい気もあったけど、
アリーナへ入れば、そこでは皆が仲間。ヽ(´ー`)ノ
前回は相方クンと一緒だったので、地図なども心強かったですけど、
今回は、1人旅だったので全て自分に返って来るし、
途中、メゲそうになった事も何度もあったけど、
これも、修行の1つですね。(笑)なんとかなりました。(^^ゞ
旅の様子にご興味のある方は、クランベリーツアーズより、
ご覧下さいませ。日付が一番新しい分が、今回の旅日記です。
(前回もボストン行ってるので、風景とか似たモノ多いですが)
=================================
只今、冬季オリンピック真っ最中の世の中ですが、
私はNBAのオールスターを週末は観戦し、
開会式も上村愛子さんの感動のインタビューシーンも、
文字などで拾ってはいますが、
全て「観逃して」居る、社会と関わりの薄い私です。(笑)

オリンピックと言えば、前回のトリノオリンピックで、
荒川静香さんが金メダルを獲った演技を、
生放送で偶然病床から見ていた。
あの頃私は、治療を始めたばかりで、抗がん剤の副作用に悩まされ、
髪も無く気力も無く、楽しい事なんてひとつもなかった。
いつになったら、この地獄のような日々から解放されるのか、
終わりは無いのか、長いトンネルをずっと歩いて行く、
そんな心中だった4年前。
1ヶ月前に進み、半年進み、1年進み。
2年後、北京オリンピックを観る事が出来て、
そしてその2年後・・・今・・・バンクーバー。

あれから4年。
私は生きてこれたんだなあと、今更ながら嬉しく思う。
4年前は、4年後があるだなんて思えなかった。
とりあえず、日々ノルマのようにこなさなければならなかった、
治療をしていくこと・・・それで精一杯だった。
今、ここにこうやって居られる事に感謝して、
又、自分の人生を後悔無いよう、歩いていきたいと思う。
言い訳ばかりして「だって、〜だし・・・」など言ってる間は、
何も叶わないって思う。

私の好きなPlayerの1人の言葉。

「Anything isPossible!!」

「命」と言う時間がある限り、挑戦していくことは可能なのだから。
================================
長い前フリ、お終い!(笑)
ですが、この先の記事もカナリの長さです。(^^ゞ
自分の記録として残しておく為にも、細かい事を書いています。
読んでいてカナリ、いらいらする箇所もあるかも知れないです。
ごめんなさい。
================================
昨日2/15は、4ヶ月ブリの外来でした。
今、病棟内は建て替え、建て増しのリニューアル中で、
今まであった所にあったモノが無くなっていたりと、
少しづつ新しく変身中。

今回は、女性診療科のみの受診だったので、
気もラク・・・なはず・・・ですが、内診が予定されいました。(笑)
採血を終え、女性診療科へ。
ゆくゆくは、産科(母子診療科)と婦人科(女性診療科)を分ける為に、
診療科の名前を2つ掲げていますが、
待合室は未だに同じで、自分のその日の心理状態にもよりますけど、
ちょっと憂鬱な時間です。(笑)

程なくして中待合へ呼ばれ→診察室へ呼ばれ久々に主治医Nと対面。
なんか、先生の顔を見るだけでホっとします。
今だからそう思えるけど、当初(4年半ほど前)はぶっきらぼうで、
無愛想でしたけどね。(笑・先生、ごめん)
お互いに年もとりました。((´∀`))
今では先生以外に診てもらうのは、嫌だと思いますがね。
産婦人科医が少ない昨今、非常に贅沢なワガママですが・・・(^^ゞ

初めに、「最近の調子はどうかな?」から問診が始まったので、
やっぱり今も起こる
「貧血、立ちくらみのような症状や、息苦しい、動悸のようなものがたまに起きる」
を、言いました。
すると、先生は

「貧血と言う状態は字の如く、血が乏しい事で、あなたの状態、
 血液検査の結果などを見ても、貧血症状は認められい」

と言う結果だそう。
私の場合、低血圧なので、血液を頭に送る力が弱い(要するに低血圧)
からふらっとする事があるんだと言う。
これは、貧血と呼ぶのではなく「貧血のような似た症状」なんだそう。(笑)
本当の貧血だったら、常に身体がだるくふらふらしているし、
血液検査の結果などからでも顕著に表れるけど、
私のは、違う。たまに起こるし、血液検査は異常なし。

そして、よく思い出してみるとこの症状になる時、
幾つか共通点が話していくと見られた。

・人が沢山集まるところ
・強度の緊張がある時
・不安な事を抱えている時(これはある意味ずっとなんですけどね)
・電車や、飛行機など密閉されるような空間
・自分の意思とは反して、人に会わなければならない時
 (要するに、「付き合い」と言う類です)
・決断を迫られる時
・嫌だと断れない時

などです。
こうやって、書き挙げてみても解るように、
精神的な面で起こると言う事ですね。
すると先生、

「あ〜、それは過換気の症状だね」 ※過換気症候群

と言われました。
どうやら心因的なところから来ていると言うのが、
濃厚のようです。。゜(゜´Д`゜)゜。
息苦しさと言うか動悸のような症状は、
卵巣欠乏症?かと勝手に思っていましたが、(いわゆる更年期障害)
こっちだったようです・・・。
※過換気症候群と、過呼吸症候群は間違いやすいけど、異なる症状※

この症状のなり始めの頃は、
少し人が多くて火照ったかな?気分が悪くなったのかな?と思ったり、
興奮し過ぎかな?とも思ったけど、(間違ってはいないですが)
1人で家に居ても起こる事があるようになったし、
逆に人が多い場所でも大丈夫な時もあったり、
応援しながら興奮しても大丈夫だったり・・・と、
まちまちな事から、心の病なのだそう。(精神的な病)
前にも、「深く物事を考え過ぎない、ストレスを溜めこまない、リラックス」
と注意されたけど、でも溜め込んでる自覚が無く、
どうしようも無い。(笑)
だって、趣味だって楽しんでいるし、美味しくご飯も食べられるし・・・。

でも、知らず知らずに不安要素などを溜めている事が後で解ったり、
私の場合、自己に過度なプレッシャーをかける事が多いので、
これも原因の1つであるのでしょう。
飛行機に乗る前にも軽く倒れそうな感に襲われましたが、
乗ってしまうと無くなった。しかも行きの最初の搭乗の時だけ。

今回、1人旅に出た際一番自分へプレッシャーを掛けた部分は、
NBA観戦においてでした。
「倒れませんように、倒れませんように」
と呪文のように唱えれば唱えるほど、
やっぱりここで貧血状態のようなモノが起きてしまい、
試合を最後まで観戦して帰る事が実は、出来なかった。
(でも、幸運な事に試合残り2分半ほどまでは観られた)
1人だった事もあり、1人で宿へ夜遅くに戻らねばならない・・・
もちろん想定内の話で、分かっていた事なのですが、
これがプレッシャーだったと思われます。
旅に出る際、病気と共存してからは保険に入って出るのですが、
(旅行先でだけ使える保険)
今回は、本当に使わなければならないか?と思うくらい、
頭がふらふらし、貧血に似たような状態で倒れそうになってしまいました。

チケットを換券してアリーナへ入るまで1時間ちょい並んで待ち、
その後、アリーナへ入り席を確認したと同時に、
人の多さ(2万人ほど)にびくついて、
「もし、この中で気分が悪くなったらどうしよう」
と、前回相方クンと一緒に観戦へ行った時に分かってるはずなのに、
不安要素爆発。
この事件が到着1日目のお話。
でも、1人旅の良い面は、スケジュールを自分で調整出来るところ。
翌日、ゆっくりとしながら過ごすうちに、
昨日の症状の事を忘れていました。(笑)
そして、それ以降、旅の間は「貧血のような症状」は出なかった。
バスケの観戦を到着日と、最終日、2度予定していたので、
旅、最終日の観戦時は、気分をラクに持って、
私の本来の使用方法で無いけど、
予防として「デパス」を飲んでおく事にしました。
(自己判断)
やっぱ大丈夫だった。ヽ(´ー`)ノ
ホント、心もちひとつなんだなと、今になって思います。
リラックスと、考え方を変えて見るは違うと思うのです。

バスケを観る様になってから、ライターの方より教えてもらった言葉、
PMA
P=Positive  M=Mental  A=Attitude

何事も前向きに考える、捉えてみる、
この発想の転換で少し心がラクになったりもします。ヽ(・∀・)ノ゜+.゜☆
「まぁ、なんとかなるやろう」
このくらいで良いのかも知れませんね。
しかし、これを自然と出来るようになれればもっと良いのですが。

とても話が反れてしまいましたが、
自己判断でデパスを飲んだ経緯について、
先生に報告し、相談したところ、
本来、私にとっては寝付きをよくする為に今飲んでいるデパスを、
頓服として1日3錠まで、毎日で無ければ飲んでコントロールしても良いよ、
との話になりました。
不安要素などを解くお薬として「コンスタン」があるのですが、
まぁ、今飲んで居るお薬で安心出来るのなら、
そう言う使い方をしても良いとの事。

この一連の話を、端折ってですが先生に聞いてもらっています。
先生も、大変。(笑)面倒な患者ですねー私は。((´∀`*))

そして、内診。
前回の前、7月から細胞診してませんから、必須ですね。( ´Д⊂
あ〜嫌だわ・・・数え切れないくらいやっても、慣れないです。
その前に、診てもらえる事に感謝せなばならないのですが。(^^ゞ
しかし、随分ラクに内診を受けられるようになりました。
(心因的にでは無くて)
経膣エコーも入り口の少し入った部分までして、
(患部は、入り口なんですけどね)
細胞診にて、数箇所、患部と他に採取して、内診終了。
看護師さんもこの4年半の間に随分変わりました。
いつもの方に当たる日もありますけどね。
今回は違う方でした。(おっとりとした話しやすい感じの看護師さん)
そして、内診台も変わってた!びっくり。
と言うか、前までのウチの病院の内診台が、
旧式過ぎたんですけどね。(笑)
変わって居ないのは、有り難い事に主治医Nと、
受け付けのお姉さん。(笑)
でも診療科の受け付けのお姉さん、テキパキしてくれるし、
凄い有り難い。もう私がどんな病気で、何しに今日来ているのか、
4年半も見てれば覚えますね。

内診が終わると、又診察室にて診察。
次の予約を入れ、お薬を決めてお終い!
外来日が2/15だったと言う事もあって、
ボストン行った際に買った「チョコ」をお土産に持って行こうと、
前日まで覚えていたのに、当日ころっと忘れてしまい、
先生の手に渡る事はありませんでした。(笑)
私が、食べます。ヽ(・∀・)ノ゜+.゜☆

次の外来予定は、5/17。
私の青春とも言えるNBAはその頃Playoff、
GWも過ぎて、良い気候になっているかな?
併せてCT検査と、放射線外来もアリ・・・。 

自分が健康だった頃、心の病だなんて気のたるみやろ!なんて、
思っていたけど、実際自分がなると分かる。
どこへ行っても不安が付きまとってきて集中出来ない。
許せる自分と、自分をいつまでも許せないもう1人の自分。
ごめんね・・・あの時私は友人を傷つけていたかも知れない。

今でも母親は、「病は気から」の思想の下、
私がいじいじしている姿を、ウザく思う面もあるようですが。(笑)
私には、没頭出来る好きな事と、趣味の旅、美味しい物を食べる事、など、
生甲斐とも言える事を幾つか楽しみとして持てているので、
こんな私になってしまった・・・のでは無くて、
これが私!と思えるまで、時間が掛かりそうだけど、
受け入れていくしか方法は無いですね。

ブログの文章が、やさぐれてきたら、すみません!(笑)
きっと、心がすさんでいる時だと思って、
温かく見守ってもらえると、有り難いですヽ(´ー`)ノ

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

検診外来11月編

皆様、こんにちは
ご無沙汰している間に、もうすっかり秋も深まる季節になりました。
いつも放ったらかしの私のブログへ、
毎日沢山の方が見に来て下さり、様子を気に掛けて下さる事に、
感謝しています。いつも、どうもありがとう!

この前の外来は7月でしたから、その時から4ヶ月も経ちました。
その間に、ガン患者と呼ばれるようになって丸4年を過ぎ、
5年目に入りました。

そんな昨日11/16は外来DAY。
久々で少し緊張+放射線の検診もあったので、尚更緊張。(;・∀・)
まずは、放射線外来から。
ガン治療としては、5年目を迎えますが、
放射線治療はガン治療が始まってから半年経った頃から始めたので、
(当初は先にケモにて腫瘍を小さくしてから、放射線との併用治療へ移行)
今3年半の経過観察と言う状態です。
この前(と言っても5月)CTを撮った際に、
肝臓に小さな「のう胞」が写っていたとの事ですが、
これは、「小さな水ぶくれのようなモノ」らしく、
問題無いのだそう。そして、この「のう胞」は数年前のCTから、
写っていたと言う事実を、昨日初めて、しかも放射線医から聞きました。(笑)
主治医Nからは、一言も聞いていなかっただけに、少しびっくり。(;・∀・)
でも問題無いから、きっと今までも言わなかったんでしょう。
私のビビリーな性質を察して。(;´∀`)
その他は、取り立てて何があるわけでも無く、順調な経過です。
特に、報告も注意も無く検診を終えました。
次回の放射線検診は6ヵ月後。5/17の予定です。
忘れそうだな。(;´Д`)

それから、採血へ。
いつも採血をする際ナースさんに、
「血が止まりにくいと言う事は、今までありませんか?」
と、聞かれます。何ででしょう?
お隣の患者さんなどには、聞いていないので、
私の血に何か問題があるんでしょうか?薄いとか?(;´Д`)
、そう言えば入院中も血が薄い?とか軽い?とか、
言われたような・・・その辺りは不明確ですが。

採血も終わり、続いて女性診療科へ。
程なくしてすぐに中待合に呼ばれました。
今日の中待合で待つ患者さんは、9割方妊婦さんでした。
丁度、私のお隣に居た妊婦さんがぱんぱんのお腹だったので、
思わず、触らせてもらいたくなりました。(笑)
お腹に耳を近づけたら、もう赤ちゃんの声が聞こえそうなくらい。
元気な赤ちゃん、産んで下さいね
自分が、そうなれないのがとても切ないけど、
やっぱ妊婦さんの姿って、微笑ましくて良いですね。

そして、主治医Nが私を呼びました。
久々に会った先生は、髪が不精に伸びていて(先生すんません)
江口洋介もどき?って感じでした。(;´∀`)
でもきっと、忙しいからなんだろうな・・・と。
まずは、採血の結果から。
その日にやった結果はすぐに分からないので、
4ヶ月前の結果から。異常無しです。有難い事です。
そして、もう一つ4ヶ月前にやった細胞診の結果を。
いつも通り、私の範囲内ではOKな「クラス供廚婆簑衞気掘
今回は、内診も無かったので、久々にお腹のエコーを撮りました。
「お腹を出して〜」と言われ、お腹を出して仰向けに寝転がりました。
冷たいジェルを塗られ、エコー開始。
しばらくして、先生が
「お腹、ずっと引っ込ませてなくてエエからね」
と言われ、恥ずかしくなって
「あ、バレてました?」
と言うと、
「バレバレだよ。ずっと分かってたけど、言わなかっただけ(笑)」
と、言われました。あー、なんか恥ずかしい。(;´∀`)
お腹が最近ちょっとたぷついてるんで、指摘されると女子としては恥ずいっす。(笑)
そして、丁度身体の側面をエコーでなぞっていたので、先生に
「この側面には、何があるんですか?」
と尋ねると、
「腎臓だよ」
と。私はてっきり背中に腎臓ってあると思ってたので、その旨を聞くと、
大概、そう思われているけど、実は側面で見るんだそう。
エコーが終わり、ジェルで汚れたお腹を先生がいつも通り、拭いてくれました。
そのおしぼり(?)が温かかったので、びっくりして聞いてみると、
温めてあるんだそうです。もち、内診の器具も温めてあります。
そう言った気配りって、あったんだなとつくづくびっくりしました。
エコーで撮った写真をカルテに貼り付け、問題無しでお終い。

インフルエンザワクチンについての質問があったので、聞いてみました。
まず、新型ワクチンは、私は優先対象には入らないと言う事らしいです。
持病として「ガン」があると思っていましたが、
それは、治療中の方が対象らしくて、今の私は一般人と同じ種別だそうです。
なので、季節性の方も受けられる順番がまだまだ後と言う事でした。
「一般人」と言う種別で嬉しくもありますが、罹ったらどうしよう・・・との不安もあり、
複雑です。(;・∀・)
でも、ワクチンを受けたからと言って、罹らないワケでは無いですが。

私は今まで社会人になってから一度もワクチンを受けた事が無く、
そして、インフルエンザに罹った事も無いので、
特化して今年だけ・・・とあんまり神経質に考えないようにし、
自己予防も併せてしなければなと。

そして、診察も終わり帰ろうとすると、待合室で私を呼ぶ人がー。
だれ?って思ったけど、よーく見てみると2度目の入院で同部屋だった、
Yおばちゃんでした。
最後に彼女にあったのは、数年前の外来で丁度Iさんの事を話していた頃でした。
それから、一度も会えて居なかったので、すっごく久し振りの再会。(´∀`)
彼女は私と外来で何年も会わないもんだから、(もちろん先生にも聞けないし)
最悪の事態を考えてたと、私を心配してくれていました。
でも、今の元気な私の姿を見て、ホッとしてくれた様子。
なんだか、お母さんみたい。(笑)息子さんと私は同じ年なんだそう。

そして、久し振りに少し話をしました。
彼女は、2年10ヶ月で再発してしまった・・・と辛い心境を打ち明けてくれました。
10時間に渡る手術をこの間行い、今は通院でケモ治療中だとの事。
お薬の副作用で、身体に湿疹が出来て辛い、
その上、血管が細くルートが取れないので、ポートを埋める手術もした、と。

IさんとYおばちゃんと私、入院してた頃話してたあの頃、
私が、最重篤だった。
でも今は、こうやって元気で居られてる・・・この事に感謝しなければなりません。
そして、仲間の辛い話を聞くのは、とても辛いです。
でも、本人はもっともっと辛いだろうな・・・と思うと、
私はどう接して良いのか、時々分からなくなる。

「私は、携帯メールやらないから、自宅のTEL番教えて〜」
と、Yおばちゃんが言ったので、初めて出会った日からもう3年半も経つけど、
電話番号を交換しました。
Yおばちゃん、お年の割りにとってもチャーミングな女性で、人懐っこくて、
旦那様とも今も大仲良し
この日も、旦那様が送り迎えに来られてると、言っていました。

「体調を崩さないように、気を付けてね!じゃ、また〜!」と、
手を振ってばいばいしました。

彼女の身体の辛さが軽減しますように


次の外来は、2/15です。もう真冬。
そして、オリンピックですね。






コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

5年生

皆様、こんにちは
むちゃむちゃ、ご無沙汰しております。

皆さんに支えて頂き、ブログを始めて4年目を迎える事が出来ました。
いつも気に掛けて下さって、どうもありがとう

そして、今日年を一つ取り、5年生にも。

仲間や友人と一緒に祝ってもらう誕生日、
家族に祝ってもらう誕生日、
大切な人と一緒の誕生日、
1人ぼっちの誕生日、
病室での誕生日、
外国で迎えた誕生日、
色んな誕生日を今まで迎えて来たけど、病気になってから思うのは、
笑顔で迎えられると言う事が、一番の嬉しさ。
その上、美味しくご飯を食べられると言う幸せ。
そう言う毎日を過ごせる事に感謝して、日々を大切にしたいと思う。

日に日に年老いていく親を見ていると、
私のせいで、孫をこの先も一生抱かせてやれないのかと、
未だに自責の念にかられる事も多い。
でも、私を産んでくれた両親に対しても大きな感謝を。


どうもありがとう。
私は今日も、元気に食べてます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

外来7月編

皆様、こんにちは

例年なら、祇園祭りと共に梅雨明けすると言う京都には、
7月を終わろうとしていると言う今も、
梅雨は終わらず、未だ夏はやって来ず・・・。

そんな、ジメジメした昨日7/27は外来日だったです。
今回は、女性診療科のみだったので、
時間にも、心にも若干の余裕が。(´∀`)
まずは、採血から。
先週は連休で月曜日がお休みだった事もあってか、
待ち人数30名余。(゚д゚)!
40分以上待った・・・。(;´∀`)

そして採血を済ませ、女性診療科へ。
戻るや否や、すぐに中待合へ呼ばれ診察。
一昔前の、あの待ち時間はどこへ?ってくらい、今回は早かった。
患者さんの数自体も、少し減った気が・・・。
気のせいかも知れないけども。
まずは、前回の血液検査の結果から。
全て問題なしとの事。(∩´∀`)∩有難いことです。

今回は、内診アリなので話もそこそこに内診室へ。
助手には、いつもの看護師さんではなく、
初対面の看護師さんが。
若い人だったけど、テキパキしてて感じが良かった(´∀`)
デリケートな診療科だけに、テキパキしてる方だと、患者もとても助かる。
看護師さんの入れ替えもあるのと同時に、
外来の先生方も、随分と顔ぶれが変わった。
悪性腫瘍(私の主治医)と、新患を診て下さる先生以外は、変わっていた。
それだけ時が経ったと言うことか。

さて内診。Σ(´∀`;)
昔に比べれば、内診も比較的スムーズに出来るようになったし、
苦痛も少し軽減されてるような気もするけど、
やっぱ慣れないあの感じ・・・(;・∀・)
エコー診察は今まで、患部の入り口付近のみで、
中は、クスコにての視診だったけど、
今回は経膣エコーinで行われ、エコーが中に入ると痛くも何も感じないんだけど、
抜く際、入り口患部付近が破けて裂けるんちゃう?と、
思うくらい、痛かった。(笑)
まぁ、破けてもいないし、裂けてませんけど。(当たり前か)
内診も問題なし。何もなかった模様。よかったです。

続いて診察室へ。
最近、少しからだの不調の目立つ事があったので、
質問してみた。


ゞ眷りに遭うと、身動きが取れなくなって呼吸困難になる事がある。
頭痛がひどい

 

,亡悗靴董
僕はそんなの体験した事無いからね〜とか言って少し笑われたけど、
医学的に説明してくれた。
「金縛り」と言うのは、医学的には「睡眠麻痺」と言われていて、
レム睡眠とノンレム睡眠のバランスが取れない時に起こる現象だそう。
決して「霊」や「お化け」系の仕業ではないと。(;´Д`)
私はまじで、そっち系の現象では無いか?と思っていたので、(金縛り)
ちょっと気分が軽くなった。(・∀・)
もし、「霊」系なら、先生に聞いてもわかるわけなど、無いんだけど。(笑)
脳が起きてる状態で、身体が眠って居る時におこるか、
その逆で起きる事も。
睡眠と身体の筋肉のバランスが悪いから起きる。
もっとリラックスして、物事を深く考え過ぎないようにとの事。
でも、何でもチマチマ考えるのが性格なんだもーん、
そんなすぐに改善出来ないです!と思いつつも、くよくよチマチマ考える事って、
脳にも身体にもストレス与えてるんだな・・・と思った。


△亡悗靴董
頭痛とは、もうかれこれ十数年も付き合って来てるけど、
肩こりかしらん?と思い、
痛み止めの薬も服用した事なかったし、数日でおさまる事から
あまり気にもして来なかった。
でもなんか、年々首の筋が張ってるような、首がだるいような気がするし、
張ってる筋を揉んだり押さえたりしたら、頭がキーンと痛くなって、
たまらないし、頭を取り外しして置きたいと思うくらいダルく感じるので、
この症状を言って聞いてみた。
そして、脳へ何かしらの予兆があるのか?と言う事かも。

まず考えられる事は、血行不良や筋肉が緊張して起こるのでは無いか?
と言う事で、脳への予兆はまず考え難いとの事。
私は、CTやMRI検査を撮るとき、原発があった骨盤や大腿部だけでは無く、
いつも胸部も併せて撮っているので、原発に変化が無くその上、
多臓器にも異常が認められ無いのに、
いきなし脳へ飛ぶと言う事は考え辛いとの話だった。
ひとまず、安心と言う事か。
「筋収縮性頭痛」だろうと言う事で、頭痛薬としての即効性は期待出来ないけど、
デパス」と言うお薬を処方してもらった。
このお薬には、心を落ち着かせる作用や、
寝つきをよくさせたりする作用も含まれているので、
今まで飲んでいた眠剤「レンドルミン」に変えて、睡眠時にまずは飲んで見る事に。
効いてくれると良いな。


少し前、貧血を訴えた時に「自律神経失調症」を言われた事もあり、
今回の,砲靴討皚△砲靴討癲▲曠襯皀鵑篆瓦箸隆愀犬あるのかなと。

ストレスを溜めずに!!!とよく言われるけど、
勝手にマイナス思考へと脳の回路が辿ってしまうんだもん。(TдT)
困ったモンです。
(これは、性格の問題かも?(;・∀・))


次回の外来は、先生の夏季休暇などの兼ね合いもあって4ヶ月後。
4ヶ月も先生に会わないだなんて、初体験!ちょっと恐いす。
次回は11/16の予定。併せて放射線外来もアリ。
この間に、旅に出たいな〜
っとまぁ、密かな願望です!(∩´∀`)∩

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ