動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙 第79号

2015年10月01日 | 通信紙版バックナンバー
平成27年 10月


えびす講
えびす講とは、10月20日ないし11月20日に催される祭礼または民間行事で秋の季語です。
商売繁盛の神様=えびす様を奉り商売繁盛、家内安全を祈念するお祭りだそうです。
えびす様といえば、鯛と釣竿を持っている姿で有名です。
七福神の一人である恵比寿様は、神様が出雲の国に集まる神無月に、ただ一人出雲に行かず留守を預かる留守神です。
商売繁盛、家内安全の神様で、特に商家では大切に崇められているそうです。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成27年9月20日~24日、秋の合同慰霊祭の行事をとり行わせていただきました。
連休となったシルバーウィークの4日間は天候に恵まれ多くのご家族が来園しお参りされました。
期間中の読教に於きましてはお書きしました戒名紙を全て読み上げご供養させていただきました。
実り行く秋、稲穂のこうべが垂れもうすぐ収穫の時期。ご家族と可愛い子たちの縁が作物と同じように実を結んでいただけますように供養をさせていただきました。
また、行事開催におきまして様々な形で協力して下さいましたご家族の皆さまにこの場を借りて御礼申し上げます。




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ここ2,3日中に「園内で鳩の群れが歩いている」と、言った目撃例が何件かありました。
最奥の供養塔の辺りを仔カモのように行列を成し、見たところ巣離れたしたばかりの仔鳩ではないか・・そんな見解でした。
そして昨日の朝、第2駐車場の水溜まりで水をすする2羽と本堂と納骨堂の屋根に居る2羽の鳩を見つけました。
よく観察しますと足にリングなどをしていない事から野生の者と分かります。
この周辺の森にはハシブトカラスや猛禽類のミミズク、地上にはタヌキや小型のイタチが生息し野生の世界で襲われないか唯々見守る事しかできません。
仔鳩たちは今も飛び立つ方向を見定められず屋根の上におります。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
紙面版PDF








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋彼岸会慰霊祭を行いました | トップ | 平成27年秋の植え替え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。