動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙 第76号

2015年07月01日 | 通信紙版バックナンバー
平成27年(2015) 7月


小暑
小暑(しょうしょ)とは七夕が行われる7月7日頃(2015年は7月7日)
から大暑までの期間です。
太陽黄径105度。夏至から数えて15日目頃にあたります。
暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季でもあります。
この頃から暑中見舞いを出し始めます
梅雨が明け、強い日差しと共に気温が一気に上がる時季のため、体調を崩しやすくなる頃でもあります。
天気予報やニュースで「小暑」という言葉を耳にしたら、本格的な夏を迎える合図だと思って下さい。
暑さを乗り切るために、しっかり食べて 体力をつけておきたいですね




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
生きたブローチ 
もう間もなく梅雨入りとなる6月。曇り空の中、ワンちゃんのお迎えをいたしました。
ご依頼を受けたお宅は霊園からさほど遠くない住宅街にあり近くには整備の行き届いた広い公園があり、いくつもの植え込まれた樹木が青々と繁っております。
午前中に伺ったお家の庭も公園と調和するような感じで垣根や柘植(ツゲ)が気持ちの良いくらいに剪定をされており、眺めながら玄関の呼び鈴を鳴らすと幹の根元で小さな動く姿が近づいてきます。ご家族より先に飼われている猫さんが出迎えをしてくれました。
それに次いで扉を開けたご家族と猫さんに案内された床の間に小さな籠に横たわるワンちゃんが寝ていた姿で安置され、おりたくさんの花が添えられておりました。
出棺準備で玄関に戻りますと先ほどの猫さんが不思議そうな目で解放された扉の方を見ております。
視線の先には美しいブローチの様なカミキリムシが黒光りする体に白い水玉の柄を輝かせており、ゆらりとする2本の長い触角が気になったのか猫さんが近づきましたがカミキリムシは羽を広げて公園の植え込みへ飛んでいきました。
これを見たご家族達は森の住人がワンちゃんを見送ってくれた、あるいは、この世を去った者が虫の姿となって猫が我が家に連れて来た・・と、それぞれ感慨深い印象をお持ちでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

{お知らせ}平成27年 盂蘭盆会行事日程
8月15日(土) 午後1時よりの読経と予定させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紙面版第76号





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レースのカーテン | トップ | お地蔵さまとムクゲの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。