動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙 第87号

2016年05月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成28年(2016) 6月



花の植え替え
植物の手入れの一貫として本日は花の植え替えをいたしました。
今回、気が付いた事なのですが鉢やプランタン、
柘植の木の中にいくつもの落花生が紛れておりました。
後で推測したのですが、秋に小型の野鳥が近隣の畑から落花生を
啄みここに置いたか隠したのか・・ではないか、
と思いましたが確証はありません。



4人で行った作業時間は午前、午後合わせて約2時間。
花はピンクと朱色のベコニアを合わせて200鉢を植えました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6月19日は父の日です
父の日は5月の母の日と同じくアメリカ合衆国で発祥しました。
ワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人(ソノラ・スマート・ドット)が、南北戦争後、男手ひとつで6人の子を育ててくれた父への感謝の気持ちを表すため、「母の日のように父の日もあるべき」と1909年ごろから活動し、1966年にはアメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンが父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定め1972年にアメリカ国民の祝日になりました。
ドット夫人が父の墓前に白いバラを供えたことから、アメリカではお父さんへバラを贈るのが習わしになりました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
白波の向こう側
新緑の芽が伸び切った5月、季節が一足先に夏が来た様な昼下がりにワンちゃんのお迎えをいたしました。
小高い丘を越えた所には住宅地があり、その一角にご家族が経営する運送会社があります
敷地には何台ものトラックがあり更に奥のガレージには整備中のジェットスキーとアメリカ製のオートバイがお互い向き合う様にスタンドアップされており飼い主である息子さんの所有物であるのは想像する事ができました。この時息子さんは仕事で電話の応対に追われている為、お母様がワンちゃんの居るガレージ内へ案内して下さいました。
一時期、この周辺では車両の盗難や空き巣、車上荒らしが頻繁にあったそうなのですが亡くなったワンちゃんが居たおかげで心配なく過ごせたとお母様が話して下さいました。
生前はジェットスキーと共にトラックで海に行き白波に走る息子さんをワンちゃんと眺めるのが楽しみだったそうです。
次の日曜日は海のレジャーに行く予定で白波の向こうにワンちゃんの思い出をみんなで話したいとおっしゃいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


紙面版PDF




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白波の向こう側 | トップ | スーパーマーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。