675.4キロ

私版京都名所図会

113系5300番台の製作 その1

2017年04月25日 03時57分33秒 | 鉄道模型/製作中-113系5300番台
新年度もようやく落ち着きつつあります。
しかし今年に限っては未だ桜が楽しめるのは新鮮ですね。枝垂れは散り盛ん、八重桜は今が見頃で、新鮮な日々に彩りを添えてくれます。

さて、模型もぼちぼち再開しているところです。
先日の鉄コレ24弾購入に触発され、余り物から113系5300番台を製作中です。


種車はKATOの113系1000番台。ボディのみの状態です。
上は何かテスト塗装した形跡がありますね。475系の青だったかな?(笑)


前面はGMキットの余剰品から。以前はこの基準で満足していましたが、見れば見るほど似ていないのであくまで「素材」として、貫通扉やオデコ周りを大幅に修正していきます。


まずは車端部の窓を埋め、妻面を取り去って前面を取り付け。幅は両者で一致していました。


メインとなる扉の移設です。
点検蓋のモールドを活かしたいので写真の位置で切り出し(反対側も同様)、それぞれ取り替えて切り継ぎました。実車はこの前寄りの扉のみ点検蓋があり、それ以外は埋められているようです。


乗務員扉もGMキットから。手すりを含めて切り出します。


ピンバイス乱れ打ちで乗務員扉ぴったりの穴を開口。
ちなみに2枚上の写真で切り出した反対側の扉が、こちら側に来ているのが分かるかと思います。


反対側も同様にはめ込みます。


切り継ぎ箇所の整形を終え、とりあえずはここまで。
ドア寄りの戸袋窓は切り継ぎの過程でRが消えてしまったので、いったん半分をプラ板で埋め、ヤスリで地道にRを付けていきます。

久々の重い加工ですが……続くんでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夙川の桜

2017年04月10日 01時31分50秒 | その他特集
8日(土)は夙川でお花見をしてきました。
例年は京都で見ていますが、今回は18きっぷの消化も兼ねての気分転換。天気が心配でしたが、昼下がりまでは晴れたり曇ったりでおおむね思い通りに楽しむことが出来ました。

さくら夙川駅で下車し、人々の流れに乗って夙川へ向かうと……




評判通りの見事な桜並木です。京都ほど混んでなくて歩きやすい!(笑)


水面に映っている様子もまた綺麗です。都市河川も捨てたものではないですね。(笑)


JRと阪急の駅近くはさすがに混んでいますが、苦楽園口方面に上っていくと徐々に人も少なくなってきました。今週前半まではまだ十分楽しめるでしょうか。


オマケ程度に阪急電車。京都でも身近な存在ですが、やはりロケーションとしては阪神間に憧れます。(笑)


夕方は雨が降ってきたので元町へ移動し、居留地のカフェでまったり。
過ごし方自体は京都と同じですが、場所を変えたことで新鮮な気分でした。明日から、また京都で頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄コレ24弾など

2017年04月06日 00時34分35秒 | 鉄道模型/製品レビュー・小加工など
JR30周年に合わせて発売された鉄コレ24弾。
国鉄時代に製造され、JR化後に改造された車両がラインナップされており、なかでも福知山の113系3800番台(サンパチ)が含まれていることで人気も高まっているようです。


(画像は2008年3月、豊岡にて)
私は小学生の頃に初めて実車を篠山口駅で見たのですが、子供心に「なんて適当な電車なんだ!」といった印象を抱いたのを覚えています。後に中間車からの改造であったことを知り、それは間違いではなかったことが判明するのですが……。(笑)

以来、福知山の親戚宅を訪れるたびに実車に接する機会があり、模型の方もGMの113系キットから製作できないかとトライしましたが、当時の技量ではあえなく挫折。部品だけ用意していたところに製品化の報せが飛び込み、ディテールアップを楽しもうと待ち望んでいました。


24弾は他にも紀勢本線の113系や713系、717系が含まれていることから、初めての「箱買い」です。
当初の古典的な単行電車ばかり製品化していた頃からすると、昨今の値上がりや編成ものラッシュには瞠目するところではあります。かつてのイメージだと本家TOMIXやマイクロあたりが製品化しそうな車種ばかりですが、それでも比較的廉価で「素材」を入手出来るとあれば嬉しいものです。

一箱ずつ開封し、113系3800番台の製品とご対面。
ちなみにシークレットが2パンタのクモハ112だそうですが、私の箱には入っていませんでした。


製品はクモハ113の前照灯が出っ張っておらず、クモハ112(東海顔)の前面が鉄仮面化されていない、登場当初の姿がプロトタイプとなっています。
造形はまずまず、塗装の品質もいつも通りですが、前面補強板の青帯が下にズレています。エラー品かと思いきや、ネットで出回っている製品の画像を見ていると全てそのような「仕様」であるらしく、これがカッコ悪さに輪をかけています。(笑)
塗装の品質はいつものことですが、私の掴んだ2両はそれほどの乱れはありませんでした。初代福知山色(黄色に青帯)と2代目福知山色(ベージュに茶と緑の帯)の双方をイメージさせるカラーリングで、個人的には好みの塗装です。

というわけで、早速ですが、


ジャンク箱を漁り、過去に製作を目論んでいたサンパチの部品を取り出します。
富士川車輛工業のパーツです。いまは生産していないようですが、ここからライトと補強板のパーツを活かします。


塗装してゴム系接着剤で貼り付けたところ。
青帯はとりあえずの措置として0.5mmマスキングテープに青を筆塗りしたものを貼り付けています。製品の補強板は穴が抜けていないので、金属パーツを使うことで幾らかシャープな印象になりました。
床下にはKATO製113系の動力を入れています。窓ガラスパーツをギリギリまでカットするとちょうどハマりました。スカートと連結器は製品のものをそのまま使用しています。追加で栓受けを取り付けたいですね。




クモハ112の方は車輪とパンタを換装し、スカートは試しにGMの113系用を取り付けてみました。
製品状態では717系等と共用のゴツいスカートなので、替えてやることで実感的になります。スノープローは19弾のNDC用を無加工で取り付け。製品のプロトタイプ(N8編成)とは別編成に仕立てたいので、ベンチレーターの換装や鉄仮面化、床下機器の正規化なども予定しています。

そして、24弾に含まれるもう一つの113系。


実車は一度だけ乗ったことがありますが、製品では埋められているはずの戸袋窓が開口されているようです。しかしどうにも馴染みがないので、


きっと多くの人が考えるであろう、こんなことを企んでいます。
更新車のボディ自体はよく出来ているので、これを皮切りに西日本の113系ワンマン改造車がバリエーション展開されるのでしょうかね……。

そのほかの電車たち。


左から123系ミニエコーと713系、717系です。
1両もののミニエコーは仕方ないとして、残る近郊型の2種は加工素材に。




この辺りに化けてもらおうと思っています。(笑)


特に北陸の413系は、以前製作した475系や、先日発売された521系と並べることが出来ますからね。

---

近郊型つながりで、ただいま製作中のもの。


余り物の有効活用なのですが、いずれ別項にて紹介予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【単発】キハ20 518加古川色

2017年03月26日 11時47分24秒 | 鉄道模型/単発ものいろいろ
以前、製作途中の様子をチラッと載せていますが、加古川色のキハ20 518がようやく完成しました。遅ればせながら今年初の完成車両です。


モノは過去に製作したものの手直しですが、ロングセラー・ロープライス・ローグレードのKATO製品をベースに、手元の余り物を用いてややグレードアップしてみました。


前回製作品は帯が一本の初期にみられた加古川色でした。ボディと屋根の接合は当時に済ませています。
画像は作業途上のものですが、前面窓を鉄コレのキハ20系用に置き換えているところ。KATO製品ではボディにモールドされているHゴムを現物あわせで削り込んでいくのですが、これがなかなか一苦労……。


側面はのっぺらぼうなのでサボを貼り付け。そのまま上からエメラルドグリーン(GMカラーの常磐線用ですが、暗い色合いになります)を吹き、


帯はガイアーノーツの「おうちdeデカール」の白タイプを用いて手抜きします。(笑)
窓サッシやHゴムの色入れはこのモデルの醍醐味ですね。上手くやるとぐっと見栄えが向上します。


前面もデカールですが、何せ凹凸が多いので馴染ませるのが難しそう……ということで慌てて手すりを削っています。
テールライトは内ばめ式なので、色々と試行錯誤した結果GMキットの信号炎管の根本部分を差してみました。オーバースケールで形状も違うものの「らしさ」は出たでしょうか。
最近はリアルな金属パーツもたくさん出てきましたが、このモデルにはあまり似合わないですね。


続いて前面帯や表記類を貼り付け。水分を含んだ状態では上手く乗りませんが、綿棒で押していくと凸凹に馴染んでいきます。
ベンチレータも鉄コレの流用。塗装済なので、この辺りは楽をしています。


実車は鍛冶屋線廃止後に中国地方へと転じ、広島色に塗り替えられて晩年を過ごしました。(そちらも作りたいですね)
転属直後は広島色気動車との混結も見られたことでしょう。もっとも、ウチでは前後でカプラーが違う(KATO/アーノルド)ので専らクリーニングカーの牽引やアダプター役に当たってもらうつもりです。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市バス・ツーステップ車の終焉

2017年03月16日 03時03分28秒 | バス関係
3月13日(月)をもって京都市バスからツーステップ車が引退しました。
その掉尾を飾ったのは5系統の6261号車(95年式キュービック、九条(京阪バス委託)所属)で、市内観光地を縦断する黒字系統での最終運用は文字通り「最後の花道」に相応しかったのではないかと思います。


ちょうど一年前、均一運賃化を目前に控えた同車の姿です。これを撮影した宝ヶ池の歩道橋も昨年末に撤去されてしまったので、一足先に見納めとなった光景でした。


個人的に馴染み深かったのは6399号車の方です。
学生時代は50系統で、今年度に入ってからは5系統にも充当されるようになり、固定ダイヤに運用されていたので狙って乗ることが多かったです。

一週間前の3月7日(月)には横大路の6401号車が引退し、58MCが消滅。
残念ながら写真はありませんが、兄弟車の6400には偶然にも最終運行に乗り合わせることができました。


2月26日(日)、特13系統での四条烏丸到着後の様子です。
こちらも市内中心部に乗り入れる花形運用ですが、この時はまだダイヤが公表されていなかったため、実にひっそりとした最後でした。

このほか、臨時がメインだった烏丸の6405号車も今年に入ってから何とか記録できました。


京都駅から吉田神社を結ぶ節分臨での運用時です。
背景は「たまこまーけっと」や「有頂天家族」でおなじみ出町桝形商店街。従来の臨時札に代わるマグネット掲出も最晩年を示すアイテムとして特筆されましょう。


ツーステップ車についてはそれこそ0歳の頃から乗車しているので、どちらかと言えば生活の一部であった印象が強く、最後まで「乗り」に比重を置いていたので撮影枚数はそれほど多くありません。昨日も205系統を待つ間にツーステの姿を期待してしまい(笑)、まだなかなか実感がわかないところではありますが、一時代の終わりを迎えたことは確かです。次は96MC引退のときに同じことを想うのかもしれません。

一方で、京都バスやJRバスではまだツーステが数を減らしながらも活躍中。
市バスにおいても個性的な車両はまだ残っており、18日に控えたダイヤ改定では様々な変化が予想されます。車両に限らずともいろんな楽しみ方のできる趣味ですから、春からはまたしばし肩の力を抜いてバスに揺られてみましょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加