675.4キロ

私版京都名所図会

行者餅を食べる

2016年07月26日 01時19分55秒 | 京都
祇園祭後祭山鉾巡行が終わり、京都もいよいよ夏本番の様相。
後祭で巡行する山鉾の一つに役行者(えんのぎょうじゃ)山がありますが、その山にちなんだお菓子が宵山限定で販売されています。


その名も「行者餅」。
年に一度、宵山(ただし前祭宵山なので16日)の日中のみの限定販売です。恥ずかしながらつい最近まで存在を知らなかったのですが、年に一度とくれば乗らない……いや、食べないわけにはいきません。(笑)

お店は東山安井にある柏家光貞さん。
疫病が流行した19世紀、当時の主人が山伏の修行中、夢枕に現れた役行者の命に従って作られたのが起源とされています。
役行者とは山伏の元祖であり呪術師、別名は役小角(えんのおづの)。ちょうど町田康の小説『人間小唄』には小角という人物が登場しますが、やはりどこか関係があるのでしょうか。滅茶苦茶で一貫性のないストーリーでありながら、如何ようにも解釈できるおもしろい作品です。

さて、お店の前ですが……


鉾町のある「街」からは離れているので人は少なかったものの、それでも30分ほど並びました。顔触れは、やはり毎年来ているのであろう常連さんや「通」の観光客らしき姿が目立ちます。


お店の前の立て看板。
来年からは当日販売のみに切り替えるようです。おそらく前日は大忙しなのでしょうね。注文をきいてお店の奥から運ばれてくる販売形式でしたが、その他にも季節のお菓子があり、見た目にも涼しげでした。

かくして行者餅を手に入れたわけですが、1枚目の写真の通り、行者の衣を模したクレープのような生地のなかに、求肥と、山椒の効いた白味噌餡が詰まり、ピリッとオトナ向けの味わいです。これが年に一度の販売というのですから毎年並ぶのも頷けます。良い厄落としになりました。

そして、先週木曜日は後祭宵宵宵山へ。




件の役行者山と、


以前アルバイトで曳かせてもらった黒主山を訪れました。後祭は山が中心で数は少ないですが、出店がないので落ち着いて回れますし、どの山もユニークで見応えがあります。人ごみが苦手な方は是非後祭の方へ。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良線の103系

2016年07月12日 00時40分10秒 | 鉄道関係
7月に入り、市内では祇園祭宵山、そして山鉾巡行へのムードが高まりつつあります。
既に陽射しは夏の様相を呈していますが、梅雨明けは来週との予報。宵山に雨、巡行に梅雨明けというのは例年通りのようです。

さて、所用で山科を訪れた折、時間が余ったのでそのまま地下鉄で南下して六地蔵へ、奈良線の103系を撮影してきました。
実は地下鉄の醍醐~六地蔵を乗車するのは初めてのこと。山科以南を乗るのも随分と久々ですが、これでようやく京都市営地下鉄の全線を乗車することができました。地下区間なので特段の感慨はありませんが(笑)、地上に出ると市内中心部と山科・伏見が一本の鉄道で繋がっていることの利便性を実感させられます。


六地蔵駅近くの山科川に架かる鉄橋、そこから延びる築堤はアクセスも容易で撮影に好都合。
カメラを向けると初期型の103系がやって来てくれました。望遠で撮ると保守用車向けの標識が少々気になるところですが……。


221系もここでは練習用ですが、転落防止幌が付く前の姿も良い記録になります。


さらに、六地蔵駅の前後では将来の複線化に加え、現在カーブ上に位置している駅の移設も予定されているため、周辺の景観は激変することが予想されます。
この立ち位置もいずれは線路敷となってしまうのかもしれません。さすがにその頃には、103系も消えていると信じたいですが。(笑)


六地蔵~桃山間は築堤あり切り通しありでロケーションはなかなか良い区間ですが、この日も全体的に2分ほど遅れていました。
伏見稲荷大社を訪れる観光客も増えていることから、こうした僅かな遅れの解消や本数増のメリットを考えると複線化は急務でしょう。


阪和線では225系の新番台が運用を始め、環状線用の323系が姿を現した現在、奈良の103系もいよいよ引退の足音が近付いてきたのかもしれません。
置き換えにあたってどのような車両が来るのか楽しみではありますが、しばらくは「動態保存」の103系を沿線風景の変化と共に楽しんでいきたいところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜桃忌

2016年06月21日 21時02分42秒 | 旅行記
6月19日は「桜桃忌」。
作家・太宰治の命日(入水自殺したのが13日、遺体が見つかったのが19日)であり、誕生日であることから、彼の作品にちなんでこの名が付けられています。
これまでに、青森の生家「斜陽館」や小説『津軽』の舞台を何度か訪ねてきましたが、三鷹の墓所を訪れるのは今回は初めて。青森よりはるかに訪問が容易なはずなのですが、やはり桜桃忌に行かなければ、との思いが強く、休日と重なる今年までひたすら機会を待っていたのです。


行きは、最後の寝台特急となってしまった「サンライズ」で。
日曜日着と言えども閑散期の6月、シングルの1Fには空室が目立っていました。


東京から中央線に乗ること30分、三鷹で下車。
かつて太宰が暮らしていた街、駅近くの跨線橋はお気に入りの場所だったらしく、隣接する電車区を見ながら、ホリデー快速「富士山」を撮影。
当日は奇しくも仙台で485系のラストランがおこなわれていましたが、こちらの183系はまだしばらく安泰でしょうか。


駅近くの玉川上水沿いを歩きます。
当時は人食い川と言われていたそうですが、今となっては水深も浅く穏やかなもの。この雰囲気は――そう、下鴨の疏水に似ています。


墓所のある禅林寺。ようやく訪問が叶いました。
やはりと言うべきか、太宰治(津島家)のお墓には桜桃が供えられ、朝の9時過ぎだと言うのに私と似たような文学青年風が何人か列を作っていました。
ちなみに斜向かいには森鷗外が眠っていますが、お供え物は太宰に比べると圧倒的に少なく寂しい様子。鷗外の作品は自分の研究にも関係していたので、こちらもきちんと手を合わせておきました。
太宰の青森にしろ、鷗外の津和野にしろ、彼らの出身地や作品の舞台など、ゆかりのある場所はこれまでにも多々訪れましたが、墓所というのは、その本人がそこに眠っているという点で、何とも言えない特別な雰囲気があるものですね。「ようやく来ることができました」と独り感慨に耽っていました。(笑)


閑静な住宅街の様子は、やはり下鴨にどこか似ている気がします。
太宰没後68年。変わってしまったものもきっと多いのでしょうけれど、各所に立てられた案内板が土地の記憶を語りかけ、今でも文学的空間へと誘ってくれます。
さぁ、次はどの作品の舞台を訪れましょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水鏡にチャレンジ

2016年06月06日 00時10分34秒 | 鉄道関係
近畿地方も梅雨入りして、曇りの日曜日。
水鏡シーズンには少し出遅れた感もありますが、381系の引退以来、久々に亀岡盆地へ足を延ばしてみました。


既に田植えは終わっていましたが、まだまだ映るものです。
「はしだて2号・まいづる6号」は週末増結の6連でやって来ました。


後ろ2両は「丹後の海」編成。
登場からはや半年、ようやく撮影することが出来ました。見る機会は何度もあったのですが……。


折り返しの下りはポイントを替えて。
晴れ間も差し、「丹後の海」を先頭にした6連が保津峡のトンネルを抜けて亀岡盆地に躍り出します。もう綺麗な純正6連が見られないのは寂しいですが、メタリックブルーの車体は自然の風景のなかで存在感も抜群、美しいものですね。次回はぜひ丹鉄沿線で撮影したいものです。

---

合間にはもちろん普通・快速列車の221系も撮影していたのですが、いつの間にか更新車ばかりになってしまいました。


嵯峨野線の221系としては最終形態? と思われる、更新車で転落防止幌付きの編成。
水鏡写真としては合間の221系がいちばん上手く撮れました。(笑)


しかし、やはり美しいのは見慣れた幌ナシの姿。


嵯峨野線に定着して久しい221系ですが、後天的な改造が重なると日々の記録の大切さというものを改めて実感します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【単発】紀州鉄道キハ603

2016年05月26日 23時01分14秒 | 鉄道模型/単発ものいろいろ

「鉄コレ」第22弾に含まれている紀州鉄道キハ603。
実車がほんの数年前まで現役であり、また現在も保存されているということ、そして営業キロが「超」短い同鉄道の特異性もあって何かと注目を集めやすいことからも、今回の製品化を待ち望んだファンも多いのではないでしょうか。
私もおみくじ買いでトライすること3箱目で(笑)、ようやく引き当てることが出来ました。

しかし、模型のプロトタイプは大分交通からの譲渡時の形態を色濃く残しており、Hゴム押さえの窓や灯具類など、見慣れた晩年時の姿とは少々異なります。
また、塗装にも鉄コレ特有の重ね塗りが目立つことから、前面回りを中心に手直しすることで晩年時の姿を再現することにしました。


加工は前面に集中します。
元の灯具類を削り落として穴を拡大し、さらに上部には尾灯用の穴を開けておきます。


その後、前面のみ塗装を落とし、重ね塗りで生じていた「段」を消しておきます。
車番を除く標記類はそのまま使うのでマスキング。拘るならばインレタ等は自作した方が見栄えは良いですが、表記類だけが浮き出ているのも地方私鉄らしさが出て却って良いかもしれません。(?)


塗装は上半分のクリームがGMの西武ベージュをそのまま、下半分の緑は京阪ダークグリーンや湘南色を適当に調色して再現しました。前面の金太郎塗りは、木工用ボンドの蓋(円形)をガイドにしてマスキングテープを切り出しています。
また、屋根も晩年時の姿に合わせて銀塗装とし、一体成型のベンチレータはその際に削り落としたうえで、TOMIXのキハ10系用を取り付けています。
車番はややオーバースケールですが、GMの古~い銀インレタを使用。今でもしっかり貼りつきますし、何より輝き具合が気に入っています。


側面は乗務員扉・客用扉脇の手すりに銀を差しています。
Hゴムについては、Web上の写真を見ると晩年時には塗装と同化していたようなので省略。
床下機器は動力化に際して実車写真を参考に並べ替え、片側のみエンジン部のカバーをプラ板で再現しました。


前面窓は四隅のRを切削し、元のHゴムのモールド上に細切りしたシールを貼ることで、実車の金属押さえを簡単に再現しています。
灯具類はGMの113系キット付属のライトパーツをカットして使用。銀で縁取り、尾灯には赤を挿しておきました。オデコのヘッドライトは晩年時には不使用で蓋がされていたようですが、とりあえずそのままとしています。
ダミーカプラーはTOMIXのカニ24用を取り付け、連結器回りを簡単に細密化させてみました。


踏切をゆっくりと進むキハ603。
ミニレイアウトで低速走行が似合う車両となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加