京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ジャージー・ボーイズ』

2014-10-07 00:10:07 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ
□監督 クリント・イーストウッド
□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス
□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ
       ビンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン

■鑑賞日 9月28日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  クリント・イーストウッドは自身が音楽が好きでに詳しいから、
  今までの自身の監督作品以上に、その力量を発揮していっるようだった。
  ちょっと以前観た『ドリームガールズ』を思い出したりして。

 『ミリオンダラー・ベイビー』、『グラン・トリノ』の名匠クリント・イーストウッド監督が、
 60年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、
 その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる」の誕生秘話を描いたドラマ。
 
 アメリカ東部ニュージャージー州の貧しい町に生まれた4人の若者たち。 金もコネも
 ない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかったが、
 彼らには類まれな美声と曲作りの才能があった。 4人は息の合った完璧なハーモニー
 を武器に、スターダムを駆けあがっていく。

 遅かれ早かれ、今の日本の芸能界も似たり寄ったりの気質があるだろう。
 この映画のように成り上がって来た者も少なくない。
 ただ天性の美声を人生の武器にしないわけにはいかないだろう。
 いやむしろしっかりと利用すべきものだろう。 成り上がって人気と名声を獲得し、
 やっとエンターテイメントの世界で一流になった矢先に、我儘なメンバーの
 トミー(ヴィンセント・ピアッツァ)に多額の借金が発覚。 ヴォーカルの
 フランキー(ジョン・ロイド・ヤング)はグループとしてその借金の返済を決断する。
 友情なのか反省なのかはわからない。 ただ、自身が歌うことだけしか借金と戦って
 いく術がないから、あらゆるチャンスを活かして活動を広げる。 ヒットの裏側には
 様々なドラマがあったことをこの映画で知ることになる。

 そもそもザ・フォー・シーズンズ
というグループ、「君の瞳に恋してる」や「シェリー」を
 聞いたことがあったが、それ以外は
あまり知らなかった。
 ただ、成り上がっていくうちに、それぞれがやんちゃな子供から、
大人に成長する姿を
 うまくイーストウッド監督は描き出している。
 そう、ザ・フォー・
シーズンズというグループは知らなくても、悪ガキがスターダムに
 のし上るまでを上手に
描いている点では、満足のいく作品になっている。
 そして、フランキーを助ける地元
マフィアのボス役でクリストファー・ウォーケンが
 フォローしているところも見応えがあった。 
彼の役はイーストウッド自身が出来る
 のではないかと思ってもみたが、あのエンディング
でウォーケンを踊らせてしまうのは、
 イーストウッドしか出来ないだろう(笑)

 ここはちょっと『ヘアスプレー』も思い出したりしたが(笑)
 正直、なんかエンディングは思わず『舞妓はレディ』っぽくて笑えたけど。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アバウト・タイム ~愛おし... | トップ | 「虹の岬の喫茶店」/森沢明夫 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イーストウッド (mayumi)
2014-10-07 09:01:16
イーストウッド、ちょっと 苦手なんですが、これは ゴキゲンでした(*^o^*)
実話っていうのもあって、興味深く観ました♪
実は~ (cyaz)
2014-10-07 12:19:22
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>イーストウッド、ちょっと 苦手なんですが、これは ゴキゲンでした(*^o^*)
なるほど^^

>実話っていうのもあって、興味深く観ました♪
彼らの歌は、大なり小なり、どこかで誰しもが耳にしているはずですね^^
その背景に、ああいう事実が隠されていたんですね^^
久々にヒットかも・・・ (talofa)
2014-10-07 23:46:16
 私、こういう作品、好きなんです~
最初から最後までしっかり楽しんできました。
 フォーシーズンズというグループは知りませんでしたが
『シェリー』や『君の瞳に恋してる』は知っていました。
 彼らのステージパフォーマンスもカッコイイなあ、と思ってしまいました。
50年代から60年代のアメリカの雰囲気が良く出ていましたね。
感謝~ (cyaz)
2014-10-08 08:21:11
talofaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>最初から最後までしっかり楽しんできました。
良かったですよね^^ 隙が無くて。

>『シェリー』や『君の瞳に恋してる』は知っていました。
そういう方が多いと思いましたよ^^

>50年代から60年代のアメリカの雰囲気が良く出ていましたね。
意外な栄光の陰に意外な背景があったことをこの映画で知りました!
イーストウッドに感謝です^^
君の瞳に恋してる (わか)
2014-11-09 20:52:21
tbありがとうございます。
イーストウッド監督作品の鑑賞は「ジャージー・ボーイズ」が初めてでしたので、後日某番組で紹介された「ディアハンター」内の皆で歌うシーンを観てたまげました。
ラストの、あのお方のダンスに納得です。
如実に~ (cyaz)
2014-11-10 08:28:17
わかさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>イーストウッド監督作品の鑑賞は「ジャージー・ボーイズ」が初めてでしたので、
そうでしたか^^

>「ディアハンター」内の皆で歌うシーンを観てたまげました。ラストの、あのお方のダンスに納得です。
あれは究極でしたねぇ^^
癖のある役者の若い頃のキレた演技が
如実に表現されていました!
四季 (iina)
2014-11-10 15:18:06
>ザ・フォー・シーズンズというグループは知らなくても、悪ガキがスターダムにのし上るまでを上手に描いている点では、満足のいく作品になっている。
アメリカにも四季があるということが、バンド名からわかります。

(cyaz)さんから拙宅には、TBだけでした。残念。


日本ほど~ (cyaz)
2014-11-11 08:23:38
iinaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>アメリカにも四季があるということが、バンド名からわかります。
日本ほど明確ではないみたいですけどね(笑)

>(cyaz)さんから拙宅には、TBだけでした。残念。
すみません(笑) また、お邪魔したときにm(__)m
こんばんは (maki)
2015-02-16 19:36:10
「君の瞳に恋してる」を、某映画でヒース・レジャーが歌っていたなあという程度の知識でみました(笑)
いい曲ですよね~でもまさか、「君」の意味合いがああだったとは!普通のラブソングかと思っていました

ラストのみんなでダンスシーンが楽しくてよかったですね
DVDのおまけ映像で監督もステップを踏んだところがあったのですが、映画本編には出演されていない(TVはぬかして)のは残念でもあります
クリストファー・ウォーケンさんがその代わり華麗なステップを踏んでおりましたね^^
ステップ~ (cyaz)
2015-02-17 08:06:57
makiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>まさか、「君」の意味合いがああだったとは!
確かに(笑) ぼくもそう思ってました(汗)

>DVDのおまけ映像で監督もステップを踏んだところがあったのですが、
へぇ~、そうなんですか(笑)?
それは観てみたかったなぁ~♪

>クリストファー・ウォーケンさんがその代わり華麗なステップを踏んでおりましたね^^
ですね^^
彼は結構他の映画でも踊っていますよね(笑)?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジャージー・ボーイズ (to Heart)
原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリ...
ジャージー・ボーイズ (あーうぃ だにぇっと)
ジャージー・ボーイズ@一ツ橋ホール
ジャージー・ボーイズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 「シェリー」と「君の瞳に恋してる」しか聴いたことがない^^;
ジャージー・ボーイズ (2014) (雪野一八五のシネマダイアリー)
〈あらすじ〉 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃き溜めのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もない彼らだが、天性の歌 ...
ジャージーボーイズ 君の瞳に恋してる (まぜごはん)
昨日は無事「ジャージーボーイズ」を観に行くことができました。 公式HP ミュージカルの舞台をクリント・イーストウッド監督が映画化したものだそうです。 舞台の公式Hp 1951年。町を出るには入隊するか、ギャングになるか、有名になるかしかないニュージャ...
『 ジャージー・ボーイズ 』君の歌声に恋してる (映画@見取り八段)
ジャージー・ボーイズ~ JERSEY BOYS ~     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリ...
キャストあってこそ!! (たまごのなかみ)
一昨日、小屋裏 一階の天井裏と、かなり入念な調査をしたことで警戒したか ハクビシン。本日は、本格的に追い出し 消毒などの作業に来て貰っていますが、今のところ 彼らの姿は 確認出来ていません。台風の影響で荒れた一昨日の晩は 流石に出て行けなかったのでしょう。き...
ジャージー・ボーイズ (♪HAVE A NICE DAY♪)
ザ・フォー・シーズンズというグループの名前は知りませんでした。 でも、聴いた事のある曲は2曲ありました シェ~エリ~シェリベイビーと 題名は知りませんでしたが あの曲は「君の瞳に恋してる」と言うのですね 主役のフランキー役のジョン・ロイド・ヤングの声が高....
『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Jersey Boys 監督: クリント・イーストウッド 出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン 試写会場: 一ツ橋ホール (2014年9月27日公開) 公式サイトはこちら...
『ジャージー・ボーイズ』 (キュートなバアサンになるために)
          公式サイト  予告編を観て興味を持った作品です。 映画館に行ってみたら かなり年齢層が高かったです。 私には団塊の世代のイトコがいて 子どもの頃、彼女の家に泊まりに行くと 彼女は私には縁のなかった歌番組をテレビで見たり、当時のアイド...
『ジャージー・ボーイズ』 (2014) (相木悟の映画評)
名曲の裏にあるサクセス・ストーリーをしっとりと味わうべし! 古き良きクラシカルな味わいが心地良い、匠がみせる一級の良品であった。 本作は、ハリウッドの生き神様クリント・イーストウッド監督作。60年代以降、アメリカを席捲したポップ・グループ、“ザ・フォ...
ジャージー・ボーイズ (映画の話でコーヒーブレイク)
恥ずかしながら音楽に合わせて身体を動かすのが苦手なわたくし。 学生の頃、地区センターのジャズダンス教室の人数が少ないからと駆り出され、数回体験参加 した際に使われていた曲が「君の瞳に恋してる」でした。 この楽曲誕生の裏にこんなドラマが…というか、この曲が...
『ジャージー・ボーイズ』 (時間の無駄と言わないで)
80過ぎのおじいちゃんが撮った、爆発もアクションもない映画がこんなに面白いなんて。 ストーリー自体は割とベタだし地味な展開だし。 そもそもフォー・シーズンズってのが地味だ ...
『ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)』クリント・イーストウッド監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア
ジャージーボーイズ (映画好きパパの鑑賞日記)
 1960年代の大ヒットグループ「フォー・シーズンズ」をモデルにしたブロードウェーミュージカルをイーストウッドが映画化。でもミュージカルシーンはラストしかなく、もっと踊ってほしかったかも。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:クリント・イーストウッド 出...
「ジャージー・ボーイズ」 (或る日の出来事)
あ、そうだった! この曲は彼が歌ってたんだ!!
ジャージー・ボーイズ~裏声と裏社会 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Jersey Boys。クリント・イーストウッド監督、ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウ ...
ジャージー・ボーイズ/ジョン・ロイド・ヤング (カノンな日々)
60年代に数々のヒットを生んだ4人組グループ、ザ・フォー・シーズンズの栄光と挫折描いてトニー賞に輝いた大ヒットミュージカルを基にクリント・イーストウッド監督が映画化した音 ...
映画「ジャージー・ボーイズ」@ワーナーブラザース試写室 (新・辛口映画館)
 映画.comさん主催「イーストウッドファン限定試写会」に参加した。客入りは9割くらいだ。
ジャージー・ボーイズ (試写会) (風に吹かれて)
契約書は握手 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys9月27日公開ブロードウェイミュージカルを基にした映画 製作・監督: クリント・イーストウッド
ジャージー・ボーイズ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕....
「ジャージー・ボーイズ」:ほろ苦&ほの甘 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ジャージー・ボーイズ』は、無形文化財的巨匠となったクリント・イーストウッド
『ジャージー・ボーイズ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.09.11 『ジャージー・ボーイズ』(試写会)@一ツ橋ホール ハリウッド・ニュースで当選! ありがとうございます!! これはスゴイ見たかったので、バレエのお稽古休んで行ってきたー 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(感想はコチラ)より先に見たけど、公開日の関係で後...
[映画『ジャージー・ボーイズ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ミュージカルでロングランを続けている、フォー・シーズンズの伝記をクリント・イーストウッドがきっちりと撮りあげた良作。  二時間強、その時代を、世界を堪能しました^^  サザン(てゆーか、桑田佳祐)やユーミンなどにも同様に思うのだが、今、クリント...
『ジャージー・ボーイズ』 (こねたみっくす)
「君の瞳に恋してる」に込められた様々な想い。 元はブロードウェイミュージカルだったものを舞台俳優をそのまま映画俳優として起用した、この良くも悪くもクリント・イーストウ ...
ジャージー・ボーイズ (心のままに映画の風景)
  犯罪が日常茶飯事のニュージャージー最貧地区。 1951年、イタリア系移民が多く住む街で、チンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィート(ヴィンセント・ピアッツァ)は、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ(ジョン・ロイド・ヤン...
ジャージー・ボーイズ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年米国 上映時間:134分 監督:クリント・イーストウッド  クリント・イーストウッド監督の最新作は、これまでの作品とはかなり毛色の異なる作品であった。なんとビートルズ以前に最も人気を誇ったアメリカのポップスグループであるザ・フォー
映画『ジャージーボーイズ』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
夏の間は、ほとんど映画館に 出掛けられないので チラシも手に入れられず 予告もノーチェックの作品が多く これも、その一つ
映画:ジャージー・ボーイズ 今年一押しの音楽映画。まさかあの名曲の誕生秘話まであるとは...(涙) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
全く予備知識なしで観賞。 元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。 ので、まず驚き! あのグループの話だったとは... ところがキネ旬のインタビューによると、監督のイーストウッド自体、そんな状態だったよう!(....
『ジャージー・ボーイズ』、『ハミングバード』と同じく監督の資質と合わないが光る部分も (エミー・ファン!ブログ)
ジャージー・ボーイズ / Jersey Boys 2014/09/27公開HP: http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys/ クリント・イーストウッド監督の新作です。イーストウッドは自分でスコアを書き、チャーリー・パーカーの伝記映画『バード』という作品もありますが、なぜミュージ...
『ジャージー・ボーイズ』 (ラムの大通り)
(原題:Jersey Boys) 「さて、 今日はぼくの中で、 本年度の一、二位を争う作品『ジャージー・ボーイズ』のお話」 ----えっ、“ジャージー”… “ジャージ”じゃニャいの? 「フォーン、とぼけているでしょ。 それは『ジャージの二人』、日本映画の方。 こちらは、ブロ...
ジャージー・ボーイズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JERSEY BOYS】 2014/09/27公開 アメリカ 134分監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニー....
『ジャージー・ボーイズ』 (beatitude)
ニュージャージー州の貧しい地区に生まれたフランキー・ヴァリ(ジョン・ロイド・ヤング)、ボブ・ゴーディオ(エリック・バーゲン)、ニック・マッシ(マイケル・ロメンダ)、トミー・デヴィート(ビンセント・ピアッツァ)。希望のない町に生まれた4人は、自分たちの音....
ジャージー・ボーイズ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Jersey Boys監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ビンセント・パッツア、クリストファー・ウォーケン
『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない (映画のブログ)
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ...
「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき (はらやんの映画徒然草)
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち
ジャージー・ボーイズ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
巡りゆく四季、巡りゆく音楽。 トニー賞受賞のブロードウェー・ミュージカルを原作に、巨匠クリント・イーストウッドが作り上げた瑞々しい音楽映画。 1960年代、時代を牽引した伝説的ポップスグループ、“ザ・フォー・シーズンズ”の実話を元に、アメリカンドリームの...
「ジャージー・ボーイズ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/マルパソ・プロ=GKフィルムズ配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Jersey Boys 監督:クリント・イーストウッド脚本:マーシャル・ブリックマン、リック・エリスミュージカ
ジャージー・ボーイズ  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ジョン・ロイド・ヤング  ヴィンセント・ピアッツア  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ 【ストーリー】 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼ら....
映画『ジャージー・ボーイズ』 (健康への長い道)
 クリント・イーストウッド監督の新作『ジャージー・ボーイズ』を新宿ピカデリーで。元は同名タイトルの人気ブロードウェイ・ミュージカルです。  ビートルズ以前、1960年代に世界を席巻した人気グループ、フォーシーズンズの歩みを基にした作品だそうです。ちなみにミ...
『ジャージー・ボーイズ』 (My Pace, My Self)
久々に2日連続映画 今日は『ジャージー・ボーイズ』 ミュージカルの映画化、しかもそういうイメージのないクリント・イーストウッドが監督ということでミュージカル映画好きとしては気になっていました ※以下感想です  ネタバレありですのでご注意く...
『ジャージー・ボーイズ』 職人技の冴え (Days of Books, Films )
Jerjy Boys(viewing film) ブロードウェー・ミュージカルを
映画「ジャージー・ボーイズ」 (FREE TIME)
映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。
ジャージー・ボーイズ (迷宮映画館)
またクリント爺さんにやられるとは!!!!
至福のカルテット~『ジャージー・ボーイズ』 (真紅のthinkingdays)
 JERSEY BOYS  1951年、ニュージャージー。床屋で見習い修行中のフランキー(ジョン・ロイ ド・ヤング)は、その美声をトミー(ヴィンセント・ピアッツァ)に見込まれ、彼の バンドのボーカルとして歌い始める。彼の歌声は地元マフィアの実力者ジッ...
「ジャージー・ボーイズ」 (手のひらの空よ 足の裏で地球は回るよ)
 エンターテイメント界を舞台に、男性4人の音楽グループの栄光と犠牲、分岐と交差、そして義理人情を描いた軌跡「ジャージー・ボーイズ」(JERSEY BOYS)。  ちなみに自分は、題材の【フォー・シーズンズ】の名前も存在も知らなかった門外漢。  だけど、登場する楽曲...
「ジャージー・ボーイズ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Jersey Boys )クリント・イーストウッド監督らしく、対象を突き放して描こうとして実は何も描けていないという、悪いクセがここでも出ている。しかしながら音楽シーンはそこそこ良く撮れているので、その分は酷評するほどのことでもない。全体的な出来として....
ジャージー・ボーイズ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ジャージー・ボーイズ '14:米 ◆原題:JERSEY BOYS ◆監督:クリント・イーストウッド「インビクタス 負けざる者たち」「グラン・トリノ」 ◆出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウ...
「ジャージーボーイズ」 (ここなつ映画レビュー)
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青春...
ジャージーボーイズ (映画に耽溺)
「2009年のなにかの統計で見たんだけどさ」 「なによ、いきなり」 「日本人が映画館に出かけて映画を観る回数って年に1度なんだって~~~」 「あら~~そうなの??」 「うん。」 「でもさ今はDVDとかブルーレイとか通信回線でってのもあるしおウチでご覧に...
映画『ジャージー・ボーイズ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-78.ジャージー・ボーイズ■原題:Jersey Boys■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:134分■料金:1,800円■鑑賞日:10月4日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:クリント・イーストウッド◆ジョン・ロイド・ヤング◆エリック・...
「ジャージー・ボーイズ」 他 (ゆっくり歩こ。)
「マレフィセント」「サード・パーソン」「カムバック!」 「トーキョー・トライブ」「魔女の宅急便」を観ました 「魔女の宅急便」はやっと今頃観てみた これはもうジブリの印象が強すぎて ストーリーは全く別物だけども・・・ ジブリを越えるだけのキョーレツな....
『ジャージー・ボーイズ』 ~光と影が映し出す人生賛歌~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリストファー・ウォーケン ■概要 原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞の...
ジャージー・ボーイズ (いやいやえん)
【概略】 ニュージャージーで最も貧しい地区に生まれ、歌声とハーモニーを武器にスターダムに駆け上がった4人の若者の栄光と挫折を描く。 ドラマ フォー・シーズンズというバンドがあったことすら知らなく、楽曲「君の瞳に恋してる」だけは知っていた、というく...
また新たなイーストウッドの鮮やかな (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もないが天性の歌声と曲作りの才能、そして最高のハーモニーがあった 彼らは...
Blu-ray :ジャージー・ボーイズ イーストウッドの手腕に凄みが増していることを 2度目の鑑賞で実感。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! <これまでのイーストウッドで唯一、止めて~と叫びたい不満があった。 ...
ジャージー・ボーイズ (こんな映画見ました~)
『ジャージー・ボーイズ』---JERSEY BOYS---2014年(アメリカ )監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ 、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン トニー賞受賞の同名大ヒッ....
ジャージー・ボーイズ (チケット持って、おさんぽ行こう)
JERSEY BOYS(2014) メディア: 映画 上映時間: 134分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(ワーナー) 初公開年月: 2014/09/27 ジャンル: ドラマ/ミュージカル/伝記 映倫: G 夢、栄光と挫折―― それでも僕らは歌い続ける。
映画評「ジャージー・ボーイズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド ネタバレあり
ジャージー・ボーイズ (のほほん便り)
60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかった」境遇の、ヤンチャ時代エピソードには、び...