京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『舞妓はレディ』

2014-09-20 00:09:20 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「舞妓はレディ
□監督・脚本 周防正行
□キャスト 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、
       竹中直人、高嶋政宏、濱田 岳、岸部一徳、小日向文世、妻夫木 聡

■鑑賞日 9月14日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  『マイ・フェア・レディ』か、『舞妓はレディ』か

 舞妓が1人しかいなくなってしまった京都の小さな花街・下八軒の老舗お茶屋・万寿楽に、
 どうしても舞妓になりたいという少女・春子(上白石萌音)が現れる。 最初は断られた
 春子だが、そこに居合わせた語学学者の「センセ」こと京野(長谷川博己)が、鹿児島弁
 と津軽弁の混ざった春子に興味を示し、彼女が万寿楽にいられるよう取り計らう。
 かくして万寿楽の仕込み(見習い)になった春子だったが、花街の厳しいしきたりや稽古、
 慣れない言葉づかいに悪戦苦闘。 そしてある日、突然声が出なくなってしまう。

 娯楽作『Shall we ダンス?』のあと、『それでもボクはやってない』や『終の信託』と、
 シリアスものが続いた周防監督。 この作品は、それらの鬱憤を晴らすべく(かどうか
 はわからないが)、非常に愉快で、面白く、また“情”のある作品に仕上がっていた。
 訛りのキツい田舎者の少女が舞妓になる。 しかも一元さんお断りの世界。
 しかしながら、そこに敷かれていた春子の母親の謎。 終盤にそれはわかるのだが、
 それこそが、この映画のエンターテイメント性を高めると同時に、厳しい修業で、苦労を
 しながらも、周りの人々の愛情や人情に支えられ、一人前の舞妓に成長する過程を
 描いていくプロセスから、感動の結末に結び付けていく。 このあたりは周防監督の
 上手いところ

 そして主役の春子を演じる上白石萌音チャンがしっくりはまっている。 長谷川博己の
 京都弁は怪しいものだったが(笑)、お馴染みの周防組の面々の演技は安心して観て
 いられる。 京都出身の岸部一徳は水を得た魚 百春役の田畑智子は置屋ではない
 ものの、京都は祇園の老舗料亭の娘で、遠からず、この世界(古いしきたり等)をわかって
 いたのでは。 さらに、富司純子をはじめ、草刈民代、渡辺えり、竹中直人等、芸達者な
 人たちの仕事も冴えていた。

 一人前になって、周りの姉さんたちから母親のことを指摘され、誰しも最初からわかって
 いたことを知らされたときには、思わずウルウルきてしまった。 脇の嶋政宏、小日向
 文世も良かったけど、 岩本多代さんがなかなか効果的だったなぁって感じた
 映画のいたるところに笑いのペーソスが鏤められていたけど、会場で一番笑いが大き
 かったのは、なんと彦摩呂登場のシーンで、これは予告編でも出ていただけに
 ここは予想外の反応だった(笑)
 
  この映画、もう一回お金を出してもいいから観たいなぁ(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「鳥心」/横浜 | トップ | 今日から熱海へ~♪ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
彦摩呂 (rose_chocolat)
2014-09-20 07:36:10
あれウケましたねえ。お師匠さん役の方はみんななりきってた(笑)
中村さん優勝だと思いますがw

映画好きさんの間ではなんか評価イマイチみたいですが、
こういうのは楽しんだもの勝ちですよね。
脇役 (mayumi)
2014-09-20 08:08:08
主演の上白石萌音ちゃんも、良く頑張っていたし、
周りの布陣が 実に充実していました。
温かい眼差しで 折々に声を掛ける役どころの草村礼子さん、
利いていました。
Unknown (サッチー)
2014-09-20 09:40:57
舞子になるまでの苦労は聞いていますが
このように映画で表現するときに、監督の心の奥深さが
にじみ出てくるのでしょうね。

あまり、映画を観ないのですがcyazさんの解説で
見たくなりました。

舞子の世界や舞子さんの美しさの表現を見てみたい。
こんにちは。 (みぃみ)
2014-09-20 15:39:38
お母様の事、実はみなさん御存知☆な事、私もうるうるでした。
春子ちゃんに面影を感じ取ったのかな~と(^^)。

その道のプロを、芸歴長い方々が演じる安定感、
歌も踊りも演技も満喫しました♪。

私的ヒットは、高嶋お兄ちゃん、いたりあーん、楽しかったです。
Unknown (Ageha)
2014-09-20 17:23:09
マイフェアレディの舞妓版(ただしラブストーリーには走らない)ってのは聞いてたんですが
どうですか?良かったみたいですね(^-^)

予告のミュージカルシーンだけがどうにもひっかかっていて
若干後回しにしちゃったのですが
どうしよっかな~と悩み中。(まだ見てないんかいっ!)
そうそう~ (cyaz)
2014-09-21 08:06:53
rose_chocolatさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>あれウケましたねえ。お師匠さん役の方はみんななりきってた(笑)
そうですよねぇ(笑) 特に彦摩呂選手は!

>映画好きさんの間ではなんか評価イマイチみたいですが、こういうのは楽しんだもの勝ちですよね。
そうそう、そういうことですよね(笑)
周りが~ (cyaz)
2014-09-21 08:08:49
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>白石萌音ちゃんも、良く頑張っていたし、
周りの布陣が 実に充実していました。
そうでしたね^^

>温かい眼差しで 折々に声を掛ける役どころの草村礼子さん、利いていました。
彼女も周防組ですよね^^
ぜひ~ (cyaz)
2014-09-21 08:10:55
サッチーさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>このように映画で表現するときに、監督の心の奥深さがにじみ出てくるのでしょうね。
そうでしょうね^^
特に周防監督の作品にはそこに統一感があります。

>あまり、映画を観ないのですがcyazさんの解説で
見たくなりました。
おぉ、ぜひご覧になって下さい!
感想、お待ちしてますので^^
高嶋兄ちゃん~ (cyaz)
2014-09-21 08:18:00
みぃみさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>お母様の事、実はみなさん御存知☆な事、私もうるうるでした。
春子ちゃんに面影を感じ取ったのかな~と(^^)。
そうですね^^
食べ物の好き嫌いは親子似るもんなんですよね(笑)

>私的ヒットは、高嶋お兄ちゃん、いたりあーん、楽しかったです。
なるほど^^
昨日観た『柘榴坂の仇討』でもいい味出していましたよ^^
あれは~ (cyaz)
2014-09-21 08:19:59
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>どうですか?良かったみたいですね(^-^)
良かったですよ(笑)

>予告のミュージカルシーンだけがどうにもひっかかっていて若干後回しにしちゃったのですが
どうしよっかな~と悩み中。(まだ見てないんかいっ!)
あれは最後にチョコっとですから、
あまり気にすることはないですよ。
Unknown (しげもり)
2014-09-23 08:18:49
ほんわかしたいい映画でしたね。
京の舞妓世界に無縁な私ですので、事情がよくわかりました。
京言葉って、奥が深いですね。
ヒロインの少女が華やかになっていくさまは、『プラダを着た悪魔』に投影しました。
「舞妓はレディ音頭」が、耳に残りませんでしたか?!
ノープロブレム~ (cyaz)
2014-09-23 15:45:35
しげもりさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ほんわかしたいい映画でしたね。
そうでしたね^^

>京の舞妓世界に無縁な私ですので、事情がよくわかりました。
まあ、すべてではないでしょうけどね(笑)

>ヒロインの少女が華やかになっていくさまは、『プラダを着た悪魔』に投影しました。
なるほど^^
『プリティウーマン』も同類かと(笑)

>「舞妓はレディ音頭」が、耳に残りませんでしたか?!
いえ、ノープロブレムでした(笑)
舞子はレディ (波津雪希)
2014-09-24 21:56:20
別のTBを送ってしまい申し訳ありませんでした。

長谷川博己が、さまざまなお国言葉を
操るのが、印象的でした。
学者~ (cyaz)
2014-09-25 08:21:53
波津雪希さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>長谷川博己が、さまざまなお国言葉を操るのが、印象的でした。
そうですね(笑)
一応、専門の学者さんでしたからね!
Unknown (Ageha)
2014-09-25 18:30:21
上白石萌音ちゃんが実に可愛かったです(^-^)/
(鹿児島出身らしく、バイリンガルの1こは
問題なかったようですね。知らなかったです~~)

周防組の面々ががっちりサポートしていて
そこはそれでめっちゃよかったんですが・・・

やっぱミュージカルアレルギーがでてしもたかな~・・・
単純にそれだけです・・・好きか嫌いかといわれれば好きだしええか悪いかと言われればごっつええ話。
でもなんだろうね~このモヤっと感・・・。

妻夫木くんが赤木圭一郎役で出るとは思わなかった(^_^;)

亡くなった父と母の写真が加瀬亮と瀬戸朝香って・・・。
・・・そうそう、一春と小春がうりふたつだったとしても
ちょこっと若作りでもええから(!)瀬戸朝香にちゃんと
一春やってほしかったな~という細かいツッコミ。
ごっつええ~ (cyaz)
2014-09-25 21:23:45
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>上白石萌音ちゃんが実に可愛かったです(^-^)/
そうですね^^

>やっぱミュージカルアレルギーがでてしもたかな~・・・
でも、一部分だけじゃないですか(笑)

>ええか悪いかと言われればごっつええ話。
でもなんだろうね~このモヤっと感・・・。
うーん、それは本人しかわかりまへんな(笑)

>妻夫木くんが赤木圭一郎役で出るとは思わなかった(^_^;)
予告でチラッと。

>ちょこっと若作りでもええから(!)瀬戸朝香にちゃんと一春やってほしかったな~という細かいツッコミ。
そこもチラリズムでいいのでは(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
舞妓はレディ (映画好きパパの鑑賞日記)
 周防正行監督の明るくウエルメイドな作風が戻ってきました。ミュージカル仕立てで往年の名作「マイ・フェア・レディ」を現在の京都に換骨奪胎しています。舞妓とか正直興味が無かったのだけど、そんな僕でも十分楽しめました。  作品情報 2014年日本映画 監督:周防...
『舞妓はレディ』 (2014) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 周防正行 出演: 上白石萌音 、長谷川博己 、富司純子 、田畑智子 、草刈民代 、渡辺えり 、竹中直人 、高嶋政宏 、濱田岳 、中村久美 試写会場: 東宝本社試写室 公式サイトはこちら。 舞妓がひとりしかいなくなってしまった京都の小さな花...
『舞妓はレディ』は『マイ・フェア・レディ』と全然違う! (映画のブログ)
 オードリー・ヘプバーンのファンで、ミュージカルが好きな私にとって、オードリー・ヘプバーン主演のミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』はとりわけ好きな映画の一つだ(歌声はマーニ・ニクソンが吹き替えているが)。  粗野で下品な花売り娘を、立派なレディに仕...
舞妓はレディ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。周防正行監督。上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、濱田岳、中村久美、岩本多代、高橋長英、草村礼子、岸部一徳 ...
映画『舞妓はレディ』観てきた (よくばりアンテナ)
全然観るつもりはなかったのですが、2~3日前にTVで 宣伝のために出ていた主役の上白石萌音さんが歌を披露していて 興味がわいたので観ることに。 古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子(上白石萌音)が押し掛けてくる。春子...
舞妓はレディ  監督/周防 正行 (西京極 紫の館)
【出演】  上白石 萌音  長谷川 博己  富司 純子  田畑 智子 【ストーリー】 古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子が押し掛けてくる。春子は必死で頼み込むが、誰も相手にしようとしない。ところが偶然その様子を目にした言語学者....
『舞妓はレディ』 (こねたみっくす)
おおきに、すみまへん、おたのもうします。 周防正行監督が20年前から温め続けてきた企画を、約800人のオーディションを勝ち抜いた新人・上白石萌音さんを主演に作り上げたこの和風 ...
『舞妓はレディ』 (2014) (相木悟の映画評)
京文化を照射する、はんなりミュージカル登場す! 周防作品のハイ・クオリティぶりを実感しはするのだが、いまいち心躍らない一作であった。 本作は、我が国が世界に誇るエンターテインメントの旗手、周防正行監督作。何やら監督が20年来、温めていた念願の企画なの....
映画『舞妓はレディ』★舞妓版『マイ・フェア・レディ』with京都の雨 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162467/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   映画レビュー (ネタバレ表示)しました。以下とほぼ同じ。       京都育ちでない女の子(春子...
映画:「舞妓はレディ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年9月18日(木)。 映画:「舞妓はレディ」。 監督・脚本:周防正行 撮   影:寺田緑男 美   術:磯田典宏 装   飾:松本良二 音   楽:周防義和 主 題 歌 :上白石萌音 作   詞:周防正行・種ともこ 振   付:パパイヤ鈴木 ...
「舞妓はレディ」ダジャレです…(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[舞妓はレディ] ブログ村キーワード 周防正行 監督 最新作 「舞妓はレディ」(東宝)。全編是、京都がテンコ盛りの映画でございます。 京都“下八軒”。現役の舞妓が1人しかいないという悩みを抱える、この小さな花街のお茶屋“万寿楽(ばんすらく)”に、或る日1人の少...
舞妓はレディ ★★★ (パピとママ映画のblog)
『Shall we ダンス?』など数々の名作を手掛けてきた周防正行監督が、舞妓をテーマに撮り上げたドラマ。周防監督が20年前から考え続けてきた企画で、とある少女が舞妓を夢見て京都の花街に飛び込み、立派な舞妓を目指し成長していく姿を歌や踊りを交えて描く。主演は、半年...
舞妓はレディ (映画と本の『たんぽぽ館』)
京都の雨は盆地に降る * * * * * * * * * * 本作は題名を見ただけでも明らかですが、 ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の日本版ともいうべき作品です。 舞妓が一人しかいなくなってしまった京都の小さな花街、下八軒。 老舗のお茶屋・万寿...
映画『舞妓はレディ』 (健康への長い道)
 周防正行監督、久々の純エンタメ映画『舞妓はレディ』を新宿ピカデリーで。『舞妓はレディ』というタイトルは、『マイ・フェア・レディ』のもじりだそうです。  映画『マイ・フェア・レディ』ではオードリー・ヘプバーン演じたイライザがレディに成長していくように、...
舞妓はレディ (はるみのひとり言)
試写会で観ました。舞妓さんになりたいと花街にやって来た田舎娘の春子が、仕込みさんから店出しするまでのお話です。めちゃくちゃ楽しみにしていた映画でしたが、観た感想はちょっと斬新過ぎて正直う~んだったかな~。ミュージカル仕立てで楽しめるんだけど。なんかいま...
『舞妓はレディ』をトーホーシネマズ渋谷6で観て、あの歌は何なのかふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★上白石萌音ちゃんは可愛いと思う】   違和感を感じてしまったのは、 劇中で歌われる歌をあまり好きになれなかったからだろう。 多分、それは呼吸を意識 ...
[映画まとめ語り『舞妓』『剣心(最期)』『ガーディアンズ・オブ・・・』(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『舞妓はレディ』        周防正行監督は、見れば面白いが、あんまし好きな監督ではない。  今作も面白く、なんか素材はいいけど垢抜けない女の子が舞妓になる物語を、絶妙の主人公キャスティングで撮ったと思う。  ただ、これは、『Shall we ダンス...
舞妓はレディ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2014年 日本 上映時間:135分 監督:周防正行  1964年製作の米国ミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』のタイトルをもじった和製オマージュ映画である。主役を演じた新人・上白石 萌音の可愛らしさと見事な声量には脱帽。また涙あり、笑
幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー File-15 「ツタンカーメン・呪いの真実」 (こみち)
JUGEMテーマ:今日見たテレビの話     ツタンカーメンの墓を発掘した人々が、次々と亡くなっていく。   これは、ツタンカーメンの呪いなのか?   といった話を以前見聞きしていましたが   今...
「舞妓はレディ」:垢抜けなさも芸の内? (大江戸時夫の東京温度)
映画『舞妓はレディ』は、(往年の)周防正行監督らしい「ニッポンの不思議な異世界」
「舞妓はレディ」 おおきに、すんまへん、おたのもうします (はらやんの映画徒然草)
劇場の売り場で「『舞妓はレディ』のパンフレットください」と自分の口で言ったとき、
『 舞妓はレディ 』京都の雨は大がい盆地に降るんやろか (映画@見取り八段)
舞妓はレディ      監督: 周防正行    キャスト: 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、濱田岳、中村久美、岩本多代、高橋長英、草村礼子、岸部一徳、小日向文世、妻夫木聡、松井珠理奈、武藤十夢、大原櫻子、...
映画:舞妓はレディ オールスターキャストで飾る、周防ワールド・エンタテイメント! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
予告編をみた時は「あっよくあるパターン、ね」とパスを決め込んでいた。 ところがあとで、監督は周防正行と知り、変心。 なんたって「シコふんじゃった」「Shall we ダンス?」他、名作エンタテイメント揃い。 一方で近作は「それでもボクはやってない」 とてもヘビ....
『舞妓はレディ』 2014年8月30日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『舞妓はレディ』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は色んな意味で賛否がありそうだ 予告では舞子はレディ♪と・・・テンポの良い音楽が流れ記憶に残る。 【ストーリー】  古都・京都。お茶屋・万寿楽にある夜、絶対に舞妓になりたいと少女・春子(上白石萌音)が押...
映画 舞子はレディ (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    京都の舞妓と芸妓の世界を描いた映画でしたが    ミュージカルぽさが、今一つでした。    やはり和服にダンスは、合いません。    和服ならダンスでなく...
ミュージカルにしなくたって・・・゜・(ノД`)・゜・~「舞妓はレディ」~ (ペパーミントの魔術師)
映画.comより引用しました。もしダメなら削除いたしますので ご報告ください。m(_ _)m 花街版「マイ・フェア・レディ」 ド田舎から出てきた女の子が強烈なお国訛りを克服して 舞妓デビューするまでの1年をおっかけた物語。 しょっちゅう京都へは遊びに行ってますんで...
映画「舞妓はレディ」 (FREE TIME)
映画「舞妓はレディ」を鑑賞しました。
「舞妓はレディ」見習いとなり厳しい稽古指導を受けた先に待っていた舞妓になるための覚悟としきたり (オールマイティにコメンテート)
「舞妓はレディ」は地方から舞妓になりたいとやってきた少女が舞妓になるために様々な厳しい修行を経て舞妓になっていくストーリーである。昨今の人手不足により伝統芸能の存続危 ...
「舞妓はレディ」 (prisoner's BLOG)
タイトルは「マイ・フェア・レディ」の駄洒落なわけで、チケット買う時ちょっと恥ずかしかったぞ。 しかし内容、というよりドラマの骨格は根本的に違い、パロディの類でないのはもちろん、人間の捉え方はむしろ対照的ですらある。 「『マイフェアレディ』は『フランケン...
舞妓はレディ  (そーれりぽーと)
周防正行監督最新作は、なんと舞子さんを夢見る少女を描いたミュージカル?『舞妓はレディ』を観てきました。 ★★★★ ミュージカルかな?と思わせる予告編でしたが、がっつりミュージカルでした。 しかも、タイトルで『マイ・フェア・レディ』へのリスペクト感じさせて...
映画『舞妓はレディ』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
周防監督作品は大好きなので (『終の信託』はイマイチはまれませんでしたが…) 公開を楽しみにしていました。 『舞妓はレデ
舞妓はレディ(2014) (銅版画制作の日々)
あたし、舞妓さんになる。 舞妓はレディ、舞妓はレディ♪ 思わず口ずさんでしまう~~! ということでMOVIX京都にて鑑賞してきました、この作品。もっとはちゃめちゃな感じなのかと思ったら、京都の色街が舞台なのでしっとりしたミュージカル仕立てになっていました。 ...
舞子はレディ (Break Time)
今週も、終わろうとしています・・・
映画「舞妓はレディ」 (しづのをだまき)
2014 日本 135分 
舞妓はレディ (昼寝の時間)
2014年 日本 135分 公式サイト 監督・脚本:周防正行/エグゼクティブプロ
舞妓はレディ (銀幕大帝α)
2014年 日本 135分 コメディ/ミュージカル 劇場公開(2014/09/13) 監督: 周防正行 脚本: 周防正行 振付: パパイヤ鈴木 出演: 上白石萌音:西郷春子 長谷川博己:京野法嗣 富司純子:小島千春 田畑智子:百春 草刈民代:里春 渡辺えり:豆春 竹中直人:富....
舞妓はレディ (いやいやえん)
【概略】 舞妓を目指して京都のお茶屋世界に飛び込んだ少女・春子の姿を、ミュージカルシーンを交えて描く。 ドラマ・ミュージカル 舞妓の世界を舞台にしたミュージカル作品。マイ・フェア・レディ…じゃない、舞妓はレディなんですね。 失礼ながら田舎娘にしか...
映画評「舞妓はレディ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・周防正行 ネタバレあり
舞妓はレディ (のほほん便り)
かなり好みは分かれるかもしれませんが、(実際、「Shall we ダンス?」の熱烈ファンなダンナさんが、ミュージカル仕立てになって脱落)斬新で楽しい作品でした。願わくば、出演者全員に「見せ場を!」との、旺盛なエンタメ精神と、徹底した作り込み、と斬新さに、三谷幸...