陸奥月旦抄

茶絽主が気の付いた事、世情変化への感想、自省などを述べます。
登場人物の敬称を省略させて頂きます。

《放送法遵守を求める視聴者の会》が緊急記者会見

2017-03-29 16:00:31 | 国内政治:議会と政党
 地上波TVは、NHKを含めてどれも偏向報道を垂れ流し、フェイク・ニュース(捏造情報)が飛び交っている。最近の「森友学園問題」報道は、その典型であり、背景には安倍内閣潰しの意図が見え隠れする。  私は、NHK聴取料を支払っているので時折ニュースや天気予報、囲碁番組を見たりするが、BS1,2で海外ニュースを視聴するのが大半。それも、眼が悪いので音声を利用することも多い。民放TVは殆ど視聴することも . . . 本文を読む
コメント

藤井厳喜氏が最近の朝鮮半島情勢を語る

2017-03-28 05:50:45 | 朝鮮半島
 国際政治学者・藤井厳喜氏は、欧米の政治情勢に詳しく、該博な知識と共に分かり易い表現で問題点を指摘してくれる。  さて、傍若無人とも言える北朝鮮の独裁者・金正恩委員長が行う核実験と弾道ミサイル実験は、朝鮮半島の情勢緊迫化を招き、それはかつて見られない程に東アジアの不安定化を齎(もたら)している。折から実施されている米韓軍事大演習(3/1~4月末)を考慮すれば、近々米国が「斬首作戦」(Decapi . . . 本文を読む
コメント

<惜別の歌>を聴いて想うこと

2017-03-27 10:19:43 | 読書・映画・音楽
 昨夜から小雪が降り続き、7cm程度の積雪となった。冬将軍は、未だこの地を去り難いらしい。  今は亡き友人が、繁(よ)く歌っていた歌曲がある。それを別れの時節、弥生3月になると懐かしく想い出している。この時期は、卒業式、組織変更などが行われるから、様々に別れの情景が見られて、別れを惜しむ気持ちが募る。  友人が歌っていたのは、<惜別(せきべつ)の唄>であった。 惜別の歌 小林旭 &nbs . . . 本文を読む
コメント

青山繁晴参議院議員の予算委員会質疑:拉致された同胞の奪還について政府の姿勢を糺す

2017-03-25 16:17:49 | 国内政治:議会と政党
 青山繁晴参議院議員が、参議院予算委員会で朝鮮半島情勢と拉致被害者奪還問題への対応について質疑を行った。答弁する政府側も、少し緊張気味であった。 青山繁晴が国会で北の拉致問題について質問しだすとなぜか逃げ出す福島瑞穂    朝鮮半島有事となった時、日本の拉致被害者奪還グループは、米韓軍と共に行動するのか、それとも独自の計画で行動するのか?自衛官は戦地訓練に習熟しているとしても、医 . . . 本文を読む
コメント

討論『やらまいか—真相はこうだ!』#24  トランプ政権登場と国際情勢への影響

2017-03-23 22:54:45 | 米国関係
 3月2日にDHCシアターの番組「やらまいか」で興味深い討論が行われた。これは、数日で YouTube から消えて閲覧出来なくなったが、最近DHCシアターのアーカイヴに収録されて、再度閲覧可能となった。  トランプ政権の性格を理解する上で、とても参考になるので、コピペさせていただきます。 『やらまいか—真相はこうだ!』#24 トランプ登場を日本のチャンスに   . . . 本文を読む
コメント

織田邦夫氏による朝鮮半島情勢分析を聴く

2017-03-20 02:27:15 | 朝鮮半島
 織田(おりた)邦夫氏(66歳)は、元航空自衛隊・空将でイラク派遣部隊司令官の経験を持つ。防衛大学校18期卒業(航空要員)、戦闘機パイロットとして活躍。混沌となりながら有事危機の迫る朝鮮半島情勢について、大いに参考になる意見を披露されている。 織田邦夫【急襲作戦北の首領】を斬◯作戦は実行できるのか!元高級自衛隊パイロットが明かす真実!    自衛隊高級幹部(将官)経験者の意見は、 . . . 本文を読む
コメント

佐藤正久参議院議員がミサイル防衛につき質疑応答:参議院外交防衛委員会 国会中継

2017-03-19 14:42:40 | 国防関連
 緊張する朝鮮半島情勢を念頭に、佐藤正久参議院議員が我が国のミサイル防衛と離島防衛体制について、鋭い質問を政府に対し行った。佐藤議員は、防衛大学校第27期(陸上要員)卒業。イラク派遣軍を経験している。陸自一佐を辞任して参議院議員となった(2008年)。岸田文雄外務大臣と稲田朋美防衛大臣の答弁は、動画を見るとまるで緊張感が無く、自主防衛に対する覚悟も見られないし、工夫の姿勢も感じられない。 ヒゲの . . . 本文を読む
コメント

小川和久氏の朝鮮半島情勢分析(改訂版)

2017-03-18 00:08:22 | 朝鮮半島
 北朝鮮から繰り返し弾道ミサイルが我が国近傍に打ち込まれているのに、国会では野党議員が「森友学園問題」で右往左往し、マスコミもそれに引きずられて大騒ぎだ。  先月のジェームス・マティス米国防長官の来日に続いて、3月15日にはレックス・ティラーソン米国務長官が来日したのは、朝鮮半島情勢が緊迫していることを物語る。  3月1日から4月下旬まで、米軍5万人、韓国軍30万人が参加して合同大演習「フォール . . . 本文を読む
コメント

チャンネル桜討論 アメリカ・トランプの世界再編は成功するか?

2017-03-11 02:06:47 | 米国関係
 約3時間に及ぶ密度の濃い討論であるが、大変参考になる。 【討論】アメリカ・トランプの世界再編は成功するか?[桜H29/3/4] https://www.youtube.com/watch?v=OhJv5tC0Iy4 パネリスト:  川口マーン惠美(作家・拓殖大学日本文化研究所客員教授)  菅原出(国際政治アナリスト)  田村秀男(産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員)  馬渕睦夫(元 . . . 本文を読む
コメント

名残りの吹雪を見ながら、抒情歌<早春賦>を思い出す

2017-03-10 17:08:47 | 読書・映画・音楽
 この処、雪のシーズンも終りを告げるような晴天が訪れていた。しかし、今日は一転、吹雪となった。それでも、道路には雪が無く、地面温度も上がっているので積雪にはならないだろう。  3月上旬に思い出す抒情歌の一つは、何と言っても<早春賦>である。 早春賦 ダークダックス https://www.youtube.com/watch?v=B2F4qqn-RG8  歌詞の美しさにつくづくと感心してし . . . 本文を読む
コメント

名曲軍歌 《空の神兵》 の思い出

2016-10-06 04:56:44 | 読書・映画・音楽
 昨年(2015)暮れから、緑内障が急に進行し、視力が著しく低下した。自家用車の運転は最早不可能だし、動態把握も困難になっている。白黒のコントラストを上手く捉えることが出来なくなった。PC画上では、文字を大きくしたりして見ることもあるが、直ぐに疲れてしまうので長続きしない。  加えて体調も思わしくなく、特に今年の夏は来客の時を除いてベッドで横になることが多かった。以前からTVを見る機会が少なかっ . . . 本文を読む
コメント

《タイスの瞑想曲》を聴く

2016-04-12 12:22:06 | 読書・映画・音楽
 4世紀頃、エジプト・アレキサンドリアの人気舞姫タイスは、それまでの我が泡沫的な人生に飽きが来ていた。聖僧アタナエルは、退廃したアレキサンドリア市街の姿を見て慨嘆する。彼は、その雰囲気を変えようと頽廃の象徴的存在であるタイスを説得し、改悛の意義、そして神への帰依を促して尼僧院へ行くことを熱心に勧める。タイスは、彼のひたすらな真摯さに打たれ、己の来し方行く末を想いつつ、静かに瞑想に耽(ふけ)る。 . . . 本文を読む
コメント

中共が南シナ海を支配することは可能か ; <ホラ吹き>主席と<口先き>大統領の鍔迫り合い

2015-10-29 11:52:43 | シナ・中共関係
 中華人民共和国(中共)は、3年前から南シナ海の岩礁を24時間体制でシナ大陸から土砂を運び、せっせと埋め立て工事を敢行、7箇所の人工島を作った。これは、胡錦濤政権時代から続けられていた工事だが、習近平政権になって急速に埋め立てが進み、人工島の形態が明確になった。その内、3島には3000m級滑走路を設置し、港湾施設や兵員居住用建造物も完成させた。岩礁周辺のサンゴなどは完全に破壊され、海洋生態系にも多 . . . 本文を読む
コメント

<大きな古時計>を童謡で聴く

2015-09-29 06:47:35 | 読書・映画・音楽
 昔は何処の家庭にも柱時計があった。振り子が揺れる様を子供心に不思議な気持ちで見上げ、時が来るとボン、ボンとなる音に気持ちを弾ませたりした。時計はゼンマイ仕掛けて動くから、定期的に父親や背の大きくなった長兄が踏み台の上でネジを巻く。それも懐かしい風景だ。  欧米の旧家を訪れると、入り口や階段付近に人の背丈以上もある据え置き型の大時計を置いているところがある。彼らは、それを "Grandfathe . . . 本文を読む
コメント

潘基文UN事務総長への国際的批判が高まる

2015-09-25 14:02:31 | 朝鮮半島
 連合国(United Nations : UN)組織結成結成70週年を祝って、UN本部のあるニューヨークに各国首脳が続々と参集している。特に、国賓として滞米中のフランシスコ法王猊下もUN総会会場で演説されるようで、米国民は猊下を大歓迎する風景がABC―TV、CBS―TVなどにより特番として伝えられている。  その一方で、潘基文UN事務総長への国際的評判は益々悪化しているようだ。最近の状況を平沼 . . . 本文を読む
コメント