陸奥月旦抄

茶絽主が気の付いた事、世情変化への感想、自省などを述べます。
登場人物の敬称を省略させて頂きます。

華麗そして抒情的な名曲:「タイム・トゥ・セイ・グッドバイ」(Time to Say Goodbye)

2008-10-16 02:10:36 | 読書・映画・音楽
 時には<カンパリ>などを味わい、遠く海外へ行きたいなと思いながら、癒しの音楽を楽しむ。美しい曲の多いクラシック・クロスオーバー分野の中に、作曲:フランチェスコ・サルトーリ、作詞:ルシオ・クアラントットのイタリア歌曲「コン・テ・パルティロ」(Con Te Partirò)がある。その意味は、「君と共に旅立とう」と言うことらしい。

 最初この曲は、イタリア人歌手アンドレア・ボッチェリが一人で歌っていた。1996年、これを聞いて感動した英国人歌手サラ・ブライトマンが彼に申し入れ、デュエットで歌うことにした。ついでに題名を「タイム・トゥ・セイ・グッドバイ」に変えた。そして、この曲は欧州で爆発的な人気を獲得した。今では、ブライトマンの看板曲だ。

 ここでは、ボッチェリと<天使の声>ヘイリー・ウェステンラ(当時18歳;ニュージーランド出身)がアイス・ショウでデュエットしているものを聴くことにしよう。


http://jp.youtube.com/watch?v=wVIVhYa2-ho&feature=related

 このアイス・ショウは、「スターズ・オン・アイス」で、カート・ブラウニング(髪の薄い人)がリーダー。日本人スケーターも参加している。2005年12月の録画。

 そしてその歌詞は

Time to Say Goodbye

Lyrics by L . Quarantotto
Composed by F. Sartori
Featured by Andrea Bocelli

Sarah(Hayley):
Quando sono sola
sogno all'orizzonte
e mancan le parole,
si lo so che non c'è luce
in una stanza quando manca il sole,
se non ci sei tu con me, con me.
Su le finestre
mostra a tutti il mio cuore
che hai accesso,
chiudi dentro me
la luce che
hai incontrato per strada.

Both
Time to say goodbye.
Paesi che non ho mai
veduto e vissuto con te,
adesso si li vivrò.
Con te partirò
su navi per mari
che, io lo so,
no, no, non esistono più,
it's time to say goodbye.

Andrea:
Quando sei lontana
sogno all'orizzonte
e mancan le parole,
e io si lo so
che sei con me con me,
tu mia luna tu sei qui con me,
mio sole tu sei qui, con me,
con me, con me, con me.

Time to say goodbye.
Paesi che non ho mai
veduto e vissuto con te,
adesso sì li vivrò.
Con te partirò
su navi per mari
che, io lo so,
no, no, non esistono più,

Both:
con te io li rivivrò.
Con te partirò
su navi per mari
che, io lo so,
no, no, non esistono più,
con te io li rivivrò.
Con te partirò.


carmania さんの訳によると

一人きりでいるとき 私は水平線を夢見る
そして何も言えなくなってしまう
部屋の中は暗い 太陽の光がないから
あなたがそばにいないと 太陽も消えたまま
窓から私の心が広がっていく
あなたのものになった心が
あなたはそんな私に 光を降り注いでくれる
あなたが道端で見つけた光を

タイム・トゥ・セイ・グッバイ
今までに見たことも 訪れたこともない場所を
私はこれから あなたとともに航海していく
船に乗って海を越えて
もうどこにもなくなってしまった海を越えて
イッツ・タイム・トゥ・セイ・グッバイ

あなたと離れているとき 僕は水平線を夢見る
そして何も言えなくなってしまう
でももちろんわかっている あなたは僕と共にいるんだ
あなたは僕の月 僕のそばを離れない
僕の太陽 あなたは僕と共にいてくれる
僕と共に 僕と共に 僕と共に
タイム・トゥ・セイ・グッバイ

いままでに見たことも 訪れたこともない場所を
僕はこれからあなたと共に 航海していく
船に乗って海を越えて
もうどこにもなくなってしまった海を
あなたと二人でよみがえらせよう

あなたと共に旅立とう 船に乗って海を越えて
もうどこにもなくなってしまった海を
あなたと二人でよみがえらせよう
あなたと行こう あなたと旅立とう


サラ・ブライトマンが唄っている様子は
http://jp.youtube.com/watch?v=Sp0ccQVy1og&feature=related

 器楽演奏がお好きな方は、James Last楽団の演奏で、英語の歌詞と共にこの歌曲の雰囲気を味わうことも出来る。


http://jp.youtube.com/watch?v=t2gdLK2njQs&feature=related

 思い出したが、この歌を今は亡き本田美奈子さん(2005年11月逝去、38歳)も唄っていた。そのCDは今も入手可能だ。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
タイム・トゥ・セイ・グッバイ サラ・ブライトマン グッドバイ スターズ・オン・アイス スケーター 本田美奈子 ニュージーランド カート・ブラウニング ブライトマン フランチェスコ
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« シナの宇宙遊泳は水中で行われた? | トップ | サーキットブレーカー発動が続く... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL