ケパとドルカス

『肝心なことは目では見えない』これは星の王子さまの友達になったきつねの言葉。

映画「ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語」

2017年12月15日 | 映画•映像
今日がロードショー(封切り)かと思う表題の映画を観に行ってきた。これはポーランドで起こった実話の映画で、要するにこの日を私たちは心待ちに待っていたのだ。映画の題名が恐ろしく長いが、原題はThe Zookeeper wifeでシンプル。それもそのはず、内容はユダヤ人300名あまりを園内の広い自宅地下室に匿い、その命を救った、勇気ある女性の感動の実話だから。要するにポーランドの反ナチ抵抗運動の一環として、ユダヤ人を救う話である。
私は高校生の時に「アンネの日記「夜と霧」の本から関心を抱いて来た。決して気持ちの良いものではなかったが、ユダヤ人から目を背けることができなかった。映画ではこれまで「シンドラーのリスト」や「命のビザ・杉原千畝」、「戦場のピアニスト」「サウルの息子」などを観た。

この時代、ユダヤ人を助け匿うということは、バレればポーランド人であろうと家族もろとも銃殺されるかアウシュビッツに送られても仕方ない訳で、まさに命懸けである。資産があり、家族がありながら、それができるかということになると、誰もが躊躇せざるを得ないのではないか。映画では、ドイツ兵によってひどく傷つけられた一人の少女の癒やされる過程で、アントニーナの過去も語られていく。その過去が命を懸けて助ける、その伏線になっている。

この映画でもう一つ、私の心に残ったのは、ゲットーのユダヤ人を救出するアントニーナの夫、ヤン園長の働きである。もちろん、ゲットー内の全員を助けられるわけもなく、仕方なく彼らを列車に乗せる手伝いをするシーンが出てくる。
列車は貨車であって、人々をぎゅうぎゅうに押し込んで行く。行先はアウシュビッツなどの強制収容所であることをヤンは知っていた。映画の中で「コルチャック先生」が何度も出てくるが、あまりにも有名な人なのでここでは詳細を省く。(コルチャック先生の実像)彼は自分の孤児たちと列車に乗ることを選ぶのだが、そのあどけない孤児たち一人一人載せなければならないヤンの、苦渋に歪んだ顔が印象的であった。その張り裂けそうな心は、ユダヤ人の マーク、ダビデの星を腕につけているかいないかの理不尽さにあったはずだ。戦後、動物園を再開する時、園長夫妻は建物のあちこちに、ダビデの星マークを描く。この奇異な行動を紐解くならば、このマークで、動物を見に来るべき人間が動物以下のように扱われた時代があった、そのマークを堂々と描くことで解放を喜ぶ、あるいはそれを決して忘れないと言う意味だろうか。(写真は孤児たちの中のコルチャック先生を脱出させようとするヤン)

この映画を通してやはり、共感ということ、自身がつらい体験をもくぐり抜けているということ、これが危機に際して、人間としての真の力になっていると感じさせられる。
私たちの群れも各人、長い間にわたって試練や困難という訓練を受けている。私たちのような寄留者タイプの教会には、美しい会堂や人間的な交わりを求める人々は寄りつかない。ただリアルに神は生きておられる、その信仰だけが命の教会である。だから神が導いた人でないと、そう簡単には定着はしない。

しかし終末の時代、それはまことに不安と混乱の時代であろうが、その時至って真の信仰が、私たちが用いられるのである。それは自転車で動物園を巡回する日々だったはずのアントニーナが、時が来た時には、恐怖という闇に立ち向かい、人間としての真の目的のためにあらゆる手を使って、圧倒的な支配者ナチに立ち向かって行ったように。





ケパ







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲虹1月号の表紙写真になった彩雲

2017年12月14日 | 感謝
この群れでは毎年11月を新年度の始まりとし、最初の年度礼拝をイスラエルで行うために、10月の終わにはすでにイスラエルに滞在している。今年の11月の1日は水曜日だった。(黄金門で)(ライオン門から)

その日、私たちはツアーでエルサレムの旧市内とダビデの町を巡っていた。旧市内にはいつもライオン門から入る。その日は黄金門で記念写真を撮り、聖墳墓教会と嘆きの壁、その後ラケルで昼食をとり、午後からはダビデの町のアパールーム(最後の晩餐とペンテコステの場と言われている=はっきり場所を特定できない場合、重ね合わせてココ!とまことに都合良く)からダビデの町の外にあるペテロの鶏鳴教会に行く途中だった。(その時のもの)

誰かの声がし、反応して振り返ると、なんとダビデの町の上に近くて大きい、見事な彩雲が出ていた。
普通、彩雲というものは、高い空の上に出るものであって、あまり大きくはならない。しかしこれは年度の始めの日、ダビデの町の上に出たものだ。彩雲は大きく結構長く出続けた。そして旧市街やオリーブ山からも確認されたようである。しかし場所がら、私たちが最も近くで見ることができたようで、大きくあざやかで感謝だった。(月刊誌「雲の間にある虹」に掲載された私の写真)

実用面もある。この写真を投稿したおかげでこの雑誌、二冊ほど贈呈を受けた。





ケパ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連鎖祈祷

2017年12月13日 | 教会のこと
この新年度から語られ始まった
感謝と賛美の連鎖祈祷は
なかなか恵みのある時間です。


船橋教会では、毎週水曜日7:30~と日曜日1:30~の二回の時間帯。

水曜日、礼拝の後は夕方から祈祷会とpeacefulの練習(隔週なので)あるいは教会賛美隊の練習。そして連鎖祈祷の連続です。

長い時間なのですが、それぞれの恵みがありそれがリンクして🔗🔗いいのよね。
次につなぐのはどこの教会なの〜〜などとつなげた喜びを分かち合います。

今夜もとても恵まれました。
〜〜 主に感謝します。


ドルカス







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い〜ね

2017年12月12日 | 食べる
今日この冬一番の寒さ、らしい。

過ごしやすい気候と思ってるこの船橋地方でも寒いわ〜

今日は、歯医者さんと目医者さんのハシゴで、船橋〜高円寺〜東船橋〜と移動したが、どこでも寒い日だね

眼科も済んでファミマでeat-in。
どこかの情報で、12月12日は女性にチョコを送ろう❣️って見たようなと、ケパさんに話したところ、実行してくれてね。

どのチョコがいいのかと、尋ねられたので売り場見て、これ


ファミマコーヒーと、CharLottで、おやつにした。
中々の良い時間ね。


ドルカス






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

餃子が大好き

2017年12月11日 | 食べる
週に一度近く、私たちは餃子目当てに行っている店がある。最近プラハのサリーさんがそのブログ「ぶらりプラハ」で「餃子食べたい!」を3連発して叫んだのを見たが、その気持ち、よーくよっく分かる❗

私もこの店で頼むのはいつも「餃子定食」で、ほとんど餃子に病みつきである。さてお店で注文を済ませると、まずラー油に餃子ゆずダレ、そして二人でかなり異なる量の酢を入れて、しばらくたくあんなどを噛みながら餃子を待つ。この時間を大切にしたい。たっぷり生唾を飲み込んで到着した餃子は、美味しいのだ。サリーさんごめん、餃子がここは看板に偽りなしで、う、うまい❗ おまけに安い!

このお店がプラハにもできるといいですね。




ケパ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

J- バイブル2017到着

2017年12月11日 | 聖書
昨夜、教会から帰宅してみると、郵便受けにクロネコDM便が届いていた。空けてみると、注文したことを忘れていた新改訳聖書2017のパソコンソフトだった。ソフト名は「J-ばいぶる2017」と言い、「ユーザー限定特価」の予約販売を数ヶ月前にしていたものだった。

⭕️必須アイテム
今から十五、六年前、新共同訳聖書の世界からこちら、新改訳聖書の世界に来た時、真っ先に買ったものの一つがこれだった。聖書を学び、調べる際、該当聖句を調べるのに、以前はコンコルダンスというバイブルサイズの聖句索引本を用いた。辞書のような専用のそれでも、目当ての聖句にたどり着くのが一苦労だったことを覚えている。(写真は昔からずっと愛用していたコンコルダンス)しかしこのJ-バイブルというパソコンソフトで語句検索すると、瞬時にほぼ一発で探し当てられる。しかもKJVなど他の聖書もズラズラと同じ箇所が並ぶ。これはこたえられないほどの便利さである。聖書研究において、これはもはや必須アイテムと言ってもいい。
※ 今現在使用不能?のiPhone用の聖書アプリ「新改訳聖書」でも便利さは皆さんご存知。今月中にはiOS11用のアップデートがなされ、復旧するといのちのことば社から聞いている。

⭕️聖書は使い分けが肝要
昨日のメッセージにおいて、聖書を読む際の個人的アドバイスとして言ったことは、聖句の調べごとや礼拝での聖書参照などは、確かにスマホやパソコンのアプリが便利でしょう、と。何よりも軽いし速い。
また論理的、知的に聖書を調べたりして読むのであれば(ロゴス読み)、これらソフトやアプリなどの電子媒体を存分に使うべきでしょう。
しかし聖書を熟読し、聖書から語りかけを受けよう(レーマ読み)とするなら、本の聖書、それもできるだけ楽に読める文字サイズの聖書をおすすめする、と。私の場合、本の聖書からは、その文字と文字、文章からスチールやムービーのイメージのようなものが脳裏に立ち上がって来る場合が多い。しかし電子媒体からでは、それはほとんど無い。これは体験的に言えるものなのだ。

⭕️結論 両方とも素晴らしい。感謝して用いる。



ケパ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョット片付け

2017年12月10日 | 教会のこと
PCデスクの移動に伴い


後ろスペースを、

少し片づけました。

みなさん帰って来たら


ビックリするかもね



ドルカス



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

礼拝は

2017年12月10日 | 教会のこと
今日もはじまりました。
オンラインで配信も出来てます。保存もできるでしょう。

今日はm姉妹のお証しです。


牧師導きの賛美。


今日のメッセージは、聖書 ヘブル書4:16 から
ケパ牧師からは語ります。



ドルカス




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主日礼拝の朝です

2017年12月10日 | 教会のこと
おはようござきます、

主日礼拝で、オンライン配信が出来るかどうかのチェックに、昨夜も教会で作業

配信は出来てるのですが、保存できない



今日のオンライン配信も主に委ねます。
今日はまた違う方法で行うようです。

それでは、10:30からの主日礼拝をオンラインでご一緒に



ドルカス






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルツハイマーになった母との思い出

2017年12月09日 | 随想
NHKでドラマ「たからのとき」を再放送していた。そのロケ地の村である福岡県東峰村は、この番組の放送1年後、この七月の集中豪雨で大被害を受け、美しかった山あいの村が見るも無残な姿になってしまった。しかし被災者たちは、泥の中から立ち上がって再建を始めた。その様子を演じた俳優たちが村人と共に語りながら「もう一つのたからのとき」と題して続いて放送していた。失われる時は、一瞬にして失われる、語りかけがあった。

ドラマの話に戻る。女優、寺島しのぶが主人公の物語で、『とうほう村テレビ』で住民ディレクターとして活動する室井たから(寺島しのぶ)には、秘密があった。制作する番組は村の思い出深い名所の紹介をするのだが、それは自分自身が若年性アルツハイマー症になり、家族と思い出を大切にするためであった。

アルツハイマーと聞くと、私は母とのことを思い出す。母が八十歳の頃に診断が出て、私は家族と離れ3年間、母と二人だけで暮らした。それはアルツハイマーという病気を、つぶさに知らされた3年間だった。その間は食事や家の整理など日々、「戦いすんで、日が暮れて」だった。

最初はさんざんカモにされていた訪問販売業者との熾烈な戦い。診断のきっかけになった近所とのトラブルは、私が謝って歩くと、泣いてくやしがられたものの、みなさん快く許してくれた。それが一段落つく頃、外出時には、何処の家の庭であろうとも母は雑草を抜いていた。つまり自宅との区別がなくなっていた。
困ったのは、ヘルパーさんが家に来ることを嫌がり始めたことだ。次第に泥棒扱いにしたり、恐れだした。次第に私が息子であることも忘れ、私が帰ってくると「どこの誰かさんでしたかいのォ」と、聞かれ始めたときは、正直参った。残酷な病だぁ、と悲しくなった。「アルツハイマー症だけには、決してなりたくない」という思いを当初は、強く持った。

しかし、記憶が無くなっていった母は、私が全く知らない子ども時代の娘に戻っていた。こんな子ども時代を過ごしていたのか、と母の発見もあった。私は記憶を失っていく母を見るのがつらかったものの、怒りや不安の状態から母は次第に落ち着き、私に依存するようになった。

施設に母が行くまでは、息子の私が保護者で、車に乗るのが好きな母は、どこにでもついてきてくれた。坊ちゃんの松山にも行ったりした。息子だとわからなくなっても、母は私を嫌がることはなかった。母がアルツハイマーになって一番癒やされたのは、母との関わりを再発見できたこの私だったかも知れない、とも思うようになった。
この番組を見て、当時のことをありありと思い出した。





ケパ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ掃除も

2017年12月08日 | 生活
2017年も残り3週間程。
家の中の片付け、掃除とか、お買い物、やり残したことは無いかしらと、主婦は大忙しですね〜

我が家も、普段怠ってる場所の掃除、片付けやら、はじめますが、

今日はメダカちゃんの水槽を徹底的に掃除しました。
ちょいとメダカたちには隣の小さな水槽で一晩過ごしてもらいますが、

計 33匹健在でした〜

明日になれば、

こちらの徹底掃除し水質も整えた水槽へ引っ越すよ〜

ついでに、ベランダの花鉢もミニシクラメン植えたり、

古い株の横に一つ植えたら、見栄えが良くなった ね〜

吹き溜まりとなった棚下も掃除できた。

しかし今夜は、先日植えたパンジーも、今日のシクラメンも、大丈夫だろうか〜〜とちょっと心配な程冷え込んでいます。全国的に冷えてますね


ドルカス



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎殉教記念聖会へ行く方法

2017年12月07日 | 使命
表題の聖会に向けて、60日前となって「今年はどう行ったら良いものかな?」っと今週になって、あれこれ思案に明け暮れていた。
まず第一に、マイレージではポイントが足りずアウトという事態が誤算だった。それで例年よりかなり費用がかかることが分かり、先ずはホテルから見直しをはじめた。

🏨ホテル〜二人で一泊計七千円代のチェーンホテルで決着。少しだけ丘まで遠くなっても、歩けないほどの距離ではないので。

✈️飛行機〜LCC(格安航空)のジェットスター(福岡行き)やソラシドエア(長崎行き)を使うのは当然として、今回はどちらで行くかで悩んだ。トータルで安いのは福岡で降りて、そこから長崎行きのバスを使うか、または人数によってはレンタカーで長崎へ走ることだ。が、しかし安いバスでは飛行機との時間を空港経由で調べたりしなければならないし、レンタカーではレンタル代のほかに高速道路代とガス代、一晩の駐車場代などがかかる。さんざんそれらを計算し悩んだ末、少し割高になりはするが、楽さ、時間の余裕などを考慮して、結局、長崎空港離発着のソラシドエアーを選んだ。(Solaseed=空タネとは❗️)
🚌〜六日の西坂での早天の祈り、おそらくあるだろう「殉教ツアー」参加可能な便名を確認し、最安値での条件が揃ったところで搭乗券の予約を実行する。電話ですべてO Kだった。とにかく事前の情報収集に時間を取られるというのが実感だ。

📝〜こうして完了したらホテルの予約書、空港での「スキップ」用に二次元コードなど、すべての書類を印刷しファイルにしておく。

以上、バタバタと三日がかりで作業をした。終わると「ふーっ」と肩の荷が下りた感じである。神さま、ありがとうございます。今回も行けます。








ケパ







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家にエコードットがやって来た

2017年12月06日 | PC モノ 便利
アマゾンより招待メールが届いて発注した、エコーが日曜日に届いた。一ヶ月近く待たされた物である。これはすべて音声によるやり取りではたらくAIライクな機器である。なんでもアメリカでは、この手のシェアNo.1はアマゾンだそうだ。日本ではまだ勝敗は始まったばかりだが、一応アメリカでの実績をかって最も小さなタイプを頼んだ。ただこれは招待付きなので、かなりの割引値段だった。

このエコーポッド、すべて「アレクサ、天気予報は?」「アレクサ、ニュース」「アレクサ、タクシー呼んで」と言うと即、かなり適切に答えてくれたり処理をする。その内、家中の照明とかか、電気器具をコントロールするようになるのだろうか。まるで執事かやって来た感じ。(下のが我が家にやっ来たエコードット)

AIとは言っても、学習し、今のところ少しの判断ができるようにプログラムされているだけだ。最近では車の自動運転というAI化が進んでいる。すでに高速道路ではほぼ自動で運転できており、近い将来、人が運転すると危険行為罪で逮捕される時代が来るかもしれない。

私たちの教会では「AIが用いられて行く」とあり、果たしてそれがいつから本格的になるのだろうか。我が家ではそのチョイ先乗りをエコーで試しているのだが。
その内、「アレクサ、ブログネタ、探しておいて」とか「アレクサ、愛というテーマでメッセージを代わりにして」(笑い)言う時代が来るのかもしれない。この進歩は必ず社会を席巻するだろう。職種もAIに大幅に奪われるだろうが、私たちはAIに依存するのではなく、賢明に利用する者でなければならない。避けては通れない過程なのであろう。


ケパ





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春を待つ隠し球

2017年12月05日 | 自然
先週末に、ケパさんが、何かを頼みたそうな、何でもないような ??❓何なの❣️

と、玄関に球根と移植ゴテ入った袋発見。
聞いたらちょっと照れくさそうに、
いや〜 駐車場の入り口の花壇に何もないから‥‥とボソボソ ではでは

今週は特に出かける予定ない。天気も良くて気持ち良さそうと、月曜日にまず、土を掘り球根のベット作りから始めた。


チューリップ植えたいと言うケパさん。購入した数ではこの花壇にはぜんぜん足りないよ。
‥でも自費だからな〜‥
それでお買い得な球根を更に買い求めに出かけ、
お得なビオラとパンジーも追加する。

なんか春に定番の花壇になりそうね。

今は間が空いているけど、たくさんのチューリップの芽が出てくるのよ。


予算に合わせると少しばかり淋しいけど、

春に期待しよう。

と、結構楽しく花壇作り。
目立たないように作業したけど、とりあえず完了〜〜

ドルカス



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似てる❣️けど〜

2017年12月04日 | ゴスペル
日曜日夜は、東京で聖会でした。
久しぶりにかな〜
Come&Worship の GOD IS LOVE

本家本元(๑˃̵ᴗ˂̵)。いい感じでした。


メンバーの
サラちゃんの🎷サックスは、最高です❣️


そして聖会が始まる前には、これね、


オーケストラの一員、mちゃんが、ショーファーを高らかに吹き鳴らしてくれました。
(動画をFacebookにアップしてます)


ぜんぜん似てないんだけれど、私には似て見える、サックスと、ショーファー

あぁ〜
昨年イスラエルで見つけた ショーファーを、私も早く気持ちよく吹きたい。
祈ろう祈ろう〜〜



ドルカス




コメント
この記事をはてなブックマークに追加