オランダの風2

Wind from Holland 2
   brug43

高音質の歌声

2017-02-22 18:24:38 | その他
先日、ドイツのウェブラジオ局が高音質でオペラアリアを24時間流しているのを発見しました。
この局、多分、割と最近の発足と思います。

オペラ専門のラジオ局は今までもけっこうあったのですが、なぜかみな音の質が悪くイマイチ楽
しめませんでした。正直なところ、知っている歌手の声質が変わって聞こえ、違った歌手が歌っ
ているのじゃないかとさえ思ったものでした。この程度の音質なら YouTube のビデオ番組の方が
よほどいいと思っていたくらいでした。映像付きですしね。

この局の音質は少なくとも従来のFMラジオ放送の音質を超えていると思います。この局はオペラ
 

 (画像クリックで 当該の KlassicRadio のページへ飛ぶようリンクしてあります)
 
だけじゃなく他のジャンルもけっこうカバーしてます。聞いてみましたが微妙に私の好みとはズレ
ているようです。でも、このオペラの局の存在だけでも私にはとても価値のある嬉しいことです。

これだけ大掛かりにプロモートを始めたということは、いずれ有料配信へ移行することになりそう
ですが、それもけっこうだと思います。有料配信に見合うだけの進化を見せてくれれば喜んで会員
になります。(^^ゞ

  ♢

この記事は FaceBook にリンクされてます。

この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム平米粉フォー

2017-02-19 15:15:26 | 食べもの
このところ、ちょっと嵌っているものに「ベトナムの平たい米粉 = フォー (Pho)」があります。
中華街でインスタントのパックを見つけ試したところ、私の好みにドンピシャリ!でした。

で、たくさん買い込んできました。好みのものが豊富に在庫であると心が豊かになります。(^^ゞ
このフォーは鍋で煮る必要はなく、パックを開け中身を取り出しドンブリに入れ粉末のスープを
振りかけ沸騰したお湯を回しかけ、蓋をして3分で出来上がりです。

こちらでは「ライスヌードルスープ」と呼称しているようです。私が買ったものは牛骨の澄んだ
スープのものですが、チキン味もあるようです。

簡単に出来上がるのに実に美しい姿です。澄んだスープに半透明のフォーですからね~。こんな
姿の春雨が日本にあったと思いますが、あれも美味しそうですよね。フォーはそんな春雨より
もう少しお腹の保ちが良さそうです。もちろん重くはありません。

本日は澄んだ牛骨スープに合わせ近くのスーパーで仕入れてきたローストビーフの薄切りをトッ
 

 
ピングしてみました。写真を撮るのにモタモタしているうちにスープに浸かっている部分が煮えて
変色してしまい、美しさが少々減りました。それでもなかなかのものです。(^^ゞ
 
この美しいインスタント麺を楽しむために新しい容器の丼とレンゲを仕入れちゃいました。丼は3種
 

 
2つづつの6つ。レンゲも6本。最近の日本の陶芸家はいいレンゲを提供してくれますね。スープを
満たして口に運んで含ませた時の感触が実にスムースで、熱々なはずなのにその熱が柔らかくとても
優しい。もちろん味わいは最高に楽しめます。すごいな~、これ。

インスタントの麺一杯でこんなブログが書けちゃいました。えへへ。

  ♢

この記事は FaceBook にリンクされてます。

この記事をはてなブックマークに追加

ナポリタン

2017-01-25 01:10:28 | 食べもの
何年か前に「懐かしい喫茶店の味、スパゲッティ・ナポリタン!」なんて、ネットで評判になった
ことがありました。最初はある年代以上の人達が中心になり盛り上げていたようです。いまは若い
人たちにも人気があるようです。

いえ、私は参加しませんでした。スパゲッティ・ナポリタン なるものの美味しいのにぶつかった
ことがなかったのでした。入った店で一緒に席に着いた友人が注文したのに便乗したり、ある店に
入ったところ先の客があんまり美味しそうに食べているのを見て、ここのはきっと美味しいのだろう
...なんて期待してしまってネ。(^^ゞ

その懐かしい時代に何回か試したのですがすべて不味かったです。嫌いというよりまったく興味を
失ってしまったのでした。私は喫茶店に入るのがけっこう好きでしたから喫茶店でランチをいただく
ことはよくありました。ナポリタンとかイタリアンなんてケチャップ味のスパゲッティは欲しくない
けど、カレースパゲッティ は大好きでした。粉チーズをいっぱいかけていただいたものです。いま
でも自宅でカレーをやると、残ったカレーで翌日カレースパゲッティをよくやります。

  ♢

さて、ごく最近になってからですが、こちらに住む日本女性から クックパッド に載っているレシピの
「スパゲッティ・ナポリタン」がとても美味しいと教えてもらいました。とはいえ、日本にいた頃の
記憶がいいものじゃなかったので、あまり乗り気になれませんでした。

昨日、近くのスーパーへ買い物に行きました。美味しそうな小さなチキン_ソーセージがありました。
日本のウィンナーくらいのサイズです。酒の肴にするつもりで買いました。昨夜のいい酒のつまみに
なりました。でも1パックはけっこう量が多いです。残ったのは猫にでもやるかなんて考えてしまい
ました。(^^ゞ

本日、昼どきになりランチの材料を揃えようと寒い庭にある物置へ入り込みました。ものすごく冷え
ており、大きな冷蔵庫のドアを開けたら余計寒くなり震えあがりました。これは暖かいものを何か作
って食おう!となりました。突如、暖かいスパゲッティ・ナポリタンを試すいい機会である!と思い
着きました。猫の上前をハネれば「スパゲッティ・ナポリタン」の材料が殆ど揃っているんですよ。

で、クックパッド の人気レシピ を試すことにしました。ページを覗いたら「つくれぽ」が 4000 件を
 

 
超えてます。これはすごいな~と感心してしまいました。最初はレシピ通りにやろうと思ったのですが、
レシピを見ているうちに、私の中の悪魔が「変えられる部分を変えちゃえば ?!」と誘惑します。大した
変更ではないのですが、日本にいたら多分やらないだろうと思うのですが...。砂糖を少々使うのですが
甘いものが苦手の私です。砂糖の代わりに蜂蜜を入れました。蜂蜜の甘さなら嫌じゃないんです。へへ。

牛乳をソースを作るときに入れてます。ここを牛乳じゃなく在庫のあった上質の生クリームとしました。
まあ、基本的なレシピは変えません。椎茸は乾燥したものしかないので、代わりに栗色のマッシュルーム
の最高品質のものの在庫がありましので、適当な大きさにスライスし放り込みました。最高品質なんて言っ
ても、大きいのが 30個ほどで150円くらいですからぜんぜん大したことありません。えへへ。ウィン
ナーは猫の上前を撥ねたチキンのもの。パルメザンチーズはオーブン料理用に2種の塊が在庫にあったので
たっぷりすりおろしました。

熱々をハフハフしながらいただきました。私の記憶にある「ナポリタン」とはまったく違う味でした。
メチャクチャ美味しかったです。これは定番になりますね。私の変えた材料は大した影響を及ぼしてない
と思います。このレシピを作った方、すごいです。

mizu♡cafe さん、ありがとうございました。ごちそうさま!

  ♢

この記事は FaceBook にリンクされてます。



この記事をはてなブックマークに追加

ウォーターフロント

2017-01-19 09:44:09 | その他
FaceBook でいい写真を見つけました。優秀なズームレンズと腕で撮影されてますね。
私の腕と私の持っているレンズではこんな写真は撮れません。で、写真をお借りして
ここに取り上げてみたいと思います。(^^ゞ

以前、アムステルダム市の宣伝タワーに使われていたビルがリニューアルされこの地区の
 

 (画像クリックで FaceBook のオリジナルページへ飛ぶようリンクしてあります)
 
名所と言えるほどの姿になってます。後ろには新しいタワーが建設工事中、完成間近です。
左にあるのはフィルム_ミュージアム。水上を行くフェリーは私の日常生活に欠かせない
もので、アムステルダム中央駅北口にある発着所へ向かってます。そこには 巨大なバス
ターミナル
が完成、素晴らしい ウォーターフロント となってます。

この写真の右手前にある外国航路からの巨大な豪華客船の埠頭も連日賑わっています。もの
すごい数の観光客です。

周辺工事はまだまだ続きます。この水路の下を通る地下鉄の開通が 2018年春くらいに予定され
ていますが、何度かの延期がありまだ不透明です。(^^ゞ  開通の暁には私の家から遠からぬ所に
駅がオープンしとても便利になるはずです。

バス等が走る水底トンネルはこの写真の右あたり下を通っています。このトンネルは古いです。



この記事をはてなブックマークに追加

エルテンスープ

2017-01-06 14:33:13 | 食べもの
昨年12月から忙しさにかまけブログの更新を滞らせてしまいました。やっと忙しさから解放され、
またブログを更新する勇気が出てきました。頻繁とはいきませんが、時々いいマティリアルが出て
きたときに更新していこうと思いますので、お付き合いください。(^^ゞ

  ♢

昨夜から小寒波の襲来です。今朝はマイナス3℃まで下がってました。今朝10時に近くの美容院に
予約が入れてあり出掛けました。徒歩の距離です。いい歳になっているのに、私はいまだ早起きが
苦手です。午前10時の早朝にヘアーカットなんて考えられないのですが予約がいっぱいで選択の
余地がなかったので仕方ありませんでした。

実のところ、昨年の12月からヘアーカットに出かけなければと思っていたのですが叶いませんでした。
正直なところ伸びすぎてしまい、もはやヘアーブラシだけで整えることが出来なくなっていました。で、
早朝すぎるけど嫌々出かけました。

普段は寒さに強い私なんですが、早朝の寒さはダメです。美容院に到着する頃にはすっかり震え上がって
しまいました。美容院に飛び込み、暖房のラディエーターに手を当てたりし身体を暖めました。

無事ヘアーカットが終わり家へ戻りました。やはりまだ寒かったです。これだけの寒さを体感したら何か
暖かいものが欲しくなりました。冬のオランダ名物「エルテンスープ」を作ることにしました。近くの
広場の店へ出かけ材料を仕入れてきました。一種の煮込み料理ですからちょっと時間がかかります。でも、
食いたい!作ろう!の気持ちが完全にオンになっていましたから一気に調理が進行しました。

全てを鍋の中に整えてから2時間ほどの煮込み時間でした。先ほど熱々をいただきました。我ながらいい
出来でした。とても美味しかったです。

こんな感じに出来上がりました。かなり濃厚でドロリとしたスープです。チキンとポークのエッセンスが
 

 
ふんだんのとてもリッチなものとなりました。野菜もたっぷり入ってますが、煮込んでいるうちにほとんど
溶けてしまいました。野菜で重要なのはポロネギとセロリと人参でした。他にも色々入れました。ハーブは
フランスのプロバンス_ハーブ_ミックスをば...。

スープ用のカップに盛り、数日前にトルコの店で買い在庫のあった日本の万能ネギと同じようなのを切り
薬味として上に散らしました。長年の経験から、私にはこの和風のネギ薬味がチャイブなどよりこの豆の
スープにはしっくりくるのでした。(^^ゞ

あ、このエルテンスープに入れた豆はエンドウ豆です。エンドウ豆のオランダ名がエルテン (=Erwten) なの
 

 
です。こちらでは皮を剥いだものが SplitErwten として売られています。ちょうどヨーロッパ全土で見ら
れる レンズ豆 と同じ様相ですね。この SplitErwten が手に入らないときは グリーンの レンズ豆 で代用
できます。

だいぶたくさん出来上がってしまいましたから冷凍し、この冬の間に数回楽しむことができます。こういう
ものが冷凍とはいえ、在庫できるのは大いなることです。へへ。

  ♢

この記事は FaceBook にリンクされてます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬景色

2016-12-10 14:34:13 | 季節
FaceBook の背景写真を冬の景色に変えました。とても気に入っている風景写真で、ただいま
私のマックのデスクトップ写真となってます。最近撮った写真ではないのですが、この時期の
寒風の中をサイクリングした時の思い出です。

この地域へは普通、夏にしか行かないのですが、この風景、この時期のオランダそのものという
 

 
感じです。こういう荒涼感溢れる風景を見て、たまらなく綺麗と感じることがあります。でも大抵
の場合、目いっぱい暖房の効いた部屋で美味しいお酒を飲みながら写真を眺めているに過ぎないん
ですけどね...。(^^ゞ

クリスマスが近づいてます。外は寒いのですが、ご近所の庭や窓は暖かな光に溢れてます。(微笑)


この記事をはてなブックマークに追加

晩秋

2016-11-24 14:51:47 | 季節
先週末の午後に撮った写真です。オランダの暗~い11月の典型的な空気が漂っています。大降りはしない
のですが、シトシトと頻繁に雨が降ります。この時期は太陽の顔を拝む機会が非常に少ないです。昔、仕事
で過ごした北陸金沢の天候に似てます。

いえ、苦情なんか言うつもりはありません。この時期、お酒が格別に美味しくなりますから...。北陸でも
冬の美味しい食べものの登場と合わせ、お酒が美味しくなる時期でした。(^^ゞ

これ↓、一種の記録写真です。まあ、暗~い無機的な写真です。雰囲気も何も感じさせない写真ですが、私が
 

 
上に書いた「11月はお酒が美味しい!」の証明写真みたいなものです。へへ。

クリスマスの華やかな12月を迎える前に過ごさなければならない暗い11月の存在が、効果的なコントラストを
生み出しているんですよね。苦情を言わないけど好きとも言えない11月です。

あと1週間で光溢れる華やかな12月に突入です。微笑)

  ♢

この記事は FaceBook にリンクされてます。


この記事をはてなブックマークに追加

ダリア栽培農家

2016-11-04 14:10:46 | 
先日、友人の女性に誘われスキポール空港近くのアールスメールのダリア栽培農家を訪ねました。
この時期には珍しく雲ひとつない好天に恵まれ素晴らしい体験をしました。

  ♢

このアールスメールは、国際空港に隣接している地の利を生かしオランダ_フラワー_ビジネスの
中心となっています。ここには世界最大のフラワーオークション場があり、毎日開催されています。
落札された花卉類の殆どはオランダ国外に向け出荷されます。オランダ国内市場への出荷はごく
僅かです。(^^ゞ

このアールスメールのフラワーオークション場にはオランダ政府公認の大規模な検閲機関があり、
全世界からここに入荷してくる全ての花卉類をものすごいスピードでチェックしてます。チェック
が完了しすぐにオークションにかけられるわけです。そして落札後すぐに出荷されます。上に書い
たように殆どはオランダ国外向けです。結果、産地から出荷後、ものすごいスピードで各国の空港
へ到着させることが出来ます。

オランダ政府は各国の政府機関とオランダで検閲した花卉類は再度の検閲を必要とせず、そのまま
市場に出すことができるとの公約が出来上がっています。各国で検疫検査をしてから市場に出すと
いうことにしていると、花卉農家の出荷からかなりの日数が経ったところで市場に出るわけです。
これでは鮮度がかなり失われてしまいます。で、こんなシステムを作り出し各国に売り込んみ成功
させてしまったわけです。(^^ゞ

まあ、豪州を筆頭に日本や米国等、輸入される花卉類に厳しい検閲検査をする国々はいっぱいあり
ます。それらの厳しい国さえも納得させてしまう外交力は大したものですね~。もちろん科学力や
ビジネス力もですね。

ここまでは世界中の花卉類がオランダ、アルスメールに集まっている!  そしてこのビジネスで
オランダはかなりの利益を上げていることの説明でした。(^^ゞ

  ♢

このダリア農家はオランダ国内向けにはほとんど出荷していないそうです。特殊な種類が多く財布の
紐の固いオランダ人達をターゲットにすると売れないそうです。それと、オランダには他に溢れるほど
の種類の花が低価格で出回っているので...。で、アメリカのダリア愛好家に一年を通じて素晴らしい
ダリアを供給しているそうです。彼らはかなり高価な花でも買ってくれるらしい。ひょっとすると日本
にも出荷しているかと聞いてみましたが「ノー」でした。(^^ゞ

では撮ってきたダリアの写真を下に並べておきます。大昔にサツマイモのような種芋を植えダリアを
楽しんだことありますが、そんな記憶にあるダリアとは全く別世界の美しさでした。(^^ゞ


 

 

 

 

 

 

 



ここは温室内ではなく屋外のダリア畑です。もう商品として生産することはできなけど、小さな花を咲か
 

 
せてくれるので生かしているそうです。豪華な花ではありませんが、自然でなかなかキレイでした。来年
この畑には新種の花を咲かせることにしているそうです。来年の夏の最盛期に行ってみたいな~。(^^ゞ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



これはダリア畑を見学したあと農場のオーナーに見学許可のお礼を言うためにオフィスに入った時の
 

 
写真です。今年アメリカで大人気を博した新種とのこと。「カフェ・オーレ」なんていう素敵な命名が
されてました。この写真は室内でフラッシュを焚いて撮ったので本来の色が再現できてませんでした。
実に味わいのある色の花で、欲しいと言っても売ってくれませんでした。わはは。

最後のこの花はお土産にいただいた大輪種でした。本日で5日目ですが、20センチほどの直径のおばけ
 

 
ダリアです。普段の生活では黄花をあまり好まないのですが、ダリアの黄色は心地いいですね~。爆笑)

  ♢

この記事は FaceBook にリンクされてます。


この記事をはてなブックマークに追加

初めて

2016-10-28 14:56:57 | 
あまり好きとは言えない11月が近づいています。日本にいる頃は11月がけっこう好きでした。
それなりに晩秋の美しさを感じられたし、それに何より冬の美味しいものがスタートする月なので。
もう一つ言うと、私は11月生まれなんです。えへへ。

でも、オランダの11月はいけません。天候が悪くあまり日が差しませんからひどく暗く感じます。
そして中途半端に寒いし。書こうと思えば、11月の悪口は際限ないほどに書けそうです。(^^ゞ

  ♢

裏庭の物置にあるものが必要となり裏庭に出ました。だいぶ寒くなっています。夜は冬物を纏って
外出してます。塀に這わせてある時計草の花がまだいくつも咲いてます。まだ強い霜は降りてない
ようで、寒さで紅葉したあと枯れた葉が目につきますが、まだけっこう緑を保ってます。

偉いですこの時計草。寒さに当たってからの花はサイズこそ小さくなりますが色は透明感を増し、
 

 
鮮やかになりますね。私はこの時期の花を見るのが大好きです。数はありませんが...。

と、考えながら眺めていたら珍しいものが目に入りました。この花、英語ではパッションフラワーと
呼ばれています。この場合のパッションは「受難」を意味します。この花のデザインがまるで十字架に
架けられたキリストの姿のようだということらしいです。

で、珍しいものです。はい、時計草に果実がなってます。小さいです。以前住んでいた家の近くに
 

 
見事な果実をたくさんぶら下げていた時計草がありました。この時期には熟れて綺麗なオレンジ色に
なっていました。スーパーなどの果物の並ぶコーナーで売られているものとほぼ同じ姿でした。ええ、
日本でもけっこう目にするパッションフルーツです。

ただ、この果実を栽培する種は、私のところみたいに大きなブッシュにはならず、割とこじんまりと
したブッシュでした。花は花を観賞する種類のものとは少し違っていたように記憶してます。でも、
それなりにキレイでした。

私のところのやつは熟れる前に落ちてしまいそうに思えます。で、記念に写真に残しました。(^^ゞ

  ♢

この記事は FaceBook にリンクされてます。


この記事をはてなブックマークに追加

アムステル川

2016-10-19 13:21:23 | その他
先の記事「マーヘレの跳ね橋」で取り上げた航空写真関連のページでまたまた楽しい画像を発見!
美しい「アムステル川」の写真です。下にご紹介しておきましょう。FaceBook からです。

ここに載せる写真が小さいのでちょっと残念なのですが、画像クリックでオリジナルページへ飛ぶ
ようリンクしておきます。是非そちらで原寸大の画像をご覧ください。(^^ゞ

世界で一番大きな身体を持つオランダ人が作り上げた美しく可愛らしい風景です。まるでガリバーの
 

 (画像クリックで オリジナル画像 のページへ飛ぶようリンクしてあります)
 
小人の世界の未来がここにあるようです。今まであまり航空写真に馴染みがありませんでしたが、
こんなのを見ているとなかなか楽しいな~と思います。

写真左上奥に「オペラハウス」、その手前右のロの字の大きな建物は「Hermitage 美術館」です。
更にその手前に架かる跳ね橋は「マーヘレの跳ね橋」です。その手前右に「王立劇場 Carré」があり、
その手前の2つの橋に挟まれた建物はオランダ最高のハイ_ティーが楽しめると評判になったことの
ある Amstel Hotel です。その評判はだいぶ前のことで、最近はどうなっているか知りません。(^^ゞ

このアムステル川から網の目のように広がったアムステルダム市街地の大小の運河へ航行できるよう
デザインされているわけです。この川や大小の運河の両サイドは車道になってます。もちろん狭い
ですから速度を上げて走ることなんてできません。運河沿いの倉庫の前で荷物の出し入れをしている
車があったりしたらすぐ渋滞です。

こんなところをスイスイと走ることができるのが自転車です。狭くけっこう車とすれ違うのですが、
何しろ低速ですから恐怖を感じません。それと、ものすごいことと思うんですけど、ほとんどの車の
運転手さんが自身で自転車に乗っているので、自転車にメチャ神経を使って「自転車最優先」を実行
してくれるんですよ。大きなトラックを含め車が自転車乗りに意地悪をしている光景なんて一度も
見たことがありません。30年近くアムスに住んでいますが。(^^ゞ

  ♢

この記事は FaceBook にリンクされてます。


この記事をはてなブックマークに追加