一杯の水

動物であれ、人間であれ、生命あるものなら誰もが求める「一杯の水」。
この「一杯の水」から物語(人生)は始まります。

お土産をもらった!(「トントン拍子に運気上昇!」)

2010年08月16日 21時37分30秒 | 日記
ブログ「ねばーらんど」に、シリーズ「満身創痍の二人旅(@_@;)」をアップなさっている吟遊詩人さんからお土産を頂きました! 二人旅とは、吟遊詩人さんと愛車の原チャリ「ロデム」君が、東京から紀伊半島を目指し、最後は高野山を回って帰ってくるという、全行程7日間のみという過酷な修行の記録です。 二人は旅立つ前にすでに満身創痍!  さて無事に帰ってこられるのでしょうか!(?) なななな、なんと、二人は . . . 本文を読む
コメント (4)

「ヴァーラーナシー通史」邦訳!

2009年05月09日 10時00分23秒 | HP更新日記
 約2500年前、すでにブッダの時代から聖都であったヴァーラーナシー(ヴァラナシ、ワーラーナスィー、バナーラス、ベナレス、そしてカーシー)。  シャンカラ・アーチャーリヤ、チャイタニヤ、トゥルシーダース、カビール等の聖者が暮らしたヒンドゥー教の聖地であり、ムスリム、英国と、数百年にわたり異国の支配者たちに翻弄された都市でもあります。  この度スワーミー・メーダサーナンダ著「VARANASI A . . . 本文を読む
コメント (2)

インディアン・フード・レストラン『シタル』

2009年03月07日 10時32分52秒 | 日記
小さな街にひしめくインド料理店、なんと10軒! 昨夏、わが街西荻窪に、またまたインド・ネパール料理店がオープンしました。 JR西荻窪駅北口から徒歩3分。 シックな内装にしゃれたインテリア。 女性にも大人気ということで、早くも西荻窪No.1かと思うほどの勢いがあります。 料理長はガイレ・プーラン・パルサード(Gaire Puran Prasad)さん。 デリー、香港のホテルで腕を磨き日本 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

スマナサーラ長老著「ブッダの実践心理学」を読む―ブラフマンを巡って―

2008年06月28日 11時28分34秒 | インド哲学&仏教
このところ、スマナサーラ長老著「ブッダの実践心理学」を楽しく読んでいる。(現在、2巻284ページまで読了!) かつて、上座部系のブッダゴーサの手になる「清浄道論」(南伝大蔵経 第62-64巻)を拾い読みし気に入っていたこともあり、現在の「上座部の仏教はいかなるものであろうか」という興味があった。前掲書は、その好奇心を大いに満たしてくれている。それは、先年、地橋氏著「ブッダの瞑想法」に期待して得られ . . . 本文を読む
コメント (8)

「イーシャー・ウパニシャッド シャンカラ註」訳了!

2008年05月11日 16時48分19秒 | HP更新日記
短いながらも難解で知られる「イーシャー・ウパニシャッド」。 長らくメインサイト「Hinduism & Vedanta」に連載してきた「イーシャー・ウパニシャッド シャンカラ註」のサンスクリット原典訳が、このGWで無事終わりました。 訳了記念に、本ブログに「イーシャー・ウパニシャッド」本文の訳をアップしてみました。 なお、字義や「イーシャー・ウパニシャッド」の概念を詳しくお知りになりたい方は、上記 . . . 本文を読む
コメント

「至福のひと時」

2007年11月04日 12時29分49秒 | 日記
昨夏に続いて腰痛に悩まされた今年の夏! しかし、世の中思いがけない幸運もあるものです。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

ヒジュラの祭り――『アラヴァン・タライ(アラヴァンの頭)』

2007年09月29日 12時31分36秒 | インドの小さな物語
インドには、至福で始まり悲しみで終わる祭りがあるという。 . . . 本文を読む
コメント (2)

台風9号の爪あと

2007年09月07日 14時39分36秒 | 平和な世界(緑地公園編)
一昨年の台風は、善福寺川の氾濫をもたらしましたが、今回の台風は、我が杉並区は、風の害が大きかったように思います。 よく散歩に行く善福寺川緑地でも、多くの倒木が見られました。 今夏は、昨年に引き続き腰痛(および膝痛)に悩まされ、しばらくネットから離れてしまいました。 ここにきて、腰のほうは随分安定してきたので、徐々に、ブログおよびメインサイト「Hinduism & Vedanta」の更新を進 . . . 本文を読む
コメント

綺麗になりました!――「ルネッサンス90」修理完了!

2007年07月07日 15時53分17秒 | オーディオ&ヴィジュアル
3月下旬、スピーカーの修理に、「デノンラボ」から、Sさんがいらっしゃいました。 なんと、Sさんは、私が「ルネッサンス90」購入時に、ショップの方と一緒に自宅に届けて下さった方でした。 近くまで来て、そのときのことを思い出したとのこと。 スピーカーのセッティングがすみ、帰り際に、Sさんに「ショップが修理を受け付けなくなっても、私達の方に連絡をくださいね」との当時の温かい言葉を、私も覚えていました。 . . . 本文を読む
コメント (9)

「イーシャー・ウパニシャッド シャンカラ註」更新!

2007年05月03日 18時49分38秒 | HP更新日記
「イーシャー・ウパニシャッド シャンカラ註(15-16詩句)」を更新いたしました。 今までの哲学的な思弁とは趣が異なり、死に際しての「プーシャン」への切々たる祈りが捧げられます。 (15)黄金の鉢によって真理(実在)の顔は隠されている。     汝プーシャン(太陽)よ、     それを開き給え、     真理を保つ者(私)が見られるように。 (16)プーシャンよ。唯一の聖仙よ。ヤマ神よ。    . . . 本文を読む
コメント