農家の直売所 朝採り市場

京都八幡市にある近隣の生産農家200人が参加する生産農家の直売所、新鮮で安心、安価な採れたて野菜を、毎日提供中。

豊崎神社の豊崎えびすに3日間出店

2013年01月11日 | Weblog
1月10日は十日戎と言われ宵戎、本戎、残り福と三日間を祭礼の日としています
戎様は、「七福神」の中の一人で釣り竿と鯛を両手に持ってほほえんでいる神様
人々を幸せにする神様だと言われ、「漁業の神」「商売繁盛の神」「福の神」として親しまれています

この祭典が北区の豊崎神社でもありました










祭礼では、枝先に縁起物を飾った「笹」を売り賑わいます
その「笹」を売るときのかけ声が、「商売繁盛、笹もってこい」
豊崎えびすでは、さすがにそこまでの掛け声はありませんが、近隣の商売人や会社関係の多くの方々が笹を買い求めにやってきます

そして多くの氏子の会の会員が協力
氏子の会は朝から夜の9時過ぎまで作業が続く

この三日間は結構寒かったから大変





そして朝採り市場は有志数人で境内でプチマーケットを開催
3日通しの人もいれば1日だけの人もおり、3日間大いに奮闘しました

参加したのは移動販売のコーヒーに



ポン菓子



焼き鳥に京漬物、天津甘栗に手つくりトマトソースの方々





売れる売れないより豊崎えびすの雰囲気を大いに満喫

商売繁盛を願う人々の願いは切実
活気が欲しい、活力が欲しいとその熱意が境内に充満する





朝採り市場も年初の年中行事に参加して気持ちも新たに気合を入れました
イヤ気合を入れられた感じ

頑張らねばネ\(^^@)/



明日もファミレやわたがあるから、過去最高の5日連続の出張催事です
体力勝負の年だ

朝採り市場







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さざなみプラザは来月から2... | トップ | どんど焼きで福豆&福餅まき... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL