飛行中年

空を飛ぶことに薪ストーブ、そして、旅をこよなく愛する一人の中年のブログです。





ケント君が来てくれました!

2017-06-23 21:07:03 | 旅(freedom person)
以前このブログで御紹介いたしました、歩いて日本一周を果たしたケント君が、茨城に再び訪れてくれました!

ケント君は、自転車で日本一周を果たした後、今度は徒歩にて2週目の日本一周を成し遂げた強者…。



ケント君は現在、関西の会社で働きながら、休みが取れると、以前の旅でお世話になった人を再び訪ねるために、電車と自転車(主は自転車で走ることが目的)併せて移動しているそうです。


この日はケント君の都合で、落ち合う場所を、毎度おなじみのトミーさん(同じくスーパーカブ110で日本一周を成し遂げている)の家にし、3人で久々に旅の話に花を咲かせました。

こんな時に決まって出てくるのは、旅の体験談や、途中で出会った印象的な人、珍体験の話などなど…。

ケント君は、岩手のリアス式海岸をくまなく回ったり、一日で70キロ歩いり、途中で疲労骨折までしたりと、本当にストイックな歩き人です。

旅の途中では、消防団の宴会に引っ張り込まれたり、鎧兜をして背負子を背負った日本2週目歩き人に会ったり、他にも多くの珍体験を持っています。

このような体験をするのも、歩き旅ならではでしょう。


3人とも共通で知っている旅人も多く、そんな人たちの話が次から次へと出てきて、宴の話題がいくらでも出てきます。

そして、このブログでもご紹介した、もう一人の歩き日本一周人のコバさん

ケント君とコバさんは、それぞれ同時期に、違う方向で日本を一周(ケント君は反時計回りで、コバさんは時計回り)し、この二人は、実は松江で落ち合っています。

コバさんがこの場にいないのは非常に残念だったので、とりあえず、この3人が、今一緒に飲んでいる現状をメール。

コバさんからは、現在の彼の現状の報告に、また再びみんなに会いたい旨のメールを返していただけました。

彼も、現在、新しい人生を歩み始めているとのことです。

この場にいた3人とも、コバさんは大好きなので、出来たらまたみんなで集まりたいと話し合いました。


旅は思いもよらない体験ができ、多くの人に出会い、多くのことに気づかせてくれ、そして、多くのことを学ぶことが出来ます。

若い人たちがそんな旅を目指し、そして、実行していく…。

これからも、そんな前向きな若者を支援していきたいです!











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんな形の飛行機でも飛ぶんです! その16

2017-06-17 07:21:42 | 自作飛行機(homebuild airplane )
前回は、ライト兄弟よりも先に飛行機を飛ばしたのでは?と、言うことで、クレマンアデールという方を御紹介いたしました。

しかし、本当のことを言うと、この時代、飛行機を飛ばそうとしていた方は、世界の各所に何人もいたのです。

リリエンタールに始まるグライダーの実験の中で、誰もが「このグライダーに動力をつけたら、ずっと空を飛んでいられる機械が作れるのでは?」そういう共通思考を持ったのです。

この新しい空を飛ぶための機械の発想。実は、各国の「軍」も注目していました。

空を飛ぶ機械があれば、戦争を有利に進めることが可能であると考えたからです。

そのため、アメリカでは、軍がある発明家に対し、飛行機の開発をバックアップしていました。

ラングレーと言う方です。

軍は、その当時最も空を飛ぶことに成功しそうな発明家として、ラングレーを抜擢。

彼に投資し、飛行機を実用化しようとしたのです。



この方、上のような前後に主翼のある「串形翼」の飛行機で、空を飛ぶことに挑戦していましたが、結局はライト兄弟に先を越されることになります。

で、このラングレーの飛行機が本当に空を飛ぶことが出来たのか…。

これは私の独断なのですが…。結構微妙なところだと思いますが、何とか飛ぶことは可能だったのでは?と、思います…。

写真のような水上カタパルトより飛びたつ計画でしたが、記録では、何度かの実験はしたものの、飛ぶこともなく落ちてしまいました。

ラングレーの飛行機を見ると、串形翼という特徴があります。

この形式、以前にもご説明しましたが、本来なら水平尾翼が必要ありません。

何度もこのブログで御説明しているように、前後の翼の取り付け角が…。



上の関係になっているならば、水平尾翼は不要であり、飛行機はピッチの安定を保って空を飛ぶことが出来ます。

で、ラングレーの飛行機をよ~く見ると…。

小さな水平尾翼があり、2枚ある主翼には、機体に対し同じくらいの取り付け角がつけられています。

本来なら、水平尾翼を取って、前後の主翼に上図のピッチの安定を保つための、逆ハの字の角度の関係を持たせれば、飛行機は飛びます。

ラングレーの飛行機の場合、小さな水平尾翼、それに、2枚の主翼の配置ではありますが、わずかですがピッチの安定を保てる形式にはなっています。

特に串形翼の場合、たとえ前後の主翼の取り付け角に、上記の逆ハの字の角度の関係がなくても、前翼が作る気流の吹き下ろし(洗流という)の効果で、ある程度はピッチの安定が出ただろうと思います。

つまり…。

ラングレーの飛行機は、微妙ではありますが、飛ぶ可能性はあったと思います。

ラングレーの飛行機がこのとき飛ばなかったのは、おそらくですが、機体の剛性不足か強度不足、それに、パイロットの腕のせい(ラングレーは自らは飛行機に乗らず、あまり訳のわかっていない人間を搭乗させていた)だと私は思うのです。

そういう意味では、実はライト兄弟の飛行機の方が、むしろ、飛行が難しい形をしていると思います。

なぜライト兄弟の飛行機は、その飛行が難しいのか…。

それについては次回ご説明いたします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんな形の飛行機でも飛ぶんです! その15

2017-06-07 18:37:19 | 自作飛行機(homebuild airplane )
皆さんは、「だれが一番最初に飛行機で飛んだか?」と、質問されたら、おそらく「ライト兄弟」と答えるでしょう。

実は、まったく同じ質問をフランス人にすると、なんと、ほぼ全員が「クレマンアデール」と答えるのです!

クレマンアデールは、ライト兄弟が飛ぶよりも10年ほども前(どれが初飛行にあたるかはっきりしない)に飛んだという記録もあるのですが…。正直はっきりしないのです…。

しかし、フランス人はみんな、最初に飛行機で飛んだのはクレマンアデールと信じて疑いません。

それでは、そのクレマンアデールとはどういう人物だったのか。また、彼が作った飛行機が本当に飛んだのか…。今回はその辺を考えてみたいと思います。


クレマンアデールは電気、機械に精通した技術者でした。

いろいろな装置を作っているようですが、調べてみると、離れた場所でオペラの音声を聞くために、世界で初めてステレオでの有線放送などを発明しているようです。

彼は空を飛ぶことも研究し、何機かの飛行機を作っています。

その中でも、空を飛んだのではないか?と言われているのが下のアヴィオン Ⅲです。



コウモリのような機体には、30馬力の蒸気機関が2基積まれていたそうです。

さて、これが本当に空を飛んだのか…。

まず、エンジンの出力は30馬力が2基で合計60馬力。

パワーは十分といえます。

普通のガソリンエンジンではなく、「蒸気機関」ですが、おそらく、アルコールを燃料としたパワーウエイトレシオの小さい、高性能型だったと思います。

皆さんは蒸気機関というと、蒸気機関車を思い出し、石炭を焚きながら蒸気を出して走る、重々しいものを連想するかの知れませんが、19世紀終わりくらいには、アルコールを燃料とする軽量、高性能蒸気機関が登場しています。

クレマンアデールの使った蒸気機関はかなり軽量だったようで、パワーウエイトレシオはガソリンエンジンに匹敵程のものだったようです。

つまり、このアヴィオンⅢも軽量に仕上がっていたことが考えられ、ますますその飛行に信憑性が出てくるのですが…。

実は、私の意見なのですが、このアヴィオンⅢは致命的な欠陥があります。

それは…。

ピッチの安定が保てないのです!

以前、私は飛行機のピッチの安定を保つためには、主翼と尾翼の取り付け角に



上記の関係が無ければいけない!っと、ご説明しました。

で、クレマンアデールのアヴィオンⅢを見てみると、そのような翼の角度の関係が確認できないのです…。

つまり、申し訳ないのですが、クレマンアデールのアヴィオンⅢは、ピッチの安定を保ったままの連続的な飛行は不可能だったと思います。

ただ、何人かの目撃者の方がいるようなのですが、一瞬のジャンプ飛行に限ってはあり得ると思います。


最初に飛行機で空を飛んだのは一体だれか?

この答えは、空を飛ぶということの定義で変わってしまうと私は思います。

ただ空を飛んだだけならば、クレマンアデールと言っても良いかもしれません。

しかし、空を飛ぶことの定義を、

安定した連続的な飛行で、尚且つ、ピッチ、ロール、ヨーの3軸の制御が出来ている飛行というのであれば、ライト兄弟になると思います。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薪に潜む強力ダニ!

2017-06-03 08:37:58 | 日記(diary)
昨夜はちょっと寒かったので、つい焚いてしまいました!



おそらく、まだ何回かは焚くでしょう…。


さて、数年前より、我が家にはたちの悪いダニが、ちょうどいまくらいのに季節に決まってわくようになりました…。

私はてっきり布団にわいているものだと思い込み、シーツをマメに洗濯したり、布団をしょっちゅう干したり、ダニ〇ースを噴射したり…。

とにかく、ありとあらゆる手段で、たちの悪いダニに対抗したのですが、なぜかいくら頑張ってもダニに噛まれてしまいます…。

このダニ、本当にたちが悪く、とにかくかゆくて、そして、いつまでも噛まれた跡が残ってしまい、噛まれた場所には水ぶくれができてしまうのです。



でも、不思議なことに、しばらくして、梅雨も明けるころになると、なぜか噛まれなくなっていたんです…。


このダニ、実は布団ではなくに発生していたことが、先週発覚しました!



私は久々に、薪の積み直し作業ををしていた時のことです。

しばらく積み直しをしていると、腕を中心に、何かの虫に噛まれたような跡がたくさんついてしまい、とても痒くなったのです。

「蚊でもいたのかな?」と、思ったのですが、よくよく見ると、毎年発生しているあのたちの悪いダニのかまれ跡と同じです!

こ、これは、布団にわいていたと思っていたあのダニじゃないか!


そうです。

布団にわいていたと思い込んでいたダニは、実は薪にわいていたダニだったのです。

暖かくなっても、しつこく薪ストーブを焚く習慣が近年身についてしまっていたため、薪にわいていたダニに噛まれていたのです。

薪を運ぶ時に使うログキャリーを介し、体に移ってきて、寝ている間に皮膚に強力ダニが噛みついてきていたのです!

私は寝ている間にダニの噛み跡がついていたので、てっきり、布団についていたものと思い込んでいたのですが…。


考えてみれば…。

うちの薪は埃まみれ!

確かにこれはダニがいそうだと前々から思っていたのですが…。

ここ数年は、2年以上乾燥させた薪ばかりになってしまい、長期にわたってそんな薪を保管するようになったため、おそらくタチの悪いダニがわくようになってしまったのでしょう。


原因が分かれば、我が家のダニ問題も、すぐに対処方法が見えてくる!

それ以後は、私は、ログキャリーをしっかり日光に当てるようにし、更に、薪をとるときは長袖着用。

薪を運んだあとは、すぐに顔や手を洗うように心がけました。

その結果…。

新たにダニに食われることもなく…。

我が家のダニ問題も一件落着いたしました!



そもそも、こんな暖かくなった時期まで薪ストーブを焚こうとするところに問題があるのか?(笑)

とにかく、ここ数年悩んでいた我が家のダニ問題も解決したということです!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私が好きな童話3選

2017-05-26 22:20:15 | うんちく・小ネタ(absurd story)
実は私は童話が大好き!

こういうと、親しい仲間は意外な顔をするのであるが、私は見かけによらず、結構いろいろな童話を読んでいる。

なぜそんなに童話が好きかというと、実は、童話にこそ真実を分かりやすく語ったものが多いからだ。

今回は、私が是非みなさんに読んでいただきたい童話を3つ御紹介したい。


まずは「賢者の贈り物」



このお話のあらすじは、仲の良い夫婦がお互いのクリスマスの贈り物を買い求めようとするが、貧乏なのでお金がない…。

仕方なく、夫は妻の美しい髪にお似合いの櫛を買うために、自分の一番大事な懐中時計を売る…。

対する妻は、夫の自慢の懐中時計にお似合いの鎖を買うために、自分の美しい髪を切って売ってしまう…。

そしてクリスマスの夜…。

つけるはずの懐中時計を失った鎖。そして、妻の失った美しい髪を飾るはずだった櫛をお互いが見せあい、そして、抱きしめあう…。

最後に…。

作者は、この夫婦は最も賢明な贈り物をしたとしめくくる…。

そんな物語である。

この物語、最初に読んだ時の印象が、正直、読み手の人間性そのものを表しているような気がする。

お互いを思いあうということは一体どういうことなのか?

本当の意味での贈り物って何なんだ?

そんなことを改めて考えさせられてしまう物語だ。

なぜ作者は「最も賢明な贈り物をした」とわざわざ締めくくったのか…。

その答えはあなた自身で考えてみて欲しい。


次にご紹介したいのは、このブログの初回でもご紹介した「星の王子さま」だ。



実は、これはよく読むと「童話」ではない。

作者サンテグジュペリが彼の親友、「レオンウェルト」に送った手紙である。

これは、この物語の最初にはっきりと書かれている。

レオンウェルトはユダヤ人ジャーナリスト。

当時、勢いのあったナチス政権叩きをし、フランスの別荘で身を隠していたが、ナチスに捕られる。

そして、サンテグジュペリはレオンと会うことが出来なくなる…。


この物語。はっきり言って手強過ぎ!

私はもうこの物語を40年以上読み続け、結構な部分を暗唱でるが、はっきり言ってまだわからないところがたくさん!!

正直、この物語を理解するには、大人が童心に帰って純粋に物事を考えることがもちろん必要だが、それだけでなく、この物語が書かれた時代背景…。第2次大戦を理解することが重要である。

実は、一見この物語は純粋な心を持つ星の王子さまについて書かれているようだが、随所に第2次大戦に関係のあるキーワードが隠されている…。

例えば「バオバブの木」。



これは、最新の解釈では、ドイツ、日本、そして、イタリアを表していると言われている。

また、物語に出てくる実業家が数えた星の数は、上記の国々の人たちの合計と一致するとも言われている。

更に…。

これは私の解釈なのだが、星の王子さまが物語の中で仲良くなるキツネは、実は作者の親友レオンウェルトをあらわしていると思う。



その証拠として、キツネは星の王子さまに大切なことを教え、それを、星の王子さまが繰り返すというシーンがある。

有名な「本当に肝心なことは目には見えない…。」と言ったあのシーンだ。

更に…。

挿絵に描かれているキツネを狩る狩人の絵…。



これ、「ヒトラー」そのものじゃないか?と、私は勝手ながら思っている。


もし、あなたがこの物語を読む機会があるのならば、上記のことを踏まえて読んでいただきたい。

そして、大人の常識を捨てて、子供の様な純粋な心に立ち返って、この物語を読んでほしい。

そうすれば、もっとこの物語が理解しやすくなると思う。

この本に書いていることが、少しでも理解できたならば、きっと読み返すごとに、どんどん「真実」に気付けるようになると思う。



星の王子さまはサンテグジュペリの遺作となる。

彼はアメリカに亡命し、偵察機のパイロットとして戦争に参加。

彼が幼少時代過ごしたコルシカ島付近で、ドイツ軍機に撃墜されたとされている。

これについて、彼を撃墜したと証言するドイツ人パイロットが名乗りを上げるが…。

私は、これについては少々疑問を持っている。

それについては、折を見てこのブログでご紹介したい。


最後にご紹介するのは「大きな木」という物語だ。



この物語は短い物語なので、是非、読んでもらいたい。

短い物語ではあるが、その中にはとんでもなく深いものが隠されている。

※あらすじ

昔、大きなリンゴの木と少年は仲良しだった。

あるとき、少年に恋人ができ、少年はお金が必要だと言った。

大きなリンゴの木は、彼にリンゴの実を与えた。

次に少年は家が欲しいといった。

大きなリンゴの木は、彼に枝を与えた。

今度は、少年は遠くに行きたいと言った。

大きなリンゴの木は、彼にボートを作るために皮を与えた。

最後に…。

少年は、疲れたから休む場所が欲しいと言った。

大きなリンゴの木は、自分の切り株に腰をかければいいと言った…。


この物語りを初めて読んだとき、私は体が凍り付くような思いがした。

そして、自分自身が大人になる段階で、大切なものを無くしていなかったか、改めて考えさせられてしまった。

少年に何があったのか…。

なぜ、リンゴの木は、少年に対し無償の愛を注ぎ続けるのか…。

あまりに奥が深く、ある意味、読み手に挑戦してくるような、そんな恐ろしさすら感じる…。


以上が私が好きな童話3選である。

皆さんも、もし興味があれば、これらの物語を読んでみて欲しい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加