きのねの本音

染色や木彫り そして気の合う仲間たち
大好きなものに囲まれ シニアライフを楽しんでいます
時には 愚痴や本音もポロリ

訃報の知らせが

2017-07-15 21:35:05 | 日記
暑さしのぎに、スーパーに出かけ、
ウロウロして、
夕方になって帰って来た。

郵便ポストに、投げ込まれた広告の中に、
1枚のハガキが挟まっていた。

差出人は、私の友達の名前では無かった。

誰だろう?

印刷された薄墨の活字を目で追って…
ハッと、息が止まった。

母、〇〇去る六月三十日に八十八歳の生涯を閉じました。

間違うはずのない、
忘れるはずのない人の名前を見つけた。

3年前まで、我が家に染色のお稽古にきてくれていたWさん。

古いブログを調べてみると、
2014年1月27日が最後のお稽古だった。

次の月のお稽古は、
「寒いので出掛けるのも大変だから、少し暖かくなるまでお休みします」と、
電話があった。

その時は、お元気で、高齢を感じさせなかったが、
八十五歳だったんだね。

少し足を悪くされていて、
キャリーバックを、杖代わりに押して来られていた。

いい人だった。
ずいぶんお世話になった。
20年来のお付き合いだったね。

私と同じ歳の息子さんが居られ、
私も母の様に思って、お付き合いをさせてもらっていた。

しばらくお電話をしていなかったが、
お元気で居られると、思って居たのに…。

六月三十日は、同級生が亡くなった日と同じ日だ。

今年、半分過ぎたばかりなのに、悲しい別れで、4回泣いた。

wさん、安らかに…

さようなら…

ありがとう…
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 体力測定の結果 | トップ | 素盞嗚神社夏祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。