最終章~翼を失った天使~












僕にとっての世界は・・ その時、一度終わりを向かえた・・・。













  水無月 最終章~翼を失った天使~











 あの時、僕は白夜を倒した。


   それで、全てが終わると思ってた













  でも










    僕はその場で泣いていた













 僕の後ろで声がした・・・








   水無瀬の声だった・・・。









空:水無瀬・・・?








   その時は、理解できなかった。



     いや、したくなかっただけかもしれない。













 水無瀬は黒いコートを羽織り



   その体からは真っ赤な血が流れてた・・












 ──大切な人を守るどころか、傷つけてしまっている自分がいた









 水無瀬は、その場に倒れこむ・・・










僕らはそこで 意識を失った・・。

















 僕と水無瀬は、すぐに近くの病院に搬送された・・。








  僕は今、その病室の前に立っている











     さっき出てきた医者に言われた言葉・・。







 『一命は取り止めました。でも・・・ 生きていても・・・ 完全ではない・・。』









    部屋の扉を開ける・・・。








  そこには、無数のコードで機械につながれている水無瀬の姿があった。



       ベッドに横たわったまま、動こうとしない。
















  僕は、水無瀬の手を握る・・










     彼女の心臓の音がかすかに聞こえた・・








  心の中で、何度も 何度も謝った・・。






     結局、何も守れなかった・・。








  突然、水無瀬がゆっくりとその目を開く・・












空:水無瀬・・・?





     彼女は、ゆっくりとした口調でこう言う・・。











光:そらくん・・・ あいたかった・・よ...








空:もう・・・大丈夫なのか・・?








   水無瀬は、少しほほえみ・・そして・・。










光:空君・・ 今まで、ありがと・・。








   そう言って 彼女は眠りについた・・








  覚める事のない、深い 深い眠りへと・・。










 僕は、その場に泣き崩れる・・


   静かに、でも確実に時間は過ぎて行く・・・













 ──心の中に、声が響き渡った・・。







    どこまでも澄みきった声・・・








 「──空君・・ ちゃんと届いてるよ、空君の気持ち・・。
     ちゃんと届いてるよ・・、あなたの言葉・・。」

   




   「──だから、もう悲しまないで・・・?」



 「──私は・・ いつでもここにいるから・・。」








   『──空君の・・・ 心の・・・中に・・・。』














     ──それが、運命だというなら・・。


   ──それが、何かを守るためだというなら・・。 












 何かを失う事になっても
    底の無い悲しみを背負う事になっても・・。











  それでも、僕らは歩いてく・・。
















               The End...
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 13章~水無月~ 1話~和泉杏奈... »