なんちゃかんちゃ

できるだけ毎日更新を目標にしています。

トリスタンとイゾルデ

2006-10-29 00:18:22 | 外国映画
『 トリスタンとイゾルデ 』

 重傷を負った騎士トリスタンは、敵国アイルランドの海岸に流れ着く。
同国の姫イゾルデに助けられた彼は、互いに惹かれあいながらも彼女の元を離れた。
しかし、彼の育ての親と彼女の結婚により残酷な再会を果たす。

≫≫ 公式サイト

06/10/26 【 ○ 】
※  ◎・・・よかった ○・・・まあまあ △・・・もひとつ ☆・・・おすすめ

 予告編を観た時に、ロミオとジュリエットの原点となった話と言うので興味を持ち観に行った。

えっと~・・・
どこがロミオとジュリエットなのかな???
と思ったのだが、敵同士の間柄での恋物語というところがロミオとジュリエットなのかな?
しかし、このお話は、敵同士の間での恋物語だけでは済まず、もっと苦しい立場の恋物語でもあった。

敵国とは知りながら、その国の姫とは知らずに恋をしてしまうトリスタン
かたや、敵国の青年と知りつつも恋に落ちてしまうイゾルデ


裏切りや陰謀が交錯する中、敵国の姫だった恋人が自分の両種でもあり、親代わりでもある人の妻となってしまう苦痛・・・
褒美として勝ち抜いた者の嫁にやると言う政略結婚ながらも、戦士の中に恋人の姿を見つけ優勝した恋人に「I’m yours!」と喜びを隠し切れずに叫んだのも束の間、代理として来ただけで嫁ぐのは別人と知った時の悲痛・・・

お互いに行き場のない想いを胸に秘めながら、主への忠誠と夫への忠誠と自分達の愛とを秤にかけるにはあまりにも残酷な運命だった、、、。


「生は死よりも尊く、愛は生よりも尊い」と言う言葉のもと
あまりにも哀し過ぎる物語でした。。。

映画紹介には主演のトリスタンを「スパイダーマン」のジェームズ・フランコが熱演と書いてあったが、スパイダーマンと言えば、この人しか思い浮かばなかったのだが、ゴブリンの息子役をやってたのね!?

余談だが、マーク王ルーファス・シーウェルが渡辺謙に煮てると思ったのは私だけだろうか・・・?
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地下鉄(メトロ)に乗って | トップ | 忙しい母のために・・・? »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ちょっと違う。。。 (松ちゃん)
2006-10-29 00:45:52
本来の「トリスタンとイゾルデ」とは、ちょっと違うよーな。

伝承で語り継がれる内容は、敵同士なんだけどイゾルデの(確か)母親の秘薬(媚薬)によって

愛し合ってしまう2人とゆー。

それも、かーちゃんが間違えて媚薬を調合してしまったとの事。

最後はトリスタンが死んで、それを追ってイゾルデも。

そーゆートコが、ロミジュリの元ネタになったんじゃないかなー。

私はワーグナーの歌曲のが好き。



渡辺謙かーっ。

私はずっと(ジャン・レノに似てる・・・ジャン・レノだ)と思ってた(笑)
そうなんだ~・・ (Qchan)
2006-10-29 19:18:59
松ちゃん

この作品は予告編を観て初めて知ったから、

伝承で語り継がれる内容と言うのも知らなかったし、

ワーグナーの歌曲と言うのも知らなかった、、、。

松ちゃんのレビュー見て初めて知ったよ!

松ちゃんいろいろ知ってるんだね?凄い!



あぁ~、そう言われてみれば、ジャン・レノの若い頃に似てるかも・・・?(笑)
そうなの? (ちー)
2006-10-30 09:05:54
ワーグナーの!

これがロミジュリの元は聞いたことがあったけど

ワーグナーの歌曲はしらなんだ・・・

見にいけそうもない・・・
らしいです (Qchan)
2006-10-31 01:07:30
ちーさん

私はどちらも聞いたことがありませんでした。

レンタルでもいいと思いますよ?
へぇ (ゆうぞう)
2006-11-01 15:18:27
本来の話ってそんな話だったんですか?
何がどうなってこんな話にまとまっちゃったんでしょう??
それにしても、いまいち魅力を感じない映画でしたね。
そうみたいです (Qchan)
2006-11-02 09:28:48
ゆうぞうさん
本来の話というのを観てみたいです。
歌劇の方も・・・

俳優さんの頑張りが足りなかったのかしらね?
トラバ送らせていただきました (みん)
2006-11-10 10:47:26
はじめまして。
ロミジュリのもとネタというのは今回初めて聞いたのですが、微妙な気がします。映画会社の宣伝用な気が…。

トラバ送ったのですが、間違えて2つ送ってしまいました。最初のは削除してください。お手数ですがよろしくおねがいします。
ありがとうございます (Qchan)
2006-11-10 16:43:10
みんさん
はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。
原作はもう少し違ってるようですね?
この記事の一番最初のコメントを読んでいただければ
お分かりになると思います。

TBの件了解しました。
原作も (deco)
2006-11-11 18:52:37
伝承も知らず。
全くの予備知識なしで見たのですが。

なかなか良かったと思います。
忠義に生きるか愛に生きるか。。。
それが問題だという、
悲恋物だったのですね。
decoちゃんと (かくれ)
2006-11-11 22:01:29
一緒に見て来ました。(笑)

私も「なかなか良かった!」と思いました。

トリスタンが好みのタイプだったし~♪

私も・・・ (Qchan)
2006-11-11 22:40:10
decoさん
予告編を観た時に、ロミオとジュリエットの元となったと言うことを聞き興味を持ったのですが、古くから伝承されてる物語だとか、歌劇になってるとかまったく知りませんでした。

忠義に生きる・・・そう言う時代だったんですよね・・・
哀しかったです。


かくれさん
あら、一緒に行かれたのですか?
いいですねぇ~♪

トリスタンは『スパイダーマン』シリーズに出てますよ♪
今度、『スパイダーマン3』がありますよね♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トリスタンとイゾルデ (たわぶろ(たわごとBLOG))
「トリスタンとイゾルデ」(監督/ケヴィン・レイノルズ、主演/ジェームズ・フランコ) 暗黒時代。 ローマの属国とされ、次に隣国アイルランドに攻められ国として 分断されたイギリス。 いくつかの族長によってかろうじて成り立っている現状に対し、 アイルランド ...
映画「トリスタンとイゾルデ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Tristan + Isolde 愛>生>死、すなわち、愛をもって尊しと成す、トリスタン+イゾルデ≠愛に生きる、すなわち、忠義と人情が愛欲に勝る。義理との狭間でゆれる愛の物語・・ ローマ帝国の衰退と共に群雄割拠の時代を迎えたイングランド、海を隔て ...
「トリスタンとイゾルデ」 愛とは満たされる気持ちと不安な気持ち  (はらやんの映画徒然草)
トリスタン伝説はもともとはアーサー王伝説にも取り込まれたケルト民話の一つです。
★「トリスタンとイゾルデ」 (ひらりん的映画ブログ)
「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた・・・なんてキャッチコピー。 ちょっと中世ヨーロッパの騎士もの・・って意外と好きなひらりん。
【劇場映画】 トリスタンとイゾルデ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にあった。各地に割拠する部族長の1人・マーク候は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てる。9年後、立派に成長したトリスタンは戦いで負った傷から瀕死に陥り、 ...
ロミオとジュリエットのもとネタ? (トリとイズ!)
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/8b74f9
トリスタンとイゾルデ (DEKO-BLOG)
ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にあった。各地に割
真・映画日記『トリスタンとイゾルデ』 (CHEAP THRILL)
10月30日(月) やはり、土日で遊びまくると、 月曜がつらい。 日記を更新している最中に何度も睡魔に襲われ、 土曜の最後のパートだけを書いたところでタイムアップだった。 仕方なく日曜分の日記は夕方以降に。 ごく普通の月曜日。 そこそこの忙しさ ...
トリスタンとイゾルデ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は死より切なく、そして尊い。』  コチラの「トリスタンとイゾルデ」は、10/21公開になったシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の原典になったイングランドの騎士トリスタンとアイルランド王女イゾルデの伝説を描いた映画なんですが、早速観てきちゃいま...