日々“RYO”好

ちーばの“RYO”さんは日々“ゴルフ命”に情熱を燃やす!
遼クンに負けじと、“58”を目指し日夜奮闘する挑戦ブログ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

石川遼14位、勝負キャップで4差!

2011年05月27日 | Ryo log
          


 ダイヤモンド・カップ第1日(26日・千葉・千葉CC梅郷C=7108ヤード、パー72)新作の帽子で臨んだ石川遼(19)=パナソニック=は4バーディー、2ボギーの70で回り、首位に4打差の14位。不安定なショットをパッティングでカバーしながら、今季初優勝へのスタートを切った。6アンダーとした増田伸洋(38)、上田諭尉(37)、金度勲(22)=韓国=の3人が首位に並んだ。


 新作キャップをかぶった石川は、首位に4打差の14位スタート。
 「ショットがボロボロで、それ以外のリカバリーでバーディー4つを取れた。内容はいいとはいえない」
 それでも最終9番(パー4)では、右フェアウエーバンカーから残り125ヤードの2打目を、PWでピン右1メートルに寄せてバーディー締め。3967人のギャラリーの拍手を浴びた。


           

 そんなギャラリーは、石川の真っ赤な帽子にも注目した。用具総合契約をかわすヨネックス社のロゴが大きく入り、ツバは一直線。米ツアーで石川らと並び“3R”と呼ばれるリッキー・ファウラー(22)=米国=のトレードマークをほうふつさせる「フラットバイザーキャップ」。赤、白、黒の3色が6月に発売(税抜き3800円)される。
 「3、4日目の優勝争いのため、2日目が大切になる」
 キャップのほか、ウエアも初日から勝負色の赤で派手にキメた石川。その意気込み通り、国内6戦目での今季初優勝に突き進む。
(SANSPO.COM)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石川遼「必要性感じた」スタイル | トップ | 石川遼、0番アイアンが決ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。