板前けん 40歳からのパワトレ 愛知県在住

ロードバイクのレースではあっという間に先頭集団から遅れてしまう貧脚が、トレーニングによって変われるのか?

ツールドエコパ 2H エンデューロ

2016-09-19 18:48:45 | レース
ツールドエコパ 2Hエンデューロ 21/74位

2時間8分 72.3km


天気予報は雨なので、雨天対策をしてエコパスタジアムへ。



雨のはずが、晴れ☀

試走は11時45分~なので、車の中でおにぎりを食してからスタジアムへ、知合いを見つけてぺちゃくちゃ喋っていると、試走の時間となります。

今日は全くアップをしてなかったので2周走ろうかと思ってましたが、1周して一番前に並ぼうと誘われて、ロード人生初の最前列に整列します。

アップ不足ではないかと心の中では不安を抱えながらスタートします。

1km程、先導車を追い抜かないように走行しますが、両サイドからかぶせられて、ズルズルと後ろに下がって行きます。

こんな事なら、試走を2周すれば良かったなと思いました。

そんな事を考えていると、いきなり本スタート!

強烈なインターバルがかかり、暫く1列棒状となりますが、1周、2周と千切れずに付いていきますが、毎度の事ながら集団の後方に位置していたので、中切れが発生した時にそれを埋めるのに、ジワリジワリと脚を使ってしまいます。

4周目、なんだかやばそうな感覚を感じてきました。

エコパのコースのポイントは幾つかありますが、自分が最も苦手としているのが、45度コーナーで減速した後の急な下りです。

自分は体重が53kgしかなく、しかも瞬間的なパワーを出すのが苦手なので、前走者から離れてしまう事がしばしば、

脚がフレッシュの時は余り問題ないのですが、既に大分削られているので、前との差が見る見ると広がって行きます。

後ろを振り返りますが、誰もいません( .. )

逆風区間の為、追いつけません。

ポキッと心が折れます(ó﹏ò。)

中切れの瞬間です。

ドリンクを飲んで、ここからは1人TTの始まりでが、当然ペースが上がる訳も無く、緊張の糸が切れたのか、身体中が痛く感じます( .. )

15分程たったでしょうか、やっと3人が追いついて来ます。

が、4人でローテーションを回そうと思って前を引きますが、付いて来ません。

しかしここで1人で先に行ったとしても、疲労ばかり貯まるだけで得策とは思えません。

少しペースを落としますが、4人で回して行こうとおもいますが、2人が前に出てくれないので、実質ピンクのジャージの方と交代で引きます。

残り20分、先頭集団に周回遅れにされますが、ここぞとばかりに飛び乗ります。

が、思った程ペースが速くありません。

後ろにさえ付いてさえいれば、脚を温存できるスピードなので、若干拍子抜けしてしまいますが、ゴールに向けての牽制が早くも始まっているようです。

このまま行けば最終局面の掛け合いが見られると思うと、ワクワクしてきます。

幸いにも自分の脚も若干回復してきているので、集団の邪魔にならないように、下りからの登り返しでアタックを掛けますが、それを踏み台にして1人、又1人とカットんで行きました。

ジェットストリームアタックのようです。

スタジアム前の最終コーナーでピンクジャージの方を追い抜いてゴールします。

今シーズン最悪のレースとなってしまいましたが、自分の弱点を分析して練習してこうと思います。

良かった点

雨予報が晴れた。

悪かった点

先頭集団から千切れた時に、その後の事を考えて全力で追えなかった。

どうせ散るなら、力を使い果たしてでも追うべきでした。

今後は後悔しないように、後先考えずに必死に前を追いかけようと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日は、ツールドエコパ | トップ | 乳酸閾値クリスクロス »
最近の画像もっと見る

レース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL