板前けん 40歳からのパワトレ 愛知県在住

ロードバイクのレースではあっという間に先頭集団から遅れてしまう貧脚が、トレーニングによって変われるのか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2019 シマノ鈴鹿 1時間サイクルマラソン

2019-09-04 08:46:16 | レース
練習不足で、直近のCTLは54

ですが"1時間ならどうにかなるでしょ"と軽い気持ちで望みます

最新のPower Profile(体重54kg)は





スプリント力の無い、パンチャータイプ?

なんにせよ、未だにFTP 4倍に到達出来ていません💦



さて、試走を走り場所取りを終えてからはレースの観戦をして時間を潰します

集合のアナウンスが流れたので、バイクの待機場所に戻り、係員の指示に従ってコース内へ。安定の右端の3列目に整列します

そんなに待たされる事もなく、ローリングスタート!

全然、ローリングではない強度です。後で聞いたのですが、後方では「速すぎる」とクレームの声が多数あがっていたようです


暫くして、ゴーサインと共に一気にペースが上がりますが、付いていいけない強度ではありません

シマノ鈴鹿は、今回で4回目なので インターバルが掛かる地点やボトルを飲むポイントは熟知しているので、気持ちに余裕があります

終盤までの先頭集団内では、自分の知る限りでは落車は無く、平穏

30~40番手辺りを行ったり来たりしながら、ふらつく人や、コーナー立ち上がりで遅れる人の後ろはできる限り避けながら周回を重ねます

集団が密集して、選手通しが接触して危ない場面も!

「声掛けしよ〜」とあちこちで、叫び声が上がり
自分も気を引き締めます



そろそろドリンクを取ろうと、ゲージに手を伸ばしますが

"あれっ!手が痺れてる"

躊躇してボトルを戻します

普段の練習でこのような状態になる事は滅多にありませんが、やはり四方を囲まれた中、手に力がはいっていたようです

いつもの様に、上半身をリラックスさせてお腹だけは力を入れます

ペースが緩んだ時に、手を振り痺れを軽減させます

なんとかドリンクを飲めるまでに回復できました



さて、レースも終盤ですが内転筋、ハムストリングス、臀筋に疲労感が出てきました

逆にふくらはぎと大腿四頭筋は、まだ余裕があります



冬から春にかけて取組んだドリルで、股関節主導のペダリングが少しは出来てきてきているような気がします

1時間サイクルマラソンは鈴鹿サーキットの西コースを走りますが、最後の1周は本コースに戻りゴールを目指します

11周も終わりに近づき、経過時間を見ると58分30秒

"もう1周あるな"

と思いこの1周で前方に上がる準備をしますが、まさかの西コース入口が封鎖

このまま、ゴールに突入です

"なっ"

程なくデグナーの下りで集団は1列棒状に、先頭との距離はみるみる離れていきます。少しでも順位を上げたい所ですが、70km前後のスピードが出ており、怖くて動けない

しかも去年は前方の3人が続けざまに落車をして、自分はフルブレーキの末足をついてしまい難を逃れた記憶が蘇ります

集団最後尾で下りを終えて、ゴールスプリント!
踏んだ感覚は悪くない

"まだ、残ってる"

しかし、回りの方達も流石に強い

ダンシングに切り替えた瞬間、前の3人が地面に叩きつけられて、バイクが吹っ飛ぶ!

"怖っ!" \=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)/

サイドに交わして、再びスプリント!

2、3人を交わしてゴール

31位/539人 AV 41.3km トップとの差 7.1秒

去年より順位を下げましたが、今の自分の実力を考えれば納得の結果ですね

"最終周の前にもう少し前方に位置取り出来たならな〜"

とか若干の後悔はありますが、はっきり言って集団前方で引いてくれた方達との力の差は歴然です

さ〜今度の土曜日は富士チャレ100km

シルバーを目指して頑張ろう!


ツール・ド・エコパ 2時間エンデューロ オーバー40 7位

2019-05-06 09:11:23 | レース
2時間3分 72.5km 体重 54kg



ようやく今シーズンの初戦をむかえました

仕事が多忙で練習量は減少ぎみですが、逆に体はフレッシュだと言い聞かせます



今年からチャレンジした事

①冬場の休日のローラー台での練習から実走ロングライドに変更。基礎体力アップに励む

②体幹トレーニング(けっこうサボりましたが)をする事により
上半身の安定感とコアの中心からパワーを出す
ハムストリングと臀筋主導のペダリングの練習を重ねる

③基本ボッチ走行だったのをSNSで平日休みのグループに参加して単独では追い込めない負荷まで追い込む



さて、レース当日は珍しく家族が応援に行くといいだしたので、惨めな走りは見せられないと気合が入ります




13時にレーススタート!

直後は先導がゆったりペースで引きます

スタジアムを出てぐるっと周り公園区間に入る入口で集団が密集

"やべえ!ラインがない"

カラーコーンを3本ぶっぱなして、後続にご迷惑をかけます💧

とりあえずは落車がなかったようで一安心


登りの手前でリアルスタート!

一気に前がぶっ飛んで行きます

先程のカラコンぶっ飛ばしで後方に下がってしまったので、焦りますがとても前には上がれない強度です

GARMINをチラ見すると

3%の登りを45km

"速え〜"

着いていくのがやっとです

前方の落車を回避して更にダメージが蓄積されて、脚の残りゲージがみるみるレッドゾーンに

"マジで千切れる5秒前"

20分で力尽きます

暫くは1人旅、後方の集団を待ちます

1周程して第2集団にJOIN

10分程後方待機したあとに脚も回復
板前も先頭交代に加わります

集団内でも強い方が何度も強烈なペースアップ

板前も反応して抜け出しますが、結局下り区間で吸収

次は自分がペースアップ!数人で抜け出すも、結局下り区間で吸収を繰り返しますが

なんだか、"めっちゃ楽しい"

残りも数周になって先頭集団にラップされます

当然、後ろに着かせてもらいゴールを目指します

レースも終盤、ハムストリングスが何度も釣りかけます

が、四頭筋とふくらはぎはまだ充分残っているのでスプリントに備えます

最終周回、人数は20人程

前に上がりたいけど、脚は温存したい

下りを終えたS字コーナーから一気に上がり、ゴールスプリント!

前に追いすがりますが僅かに届かず

辛かったけど、全力を出し切れました


レース後、スタジアムのトラックで座りこんでお知り合いと暫し談笑して

よっこいしょと立ち上がろうとしますが、立てません

腕の力でなんとか立ち上がるも、今度は全くしゃがめません

内転筋、ハムストリングス、臀筋が崩壊している模様です

半年かけてトレーニングした成果が出たようです

使いたい筋肉を使えるようになった

結果は7位

家族の前で表彰式に出たかったのですが。僅かに及ばず力不足でした



次はシマノ鈴鹿かな?

QRスタンプラリー 戦国武将コース Stage1 苗木城

2019-04-18 19:11:10 | サイクリング
170km 7時間42分 TSS 438 TSS 86 体重 55kg





獲得標高 2800m

先日開催された

堺浜エンデューロは雨の為、DNS



私事ですが、仕事の役職が増えて激務となっております

朝は6時前に家を出発し、帰りは22時過ぎ

なかなかZWIFTが出来ません( .. )


なので、休日のRIDEがとっても重要になってくるのですが、4月の中旬と言えば1年で1番走りやすい時期。ロングライドに行きたくてしょうがありません!

トレーニングも必要ですが、根本は楽しむ事!
それが大事

新たにスタンプラリーを見つけたので、早速チャレンジします



戦国武将コース 全5箇所

それぞれ粗品等のプレゼントがあり

コンプリートで岐阜県産品などがもらえるチャンスがあります



狙いは日本刀はさみ 織田信長モデル




6時前に出発。補給はボトル×2 ういろう×3 スポーツ羊羹×3 エネルギージェル×1

ロングライドと言えども、トレーニングの一環なので当然帰宅時には脚が売り切れるように走る必要があります

しかし、やっぱりこの季節。春の匂いと景色に癒されます





土岐川沿いを上流へ、県道421号線を走り抜けます。この区間は田園地帯が続く田舎道。個人的に大好きなコースです

途中、竜吟の滝に寄り道





前日までの雨で石畳は非常に滑りやすくなっており、二の滝で引き返します





自然ふれあい館には、無料ボルダリングがありましたが、1人では寂しいので今日のところはやめておきます





その後も順調なペースで、11時過ぎには苗木城跡に到着

まさか又来る事になるとは(笑)



苗木城資料館でQRコードをGET

前回のスタンプラリーは紙ベース、今回はコストとの関係なのかQRコード

まだ、殆どこの企画で来館する客はいないらしく、QRコードスタンプを押せたのは板前が初めてとの事

これは、まさかの信長はさみワンチャンあるかも!

そんな期待を感じながら、再スタート

中津川から363号線を走った事がなかったので、気軽な気持ちで向かいますが

このコースキツイ

峠の後半は、3.1km 10.3%の激坂が阻みます

この区間で多方脚を使ってしまい、残りのアップダウンの道に苦しめられます

帰宅した頃には完全にスカスカ状態まで追い込めました


1人での高強度RIDEはかなりのモチベーションを必要として、なかなか納得のいく結果が得られないのですが

距離で脚を使い切ることは、かなりの成功率となりますね


さて、レースの方は

ツール・ド・エコパ 2時間エンデューロにエントリーしました

余り自信がありませんが、全力を尽くしたいと思います







東美濃 山城カードをGETせよ! Stage2

2019-03-13 21:59:23 | サイクリング
144km 6時間1分 TSS 449 CTL 91.5 体重 54kg



期間限定の山城カードの残り2枚を手に入れるぞ!



道の駅しなのに集合。本日は6人

お初の方2人に軽く挨拶を交わして出発


いきなり雨沢峠が現れます

"どんなペースになるんだろう?"

初顔合わせの苔フェチさんがいきなりカッ飛んで行きます

とても付けるスピードではないので、待機

暫くするとリーダーもカッ飛んで行った

"付けない( .. )"

板前は途中で激タレ

後ろからユルユル登ってきたメンバーにも追いつかれる

後で聞いたのですが、6人で連なると車が追い抜けないので、二手に別れたようです...



国道363号を中津川方面へ、ここからは強烈なリーダーの引きでとてもローテが出来ません

最初の目的地、岩村城の激坂を超えます


日本三大山城の1つ女城主で有名な岩村城跡でパシャり





そのまま下って資料館へ



ここで、山城カードを1枚GETして昼食へ

ぱんどさんでピリ辛カレーを堪能



次の目的地までも、リーダーの強烈な引き

"どんな体力しとんねん!"

ヘロヘロで苗木城へ

山城ランキング第1位らしいのですが



行けば分かる素晴らしさ!

近くに農村景観日本一の展望台もありましたが

圧倒的に苗木城の眺めの方が上をいきます





石垣も当時のままに多く残されています



軍曹曰く、自然の巨石と人口石とをコラボした珍しい山城との事



眼科に広がる景色も最高でした



一時ではありますが、脚の疲労を忘れることが出来ました


そして資料館へ

実は板前、前回美濃金山城で押印したスタンプラリーの台紙を忘れてしまう大失態

それでもコンプリート後に貰えるトートバッグを頂けないかと、リーダーと交渉してのですが無理

ルールはルールですならね

それでも期間限定山城カード3枚を無事手に入れる



さてここから折り返しますが、まだ半分残ってます

一同ゲンナリ

日も陰ってき来て、夜間走行を強いられそうです

アップダウンを繰り返しながら、ひたすらにしがみつきます

瑞浪市辺りでリーダーが変速不良で板前が前に出ます。GARMINも遂に息を引き取り電源OFF

なんだか損した気分ですが、頑張って引きます

雨沢峠に到着する頃には真っ暗となります

ここで、僅かながらGARMINをリーダーのモバイルバッテリーで充電。息を吹き返します

峠を下ってみなさんとはお別れ帰路につきました

140km走ってこの強度!

ソロでは到底無理!仲間の力は偉大であります


堺浜エントリー 今日のZWIFT

2019-03-10 20:33:14 | ZWIFT
54分 TSS 94 CTL 82.5 体重 54kg


3月30日の堺浜90分エンデューロにエントリーしました。今シーズンの初戦であります。観光がてら家族と一緒に行こうと思います


さて、久しぶりのZWIFT。当然レース

3R Everything Bagel Hilly Race 1 Lap

コース EVERYTHING BAGEL 34.3km



ハイウェイの登りで、先頭集団から遅れるいつものパターン

徐々に人数を増やした落武者グループで集団スプリント

なにもかもが、実力不足