オペラファンの仕事の合間に パート2

大好きなクラッシック音楽やフィギュアスケート、映画などを語ります。メインは荒川静香さんの美しさを語るブログ。

宮原知子さん、世界選手権欠場。

2017年03月20日 22時25分07秒 | 2016-2017年シーズン
たいへん残念なニュースが飛び込んできました。宮原知子さんが世界選手権を欠場。
ケガの回復が思わしくないという情報はチラチラ入ってきていましたが、やはり衝撃的でした。
宮原さんに代わって本郷理華さんが出場。過去2回世界選手権の経験があるだけに、調整が大変だと思いますが、これをチャンスと思ってベストを尽くして欲しい。フリーの「リバーダンス」を楽しみにしています。
そして宮原知子さんには、たいへん苦渋の選択だったとおもいますが、今は、しっかりと治療に専念し、オリンピックシーズンの来シーズンは完全な状態で再び元気な姿を見せて欲しいと願うばかりです。




にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界ジュニア選手権2017、女子シングル

2017年03月19日 21時21分35秒 | 2016-2017年シーズン
昨晩のフィギュアスケートの世界ジュニア選手権・女子シングルの放送は見たかったのだが、いろいろ事情があり見ることが出来なかった。今、録画を早送りをしまくって、最終グループの演技を見終えたところ。
結果は皆さん、ご存じの通り。優勝は逃したとはいえ日本勢は2位、3位、5位とレベルの高さを世界にアピールしてくれたと思います。本田真凛さんの2連覇ならずで残念でしたが、ジュニアで選手生活が終わるのではありせん。来シーズン以降、シニアで、もっと大きな存在になって、世界のフィギュアスケート界を引っ張る存在になって欲しいと強く思います。
さて私の期待の星の白岩優奈さんは5位。今シーズンは骨折で出遅れていたので、よくぞここまでという気持ちが強い。転倒があり残念でしたが、その他は質の高いジャンプを見せてくれました。来シーズンは万全の体調でシーズンを迎えて欲しいと願うばかりです。
今回の放送はCMと競技以外の映像ばかりで落ち着かなかったので、来週26日のCS放送のJスポーツでも放送予定なので腰を据えて見るつもりです。





にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ世界ジュニア。頑張って!白岩優奈さん。

2017年03月14日 15時28分10秒 | 2016-2017年シーズン
いよいよフィギュアスケートの世界ジュニア選手権。

世間様の一番の注目は、やはり本田真凛さんですが、私は昨シーズンと同様、白岩優奈さんが一番気になります。

私のジュニアの一番の注目選手です。

フリーの「悲しみのクラウン」での演技。楽しみにしています。






にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅田真央さんのいない世界選手権

2017年03月10日 14時16分52秒 | 2016-2017年シーズン
もうすぐ、フィギュアスケートの世界選手権。

しかし、今回は浅田真央さんの姿を見ることが出来ないのは、やはり寂しい。

来シーズンは再び元気な姿を見せてくれるものと信じています。




にほんブログ村

にほんブログ村



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅田真央さん& & 舞さんの「 ありのままで」

2017年03月07日 13時38分11秒 | 浅田真央さん
Mai Asada & Mao Asada ありのままで


先週、映画「アナと雪の女王」がテレビ初放送。

「アナと雪の女王」と言えば、私は2014年のザ・アイスでの浅田真央さんと舞さんのコラボを思い出してしまいます。

にほんブログ村

にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四大陸選手権・エキシビションの三原舞依さん

2017年02月26日 21時21分52秒 | 2016-2017年シーズン
4CC 2017 - MAI MIHARA - "EX"


今、CS放送のJスポーツで、四大陸選手権のエキシビションの放送を見終えたところ。
楽しかった。
やはり一番楽しみにしていたのは女子シングルの三原舞依さんの演技。
マスネの「タイスの瞑想曲」
強豪のスケーターにまじって、本当に初々しい演技。
次は世界選手権!頑張って!






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四大陸選手権・ペア、アイスダンス

2017年02月22日 22時46分44秒 | 2016-2017年シーズン
昨日は夕方からCS放送のJスポーツでフィギュアスケート三昧。先般の四大陸選手権からペアとアイスダンスのフリーの全演技の連続放送。しっかりと見ました。
特に見応えがあったのはペア。
優勝は中国のウェンジン・スイ&ツォン・ハン。今シーズン、スイのケガでグランプリシリーズは欠場。復帰初めての試合の四大陸選手権で世界選手権連覇中のメーガン・デュアメル&エリック・ラドフォードを押さえての優勝は本当に見事!
演技後、あの気丈に見えるスイが涙ぐんでいたのが、強く印象に残りました。
いよいよ来月末は世界選手権。ペアもアイスダンスもヨーロッパ勢との激突が楽しみです。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四大陸選手権の三原舞依さん

2017年02月21日 17時52分39秒 | 2016-2017年シーズン
Mai MIHARA 三原 舞依 2017 FS - JAPANESE NATIONALS


四大陸選手権での三原舞依さんの優勝。
私は、まだ余韻が続いています。
もう、何回、録画を見たでしょうか?
また新しい力が、世界に羽ばたいた!






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!三原舞依さん、四大陸選手権・優勝!

2017年02月18日 23時02分43秒 | 2016-2017年シーズン
三原舞依さんが四大陸選手権、優勝!
映画「シンデレラ」の音楽。
何か嫌~な雰囲気を払拭させる素晴らしい演技。
また新しい時代の予感。
本当におめでとうございます。
ケガで欠場の宮原知子さんにとっても、いい刺激になるでしょう。
次は世界選手権。さらなる飛躍を期待します。







にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

欧州選手権2017、アイスダンスFD

2017年02月14日 10時09分54秒 | 2016-2017年シーズン
私はフィギュアスケートの中で、アイスダンスが大好きです。先週末、CS放送のJスポーツで放送された今年の欧州選手権のフリーダンスは、私にとって最初の第1グループから最終グループまで正にアイスダンスを見る喜びに満ちあふれていました。得点を競う競技と言うことを忘れさせて、正に氷上の芸術を見ていたと言っても言い過ぎではありませんでした。素晴らしい大会でした。
ショートダンスを終えて1位はアンナ・カッペリーニ &ルカ・ラノッテ(イタリア)、2位はエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ(ロシア)、3位に世界選手権2連覇中のガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン(フランス)でしたが、1位だったカッペリーニ &ラノッテがロテーショナルリフト1つが余分だったと判断され、1位と2位が逆転、最終グループの滑走順の抽選もやり直すという中でのフリーダンス。1位から3位の得点差は0.7という僅差で全てはフリーダンスへ。
優勝は最終滑走のパパダキス&シゼロン。正に息をつかせない最高の芸術の粋。解説でも「バレエやオペラを愛する全ての人に見て欲しい」と言っていましたが、競技会と言うことを忘れて、その見ていて吸い込まれそうな演技に、ただただ見入るのみであった。
2位のカッペリーニ &ラノッテの「チャーリー・チャップリンメドレー」は正に映画の世界が氷上で再現されていたと言っていい。私の大好きなプログラム。冒頭でのツイズルでのカッペリーニのミスが本当に残念。それにしても素晴らしい世界。それにしても難度の高い技の連発だったが、それを感じさせることなく音楽と2人の世界に、こちらも、ただただ見入るのみであった。
3位がボブロワ&ソロビエフ。そして私が、今後、注目したいのは4位のイザベラ・トバイアス&イリヤ・トカチェンコ(イスラエル)と6位のシャルリーヌ・ギニャール&マルコ・ファッブリ(イタリア)。両者ともチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」の音楽。来シーズンは、さらにレベルを上げるでしょうから、しっかりと名前を憶えておきたい。特にギニャール&ファッブリの音符をデザインした衣装は本当に素敵でした。
来月末は世界選手権!カナダのテッサ・ヴァーチュ&スコット・モイアとパパダキス&シゼロンの完璧同士の優勝争いは、たいへんなものになるでしょう。




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欧州選手権2017、ペア・フリー

2017年02月10日 08時46分45秒 | 2016-2017年シーズン
Алёна Савченко / Бруно Массо. ЧЕ-2017, ПП 2 222.


昨晩、CS放送のJスポーツで今年の欧州選手権から、ペアのフリープログラムを見る。
最後の最終グループの演技が、やはり群を抜いていた。
特に2位のドイツのアリョーナ・サフチェンコ&ブルーノ・マッソの演技が特に素晴らしかった。
しなやかで、力強く豪快な演技。これぞ正にペアを見る醍醐味。
サフチェンコも以前、ゾルコヴィと組んでいた時と比べて、たいへんおだやかな表情。しかし繰り出される演技は凄いものがあります。
さて今日から、アイスダンスの放送。録画も溜まってきて困った状態になってきました。




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2017年02月07日 18時33分02秒 | 音楽
一昨日の5日の日曜日にNHK・Eテレの「クラッシック音楽館」で放送された井上道義指揮NHK交響楽団の定期演奏会。
11月の定期演奏会からオール・ショスタコーヴィッチプログラム。
交響曲第12番「1917年」が圧巻だった。指揮者の気迫、そして共感がオーケストラに伝わった見事な演奏でした。
この気持ちを、どう伝えるのか本当に難しい。
このところ、ブログでの音楽の扱いをどうすべきか苦慮していました。
そして決めたことは、フィギュアスケートに関して、このまま継続。しかしクラシック音楽やオペラ、バレエなど音楽関係に関しては本当に心苦しいのですが休止とします。
現在、私はクラシック音楽のFacebookのグループ「クラシックを聴こう!」(非公開、加入には承認が必要)に加わっていて定期的に投稿しています。
このグループでは私のようなズブの素人音楽ファンから音大出身者、そしてプロの音楽ファンまで加入していて、私自身、いろいろな情報や意見に接して、たいへん音楽的視野が広くなってきたような気がしています。そしていい意味でのミーハー感覚を取り戻し何でも聴いてやろうという気持ちが、ますます強くなっています。
また指揮者・朝比奈隆を話題にしても、多くの朝比奈ファンがいることを知り、気兼ねなしにやりとりが出来、けっして私が孤独でない実感がありブログでは味合うことのできないものがあります。
実は、昨晩、アリス=紗良・オットのピアノによるグリーグのピアノ協奏曲と抒情小曲集のCDを話題にしたところ、「いいね」が一気に100件を超え、今も返信に対するコメントに追われている嬉しい悲鳴の状態です。
そんな現状で、ブログまで手が回らない状態なので、いったん休止にした方が良いと判断させて頂きました。
ただ何か音楽に関して大きなことや、ライブなどに接してどうしても伝え事があらば、コメントさせて頂きます。
なお今まで、音楽面でお世話になった方には、もし伝えたいことあれば、フィギュアスケートは継続しますので、関係ない話題でも、そちらにコメントしていただけたら、ご返事させて頂きます。
当ブログも、たいへんな曲り角にきたようですが、何卒、ご理解、そして今後も宜しくお願い申し上げます。




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鈴木明子さんが2月1日に結婚

2017年02月07日 10時46分41秒 | 鈴木明子さん
鈴木明子さんが小学校の同級生と2月1日に婚姻届を提出したとのこと。

ご結婚、本当におめでとうございます。

どうか、お幸せに!

披露宴はあるのかな?

その時、織田信成君は、お呼ばれしたら号泣するのかな?


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

欧州選手権2017、女子シングル・フリー

2017年01月31日 09時05分08秒 | 2016-2017年シーズン
先週の金曜の深夜、CS放送でフィギュアスケートの欧州選手権から女子シングル・フリーの生中継がありました。なかなか録画を見る機会がなかったのですが、昨晩、一気に全演技の映像を見ました。
こういう世界大会は、いろいろなお国ぶりを楽しむことが出来て見ていて本当に楽しい。また私自身、欧州選手権に愛着があるのは、ヨーロッパへの憧れの気持ちも強いのかもしれません。
優勝は、やっぱりロシアのエフゲニア・メドベージェワ。それも世界最高得点での優勝。また競技会ではコンビネーションジャンプは3回にも係わらず、最後4回目を、やってしまった。これは、おそらく本人の勘違いなどではなく、間違いなく確信犯的なものでしょう。「私はここまで出来るのよ!」というメドベージェワの声が聞こえてきそうでした。現在の負けなしのメドベージェワを止めることが出来るのは、世界広しといえども、我が国の宮原知子さんしかいないのだろうか。
3位は復帰のカロリーナ・コストナー。29歳。10代の選手が多い中で、若い選手たちに「これがフィギュアスケートの美しさというものですよ」と見せつけているように感じました。まだ復帰直後。これから、まだまだレベルが上がっていくはずなので3月の世界選手権が楽しみです。
その他の演技で私がいいなあと思った演技がフランスのロリーヌ・ルカヴァリエ(5位)とベルギーのロエナ・ヘンドリックス(7位)。
ルカヴァリエは映画「グリース」の音楽。チャーミングな演技。演技中の衣装チェンジにはビックリ。ヘンドリックストは、スケーターらしい本当にいい雰囲気を持った選手。初出場の17歳。所々ミスはありましたが目を見張るような素晴らしさでした。おそらく世界選手権にも出場してくると思いますので注目してみたい。
そしてポゴちゃん(アンナ・ポゴリラヤのこと)は昨年から一つ順位を上げて2位。今シーズンは強さを見せてくれるようになりました。私にとって、日本人選手以外でも楽しみな選手が、いろいろといると言うことは、これもフギュアスケートを見る楽しさと言うべきでしょうなあ。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カロリーナ・コストナー、復帰!

2017年01月26日 23時17分42秒 | 2016-2017年シーズン
B.ESP. Carolina KOSTNER SP - 2017 European Championships


今年の欧州選手権で復帰したカロリーナ・コストナーのショートプログラムでの演技。

ショートプログラムを終えて3位。

正にコストナーの世界でした。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加