ゆらぎ

動植物写真満載、時々音楽
シンガーソングライターゆらぎの写真ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガマ工房

2014-05-12 | 人物

まきばカフェのすぐ近くにガマ工房があります。

ガマ工房の志村さん。

ガマガエル専門の陶芸家さんです。

カエルの木!

可愛いカエルちゃんだらけの楽しいガマ工房なんです。

コメント (2)

chai…フォークライヴin軽井沢

2011-07-22 | 人物

スタンバイするのっこ 

気持ちを落ち着かせて

 

本番が始まった…♪ 

まるで異次元の世界に誘い込まれてしまうようなせつなくて不思議な『chai』の音楽が軽井沢に響く。

つーさんしぶいな~♪

MCが苦手なのっこ

本当は凄くシャイなつーさんがのっこの分もおしゃべりします。

素晴らしいライヴでした!

涙を流して聴いていた人も…。

 

打ち上げのお座敷ライヴではすっかりリラックスの二人。 

埼玉から歌いに来てくれて本当にありがとうございました!叉来てね。

優しい笑顔。

フォークライヴでオオトリを飾ってくださったあべあきらさんとchaiの夢のスリーショット。

 

2011春フォークライヴin軽井沢は、6月25日、26日の2日間に渡り『ロッヂゆうげん荘しなのホール』にて開催されました。 

記事のアップが大幅に遅れてしまいましたが、このライヴの模様はKMCネットラジオ(パーソナリティーは由井KARAMUさんとゆらぎです)で放送中なので、是非聴いてみて下さいね! 

2日間とも個性豊かなアーティストが勢揃いですよ! 

  KMCネットラジオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


    

コメント (2)

ロス・カルカス

2011-06-02 | 人物

5月31日長野県佐久市コスモホールで開催された南米アンデス諸国の最高峰フォルクローレグループと言われているボリビアの『ロス・カルカス』ジャパンツアー幕開けコンサートに行って来ました。

ロビーのショップでは南米の楽器、民芸品や衣類などが売られていてとても賑わっていましたよ。

そこでチュリという小型のサンポーニャを手に入れました。

吹けないけど飾るだけでもとっても綺麗!

写真左からカルカスのメインボーカリスト、エルメールさん。素晴らしい声の持ち主です。少しだけでもあやかりたいです!

隣はコンサートの興奮冷めやらないみっちゃん。

カルカスの日本人メンバーで名チャランゴ奏者の宍戸誠さん。カッコ良過ぎます~~!

一番右はカルカスのメンバーさん全員とお友達で楽屋に案内して下さった『リオ・アンディーノ』というフォルクローレグループでご活躍中のサンポーニャ&ケーナ奏者の長谷川美代子さん。

熱く激しい暖かく優しい素敵なロス・カルカスコンサートでした!

今の日本に演奏しに来て下さったことに心から感謝です!

 

コメント

エリンコからのクリスマスカード

2010-12-25 | 人物

エリンコこと田村恵倫子ちゃんが、アイロンビーズの素敵な新作をクリスマスカードにして送ってくれました。
たくさんの動物や雪だるま雪の結晶そしてハートのクリスマスツリーなど、見ているだけで幸せな気持ちになります。
カードを電気の下で撮影したのでかなり色合いが違っているはずです。
実物を是非見てみたいな~


今年5月に撮影したエリンコの乗馬姿です。

コメント (2)

グルーポ・カンタティがやって来た!

2010-12-21 | 人物

もう一ヶ月前のことですが、11月21日(日)長野県東御市田中のコミュニティーセンターで、日本のフォルクローレの草分け的存在である『グルーポ・カンタティ』のライヴが開催されました。
私は数年前から大ファンなので、この機会を逃してなるものかと駆けつけました。

彼らが奏でるアンデスの音楽に巻き込まれて、障がいを持った青少年がステージへ!





ヴォーカルとチャランゴの島田静江さん。




サンポーニャを演奏する武田耕平さん。



25年前グループ結成当時の唯一のメンバーであるリーダーのエルネスト河本さんです。
ボリビアの音楽を日本に広めた方です!










熱気の渦!


田中の町並み。

しなの「アンデスの風」友の会、岩井屋(宅い幼老所、富山型デイサービス)、グルーポ・カンタティ主催、障がい児者団体「つばさ」共催の素晴らしいコンサートでした。
コメント

あべともさんTシャツ

2010-11-16 | 人物

あべともさんが自作のTシャツに、昨年11月のこのブログに掲載した写真を使って下さいました!
嬉しいな。


10月にまきばカフェに遊びに来てくれたあべともさんです。
後ろはじゅんちゃん。


いい字ですね~。

まだ在庫は少しあるそうなので、もし欲しいなと思われる方はご一報下さいね~。
え~と、値段は…2千いくら…かな?
コメント

105歳の輝き! … 金城つねさん

2010-10-25 | 人物

「き~てきいっせいしんばしの~~♪」

24日に東京都中野区のライヴスポット『ラフト』で、シャンソン歌手の金城広子さんの門下生数人の方々によるライヴが開催されました。
フィナーレに登場なさった広子さんのお母様金城つねさんのピアノ伴奏で会場は大合唱に包まれました。

つねさんの横で歌われているのは金城広子さんです。
本当に素敵な親子さんですね!


105歳の優しいパワーに、居合わせた人達はみんな笑顔!!


余談ですが、この日は高速バスの中で宝くじで3億円当てたという人に偶然会いました。
105歳のミュージシャンと3億円!
それに今日は狸ちゃんと雄鹿君と狐さんとたくさんのカエルぴょん達に道で立て続けに出会いました!
牡鹿の大きく高く響く鳴き声も聴きました!
なんだかいい感じですよ~
コメント

エレナ・アンドゥーハ来日フラメンコライヴ

2010-05-25 | 人物

フラメンコの歌姫エレナ・アンドゥーハさんが今年3月に来日しました。
踊りと歌を完璧にこなすアーティストとして現在ヨーロッパやアメリカで注目されている彼女はスペインセビリアに生まれ、10歳の時からフラメンコの勉強を始めて、ケタマ、ホアキン・コルテスなどの世界的アーティストの舞台に出演。
映画出演も多く、アル・パチーノとも共演を果たしています。

この写真は3月28日の新宿エル・フラメンコでのライヴの模様です。









写真右側の男性は何とまだ17歳のエレーナの息子さんアントニオ・アンドゥーハさんです。
パーカッション、ギター、カンテ(歌)と大活躍でした。
感極まった彼の目に涙が…!




























大感動のフィナーレ。
写真左はエレーナをスペインから招いてこのライヴを企画して下さったフラメンコパーカッショニストのアルフレド・フローレスさんと可愛い民俗衣装姿のお嬢さんです。


この写真は3月23日八王子WAVEライヴの後の楽屋で撮影したものです。
左はエレーナの衣装を試着しているバイラオーラ(フラメンコの踊り手)の野中亮子さん。衣装は驚くほどぴったりでした。真中がエレーナ、そして右側は私の友人でバイラオーラのハスミン。
ハスミンがスペイン滞在中にエレーナとルームメイトだったことがきっかけで2人は大親友になったそうです。
ハスミンのお陰でこの素晴らしい忘れ難いフラメンコライヴを観ることが出来ました!

写真が多過ぎて(これでもほんの一部)なかなかブログをアップ出来ないでいるうちに気が付いたらもう2ヶ月も経っていました。
エレーナは又きっと日本に来て今度は長野に行きたいと言ってくれましたよ。


コメント

明日は修君の卒業コンサート!

2010-02-05 | 人物
『パカパカ』のモデルの少年笹崎修君の長野盲学校高校卒業記念コンサートが、明日2月6日土曜日、JR長野駅コンコースにて開催されます!
レパートリーは100曲近くあるという独学で腕を磨いて来た修君のハーモニカの音色は、優しく美しく心に響くものです。
長野盲学校の先生方がOSAMUバンドを結成して彼の卒業コンサートのために猛練習を重ねて来たということです。
長野出身の歌手丸山みゆきさんが花を添えてくれるそうですよ。
12時半と14時半の2回ステージ。

お時間がある方は是非お出かけ下さい!
コメント

濱田金吾さん松本ライヴ!

2009-08-09 | 人物
濱田金吾さんの4度目の松本ボトムダラーライヴが昨日8月8日に開催されました。
さすがは雨男で有名?な金吾さんのライヴにふさわしい、ワイパーも利かないような土砂降りの雨の中、三才山峠を越えて松本へと車を走らせました。

その甲斐あって、3時間に及ぶそれは素敵なライヴでした!







地元の出演者の皆さんと一緒のフィナーレ。



神戸、東京、静岡などからも熱心なファンの方々が駆けつけ、満員の店内は大盛り上がりのライヴでした。

昨年はボトムダラーの翌日、まきばカフェでもコンサートをやっていただきましたが、今年はこちらの諸事情から残念ながら実現出来ませんでした。
都会のテイストたっぷりの濱田金吾さんサウンドではありますが、雨上がりの牧場に吹く風の中で蝉の歌声と草を食む馬達と共に聴いたコンサートは忘れがたいものがあります。
いつか又実現出来る日が来るといいなあ。



コメント (10)

yukkoさんコンサート

2009-06-14 | 人物






昨日の13日、小諸にある﹛ギャラリーむぎ草﹜で開催されたyukko森のコンサートへ行って来ました。

森とオブジェに囲まれて歌うyukkoさん。


コンサートが進むにつれあたりはゆっくりと日が暮れて来て、キャンドルナイトの始まりです。
yukkoさんの澄んだ歌声は、アカハラの美しいさえずりと共に森に響き渡りました。



ポチッとよろしくね。
コメント

桑名正博さん

2009-03-27 | 人物
3月14日のFM軽井沢『レディオコミュニケ-ション』、ゲストは桑名正博さんでした。

軽井沢にお住まいとのことで、「昨日遅かったから起きたばっかりなんだよ~」と、ぶらりと遊びに来て下さいました。
とても気さくな方で、ツアーや出演なさっているVシネマ、翌日の軽井沢でのライブ、大阪で開催される書の作品展、新しいアルバムのことなど盛り沢山の楽しいお話をしていただきました。
ニューアルバムの発売が楽しみですね!


さて、明日の番組は何が飛び出すことやら。
皆さん聴いて下さいね♪♪
コメント

まきばカフェで

2009-01-26 | 人物
ハスミンはラジオ収録の後まきばカフェに一泊して、翌25日上田市神畑(かばたけ)の『ダンススペースステップ』で新しく始まるフラメンコ教室へと意気揚々と出かけて行きました。
新教室開校おめでとうございます!

ハスミン先生頑張れ!


写真左から、大ちゃん、ハスミン、さくら
コメント

小林美枝子さん

2008-12-22 | 人物
『がんばる』の作詞者小林美枝子さんです。
数年振りにお会いしました。


12月20日、長野県上田養護学校の開校三十周年記念式典が開催され、小学部、中等部、高等部の生徒さん達の素敵で楽しいパフォーマンスや挨拶、思い出の写真映写などの後、式の最後に参加者全員が起立して『がんばる』を大合唱しました。

私は体育館の一番後ろに立っていたのですが、感動が込み上げてまったく歌うことが出来ませんでした。
私のそばにいらっしゃった父兄の方々や職員の方も涙をぬぐっていました。

心に深く残る貴重な経験をさせていただいて本当に感謝しています。
そして今さらながら、素晴しい詩を書いて下さった小林美枝子さん、ありがとうございました!

もう8年以上前になりますが、まだ面識のなかった美枝子さんのホームページで『がんばる』という「合い言葉はがんばらない、でもがんばりたい」という言葉から始まる不思議で強烈なインパクトの詩を見つけて、勝手に曲を付けた後に初めて彼女にメールを差し上げたのでした。

その後、『パカパカ』に続くゆらぎシングルCD第2弾として、『ルルドの水』とともに『がんばる』を発売したのです。


ピンボケ写真でごめんなさ~い!


コメント

お疲れ様でした~~!

2008-08-10 | 人物
無事コンサートを終えて楽屋でホッとしている出演者。

左後ろから、筒井タケオさん、アネラさん、ゆらぎ、前左から、Chiikoさん、谷由紀子さん
コメント (4)