曇り時々晴れ

明日が 幸せのオーラーに包まれて過ごせることを願っています。、ありのままの私が今生きている証を 記しています

硬膜動静脈廔と付き合うことに

2022-08-04 18:34:34 | 闘 病

今年3月に目の前が真っ暗になり・・・気付けば、洗面所で倒れ、肋骨が折れ・・・

その後、脳神経外科で「硬膜動静脈廔の疑い」と診断され 頭痛、耳鳴り、倦怠感などの不調に

悩まされて外出が怖くてメンタルがた落ちの日々ですが、院長先生が白黒つけたいなら精密検査

しますよ・・・と言われて、担当ドクターは「大きな病院にかないと、と おしゃっていましたが」

と言うと院長先生が私やりますよ‥と言ってくれたので 即答でお願いしますと答えた。

 

10万人に0.3人程度の希少疾患で、出来る先生は極わずからしい。

鼠径部からカテーテルを脳まで通し、MRIでは分からない部分を診て、造影剤を流して血流の様子を

MRIの写真で確認するようです。3日の入院です。

よかった~。遠くの大学病院とかに行くとなると、交通費や付き添って貰う人も要る。

差額ベッド代も高いし、もう80歳に近い姉に来てもらうとなると、病院の近くにホテルも・・・。と

 

近くならば我が家に泊まって貰えるし、慣れたドクターだったら付き添いも要らない。

一人で入院して帰ってくることができる。

こんなことを考えていたら、ネットで検索したこの硬膜動静脈廔と言う疾患の検査が危険で、

mm単位でカテーテル操作に誤差があったら、神経麻痺や障害を残すと言う事を忘れていました。

血管に穴を開けてしまったら、ザ・エンドなのに、検査に望む事に積極的な自分が可笑しい感じ。

「もし、寝たきりになるようなアクシデントがあったら、延命措置は拒否と書いておくわ」と私が

言うと、ヘルパーさんが「又、そんなこと言って!!」と笑うのですが、人の寿命は神のみぞ知る事と

私は思っています。自分が望むようにはならないと。

何人かの友人、親類、両親を看取って思うのは、医者の言うなりに諸々処置をしても、

お金も無くなる一方だし家族も疲れ果ててしまう。

将来が心配な団塊ジュニア世代の子供達は親の世話で職を失う事は出来ない。

結局施設入りが目に見えているのです。

かつて、3年程ケアハウスに入居した経験から、施設も営利事業所であり、スタッフも色々居て、

見るに堪えない場面も見て来たので、食べたいものもたべられずにベッドに括りつけられて生きる事は

私の本望では無いのです。でも怖がって、検査もせずに、閉じこもっているのも嫌なので、

やる事はやって、悔いなく過ごしたいと、準備中です。

来年のお正月、お雑煮たべられるかな~。

私の煮豆、ごぼうの梅干し煮、 身欠きにしんと昆布の炊き合わせ、吊るし柿、とても

評判よくて、一人暮らしなのに大きなお鍋で作って、友人らの所にお嫁入なんですが、

◎◎も煽てりゃ木に登る・・で作るのが楽しい年末が、来ることを信じて精密検査の後

必要であれば血管内手術も受ける覚悟です。

 

今、古くなった衣類や、壊れたアクセサリーを迷いながらも捨てたりしながら検査の日を待つこの頃。

読者の皆さん🌸 一応私、外見はとても女子力ある女性なんですよ。

昔から、余りに単刀直入な物言い、行動に、

「男に産まれりゃよかったね」と言われる事が多々ありましたが。

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

介護保険の改悪

2022-08-02 20:41:10 | 行  政

今日は朝早くから病院に向かった。

ケアマネジャーが介護認定の再審査請求を出してくれたので、主治医にお願いをしに出掛けたのです。

私は主治医が、膠原病内科、整形外科、消化器内科、精神科など複数いる。

最初は消化器内科のドクターに3年分の経緯を書いたレポートを送付してお願いしたのだが、

身体状態は明らかに低下しているのに要支援になってしまった。

ネットで検索してみると、現場を知らない財務省が要介護2までは軽度とみなし、経費節約の為に

改正(改悪)を進めているという。勿論 お金が足りないという理由だ。

私をたとえれば、介護ベッドと電動カートを利用しているが、それらをはぎ取られるのだ。

私の場合、介護ベッドはリウマチが発症して動作が困難になった時に

お買い得品があったので買い取り、自分の物である。

今、正規の値段で買えば20万以上する。

電動カートは、身体障碍者手帳2級で障害の方で利用できる。

ある日突然、ベッドも車いす(電動カート)もはぎ取られた人はどうするのだろう。

酷いやり方だ。

寝起きの不自由な人のベッドを取り上げ、買い物や自宅付近も介助なしでは出られなくなる。

皆、手の空いている家族が同居しているとは限らない。

介護3以上になると認知症の人が多くなり特別養護老人ホームに安くはいれる権利は取得できる。

介護2以下の人は認知症は殆ど無くても、脳梗塞などの病気で半身マヒになった人や

ケガで身体機能が半減して、腰が曲がったり、手足がしびれていて一人で出来ない事が沢山ある。

 

再度言う。

政治家一族に産まれた元総理がどれだけの功績を残したのか!

銃弾に倒れた事には合掌してお悔やみするが

国の最高責任者になる者は、命を懸けて国民の為に働く覚悟で国政に参加したのではないのか?

歴史上、国を代表するような働きをした者が、敢え無く殺害されていることは沢山ある。

まして、国葬に億単位の税金を掛けようとしている人は、今グレーゾーンに入る人なのだ。

 

コロナ対策にしても、戦後の復興に寄与した団塊世代の老後対策も、けして公平な扱いではない。

2022年の介護政策の改悪を見逃すと、自死、孤独死が 必ず増える事になる。

税金を正しく使って欲しい。

私達は戦後、何もない所から、幾度かの 経済の波に翻弄されながらでも、子供を産み育てた。

今の様に子供の医療費無料とか、授業料無料とかの時代では無い。日の丸弁当を持って、

人様のお下がり洋服は当たり前に受け入れて、今日を作り上げてきたのです。

 

それでも、ある日突然、ベッドをはぎとられヘルパーも利用できなくなり

布団1枚の中で、ゴミ出しも出来ない汚れた部屋で満足に食事も摂れず

孤独死をしなければならない政策を 今、頭でっかちの財務局が、実行しようとしているのです。

 

許せますか?

 

幸い、私の主治医は、こうした実態を良く分かっているので、私の実情を明らかにした

主治医の意見書を作成してくれると言ってくれたが、ドクターも様々、

大学病院でポジションを得る事にしか興味の無い人も無い。

自分の年収にしか興味の無い人もいる。

患者の背景を見てくれるドクターばかりでは無いのが現実なのだ。

私は53歳で半廃人の道を僅かな年金で生きてきたが、落ち目になると人の裏表が見えてくる。

心暖かい主治医にであうことが出来て、幸せ者である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

介護認定の結果

2022-07-25 17:16:32 | 行  政

3年前に 要介護1となった。

リハビリディと週2日のヘルパーを利用しながらなんとか生活してきたが

膝の手術後、可動域に制限が掛かり、浴室の改装をしたり、

玄関に手すりを付けたり自己負担1割だが それでも十数万円がかかった。

幸い少額ながら生命保険を掛け続けていたので、入院・手術の給付金が出たので賄えた。

 

その後、膝人工関節の具合が思わしくなく、歩行も、駅の階段も、辛くて

人様には見せられない格好で通院をしている。

再々手術を望んでいるが、コロナ禍で病床確保が続き、緊急性の無い手術に医師は

首を縦に振ってくれない。

今、硬膜動静脈廔のの疑いでカテーテルを腿から脳まで通す検査を検討している。

廔が破裂すれば、良くて寝たきりの身体になるから、検査を受け、必要ならば手術も行う予定。

ふと、長く生きる事がお目出度いのか?という考えが横切るが

神、仏にこの身を委ねようと思い直し、殆ど握力の無い手で食事を作る日々を受け入れている。

 

5診療科を受診している私にとっては、独り身が辛く感じる。

通院に福祉輸送を利用するのは大学病院の時と緊急受診の時だけにしている。

タクシーよりは安いとは言え9千円の出費は大きい。

月10万と少々で家賃・光熱費・保険・食費・・・医療交通費の出せる隙間は無い。

 

今回、介護保険の認定が 要支援2と出て 前より軽く査定されたのにはびっくりした。

膝の痛みは増し、股関節まで痺れがきているというのに。

ケアマネさんが市役所に見直し申請をしてくれることになっているが・・・

 

体調は年齢と共に動きが悪くなり、家事も入浴も一仕事ではあるが

まだ羞恥心はある。

何とか 自力で頑張っていることが、「できる」と判定されたのか!

入浴は膝の屈曲が90度なので椅子に座って入るので半身浴となる。

夏はシャワーでも良いが冬は寒くてたまらない。

80歳代以上の知人は入浴の為に、ディサービスを週2回利用している。

スタッフに髪も身体もお尻も洗って貰い、大きな湯舟に浸かり時間で上げられ着替える。

 

お風呂位、好きな時間に浸かりたい思いは贅沢なのだろうか?

美形とは冗談にも言えなくなった身体を泡だらけにして洗って貰う事にはまだ抵抗がある。

それが、「自分で出来る」と判定されたのか!

 

たまたま、ネットが利用できるので、重い荷物や近隣で買えない物はネット買いをしている。

支払いはカード引落し。スーパーには週1回程度、卵、牛乳、アイスクリーム、調味料程度を

買いに行くので大した金額にはならない。

「金銭管理ができる」と判定されたのか!

 

働き盛りの子供達に負担を掛けない様に、頑張って、頑張って、僅かな年金でやりくり生活は

金銭管理云々という次元の物ではない。

 

要支援2になると 利用できるサービスが減る事になる。

これ以上 何を頑張れというのか! 

 

今、介護保険サービスは認知症の人に手厚くなる仕組みなのです。

独り住まいで、出来る限り頑張って生きて行くことが逆目に出る行政の方針に疑問が残る。

 

認知症の親を看る家族は大変だろうが、知る限り、そのような家庭では、子供世代の老後の

心配から、職を止める事無く、親を施設に入居させることを考えていることが多い。

介護保険制度が出来て30年余り、段々、偏りがでてきているように思える。

73歳を目前に憂鬱な日をすごしている。

公務員である役所の人にも 親がいるはず。

ヒラメの様に片側にしか目が無いわけではないだろうと 何度思ってきたことか!

生きる事が 辛くなる。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安倍元首相の国葬

2022-07-25 10:23:50 | 社 会

基本的にブログに、政治と宗教の事は書かない主義だが、今回自分に例外を認めた。

 

安倍元首相が銃弾に倒れ亡くなられた事は、痛ましい出来事です。

しかし、国政に携わり、国民の生活を右に左に舵をとる国会議員ともなれば、

賛成派も批判派のエネルギーも、半端ない程の威力があると認識している。

今回の容疑者は、母親が宗教団体に属し、一般市民には恐ろしい程のお金を貢ぎ、破産し、

家族が崩壊した事が根底にあり、その宗教団体と自民党、安倍氏が深く係っているということで

犯行に至ったと報道されている。

それがほんとうならば、私は国葬をすべきでは無いと思う。

 

想像するに、安倍氏の遺体はエンバーミング処理を施し、安置されているのではないかと思う。

だから、犯罪の内容も、安倍氏の行った、もりかけ問題も明らかになって居ない、もし金品の授受や

総理大臣特権で行われた問題であれば、彼は犯罪者である。

コロナ禍の中で、桜を見る会を公費で行っていたならば、明らかにすべきことである。

 

これらを 曖昧のまま、「銃弾の倒れた」という被害者意識が先に立ち、国葬を行おうといている。

それも 莫大な国費でだ。

コロナ禍での国葬には相当の人出があるだろう。 大丈夫だろうか?

 

安倍夫人は、自民党はそれを良しとしているのだろうか?

莫大な国費を、病める国民、貧困に苦しむ国民、失職して家族崩壊し、自死を選ぶ中年時代の

生活立て直しに使って欲しいとは言わないのだろうか。

 

民間では、コロナ禍もあって、小さなお葬式、家族葬、直葬が主体になっている。

コロナ感染が怖いだけでは無い。親族、友人が 香典や交通費を捻出できない程困窮し、

喪主も派手に参列者を持て成す事が負担になっているのだ。

 

一般に報道されていないが、中年・若年層の自死がうなぎ上りで増えている現実に目をつぶれない。

腐敗して発見された遺体は,合葬され、戒名どころか属名さえ分からない人も多いという。

 

全てを明らかにし、国葬がふさわしいか?費用は妥当か?国民の代表達は発言すべきである。

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

死は突然にくるのだろうか?

2022-07-12 10:03:57 | 心の叫び

闘病中の家族、つい最近あった学友、ディの仲間・・・の死の知らせが来る。

突然に・・・。

?? 本当に突然だったのだろうか?

 

過去を振り返ると、私は その知らせが来ても驚かなかった。

何故なら、 彼らは其の間際に 普段とは違う行動や感情を見せつけていた。

怒りっぽくなって 手こずらせたり・・・間もなく癌の末期の知らせが来た。

勝気な彼女が涙を見せ・・・間もなく昏睡に入った。

いつも、見事なホームでリハビリをする彼が全く存在感が感じられない(影が薄い)日があり

         ・・・間もなく死の知らせ。

鬱ぎみで覇気のない友人が、エネルギシュにアプローチしてくる。

 

いつもとは違う。 段々違ってきている。 前はあんな風ではなかった。

私は、だから おどろかない。

 

産まれ来た者は何時か死す。

死す時は様々であっても、天のみが知る その時が近づくと 

 皆 自分の本質にもどり 旅立ちの支度にはいるのかも知れない。

 

知らないだけで、 死の時は突然来るのではないと 私は何度も感じて来た。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする