やざき。くんです (・e・)ノ

ぷらら Broachから引っ越してきました

140文字で綴りきれないことはブログに書く。

2010-11-01 04:49:02 | PC系
( ・ω・)フゥー.....

まったく、色んな人がいるもんで。
流石のワタシも今回ばかりは綴りたくなるってなもんで。

以下、「5人組のヴォーカルグループ」(左 自己紹介欄を参照)をご存知ではない & ツイッターを見ていらっしゃらない方には
ほぼ判らないお話になります。ご了承を。
 
※検索対策の為、表記をぼやかしています。
 

 
事の発端は「諸条件が許せば旅andコンサートなんていかが」と発信された事に対し、
「ついに遠征推奨?昔なら考えられないセリフだ」といった内容を
ご本人に向けて(いわゆる非公式RTの形で)、送信された方がいた、という事。
 
(自己紹介欄・内容から少なくとも彼らの事を知らない人ではない。古参の方でしょうね。)
 
 
 
発言者に対する返信(リプライ)がTwitLonger※から返信されたことから
彼をフォローしている、主にファンの方々から数々の意見ツイートがよせられた、という形。

※TwitLonger:ツイッターは1回に付き140文字までしか入力できません。
 
 ただ使用しているツイッタークライアント(ソフト)によっては文字数を超えてしまっても
 テキストを置いている場所のURLをツイートする、という形で行うことが出来ます。
 
 
説明文が判りやすいね。「For when you talk too much for twitter」だってさ。
 
 
ちょいと脱線しましたが。
 
 
因島出身のバンドユニット(左 自己紹介欄を参照)のライブを(おそらく)100本前後参戦、北は札幌、南は沖縄まで
遠征経験のあるワタシが言うのも可笑しな話ですが、
 
 
また彼らが(特に彼が)遠征を快く思っていない発言を以前、されていたことも、
勿論存じ上げてはおりますが。
 
 
「行きたいから、行く」 で良いんじゃないかな、と思う訳です。
 
 
みんなそれぞれの「諸条件」にあわせて、身の丈に合った形で行動しているんだからいいんじゃないの?って。
 
 
ご本人達が快く思っていないのであれば、表立って言わなければいい話だし、
自分が言いたいのであれば、言えばいいし。
 
 
まぁ、遠征する/しない のお話は(自分的には)ここではそれほど重要ではないんですよ。
 
 
 
ツイッターって、とても気軽に自分の意見を発信出来るツールだと思うんですよね。
 
過去は、自分のサイトを作ったり(例:Yahoo!ジオシティーズ)、ブログだったり、
mixiだったり、色々なツールが出ては消えていますが。

操作方法、必要なもの(機械・時間共に)も含め、一番簡単なのがツイッターだと思うんです。
(ちょっと仕組みに慣れる事と、フォロワーを増やさないと意図が理解しづらいとは思いますが。)
 
 
自分の意見を気軽に発信できるし、
と、言う事は逆に、誰かに自分の意見を投射する事も簡単。
 
 
簡単であるが故に、いわゆるIT文化にまだ慣れてない方も同じ土俵に立っているのも然るべきな事で。
 
だからと言ってそれを強く諌めるつもりも排除するつもりもないですが。
 
好きでファンやって、フォローしているのなら、何故最低限のネチケットを守った発信が出来ないのか、という憤りが。
 
 
「自分の発言に責任を持ちなさい」
 
 
なんて使い古されたセリフも出てきちゃいますが、自分からただ発信しただけのツイートであれば、
それは何も問題じゃないんです。
 
ため息のように、自分の中から出ては霧散するだけの、ただのつぶやきですからね。
 
 
今回、最終的には操作ミスだったという形には収まったけれども、
少なくとも自分の言葉(テキスト)の刃が、直接相手の目に留まる形で発せられた事、
届く事、発する事が出来るという事。またそれがオープンである事。

これらを理解された上でないと、色々波紋が広がるのもネット上の、IT文化の恐さってなものだと思うのです。
 
 
(ワタシのこの記事も、もし件の件の一部始終をご覧になっていた方の目にとまった時
どう思われる/受け取られるのか、という事も覚悟の上で綴ってはいますが、
自分のブログ上に吐き貯めたことなので捨て置いていただけると幸いです。)
 
 
批判的意見を発信する事はいけない、という訳ではないですよ、勿論。
ご自分の意見を、ご自身のフィールドで発信することを制約される理由は、この国にはありませんから。
 
 
ただ、自分が少なからず好意をもっている(LOVEの好意ではなく、likeの方)その本人に、
オープンな場で、言葉の刃を振りかざすというのは自分としては納得できない。
仮に異論を持っていたとしても、その伝え方はスマートではない。
 
 
その後「ちょっとしたことが波紋が広がってしまう、ネットは怖いですね」というコメントに対し、
「それは違うよ」と返答されました。
 
 
ワタシは彼のその返答に対しては「違うですよ」という意見。
 
 
もう元のお話を現状見ることは出来ないけれど、ネットの海に放流されたテキストは、
ずっと漂い続けます。怖いですが、残るんです。残ってるんです。実際に。
 
 
リアルとバーチャルは表裏一体、鏡写し、 ではないんです。悲しいことに。
 
 
でも「言える事を言えばいい」と返されたその短い言葉は、ただ反射的に出た言葉ではなくて
おそらく長い期間考え悩まれた結果なんだろうな、という事も感じるです。悲しいことに。
 
 
(贔屓目じゃないですよ。この発言が彼で無くても、ワタシはほぼ同じ言葉を今綴るでしょう。)
 
 
気持ちが覚めてきたのなら、出てくるものは少し扱いにくいものかもしれない。
気持ちがそこに留まっているからこそ、擁護するようなものが出てくるのかもしれない。
 
 
だけど。ディベートする相手じゃないんだよ。
 
 
立ってるフィールドが違うんだもの。自分の身の丈、知っとかないと。
ツイッターの世界にいると、みんな同じ土俵に立っているように感じちゃう事多いけど
バーチャルなその場にも、ちゃんと上下左右ある事知って動かないと足ふみはずちゃうよ。
 
 
それでも伝えたいなら、方法、選ばないと。オトナなんだから直球以外の持ち球使わないと。
 
 
なんて事を、考えていた訳です。
 
 
 
あ、言っておきますが、ワタシは捻くれてますよ。フフ。
 
コメント (1)

関西ツイッターサミット 雑感

2010-05-01 04:27:44 | PC系
勢い余って行って参りました。

Tweetup :: 【満員御礼】関西Twitterサミット (via @ktwsummit) #twtvite
http://twtvite.com/ktws

最初は凄い軽い気持ちで「行ってみたいなぁ」位だったのですが、
幸運にもGETでき、どんどん話が大きくなった(?)ぽいことに
「ワタシなんざが行ってもいいのか?」と慄きつつも、
業務としてクライアントからお金を頂いてツイッターを使っての仕事をいくつか担当させていただく事もあり、
「逆にこれはチャンスだ」と思うことにして、勇気を振り絞り(?)参加。

USTREAMでの配信もあったのですね。(iPhoneで見ようと思ったけど電池が^^;)
また5/03(火祝)朝5:20~ よみうりテレビ「す・またん!」のオープニングでお話されるそう。

http://www.ytv.co.jp/cematin/

録画予約、っと。

そういえば他にも毎日放送(MBS)とABC放送が来ていたと言っていたけれど、
どこかで放送があるのかしら…

ま、いいや。

さて、生配信もされていたので概要をまとめるでなく、雑感を残しておきたいと思いますよ。

■第1部

錦市場の方のお話:

・ブログ以上に、鮮度のある情報が発信ができるのではないか。
・お店の話ではなく、店主はなにを考えているのか・どんなお店に行くのか等、
 パーソナルな部分を知りたいのではないか?

・パーソナルな部分を見せる事でお店を身近に感じて貰えるかも?
(芸能人のツイートを見ると今まで持っていたイメージが変わるのと同じような)

・敷居が高いと思われているイメージを(格式やブランドイメージ)ツイッターで
 払拭(とまではおっしゃってないけど、ニュアンス的には払拭)できるのではないか?
 
 
カトキチさんのお話:
 
(極論を言えば)消費者は冷凍食品なんて別にどこの会社のものでもいい。
ブランドイメージ的に均衡している場合、消費者は単純に印象の良い方を選ぶ。
ツイッターはそこを上手く突いている。
 
 
ブランディング
http://www.mitsue.co.jp/case/glossary/m_027.html
 
 
「この会社、なんか好きだ。」と思わせる気持ちをくすぐれるのがツイッター。
 
 
ツイッターは「リアルタイムメディア」
思いつきが現実化している場所。
 
 
 
■第2部

井上公造さん:
移動中に出来る手軽さが良い。(ブログだとどうしても文章を構成しよう、という気持ちが働き時間がかかる)

フォロワーが多いと、仮に問題発言があったとしてもすぐにしたに流れるので炎上しにくい。
(いや、それはどうだろう… 公式RTされたらぶわっと広まちゃうけどね)
 
 
あまから手帳さん:
雑誌は新しいネタをフォローし切れない。
そこで雑誌出版社がツイッターを導入することで、「こういうものを作っている」という
予告編・編集後記的な使い方が出来る。


今後電子書籍が発達していくとしても、紙媒体の書籍はなくなることは無いと思っている。
しかし今後の雑誌は電子書籍にスライドしていくだろう。

あまからさんはこう見えてパンク好きw
 
 
森アナウンサーのお話:(多分)
たとえば番組でFAXやメールでご意見募集、という場合も番組内での告知が必要だが
ツイッターの場合は、それを事前にでも呟けば良いので告知が要らない。

また内容にグラデーションがある。
140文字だからこそ書けることもあるし、仮にディープな内容でも140文字という制限がある事で簡単に伝えやすい・簡単に反映し易い。という利点。


小嶋晶子さん:
ラジオはツイッターととても親和性が高いと思う。

感想を直ぐに番組アカウントにツイートしてもらえばいいし、
ラジオ番組中にUstream配信をしたとしても、デビューしたばかりのアーティストや
インディーズバンドの場合、事務所がOKさえ出してくれれば肖像権などもクリアした対応も可能。

若手の芸人さんや、デビューしたばかりのアーティストなどにはうってつけの宣伝ツール。
(お金が掛からず宣伝が出来る)
 
 

津田さん・森アナウンサー・井上さん: 
同じようにテレビとツイッターのコラボも考えたが、
(デジタル機能を活用した画面の片隅にツイートが流れるような)

ただしテレビの宿命として、映ってはいけないものが映っていないか。
放送コードに触れる内容ではないかのチェックが必要なので、
あまりテレビとツイッターのコラボは上手くいかないだろう。


---


こんな所ですかね。

ツイッターはオープンでパブリックな使い方が出来て、レスポンスが早い、という視点で見ると
確かに「何かを伝える」という意思を持った表現手法としては威力があるのかもしれない。

オープンでパブリック、の部分がゴスマニ的には気になる所ですが。
この当たりについては今頭の中を整理中…
(スタンスの違いがまさに顕著。)
 
 
 
とりあえず思ったことはツイッター、面白いという事と、
これを使って何か出来そうな予感がある、という事。
 
 
特に地域振興には威力を発揮すると思うんだよねー
しかしビジネステイクで使うには、その企業担当者(主に広報か)が本腰入れる必要があるとは思うんですが。
期間限定でやる分には、ブログよりも情報の伝達スピードは速く、かつ掛かる費用は低く抑えられると思う。
 
 
こんな事書いてますが!
個人的にはビジネス云々関係なく、面白い事がしたい!
(もともとビジネスライクな考え方をする人間ではない。)
  
 
 
 
ワタシがツイッターのゴスペラーズコミュ(ついっこ)で彼らのスケジュール(ただし公式発表分のみ)を定期ツイートしているのも、
勿論ツイッターッターなゴスマニアの方達へ情報を発信(共有)したい、という思いが1番ですが、逆に「ゴスペラーズを知らない人/軽い興味だけを持っている人」に
「ゴスペラーズはこれだけ活動してますよ」という事を見やすく提示したい、
という気持ちもあったりするです。

ツイッター上で「ゴスペラーズ」と検索ワードを入れると直ぐに出るように。

そのように目に付きやすくしておけば、わざわざ公式HPに見に行く程度ではないけれど
少しでも興味を持ってくれた人にも目に触れる機会が出来れば、と思うのですよ。


要は宣伝の(広報の)選択肢を1つ増やす、といった所でしょうか。
 
 
難しく考える必要はないと思うんですよね。
個人が「良い」と感じたものをごくごく率直に「良いのよー」とお知らせできるのがツイッターだと、思うです。
 
 
 
こんな感じで取りとめも無く終わるー
(本音は睡魔で頭が回らなくなってきた(^^;

おそらくまた修正します。 シーヤ!
コメント

浮かれ気分で

2009-12-26 13:06:53 | PC系
ツイッターで使っているアイコンにサンタ帽子をかぶせてたんですが。
26日になってもまだ被ってることが急に恥ずかしくなりましてね。

(「ウィキタヤマ」の「XーXmas」の項目の2008年の発言のようだ(笑)
 しかしワタシも昔、郵便局で年賀状の仕分けで内勤してる時にサンタ帽被ってた手前、
 北山さんの事は言えない(^^;

外そうとしたら設定を間違えて…
 


 
 サンタ帽 on みかん。

なんと愉快な事に…orz

一瞬これでもいーか?と心を折りかけたんですが(削除する画面が出てこなくてねぇ… リロードしたら出たけど) 踏ん張って、ミニカー on みかん。に変えてみた。

まぁ可笑しな絵であることには変わりないんですが。

なんか良い図、ないかなぁ?
コメント

「永田町なう」を見てます -Twitterの面白い使い方?

2009-12-04 16:07:19 | PC系
 
twinavi :「永田町なう」本日午後3時40分からTwitterで国会議員が公開討論します!
http://twinavi.jp/posts/detail/356

これを見ています。

政治に興味がある訳じゃないですが、(選挙権を行使する位) 政治家の中でTwitter利用者が多い事。
(オバマ大統領もだよね) さらにTwitterの新しい試みだなぁと思いながらウォッチング。
 
通常のブラウザ(IE)などでTL(タイムライン。つぶやきの一覧の事)を追うと到底見切れないので(自分が他にフォローしている方のツイート(つぶやき)も同じ時系列で並んでしまうので、ごちゃごちゃになる)、ワタシは 「Tween」を利用して、ID毎にツイートをタブで分けて閲覧しています。(タブブラウザみたいなもんだと思っていただければ判りやすいかと。)
 
 
Tween まとめサイト - トップページ
http://www5.atwiki.jp/tween/
 
 
見た目はこんな感じ
 
 
 ※クリックで拡大。
 
 
内容も正直良く判らない単語が多いですが、若い議員さんが新しいツールを使って政治と言う敷居の高いものをより低く一般に浸透させようと試行錯誤してくれているような印象を持ちます。

って、単にご本人の趣味かもしれませんが(笑)

ニ○ニコ動画(変なトラバ来てもいやなので一応伏せときます)で政見放送流したり、
先日の事業仕分けの様子を中継したり、という点も嫌いじゃないです。
テレビのニュースで見るよりずっと見やすいし判りやすい。

なんだか結論のないエントリーですが、Twitterの新しい試みをウォッチ中!って事で。

「ついなび」に簡易アンケート機能ついたり、ハッシュタグが普及して来たりで
Twitterも随分と使いやすくなりましたな。
 
 
 
かく言う我々もTwitterでゴスペラーズ話がしたいがために
「#gosmania」というハッシュタグ作って遊んでる訳ですが(笑)

「真夜中のコーラス」ならぬ、「真夜中のツイート」、金曜の夜に適当に集ってやってますよー

Twitter ID持てなくてもここから見ることができますです。ハイ。
 
 
#gosmania - twitter検索
http://pcod.no-ip.org/yats/search?query=%23gosmania
 
コメント

Twitterと生放送 - SUPER GTを観戦するの巻

2009-10-19 12:50:33 | PC系
10/18(日)は全く外に出なかった…
ずーーっとTwitterでつぶやいてしまっていた(笑)

いや、今月自宅に工事が入るのでそれの準備(とりあえずバルコニーから荷物撤去)とか
色々忙しかったんすよっ(言い訳)

何してたかと言いますと…
 


 
CS(J Sports)でSUPER GT 第8戦@大分オートポリスを生放送で見つつ、
応援しているチームのサイトから実況(Twitter)を見つつ、
「Tweet」からも実況Twitterを確認する。

という何とも目と耳が忙しい事をしておりました。

なんでそんな事をしていたかと申しますと。

応援してたチームはメジャー(優勝したPETRONAS TOM'S SC430(脇阪寿一がいるチーム)と
マイナーの2つ。

上位に食い込んでくれると、「いつピットに入るよー」とかも放送で言ってくれるし、
画面にもよく映る。

しかしそれ以外の情報は全く判らないのでありますよ…
大体が周回遅れかドン尻なので、トップ集団の前(悲しい)にチラリと映ったのを見て、
「あ、無事走ってた」なんて確認する次第。

(たまに無事じゃない時があるから困ったもんだ。)


そこで登場、Twitter。

「次ピット入ります!」とか「今○位です」とか現場からつぶやいてくれるのでとても助かるぅー

「ピット作業の関係もありますが、今5位です(涙)」なんてつぶやきを見た日にゃぁ、
こちらも感涙(´Д⊂グスン ポイント圏内に入った事ないからねぇ…

余り映らなかったけど、Twitter実況見ながら一緒に応援したでありますよ。

まずは寿一優勝おめでとう!
そして某チーム(書いてあげなよ(笑)完走、いえ、初のポイント獲得おめでとうございますー!

結果は10位でした。うおーん(感涙)


 

コメント