yamaguchibasketball.blog

一般社団法人山口県バスケットボール協会公式ブログ

〔お知らせ〕社会人連盟C級審判認定講習会(12/15)

2019-11-21 22:00:57 | 審判・TO・規則
2019年度第2回社会人連盟C級審判認定講習会

実施要項(PDF版)


〔審判委員会〕2019審判講習会・研修会計画表(11/15版)

2019-11-15 22:06:52 | 審判・TO・規則
このページは、〔審判委員会 情報ページ〕です。
山口県バスケットボール協会 審判委員会に関する情報を掲載します。
※ 日本協会からの情報は、日本協会サイト審判ページをご覧ください。
----------------------------------------
■2019審判講習会・研修会計画表 2019/11/15
2019年度審判講習会・研修会計画表(2019/11/15版)
 
■2019YBAレフェリージャンパー販売のご案内 2019/10/23
こちら をご覧ください。(消費税増税に伴い、価格を改定しました。)

■2019バスケットボール競技規則 2019/3/16
こちら(日本協会サイト審判ページ) をご覧ください。

■報告書
FIBA U18 Women’s Asian Championship 派遣報告書(有澤重行)
2018ドイツスーパーカップ派遣報告書(有澤重行)
2017全日本総合バスケットボール選手権大会TO研修報告書
U-32YoungOfficials’Camp2016 参加レポート(柳田雅人)
Young Official Camp 2016 参加報告書(北野真美子)
2016全日本総合バスケットボール選手権大会TO研修報告書
平成26年度 日本トップリーグ連携機構審判研修会 参加報告書(美馬拓也)


〔お知らせ〕社会人連盟B級審判更新講習会(11/24)

2019-11-08 23:10:47 | 審判・TO・規則
2019年度第2回社会人連盟B級審判更新講習会

実施要項(PDF版)


〔News〕TOM、スコアシート印字ツール等 使用報告

2019-11-04 15:02:44 | 審判・TO・規則
「TOM(テーブル・オフィシャルズ・メカニックス)」は山口県バスケットボール協会作成のテーブル・オフィシャルズ・マニュアルです。
「JBA公式スコアシート印字ツール」は、公式スコアシート(複写式4枚綴り)に選手氏名等をドットインパクト方式のプリンターで印字できる、山口県協会作成のツール(エクセルファイル)です。
どちらも、山口県バスケットボール協会公式サイトのダウンロードコーナーから入手可能です。

山口県外においては、以下の組織・団体で使用されています。

■2019年11月
大分県協会U15部会 スコアシートを使用
群馬県前橋市中体連 R3群馬全中に向けてTOMを使用

■2019年10月
岩手県社会人連盟 スコアシート印字ツールを使用

■2019年9月
島根県協会 Bリーグ島根ホームゲームでTOMを使用
広島県高体連 TOMを使用
愛知県協会U15カテゴリー部会 スコアシートを使用

■2019年8月
兵庫県私立中高男子バスケットボール大会 スコアシートを使用
奈良県高体連 TOMを使用
静岡県高体連(中部地区) スコアシートを使用
秋田県由利本荘市協会 スコアシート印字ツールを使用
全国専門学校バスケットボール連盟 TOMを使用
鹿児島県奄美市連盟 スコアシートを使用

■2019年7月
広島県中体連 スコアシート印字ツールを使用(中国中学校選手権)
沖縄県中体連・沖縄県協会U15 TOMを使用(県大会、九州大会)
島根県協会 TOM、スコアシートを使用
島根県中体連 スコアシートを使用
埼玉県高体連東部支部 TOMを使用

■2019年6月
埼玉県高体連南部支部 TOMを使用
兵庫県三田市中体連
福島県 県南協会 TOMを使用
徳島県協会 スコアシートを使用
鹿児島県出水市中体連 スコアシートを使用
京都市中体連 TOMを使用
熊本県八代市協会 スコアシートを使用
長野県中信高体連 TOMを使用
島根県高体連 TOMを使用

■2019年5月
佐賀県協会 国体ブロック大会でスコアシート印字ツールを使用
島根県協会 国体ブロック大会でTOMを使用
福島県 県南協会 スコアシート、TOMを使用
愛知県協会 TO関連資料を使用

■2019年4月
群馬県協会 TOM(詳細版、簡易版)を使用
長崎県協会 スコアシート印字ツールを使用
群馬県高体連 スコアシートを使用
東京都高体連(女子) スコアシートを使用
岐阜県高体連 スコアシートを使用
鹿児島県協会 スコアシートを使用

■2019年2月
栃木県協会 スコアシート事前記入ファイルを栃木国体リハ大会等で使用

■2019年1月
宮崎県協会 中学部  スコアシート(2019年度版)を使用

■2018年12月
兵庫県社会人連盟 TO講習会でTOMを使用
島根県 U15リーグ(出雲・雲南地区) TOM、スコアシート作成ファイルを使用

■2018年11月
長野県中信地区中体連 TOMを使用
鹿児島県協会 O-40/O-50社会人選手権大会でスコアシート作成ファイルを使用

■2018年8月
千葉県ジュニア連盟木更津袖ヶ浦支部 TOMを使用

■2018年7月
大分工業高等専門学校 九州沖縄地区高専大会でTOM、スコアシート作成ファイルを使用

■2018年6月
埼玉県高体連南部支部 TO講習会、大会でTOMを使用
福島県 県南協会 スコアシート作成シートを高校の地区予選・県大会などで使用
島根県高体連 中国大会予選、県総体等の大会でTOMを使用
愛知県協会 トップリーグTO養成講習会でTOMを使用

※2017年度以前は、下記ファイルをご覧ください。
TOM、スコアシート印刷ファイル等 使⽤報告(2005〜2017 年度)

〔お知らせ〕日本公認C・D級審判講習会(12/8)

2019-10-25 23:07:55 | 審判・TO・規則
日本公認C級審判員更新講習会
日本公認D級審判員更新講習会


12月8日(日)に、ソルトアリーナ防府で、C級・D級審判の講習会(ルールテストと講義)を行います。

実施要項(PDF版)

〔C級講習会〕


〔D級講習会〕

〔お知らせ〕2019YBAレフェリージャンパー販売のご案内

2019-10-23 22:34:09 | 審判・TO・規則

山口県審判委員会では、所属審判員の連帯感の向上やモチベーションアップ、さらにはコート上でのプレゼンテーション向上の一助として、オリジナルのレフリージャンパーを製作しました。
多くの審判員の方がこのジャンパーを着用して試合に臨み、存在感を示していただきたいと思っております。
多くの方の申し込みをお待ちしております。
※消費税増税に伴い、価格を改定しました(10/23)

(一社)山口県バスケットボール協会
審判委員長 秋山 厚志
------------------------------

申込みは、随時受け付けております。
下記ファイルをご覧になり、各自でお申し込みください。

チラシ(購入申込書)

〔News〕有澤氏 FIBAアジアチャンピオンズカップ2019に派遣

2019-09-22 23:26:41 | 審判・TO・規則
山口県所属レフェリーの有澤重行氏が、9月24日からタイ・バンコクで開催されるFIBAアジアチャンピオンズカップ2019に派遣されます。
詳しくは、下記ページをご覧ください。

(公財)日本バスケットボール協会ニュースページ
FIBA レフェリー / FIBA レフェリーインストラクター海外派遣のお知らせ 2019年9月20日

〔お知らせ〕公認C・D級審判更新講習会(10/20)

2019-09-16 18:49:38 | 審判・TO・規則
実施期日の曜日に誤りがありました。お詫びして、訂正します。(9/16)

日本公認C級審判員更新講習会
日本公認D級審判員更新講習会


10月20日(日)に、大内中学校(山口市)で、C級・D級審判の講習会(ルールテストと講義)を行います。午前はC級対象、午後はD級対象です。

実施要項(PDF版)




〔News〕有澤氏 国際審判を継続

2019-08-26 21:06:49 | 審判・TO・規則

国際バスケットボール連盟(FIBA)では、各国の推薦に基づき2019年9月から2021年8月末までのピリオドにFIBAレフェリーとして活動する審判員を決定し、日本からは山口県所属の有澤重行氏を含む13名が認定されました。

FIBAレフェリーライセンスは、FIBAレフェリーの直近2年間の国際大会へのノミネーション実績、ナショナルチームのFIBAランキングなどに基づいて振り分けられる最大14の推薦枠に対して各国バスケットボール協会が「自国のトップリーグで2シーズン以上の継続した活動実績を有する」、「初めてFIBAレフェリーになる審判員は35歳以下でなければならない」などの条件をもとに審判員を推薦し、体力テスト、ルールテストなどを経てFIBAの承認によって決定します。推薦枠ならびにFIBAレフェリーは2年ごとに各国の実績に応じて見直されます。

参照:
FIBAウェブサイトGame Officials Licensing(英文)

(公財)日本バスケットボール協会公式サイトニュースページ
2019 – 21ピリオド FIBA レフェリー認定のお知らせ(2019年8月25日)

〔お知らせ〕山口県版TOマニュアル(2019年8月版)公開

2019-08-17 00:50:58 | 審判・TO・規則


(一社)山口県バスケットボール協会TO委員会作成のテーブルオフィシャルズのマニュアル「テーブルオフィシャルズメカニックス」2019年8月版を公開しました。2019年4月版からの変更点は、以下の2点です。

(1)スコアシートの記入例を訂正
これまでの記入例では、0番と00番の選手がいましたが、現行の日本協会ユニフォーム規定では、0番と00番の同時使用は認められていないので、0番の選手をいなくしました。また、コーチのサインを追加しました。

(2)「マジックタイム」の説明を追加
「マジックタイム」とは、標示されているゲームクロックからショットクロックの時間を引くことで、24秒ルールが成立するゲームクロックの秒数を把握することであり、何らかの理由でクロックにトラブルがあったときに、正しい時間をm千曳出すために使われます。
(今まで記載していた「ゲームクロックの『めくり表示』の説明」と入れ替えました)

この資料は、山口県内外を問わず、使用することができます。詳しくは、下記ページをご覧ください。

(一社)山口県バスケットボール協会公式サイト
ダウンロードページ