へっぽこゲーマーgekkaのブログ

へっぽこゲーマー・gekkaが挑戦したゲームの話題や、日々のくだらない雑感を気の向くままに書き綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【バイオハザード4 ナイフ縛り】 第九話 「呼びます呼びます」の巻

2008年09月08日 | バイオ4Wii ナイフ縛り日記
バイオハザード4 Wii editionナイフ縛りプレイ日記です。

プロローグはこちら→
縛りルールもプロローグにあります。








戦闘解説その9


●邪教徒の寄生虫について

  
左:村人    右:邪教徒

前回も述べたが、邪教徒から出る寄生虫は村人のそれとは形状が違う
形状は違うが種類は同一であり、寄生虫の成長度合いによって首から出る寄生虫の形状が変化する。

村人から出た鎌状の寄生虫は、長い射程とあらゆる方位へ繰り出せる柔軟性、そして手数の多さと、
ナイフ攻略においては非常に厳しい寄生虫であった。つまり近寄ることも出来なかったのだ。

邪教徒から出る寄生虫はうってかわって一撃必殺タイプになる。
寄生虫の射程内に入ると一気に伸びて頭をパク!っと一噛みである。

別名:頭かじり虫

これは即死攻撃であり、大いに警戒しなくてはならない。
が、お約束通り、大振りでスキがでかく、それ以外の攻撃はしてこないので、
当たらないようにさえ気をつければ楽に倒せるのである。

まあ、それでも出さないほうが楽なんすけどね・・・








Chapter3-1

謁見の間



前回サラザールと遭遇した場所

ここにはお宝がある。

が、銃がないと取れない。
発砲許可を得ていないレオンは泣きながらお宝を放置して先へ進むのであった。








Chapter3-1

牢のある廊下



厳密にいえば謁見の間とフロアは繋がっているけど

ここには敵もなく、いくつかのアイテムが取れるだけであった。
・・・が、レオンの一流エージェントとしてのカンが語りかける。


カリスマの絵の裏にへそくりがあるぞ!


すかさずカリスマの絵を滅ぼすと、その裏に5000ペセタを発見した。


このところ鈍っていた冴えが戻ってきたぜ


レオンは満足しながら先へ進んだ。
すると、



なかなかシュール

火を吹く馬のオブジェが道を塞いでいた。
レオンはこれを使ってくださいとばかりに置かれていた鍵を入手し、牢へ向かうのだった。








Chapter3-1




待ってたよ

牢にはいかにも襲ってきますというオーラがプンプンする人が拘束されていた。
近寄ると突然拘束具を破壊して襲い掛かってきた。



ほらね


しかしこの敵ってば、目が見えないらしく、音に反応して攻撃をしかけてくる。
レオンはすかさず距離をとり、弾丸があたるとうるさそうな鐘を利用して戦うのだった。
もちろん弾丸はあるけど銃は無いので、鐘は直接叩いて鳴らします。



だって銃ないんだもん





ガラドール戦

長いです。7分間くらい戦い続けます






ガラドールを退治し、意気揚々と進むレオンに、再び一流エージェントとしての推理力が冴え渡った。


この先では銃が必要になる!


レオンは引き返して銃を買いに戻るのであった・・・



ベリィチャンス!





おつかい編

死にすぎ






アシュリー・・・!!
相変わらず小娘は超引力を発揮してレオンを妨害してくる!
というか拉致したいのか殺したいのかはっきりしてくれよ!敵!

そんなわけで、修羅場に突入することが出来ずに次回へ続くのであった・・・










現在のステータス
最大ライフ 6ゲージと1/4
現在ライフ 4ゲージ

アシュリー
最大ライフ 5ゲージ
現在ライフ 5ゲージ

所持アイテム(アタッシュケースL)
ハンドガンの弾×1040
救急スプレー×1
緑+赤ハーブ×6
緑+赤+黄ハーブ×1
緑ハーブ×3
黄ハーブ×2
金色の卵×1
白い卵×6
閃光手榴弾×1
ハンドガン(10/10)






ガラドール戦では残り体力の関係で一撃死なので、撃破までに2回死亡。
修羅場である水の間でアシュリーが2回死亡。
今回の死亡回数4回。

現在までの合計死亡回数13回。(うちアシュリー7回)
ジャンル:
アクション
コメント   この記事についてブログを書く
« 【バイオハザード4 ナイフ... | トップ | 【バイオハザード4 ナイフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バイオ4Wii ナイフ縛り日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事