おもむくままに・・・!

ゆったりと、流れのままに、拾いもしない、捨てもしない・・・。 おもむくままに・・・そして私がいる。

言いたくないけれど・・

2018-12-11 17:27:12 | Weblog





すこし 働きすぎたようです。

仕事の合間の 唯一の楽しみの作詞の時間までも

削ることになってしまいました。

免疫力低下による 色々なことが

襲ってきてます。




一番忙しい 年末の仕事を離れて

生活圏の方々には 色々ご迷惑を おかけすることに

なりますが 精一杯 支障がおこらない様につとめますので

寛大なお心で お見逃しください。




ノートとペンで 作詞は続けるつもりです。

わたしが 私であり続けるために・・・




とても寂しいですが 投稿は しばらくできません。


再会の時まで・・So long



カエデ
花言葉 大切な思い出、遠慮、調和、約束
コメント (4)

しずかに・・

2018-12-08 13:27:16 | Weblog


セイヨウヒイラギ
(西洋柊、学名:Ilex aquifolium)は
園芸用に栽培されるモチノキ科モチノキ属の常緑小高木 。
別名、セイヨウヒイラギモチ。

ヨーロッパ西部・南部、アフリカ北西部、アジア南西部の原産。
葉は長さ5-12cm、幅2-6cmで、
若い枝や下の枝では葉の縁が数箇所鋭く尖るが、
古い枝や上の枝では刺の数が少なく、葉先のみ尖るが、縁はしばしば全縁となる。
葉は互生する。雌雄異株。
花は虫媒花、小型で花弁は白く4枚ある。
果実は径6-10mmの核果で赤く熟し、4個の種子を含む。
晩秋に熟すが、非常に苦いので、冬の間も鳥に食べられることは少ない。

冬になる赤い実が美しく、クリスマスの装飾の定番としても使われる。
英語名からホーリー(Holly)とも呼ばれるが、
Hollyはモチノキ属の総称としても使われるので、
区別するためにEuropean holly、English hollyともいう。

- ウィキペディアより -





静かに しずかに

足音を忍ばせて

わたしのまわりを

気流の渦のごとくに

めぐり続ける想い




プロフェッショナルな

進行係のように

滞りなく あなたの気配も

いつのまにか わたしの傍に

花の香りまで添えて




目を瞑れば 誘いこまれるように

迷宮の彼方に 迷い込み

わたしは 誰?




雲の切れ間より

一筋の ひかり

それは 迷いから 抜け出すための

信じられる 貫かれた

変わらぬ 篤い想い

あなたの とおい声




しあわせは 

さりげなく振舞われる 

ほうじ茶の味に似て

素朴で なつかしい




いつも・・



セイヨウヒイラギ
花言葉 予見、神を信じます 
コメント

おそれはしない・・

2018-12-07 12:26:11 | Weblog


モミ(樅、学名:Abies firma)は、マツ科モミ属の常緑針葉樹である。
日本に自生するモミ属で最も温暖地に分布し、
その北端は秋田県、南端は屋久島に達する。

樹高は40mにも達するものもある。
モミ属全般に樹皮が白っぽい灰色である樹種が多いが、
モミの樹皮はかなり茶色がかっている。

日本に自生するモミ属では最も葉が大きくて硬い。
若枝には軟毛が生える。

葉は細くて固い針状で、先端は二叉して鋭く尖るが、
老木では先の丸まった葉をつける。
球果は10 - 15cmと大柄で、はじめ緑色、10月頃成熟すると灰褐色になる。
成熟すると鱗片が脱落するので、
松かさの様にそのままの姿で落下することはない。
リスなどがその種子を好んで食うので、
樹下に青い鱗片が集まって落ちているのを見ることがよくある。
- ウィキペディアより -






何にでも 行き止まりはある

行きつく所まで 行かねば

見えない 結尾もあれば

遥か彼方の終焉が 予測されることも

目の前にある 終焉に気付かぬことも





行き着く先を

考える時 もうそれは

あなたへの 恋心ではなく

愛への衣替えを終えた

一人歩きできる心の旅立ち




どのような 幕切れになろうと

結尾に 涙を浮かべようと

凝視できる 覚悟

健気な 心の旅立ち




山辺の路傍に はらりと落ちる

朽ち葉のように

人知れず 終焉を迎える

それさえ おそれない強い決意



モミ
花言葉 正直、誠実
コメント

涙とセットで・・

2018-12-06 19:13:56 | Weblog






哀しみは どのようにして

心に 忍び込むのだろう



涙は どうやってつくり出されるのだろう

深く考えたことはないのだけれど



哀しみと 涙は 

いつもセットで 現れて



しばらく 心の そこかしこに

漂って いたずらを繰り返す






楽しさは 心を弾ませるのに

哀しさは 暗い世界に誘い込み



余計な 杞憂を呼び起こし

涙と 握手せよと言う






心のシェルターを

用心深く 準備しようとしても



すべての哀しみの種類に合致する

シェルターなどないので



とりあえず 哀しみを拡散させて

薄めて なんとか 

その場をしのごうとする






歌をうたうとか

映画を見るとか

お気に入りの小説の世界に逃げ込むとか

旅行に出かけるとか

買い物三昧をして発散するとか





突然のように

物理的なアクシデントがおこり



たとえば 何でもないところで

転んだり

どこかへぶつかり 怪我をしたり



なくし物をしたり

どこかへ 大切なものを忘れてきたり



日ごろ言葉にしないことで

誰かを傷つけたり



そんなことたちに 救われて

哀しみを 忘れる時間を持てるから

また 違う明日を 期待できる



サガギク
花言葉 高潔、貞節
コメント

ノスタルジア

2018-12-05 18:16:10 | Weblog





優しい 思いやりは

あるようで無く

無いようである




ぬるま湯のようで

刺激はない

そして いつか冷めてしまうことだけは

定めのように 理解できる




心が傷ついているときには

その優しさだけが 力となって

泥のような 底なし沼のような

得体のしれない ジレンマ と 囚われから

救い出してくれる




懐かしさは

優しさから生まれて

郷愁へと去っていく





この先の人生で 大方を占めるのは

優しさを隠し持つあなたへの

ノスタルジアかもしれない



プリムラ
花言葉 気取らない愛、青春の恋
コメント

あなたに・・

2018-12-04 16:27:23 | Weblog





想いを織り込んだ 

タペストリーを

あなた宛てに 送ります




一針一針に 時々の心の様を
縫いこんだ この世に一枚の
タペストリー



あの時の 哀しい心も

あの時の 無上の喜びも

あの時の 絶望感も

あの時の 喪失感も

あの時の 幸せの予感も



そして

あなたとの 意味のない語らいも




私の心のつぶやきも

包み隠さず 織り込みました。



あなたは 思い出すでしょうか



フクジュソウ
花言葉 幸せを招く
コメント

不安のあとに・・

2018-12-01 18:09:40 | Weblog






突然 眠気に襲われるような

不都合な 時間があるとすれば

気管支の弱さから 咳き込みながら

涙をこぼした あのとき

思いがけない そのわけ





遠い故郷に たどり着き

眼下に広がる 

蛇行する川面のきらめきと

古くからなる 鐘楼に

変わらぬ青銅の 釣鐘を見つけたとき

胸の奥底から むせ返るような

慟哭に似た 涙のかたまり




言い訳が 近頃上手になったと

人知れず 苦笑いの時間を過ごしたあとの

空しい 空白の想いに

決別するべく 踵を返した

細道の 曲がり角




大きな不安 小さな不安

すべてが 折り重なって

小さな胸を 痛めながら

逃げ続ける 人生の坂




それでも 立ち止まり

大きく息を吐いたあとに

今 幸せだと

呟く けなげなわたし



クリスマスローズ
花言葉 私の不安を和らげて、
    慰め、追憶
コメント

何処に・・

2018-11-30 15:00:48 | Weblog


歌を忘れた カナリヤは
後ろの山に すてましょか
いえいえ それはなりませぬ

歌を忘れた カナリヤは
背戸の小藪に うめましょか
いえいえ それはなりませぬ

歌を忘れた カナリヤは
柳のむちで ぶちましょか
いえいえ それはかわいそう

歌を忘れた カナリヤは
象牙の船に 銀の櫂
月夜の海に 浮かべれば
忘れた歌を 思い出す
- 西條八十 作詞 -

* * * * * * *
 



なぜか 心さみしくて

昼下がり しばし

ぼんやりしている




とつぜん

くちびるに 浮かんだ歌




子供のころ 

やりきれない 思いを抱いて

唄った歌




意味をかみしめて

なおさら 

哀しくなった記憶



時を経て 今

より切なき 過ぎし日の

幼き魂の 慟哭

語り合える 友よ いずこ


スイセン
花言葉 自己愛、私のもとへ帰って
コメント

わたしの JOURNEY

2018-11-29 12:58:12 | Weblog





あなたを起点に

始まった わたしのjourney

あてどない 物語は

今日も続く





哀しみにくれる日には

水辺の花によせて

零れる涙のしずくを

そのまま 水に浮かべる





あなたの唄う 恋歌綴り

誰を思って唄うのかと

??な 思いが派生





同様な景色が

広がる行く手には

不安が いとも簡単に

湧き上がる





フィナーレは

予測のつかない 色を帯び

名も無き草花を 道連れに

土埃の陰に 朽ちていく


センリョウ
花言葉 利益、祝福、富、財産、
    恵まれた才能、可憐
コメント

イーブンな仲

2018-11-28 14:29:32 | Weblog





自由でいるあなたを

素敵だと思うくせに

それは わたしからも自由でいることだと

知ってしまったとき

自由なあなたを素敵だとは 思えなくなった





いつも 手の届くところでいて欲しいのに

自由なあなたは

思いのままに

するりと 知らない人になる術を

身につけていて

寂しい思いをするのは わたしだけ





あなたとのかかわりが

公平でないから 嫌なのではなく

知らない人になったあなたを

捜し歩く空しさを

砂を噛むような息苦しさを

嫌だと 

心底 嫌だと思うときがあるから





あるとき 突然

二人のあいだに 後戻りできない

亀裂があることに気付くなんて

耐えられはしないから

嫌なものは嫌だと 先に 言っておきたい





本当に 自由人のあなたが

素敵なのを知っているから

ただ 素敵・・と拍手をおくるだけの

存在ならば

何気なく 暮らせるだろうに・・





もし、 わたしも 自由人でいるならば

気楽だろうけれど

自由人でいることが 好きなのには違いないけれど

二人のあいだで 自由を優先するならば

感度の鈍い 感性が 必要になる





これが イーブン ということだろうか

腑に落ちない 心がうめく



スノードロップ
花言葉 希望、慰め
コメント (2)

心の歩み 遅々として・・

2018-11-27 17:48:36 | Weblog






あなたの胸に 去来する

数々の想念に 思いを馳せ 

庭先の シクラメンの鉢花に

あなたを偲び

冬の便りを運ぶ 風を

うとましく 避けながら

できることなら

あなたの傍に 駆けつけ

手をとり 肩を抱き合い

しばし この瞬間の 

愛おしさを 狂おしさを

分かち合うことを

夢見て ひとり

空の彼方を 仰げば

何かしら ふと 聴こえるのは 

あなたの 心の臓腑の動く音かも・・

それほどまでに 近くに居るとは

想いのほかの 出来事なれば

足元にまつわる 無心の

小犬の 無心の戯れに

頬の緩む想いを これまた

分かち合えればなど、など・・

あなたへの 想いは

なお増すばかりの 

日暮れ時

冬の日の 心の歩み

遅々として・・



シクラメン(ピンク)
花言葉 憧れ、内気
コメント

瑠璃色の涙

2018-11-25 12:21:04 | Weblog



わたしが これまでになく

優しい人になれる時



わたしが これまでになく

新しい未来を 大切に思うとき



あなたの指す 指のかなたの

永遠は 現実の色を持ち



その指先から 不思議な音色が流れ始め

昨日の涙が 瑠璃色なのを教えに

去り遅れた モンシロチョウが

行く手に 水先案内をする

初冬の朝




小さな勇気をもらったわたしの心は

躓かないように

細心の注意をしながら

ふわふわと 

蝶の後を追いかける




儚さゆえに いとおしい

ゆるやかな動きは

わたしの 心に似て

壊れそうなのだけれど




自信たっぷりにもみえる

何故か・・




* * * * * * * *

モンシロチョウの生態は?時期や寿命
4月頃にもっとも多く見られるため春の訪れを告げる蝶の印象が強いですが、
実は11月頃までその姿を見ることができます。
ただそれぞれの個体の寿命は長くなく、成虫の平均寿命は10日ほどしかありません。
卵の期間を含めてもその一生は2ヶ月ほど。儚い命だといえるでしょう。
- Web honcierge より -


マーガレット
花言葉 真実の愛、信頼、
    心に秘めた愛
コメント

長い約束・・

2018-11-24 17:44:36 | Weblog






3ヶ月先の 約束を

スケジュール帳に書き加えて

ホッと一息ついた後





宙に浮いたような感覚に

戸惑っている

一日が とてつもなく長く感じられるから

目を瞑って 時計の針の動きを

思い浮かべてみれど

几帳面な動きはしない

気まぐれに 動いてはとまりまた動く





たった3ヶ月が 待てない人だったとはと

呆れ顔で 指さして 笑おうとする

わたしの中のわたし





長い空白の3ヶ月を

何をして 埋めようか





この時代の迷い人は 

確かなようで 不確かな 

現実を受止める術を知らず

カラオケスタジオで大声を張り上げるのか

それが 平穏を保って暮らす

愚かな 逃げ道なのか





長い空白の3ヶ月を

ジグゾウパズルをして 過ごそうか





明日の夜は 一人カラオケで

声を枯らす わたしがいる・・かも



ポインセチア
花言葉 祝福、幸運を祈る、
    私の心は燃えている
コメント

わたしは自由

2018-11-23 19:08:39 | Weblog






窓から 見える空はせまく

小鳥の声が 稀にきこえるだけで

車の行きかう音と

駐車して ドアを閉める音が

時々





閉鎖された 空間は

牢獄のごとくに

私の動きを 閉じ込める





パソコンの画面だけが

どこでもドアのように

広い世界へと

繋がっている





地図さえ広げれば

わたしの心は

ストリートビューのマジックで

見知らぬ街に 降り立ち

ウインドウショッピングなどする





どの街にも 顔見知りはおらず

声かける人もないけれど

孤高のエトランジェとなって

彷徨うことを

咎められることもない





今日は パリの凱旋門をくぐり

明日は ハワイのアラモアナに遊ぶ






現実に引き戻すのは

心無い 労役を課する

人生の 牢名主か 

牢獄の監視官か





ともあれ

心の自由は 束縛されることはない





人恋しい時には

専用の

どこでもドアがある


シャコバサボテン
花言葉 一時の美、美しい眺め
コメント (3)

恋とは・・

2018-11-22 18:55:54 | Weblog






記憶を辿って 遠い日に 

あなたと すれ違ったかもしれない

偶然のなせる 数奇な運命の出会いを

手繰り寄せて 想いにふける日々





この世は 幾万の運命の糸が

絡み合い せめぎあい

その上 夢の中の出来事のような 

デジャブの 生々しさが

時おり顔を出す





耳を塞ぎ 目を瞑って

口を閉じ

手探りで 歩く歩幅は

狭く ひそかで

強烈な 印象を残すものだけが

確実な記憶となって 胸に残る





優しさの繰り返しが

研ぎ澄ました五感を

やわらかなヴェールで覆い

いつしか あなたの語る遠い日の出来事が

わたしの思い出の一部となり





その日から

優しい人になった私は

笑顔と 含み笑いの声を

持ち味だとでも言うように

時おり クッ クッ と

肩を震わせ 幸せ笑いを隠す





こうして・・

恋は いとも簡単に 

始まることがある
 



エラチオールベゴニア
花言葉 片想い、愛の告白、
    親切、幸福な日々
コメント