宇和島東高校28期の部屋

宇和島のことや身近なことを書いていきます。
同級生の集う場になればいいな・・。

大竹伸朗さんの新作♡

2018年06月06日 | 宇和島

東京出身で宇和島在住(奥さまは、宇東の先輩)、大竹伸朗さんが、

建設中の宇和島市学習交流センターのホールの

緞帳を手掛けられるという嬉しいニュースを少し前に聞いて、

ホントにホントに嬉しかった。

その緞帳って、どんなデザインなんやろね~と話してましたが。

5日の愛媛新聞

その緞帳のデザインモチーフは、赤松遊園地の「覗き岩」なんだとか!!

いや~~ いいわぁ~~~

宇和島在住30年という大竹さん。

子どもの頃から親しみのあるあの場所、大竹さんも好きな場所なんだね~。

うれしいわぁ。

で。この「覗き岩」

熔岩流から出来た岩だということ、大竹さんはご存知かなぁ・・。

32ページ

5-1 泉が森(755.2m) について

33ページ * 泉が森は南伊予の山々の中で唯一火山によって形成された山であって、

その熔岩流は宇和島市民に親しまれている、赤松遊園地の覗き岩や、

対岸の九島に安山岩や礫岩として見ることができる。

と、あります。

大竹さん、ご存じなかったら誰か教えてさしあげてね~。

見方が少し変わるんじゃないかなぁ。

また、「赤松遊園地」は、28期Mさんのご実家であります。(*^_^*)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇和島がハワイになる日

2018年06月01日 | 宇和島

今年も開催されます

このイベントは、何回目になるのかなぁ・・・。

年々パワーアップしているようです。

えひめ丸事故を風化させないとともに、地元を元気にすることが理念だそうな。

一日中楽しめるよ~

我らがさかもっちゃんも、フラダンス踊るよ~。

赤い衣装で、聖子ちゃんの曲でフラだそうです。

宇和島音頭2018  参加者

 1組 神内

 2組

 3組  中村

 4組 兵頭

 5組 秋月

 6組 島田 西村

 7組 我妻 栗木 徳島 宮本

 8組 山口 

 9組 宮本 此下 兵頭

10組 水口 松浦

28期以外  浅井

打ち上げのみ  9組 中川

皆さま、参加表明お願いします。また、周知もお願いします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「そこどこや」特別編 講座①

2018年05月27日 | 宇和島

宇和島市明治150年記念イベントのひとつ、

≪KABASAKI≫  宇和島市歴史資料館が古建築カフェになるというイベント。

面白そうだから、行こうということになり。

どうせなら、市民歴史文化講座 「そこどこや特別編」 講座①の、

『古地図と古写真で歩く、明治の宇和島』 というのに参加してみようということに。

伊達博物館に集合。

伊達博物館のエントランスの足元に、昭和初期の宇和島市の地図が描かれていました。

老若男女のみなさん、めいめい、地図を見て今と昔を確認したりしてました。

本日のイベントは、定員40名。申し込み不要で10時集合、、でした。

定員40名ということで、念のため60部の資料を用意されたそうですが、

なんと、当日集合した市民、約80名。

本日の行程

昭和8年宇和島市街図

昭和26年宇和島市街図

本日の行程中にある場所の、明治、大正、昭和初期のころの写真など満載の資料。

御浜御殿跡

2014年に宇和島藩主御殿の土塀跡が確認されたそうです。

 

鶴島神苑という公園があったという所を過ぎ、

松根東洋城 邸跡  

パークスさんが来航された時、たらふくお酒を飲まれてご機嫌で、

藩主のお家に近い、ここに宿泊されたのだ、との解説あり。

三角公園

なんせ・・定員40名のはずが、倍の80名となり、

後ろの方を歩いて行くと、説明が全く聞こえず・・・。ただのお散歩状態。

ここも、きっと何かいわれがあったのでしょう。

宇和島中町教会

明治20年に、日本宣教師会において「宇和島美以教会」として設置が承認されたそう。

穂積兄弟の生家跡

ゴール地点である「歴史資料館」の建物が「宇和島警察署」として元々建っていた場所を過ぎ。

文豪も愛した木屋旅館

現在は、クールジャパンアンバサダーである外国人支配人が、世界に向けて宇和島を発信しているとのこと。

追手門跡

こ~んなところに、この石碑だけがどすんと!

南予文化会館

昔は、ここに市役所がありました。

花ちゃんと、高校生の時、市役所で選挙人名簿から、ハガキのあて名書きのバイトをした話をしながら・・・。

ほずみ橋は渡らず・・

こちらから見えましたが。

高野長英隠れ家

この道は?

「臨港鉄道予定地」

宇和島の鉄道は、今の宇和島駅が終着ですが。

当初は、港まで続く路線の予定だったそうで、用地も確保していたそう。

ここがその道。

今回、このことが一番の驚きでした。

架け替えする前の、須賀川の位置を教えてもらい、新しい「須賀橋」を渡り、

「見返り橋」を渡ります。

ご存じ、処刑場へ行く人が、ここで宇和島の町を振りかえって見たという、昔は小高い山だったそう。

小学生の頃は、測候所があった「住吉山」の入口を見ながら歩き

 

ついにゴールの樺崎砲台跡着。

 

伊達宗紀、宗城は、高野長英をかくまったり、大村益次郎さんを呼んだりと、ソフト面で力を入れただけでなく、

砲台の設置という藩を守るためのハード面にも注がれたと、講師の方が言われてました。

この講師の方、なんと、大阪ご出身で、宇和島在住10年だとか。

そうとは思えないほど、宇和島愛にあふれた方でした。

島田くんは、終了後も質問などしてました。

 

砲台跡から、歴史資料館を。

解散後。出店が並ぶ通りを・・。

里帰り「杏」の木には、実が!!

歴史資料館

明治17年に、宇和島警察署として建てられた擬洋風建築の建物。

この建物の詳細は  こちら

1階は、宇和島出身の画家、高畠華宵の作品の展示室など。これは普段もあります。

2階は今日は、「明治喫茶」

テラスからは、砲台跡、出店が見えます。

 

さて、ここを後にし、きさいや広場へと。

ここでも、たくさんの出店。

ステージでは、「セビジャーナス祭り」という、フラメンコのイベント。

お腹がすいた私たちは、

先日花ちゃんたちが行って来たという、韓国料理のお店も出店していたので、

 黒米ビビンバ美味しかった

という、日でした。

宇和島の歴史的風景、現在と過去を見つめ、宇和島の偉人について思い、

我々が今あるのも、ご先祖様のおかげだよなぁ・・・などとふと考えた日でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

龍光院お山開き

2018年05月20日 | 宇和島

去年初めて参加したこのお山開きの行事に、今年も。

檀家である島田親分とともに。

受付で、護摩祈祷のお札にお願い事と氏名を書きました。それと、お札とお接待券を購入。計400円。

島田親分は、白装束姿で。

本堂横から、四国八十八箇所と、別格霊場20番までをお参りします。

御札を収めながら、手を合わせて。

さかもっちゃんと、かぁさんの、定年後の目標は、四国八十八箇所めぐりなんですが。

「ここでもいいかも」なんて・・。毎日でも四国八十八箇所巡礼できるよ。

 観音像のある山頂着。

ここで、護摩祈祷  

初めの、和尚さんのご祈祷の言葉は、この南予一円の除災招福はもちろん、

未曾有の出来事である、東日本大震災、熊本大震災の復興への思いも込めらたものでありました。

今年は、私も「家内安全」と書いて奉納(?)しましたので、その木札もこの火の中に。

護摩供養後、和尚さんのお話。

去年もそうでしたが、ほんとにお話上手。感動ものです。

その後、観音様の元へと 

御守りをいただき、また八十八ヶ所お参りの続き

無事、四国八十八ヶ所と別格霊場20番までをお参りし、ゴール。

お接待券と引換に、ご協力檀家さんからのお接待の品々をいただき、

私たちも、本堂で、大師そばをいただきました。

ここ、龍光院に対峙する位置にある宇和島城。

江戸時代初期の元和元年(1615年)に伊達秀宗が初代宇和島藩主として入部した際、

宇和島城の鬼門に当たるこの地に、宇和島藩の安寧と領民の安泰を祈願して建立されたのがこのお寺だそう。

 

宇和島伊達家の治世は、250年続きました。

今年、平成30年は、その治世が終わった、明治元年より150年目という節目にあたるそうです。

明治150年記念ということで、さまざまな記念行事が開催されているようですよ。

伊達博物館でも、「明治150年」記念

平成30年度宇和島市立伊達博物館特集展①

明治、宇和島スピリッツ!~宇和島が生んだHERO~

という展示がおこなわれているようです。

宇和島からは、実は日本を動かした偉大な人物が多数輩出されているんです!

 

そして、来週は、これ

 PDF

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

九島のバラ園まで、、

2018年05月12日 | 宇和島

九島のバラ園 「豊恵園」へ、今年も行ってきました。

13日まで開園予定とのこと。

ウォーキングがてら。 

九島大橋を渡り、すぐ下にあります。

個人のお宅のお庭なのですが。 すばらしいんです。

手づくり(?)展望台からの眺め

 花、花、花、花~

 そして、野菜も~

なんせ、個人のお宅のお庭ですから・・。

素敵な花のようなオバサマたち  

花たちに癒され、また歩いて帰ります。

時刻はお昼過ぎ。 「あこやひめ」でランチと決めていたので、花ちゃんの車で。

だがしか~~し!!臨時休業。

なので、「寿堤夢」で、ランチバイキング。

う~~~ん・・・。ウォーキング、約8000歩後のこのランチ&その後のコーヒーとデザート。

はてさて・・・、ウォーキングは何のためだろうか?

はい、きっと、美味しいものを思い切り食べるためでしょうね。

 

ランチ後、かぁさんのお嫁ちゃんのプレゼント選びに付き合い、お店をまわっていて。

そこで、「あ、やなこさん」と言われました。

え??・だ、誰かな??・・・思い出せない・・・げ、どうしよ・・。

なんと、思い出せないのも無理はない。28期ブログを見てますという方でした。

「まさか、ご本人にお目もじするとは・・」と。

先輩なのか後輩なのかもわからずじまいでしたが。

あ~~~、びっくりしました!!こんなこともあるんだなぁ~~。

ぶろぐ、頑張って続けていこう、と思った瞬間でした。ありがとうございました。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

八つ鹿工房ロビー展

2018年04月24日 | 宇和島

今日は、市役所に提出する書類があったので、

 

その後、ロビー展を覗きました。

お馴染の、陶芸作品も数多く

苔玉や、季節のモノ、お馴染のカエルたち

ディスプレイも、楽しく、雑貨屋さんのよう・・

それらに加わり、いくつものかわいらしいモノも・・・

シーグラスペンダントや

 「水やりのいらないサボテン」

 

 私も購入

水やり不要のはずです。卵の殻の中のサボテンは、石や貝殻などでできてるんですから。

今回、シーボーンアート作品も所狭しと賑やか

「リメ缶」に入った多肉植物もいい感じ

 

ロビー展、27日(金)まで。 ぜひ、覗いてみて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄金のきさいやリングの伝説

2018年04月18日 | 宇和島

いいお天気でしたね

ま、仕事でしたけどね・・・

駅の横の風景は、すっかり工事中。大きなクレーンが稼働中。

またこの辺りの風景が変わってしまいますよ。

で、今日は八幡浜へと。

わらで作られた巨大マンモス

伊予岩城駅    伊予石城駅     からすぐの、田んぼの中にいます

一時、「存続の危機」に瀕したのですが・・・、壊されることもなくなり、よかった、よかった

4月29日に開催される「宇和れんげまつり」での、「日本一のもちつき大会」の準備もはじまってるもよう。

そ~いやぁ~、ゴールデンウィークも近いよねぇ。

あ。私は、今日は仕事だったのよ。写真も、ささささっっっと、撮っただけだからね。

気持ちよくお休みするためには、頑張ってお仕事しなくてはね。

 

さて。今度の日曜日は、『きさいや広場創業9周年記念大感謝祭』 だって。

さまざまな楽しい、美味しいイベント目白押し。

中でも、「 黄金のきさいやリングの伝説 」

輪投げの要領で宇和島のシンボル牛鬼の角にリングを掛けた人が賞金3万円をゲット

という、単純なものなんですが、結構難しいし・・盛り上がるんだよなぁ・・。

1年前、私も「宮本家&神田家ゆかいな法事仲間」で挑戦したのでした。  こちら

けっこう難しいのですが、楽しかったですよ。ぜひ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「つなぐ」 春号

2018年04月12日 | 宇和島

宇和島信用金庫発行、川尻くんの頑張りの成果である・・(^_-) 「つなぐ」春号

花ちゃんにもらいました。

春号も内容ゆたか

そして、そして、小野くんの奥さまのエッセイ

「妄想という名の希望」

現代美術家、大竹伸朗さんのこと。

私は、この「春号」の内で、最も引き込まれたページでした。

東京出身宇和島在住の、世界的に有名な大竹伸朗さん。

私は、直島でのアート作品と、「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」での展覧会を観ただけなのですが・・。

宇和島でも展覧会したらいいのになぁ・・、でもあの作品を展示できる大きなスペースのある会場なんてないよな、

宇和島展覧会したら、「宇和島駅」のネオンサインは、どこにつけるのかな・・

宇和島で「宇和島駅」掲げるって、おもしろいよなぁ・・・

などと思ったのですが。

 

さとみさん 『大竹作品をここ宇和島でぜひ見たい。

もし宇和島に大竹作品があったなら、大竹ミュージアムが出来たなら、

全国から、また海外から人が訪れることでしょう。

さらに、宇和島の美味しい食べ物にも魅せられて、

すっかり宇和島ファンになることでしょう。

作品は膨大な数なので何度でも入れ替え可能。ファンは何度も訪れることでしょう。』

確かに

そうよ、そうじゃないかよ

ミュージアムの屋内展示だけでなくとも、宇和島市内のあちらこちらに・・

屋外展示として、作品を置く。宇和島の風景とともに観てもらう・・

大竹作品を鑑賞する宇和島巡り・・・

いいなぁ

「妄想」しちゃいますよ。  ぜひとも叶ってほしいなぁ。

 

大竹伸朗展丸亀    こちら

直島での作品 など    こちら  と  こちら 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3月も残りわずか・・・・・

2018年03月26日 | 宇和島

桜始めて開く (七十二候 3/26~30)稲作の始まりの時期を知らせる桜の開花。

桜の花とともに田んぼの季節が始まる地方が多い。

 (暦のページより)

今年度も、残り1週間を切りました。

なにかと忙しい時期ですね。もう一頑張りしましょう。

 初モノ

すでにイノシシくんに先取りされてたそうだけど、筍、これから楽しみだねぇ。

 私の闘牛、ついに先週「横綱」に

うわじま健康マイレージ事業「うわじま歩ポ」

歩くと貯まるポイントで、クーポン券や商品券がもらえるんですよ。

自分の闘牛を育てるというお楽しみもあり、今年度、歩く楽しみが増えました。

3月末でリセットされ、4月から新たにスタート。

4月からもがんばるぞー

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜開花宣言・・・してますよ

2018年03月20日 | 宇和島

先週の金曜日。

夕方の全国ニュースで、な、な、なんと!

宇和島のさくら開花宣言のことが!!

測候所無人化に伴い、公に発表されることがなくなった宇和島市ですが、

さくら観測隊によって独自に観測をおこなっているのです。

まさか、全国ニュースで報道されるとは!!

こんなニュースを見たからには、ご飯の支度を中断しても、

標本木のある丸山に向かうであろう・・ワタクシ・・・。

し、しかし。この日の夕方は、仕事を終え買い物をして帰宅後、

ばたっ!!と寝込んでしまったのでありました。

このニュースのこの映像を慌てて撮って、再び寝込む・・

 

というわけで。

やっと本日、丸山へ。

3月16日。 宇和島市のさくら開花致しております。

昨日から雨。 雨に打たれながらも可憐に咲いていました。

職場の駐車場近くの桜の木も、今年もきれいに咲き始めました。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加