泣きながら、撤退同盟

このブログの半分は、薄情でできています。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TTGという会社のやり方

2007-04-13 | 小さな株
さて、
3月はどちら様も決算月
ということで
(うちも計理士がうるさいこと居ます)

手持ちの株券を名変しました。
といっても1つしかないんですが。



この日に買った

(株)TTGホールディングス (JASDAQ:1991)

という会社の株券。


ピカピカで、
硬券10枚あるので
定規がないときには最適!


↑の日に4円で500株
次の最終日に2円で500株買ったので
合わせて3円で1000株持っているわけだけど、

決算日が3/31だもんで
住友信託銀行の名古屋支店まで行って
名変をしました。


で、
今日の話はこの手間隙掛かった立派な紙くずが、
本当に紙くずになる日が近い?!という話。


時系列で話すと、

TTG(1991)、債務超過隠蔽で1億3133万円の課徴金へ、上場廃止も決定:Garbagenews.com

【証券取引等監視委員会】は12月6日、ジャスダックに上場している電気通信設備の工事会社【TTG(1991)】について、有価証券報告書などの虚偽記載があるとして、【金融庁】に対し1億3133万円の課徴金を課すよう勧告を行った(【発表リリース】)。また、これらの有価証券報告書について正しい報告書を提示するよう求める勧告も同時に実施した(【発表リリース】)。

これは有価証券を募集したり売り出しをする際にジャスダックなどに提出し公開する有価証券報告書に、経常損失を隠して水増し計上していただけでなく、資産そのものもかさ上げし、度重なる債務超過を隠していたとするもの。2005年3月期における債務超過の額は約18億5100万円となる。具体的には工事などの外注費を完成時に費用計上せず翌期以降に繰り延べる売上原価の付け替えなどが行われていた。修正前後の会計概要については【こちら(PDF)】となるが、見事に3期連続の債務超過であることが分かる。

証券取引等監視委員会では今後、TTGの監査を担当していた麹町監査法人・監査法人つばきの監査が妥当だったかどうかも検証する方針だという。

これにあわせ【ジャスダック】でも12月6日、TTGの株式を12月7日から整理ポストに移行し、2007年1月7日に上場廃止を行うと発表した(【発表リリース、PDF】)。これは虚偽申告が発覚したことで、実際にはTTGが3決算期間において債務超過の状態であったこと、さらにこの報告は投資者の投資判断を大きく誤らせ、投資家の市場への信頼を著しく損なうと判断し、その影響が大きいとしてのもの。


これで上場廃止になったんだよね。


株式会社TTGホールディングス(旧商号 株式会社TTG)の有価証券届出書等に係る証券取引法違反に対する課徴金納付命令の決定について:金融庁

金融庁は、証券取引等監視委員会から(株)TTGホールディングスに係る有価証券届出書等虚偽記載の調査結果に基づく課徴金納付命令の勧告新しいウィンドウで開きますを受け、平成18年12月6日に審判手続開始の決定を行ったところ、被審人から課徴金に係る証券取引法(以下「法」という。)第178条第1項各号に掲げる事実及び納付すべき課徴金の額を認める旨の答弁書の提出があり、これを受けた審判官から法第185条の6の規定に基づき、課徴金の納付を命ずる旨の決定案が提出されたことから、本日、以下のとおり決定を行った。

1 決定の内容

納付すべき課徴金の額及び納付期限

金1億3133万円  平成19年2月28日(水)


払ったのかしら?



訴訟提起に関するお知らせユニオンホールディングス

SMBCと大和証券がTTGを買えといったから買ったのに
そしたらこんなことになったじゃないかぁ!
という
当然のお怒りの定礎。




で、

当のTTGのホームページ。

新設分割に伴う異議申述の公告(平成19年2月15日)

当社は、平成19年2月15日の臨時株主総会(会社法第319条1項に基づく議決権を行使することができる株主全員の同意)において、会社分割によって新設する株式会社アロートラストシステムズ(住所ry)に対して、当社事業のうち情報システム事業に関する権利義務を継承させることを決議いたしました。
 つきましては、この新設分割に対して異議のある債権者は、本公告掲載の翌日の1ヶ月以内にその旨をお申し出ください。
 なお、当社は平成18年12月25日に設立された会社であり最終事業年度における貸借対照表はございません。

そっか、株券の名変をやってなかったから
そんな連絡来なかったもんなぁ~
(株主全員の同意が有ったらしい)



うん?
「当社は平成18年12月25日に設立された会社であり最終事業年度における貸借対照表はございません。」?

どういうこと?


会社は残っているし、HPも残っている。



ついでに、
yahooの株板の
掲示板も残っていた。
1

株主総会の決議の省略(会社法319条弟1項)ってことですね。
但し、これが成立するのは、株主(当該事項について議決権を行使することができるものに限る。)の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示が必要なんですけど、この辺どうなってるんでしょう。
私は株主でもないので、その辺がどのように行われたのかわかりません。
文面を見ると、株主に対しては、既に議決したことになっていますし、
あくまでも債権者に対しての公告になっていますね。
それも、わざとわかりにくくするかのように、HPのトップでは、更新したことのみで、内容を書かず、「投資家の皆様へ」の中に、債権者に対しての公告を入れるとはどのようなつもりなんでしょう。
やはり一般株主は、切り捨てるつもりなんでしょうかね


2

書面又は電磁的記録により同意の意思表示なんか
した覚えないんですけど...
個人投資家は泣き寝入りですか??



今回のIRはTTGが会社分割するというIRですよね。
一般の個人投資家ってTTGホールディングスの株主でしょう。
だから、TTGには個人投資家なんて居ないじゃないかな。



確かに、見落としていました
これは盲点ですね。
社名が変更された際、当然一般株主は、HPもTTGホールディングスに
対応するものと思い込んでいました

しかし、よくHPを確認すると、これは、
会社概要の中で
  (主な株主) 株式会社TTGホールディングス
と更新されていました

つまり、新会社ように対応が遅れているのではなく、意図的に
株式会社TTGの会社用に摩り替えられていたと見るべきでしょう。
今回も、無意識にTTGホールディングス の公告だと思っていましたが
株式会社TTGのだったわけですね。
確かに、これで何の問題もなく、勝手に新会社の設立も分割もできるように
なっていたんですね

昨年末の会社分割の意味を、あの時、的確に理解できませんでしたが
今回の公告も含め、すべて計画どおりなのでしょう
ここまでくれば、次何をするか大体予測できますが、一般株主の皆さんは
もうどうすることも出来ないのですね。残念ですが・・・




へ?


きょうのおさらい


  1. 2年以上決算の額を水増ししていた。
  2. それが18年12月の上旬に発覚!まずい!
  3. 上場廃止は確定!
  4. 今までの経理処理を持ち株会社とし(存続会社)、今までの実行部隊を新規に立ち上げた会社とすることで、罰金問題と今までの会社運営とを上手く切り抜けることを目的とする。
  5. と、ここで当然会社のHPは、
    今までの会社のHP → 持ち株会社のHP にそのまま移った
    (なぜなら存続会社は持ち株会社の方であり、株式公開しているのも持ち株会社)
    と誰もが思った。
  6. この時点で残っているもの。

      一般株主
        |
        |(投資)
        ↓
    TTGホールディングス(親会社)
        |
        |(100%出資)
        ↓
     株式会社TTG

  7. そこへ㈱TTGが会社の分割を発表。
  8. ㈱TTGは株主全員の同意を得たという。
    (そりゃそうだわ
  9. ところが
    「でも残念ながらホールディングスって子会社の資産処分に関する承認
    はできないんですよ~(と思うけど・・って道筋あんまり話すなと怒られそう・・)」
    らしい
  10. この時点で残っているもの


      一般株主
        |
        |(投資)
        ↓
    TTGホールディングス(親会社)
        |
        |(100%出資)
        ↓
     株式会社TTG
     (現場-実働部隊=空)
        |
        |(100%出資)
        ↓
    ㈱アロートラストシステムズ(実働部隊)

  11. ここで、㈱TTGがアロートラストを売却する。
    名目は、課徴金が払えないでも、給料遅配に対応するでも何でも良い。

  12. 残り物

      一般株主
        |
        |(投資)
        ↓
    TTGホールディングス(親会社)
        |
        |(100%出資)
        ↓
     株式会社TTG
     (現場-実働部隊=空)

    何も生み出すシステムがなくなり、
    このまま会社は父さんか
    若しくはこのまま永久にペーパーカンパニーとして。。。。。。

  13. それも面白そうだけど
    課徴金が1億3133万円もあるので、それが払えず父さん!



という流れがただしいのね。。。。。



会社は興すのも大変だけど
潰すのも色々考えないといけないね。。。。。


あたしゃ3000円であそんだ人間だからいいけど
最高値のときは1500円までつけてたみたいだから、
本気で凍死した人なんて、もう。。。。。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 知らない間に。。。。。。 | トップ | 家に着くまでが旅行の続き。 »

コメントを投稿

小さな株」カテゴリの最新記事