真実の泉 - ディスクロージャー

ホィッスル・ブロウワー・警告の笛を鳴らす人達が伝える世界の真相。私たちには、何が出来るのか?

コーリー・グッドの漫画小説がようやく届きました♪⭐️ブルーエイヴィアンスからの重要なメッセージとは⭐️

2022-04-27 14:55:25 | コーリー・グッド

2年以上前に注文していた本がようやく届きました!本のタイトルがマーベルコミック社の漫画の題名と一部同じであった事で著作権問題で裁判ざたになり本のタイトルを「アセンション・クロニクル(年代記)」に変更したようです。250ページくらいの紙質のよいA4版です。コーリー・グッドの体験記です。www.coreygoode.comで購入できます。
日本ではまだのようですが、アメリカのKIndleでも発売しています。中身を少し見ることが出来ますよ。↓
https://www.amazon.com/Ascension-Chronicles-Richard-Ashley-Hamilton-ebook/dp/B09YQ4LSZR/?asin=B09YQ4LSZR&revisionId=&format=2&depth=1






*****
読み聞かせ動画も出来ました(10分):こちら
(ブログに書いていない「さる100TV」や「真実の泉」のブログを立ち上げた経緯も少し加えています)
*****

コーリー・グッドの証言には、大変感謝しています。

私が「真実の泉」のブログや「さる100TV」のYouTubeチャンネルを始めたのも、コーリーグッドの証言が衝撃的で、こんなことが世界で実際に起きていることを人々に知らせたかったからです。

さる100TVとは、「100匹目の猿現象」をねらったチャンネル名です。コーリーも講演で「100匹目の猿現象」をねらっていると語っていました。

「100匹目の猿現象」とは:(ウィキペディアより)
宮崎県串間市の幸島に棲息するニホンザルの一頭がイモを洗って食べる事を覚え、同行動を取る猿の数が閾値(ワトソンは仮に100匹としている)を超えたときその行動が群れ全体に広がり、さらに場所を隔てた大分県高崎山の猿の群れでも突然この行動が見られるようになったという筋書きであり、このように「ある行動、考えなどが、ある一定数を超えると、これが接触のない同類の仲間にも伝播する」という超常現象の実例とされていた。

ただ真実を知るだけでなく、スピリチュアルな意識を教える要素が入っていた点が翻訳しようと思った重要なポイントです。

もっとコーリーには、このブルーエイヴィアンスからのメッセージを頻繁にかかげてほしいなと思います。このとても大事なメッセージがあまり浸透していないのではないかと懸念しています。

彼は、ラー・ティエール(Ra Tier er)と自分たちの事を呼んでいるブルーエイヴィアンスからメッセンジャーとして選ばれた存在と漫画にも出てきます。
これを伝えることが、彼のメインの使命ではないかと思っています。



人類へのメッセージとは

宗教に関係なく

もっと愛をもって接すること

自分に対して許す必要がある

人をも許して行く必要がある

そうする事によって、カルマのサイクルを止める

日常的に、もっと人への手助けをする必要がある

自分の波動を上げ、意識を高めて行く必要がある

そうすることで、地球の波動を上げることができ、

人類の集合意識の周波数を上げることになる

一人一人がそれをやることだ

身体を神聖な寺院として扱い、

波動の高い食べ物をとることで、それをサポートすることになる




人類には選択権がある。奴隷としてトランスヒューマニズムの世界に行くのか?それともスピリチュアルなアセンションを果たし黄金時代に入ることができるのか?



***********



☆ マータのFaceBook でフォローして頂くと、アップデートが分かります。

https://www.facebook.com/mayet.maat.9



ツイッター:さる100TV マータ @100TV8








***********

インカ・ヒーリングのブログもやっています。

⭐️恐れや不安を手放す方法⭐️
https://blog.goo.ne.jp/apu-medicina/e/44e3f3b30252d328abbb91ae0c4211b7

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ⭐️「ハンター・バイデンの地... | トップ | ⭐️イーロン・マスクがツィッ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コーリー・グッド」カテゴリの最新記事