真実の泉 - ディスクロージャー

ホィッスル・ブロウワー・警告の笛を鳴らす人達が伝える世界の真相。私たちには、何が出来るのか?

分析するとファイザー社のmRNA(偽)ワクチンにはmRNAは含まれておらず、ヒドロゲルが入っていた

2021-07-12 12:12:48 | コロナ&ワクチン問題

コメント欄にいただいた情報を転載します。ミシェル・フィールディングさんが言っていたヒドロゲル(Hydrogel)について、その正体が分かりました。

https://www.henrymakow.com/2021/07/celeste-graphene-could-turn-us-into.html
7月8日付けの動画

FEMAの元アナリスト、セレステ・ソルム(Celeste Solum):グラフェンは人間を想像を絶する生命体に変えてしまいます。

<FEMAとは、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁、Federal Emergency Management Agency>

スペインの研究者らの分析により、ファイザー社のmRNA(偽)ワクチンにはmRNAは含まれておらず、グラフェン・オキサイド(グラフェンをベースにしたヒドロゲル)が主成分であることが判明したと報じられましたが、グラフェンはmRNAよりも危険であることが以下の記事からもわかります。

これまではmRNA(偽)ワクチンのスパイクたんぱく質が接種者の身体だけでなく周囲の人の身体にも悪い影響を与えることで問題視されてきましたが、ファイザー社の偽ワクチンは、実際のところ、mRNAやスパイクたんぱく質ではなく、グラフェンが主成分だった可能性があります。他社の(偽)ワクチンはmRNAが含まれているのかもしれません。スペインの研究者らはファイザー社の(偽)ワクチンを分析しましたが、今後は他社のワクチンも分析する予定かもしれません。その結果、何が含まれているかがはっきりとすると思います。

私の勝手な推測ですが、グローバリストとワクチン・メーカーは、彼等の本当の目的を隠すために、意図的に数種類の偽ワクチンを作ってそれらをCovidワクチンと呼ばせて世界中の人々に接種させているのだと思います。ですから世界中で使われているワクチンにはグラフェンが主成分のものやmRNAのものやその他のものが含まれているのではないでしょうか。

しかしこれらの中で最も恐ろしいのがファイザー社のグラフェン入りの偽ワクチンです。他社の偽ワクチンにもグラフェンが入っているとするなら。。。本当に人類はどうなってしまうのでしょうか。

どうも不思議に思うことがあります。なぜ地球アライアンス、ホワイトハット、Q、軍隊など人類を解放するために戦っているとされる集団は今回の人工削減+人体改造+マインドコントロール用の偽ワクチンを止めようとしないのでしょうか?しかもワクチンの危険性を積極的に訴えるのではなく、ワクチンに関してはだんまりですから。

(マータ:これに関してはミシェル・フィールディングさんの記事をお読み下さい。)

グローバリストたちは、こんな危険な注射を世界中の人々に接種させているのに人類の開放はないでしょう。
mRNAやスパイクたんぱく質よりもはるかに恐ろしいのがグラフェンと言われていますから、今回の偽ワクチン(今のところファイザー社にこの毒物が入っていることがわかったため)は絶対に接種してはなりません!!しかも回を重ねるごとにその影響が増してきます。

(国連や世界経済フォーラムが押し進めている)アジェンダ2030によって、我々の生活の質は完全に破壊され、世界が暗黒郷になってしまうことが予想されます。

グラフェンが含まれているCovidワクチンの接種は我々をコントロールするための手法です。

最悪のシナリオとして、あなた方は、人間から意志のない奴隷ロボットに変換させられてしまうということです・・・・

中略

先日、スペインのアルメニア大学の研究者らがファイザー社のmRNAワクチンを分析した結果、主成分がグラフェン・オキサイド(GBHグラフェンをベースにしたヒドロゲルが注射に含まれている。)でありmRNAは含まれていなかったことが判明したと発表しましたが、そのことを受けて、セレステ・ソルムさんは、「多くの国の政府が国民にCovidワクチンを強制的に接種しているため、今後は恐ろしい状況になるだろう。」と警告しました。

グラフェンとはどのような物質なのか?

グラフェンとは、グラファイト(特殊構造配列の炭素原子から成るナノ材料)の単層型です。

グラフェンはヒドロゲルを作り出すときに使用されますが、免疫を強化するとされるナノ・アジュバンド(抗原性補強材)としても研究されてきました。

現在、グラフェンをベースにしたヒドロゲル(GBH)は様々な目的(汚水処理からバイオセンサー技術まで)のために使用されています。

また、研究者らは、GBHを使って人間の臓器の3Dプリントの開発に取り組んでいます。

世界経済フォーラムの悪名高いビデオ「人々は何も所有せずに幸せを感じるようになる」は、2030年にはこのような状態が世界中に広がっていると予言しています。

世界経済フォーラムは、ツイッター上に「2030年までに我々の世界はこのように変化する」と予言していました。

GBHの使用目的は多種多様です。製薬会社や政府が何の目的でGBHを使用しているのかが明らかになっていない状況は非常に危険です。製薬会社や政府がGBHの使用目的を隠蔽しているということは、よからぬ目的で使用しているからでしょう。

GBHを身体の中に注射されたなら、身体はそれを異物とは認識せずに身体の一部として受け入れますからそれが身体に結合してしまいます。従って、GBHが一旦身体の中に入ると身体から除去することは不可能です。

GBHは身体のあらゆる部分を侵略します。血液脳関門でさえもGBHに交差されてしまいます。

また、GBHは有毒です。毒性レベルは用量、タイプ、暴露経路、純度によっても異なります。
GBHが体内で退化すると、炎症や様々な副反応や副作用を引き起こします。


ヒドロゲル(GBH)が注射される目的とは

GBHを注射された人は病気になり死んでしまう可能性があります。さらに、人間を想像を絶する生命体に転換させるために使用されている可能性もあります。

GBHによって、トランスヒューマニズムが次のステップへ前進するかもしれません。GBHが体内に入ると即座に足場を組み自然界には存在しない特性を持つGBHファイバーのネットワークを構築します。これは自己組織性のヒドロゲルですから、GBHの可能性は無限大に広がっています。

ソルムさんによると、プラスチックや樹脂に使われている有機合成素材を含む分子構造のGBHを使用することで、人間の身体をリビング・ポリマーに作り替えることができます。また、GBHは、そのヒドロゲルのナノ粒子の自己組織性により、人間のDNA、細胞、内臓に取って代わることができます。

その結果、これまでには存在しなかった様々な種類の変異体が作り出されることになります。
GBHは、遺伝子操作で変異体を作るというよりも、生き物の肉体的構造を好きなように変化させるためのチャンスを与えています。まさに、製薬会社(芸術家)がエイリアンのシステムに従属的な人間には似ても似つかない芸術的名作を創作するためのキャンバスに貴方がなるということです。


5Gとの関連性について


全てのデジタル活動を監視し電磁放射線で我々を病気にするためだけに5Gが使用されるのではありません。

GBHと併用することで、5Gは人々の身体を追跡、監視するバイオセンサーとして活用できるようになります。 つまりGBHを注射された人々は、モノのインターネットの接続ポイントになるということです。

さらにGBHとの併用で5Gネットワークによって我々の身体と意識がコントロールされるようになります。

エリートらは5Gを介して我々の行動を徹底的に監視することができるようになるだけでなく、GBHを身体の各部(脳を含む)に侵入させた上で電気伝導性の特質を組み合わせれば、人々の筋肉を萎縮させたり思考に影響を及ぼすことができるようになります。

最悪のシナリオとして、あなたは、人間から意志のない奴隷ロボットに変換させられてしまうということです。

5Gシステムのコントロール下では、GBHはエレクトロスピニングと呼ばれるプロセスで操作が可能になります。そして新しい変異体が生まれてきます。あなたの身体はもはやあなたのものではなくなります。あなたの身体はいつでも変化してしまいます。


結論

mRNAワクチンの副反応とその後に予測される結果は十分に悪いのですが、CovidワクチンにmRNAではなく、グラフェンがベースのヒドロゲルが含まれているなら、今回のスカムデミックの恐ろしさは次元が違います。

あなたはグローバリストらに自分の身体と意識を自主的にささげたいと思っていますか?

偽のCovidワクチンを接種しようと考えている人たちは、上記を自問すべきです。

ソラムさんによると、世界経済フォーラムは今年の末までに食べ物にグラフェンを入れる予定です。

ヒドロゲルがあらゆる物に使用されています。水の浄化にもこのプラスチックのヒドロゲルが使われています。

+++++

これ以外に、今後食品に入れられる可能性があり、自分で食べ物を育てることを彼女は勧めていました。これは数年前から言っていたようです。

転載元
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52066356.html

+++++

7月9日のセレステ・ソルムさんの動画によると:
https://youtu.be/ZSylanFHY0M

グラフェンの第一の目的は、記憶を項目別に区分け処理するシステム機能だ。グラフェンの流動性のあるジェル(ゲル)によって、その記憶を、ニューロモルフィック(神経形態学的)・コンピューティングと接続することが検討されている。







*********

つまり、このワクチン接種で生き残っても完全に支配できるロボット人間を製造する第一段階として、このワクチンが製造されているということです。

ミショル・フィールディングさんが言うように、このヒドロゲルがテスラーヒーリングで使えるように変わっていき、5Gはもう使われなくなることを切に願い、素晴らしい5次元、新地球の到来を想像します!

水面下では、大掃除がかなり進んでいるので、この計画は途中でなくなるとは思いますが、まだ打っていない方は、ワクチンを打たないことをお勧めします。


************



https://www.bitchute.com/video/q7G3ZTQY67Il/

この英国の政治家の方がBBC放送の朝のライブ番組にてうっかり?わざと?言ってしまったこと:

「もう我々は、二回あるいは三回💉した人の方が、コロナウィルスにかかりやすい、あるいはコロナウィルスを保持していることがわかっている」


************

厚生労働省のサイトより
新型コロナワクチン(コミナティ筋注、ファイザー株式会社)接種後死亡事例
令和3年2月 17 日から令和3年5月 30 日までに報告された件数は191名
(今頃は300名を超えているでしょう)

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000790071.pdf





これ以外にも死亡していなくても、後遺症が残っている人達が大勢います。

************

厚生労働省ワクチン相談センターに問い合わせた相談の録音

相談センターも認めていました、このワクチンは、感染予防ではない。
相談者のめいこさん、素晴らしい質問を沢山していました。

https://rumble.com/vjp143-japanese-health-ministry-for-vaccine-safety.html


***********


接種後に後悔している方には、スラミン、松葉茶!(mRNA用ではありますが・・)

https://ameblo.jp/free-soft-free-happy/entry-12680589543.html


*************

真実を知り、目覚めていくのも一つの段階ですが、その次のステップとして、我々がするべきことは、5次元の新地球にアンカーを降ろし、どんな未来に行きたいのかをしっかり想像して、意識をあげていくことで、世界を変えることが出来ます。恐れを手放し、自分を輝かせていくことにフォーカスして行くことです。我々一人一人の力にかかっています。


〜 思いやり、愛ある心を育て、助け合い、波動を高めていきましょう 〜


☆ マータのFaceBook でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。

https://www.facebook.com/mayet.maat.9

私の翻訳を利用して、動画を作成される方は、私に了解を得て下さい。


ツイッター:さる100TV マータ @100TV8


*************

日々自分を癒し、波動を高める方法を紹介しています。
誰でもヒーリングは必要です。日々チャクラの浄化=ヒーリングすると当然、波動は上がります。


⭐️〜覚醒への準備〜
インカのヒーリング法のブログはこちら↓

https://blog.goo.ne.jp/apu-medicina


⭐️マータの誘導瞑想のYouTubeチャンネルはこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCfIn4sG6HPK7u5E4ZqZDkUw?view_as=subscriber


*******

宇宙と共鳴して、自分の意志に目覚めるシンギングボウルのGの音の音楽

1.https://youtu.be/-eZKO7vFh4M

2.https://youtu.be/AE_r823yyBA

3.https://youtu.be/502jtbzs8LU









←波動を上げる要素    波動を下げる要素




コメント (7)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« トランプがFaceBook,Twitter... | トップ | 7月5日のリーディング ☆世界... »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-07-12 21:46:19
ヒドロゲルでググってみたら、
www.kansai-u.ac.jp/ku-smart/research/research01/research01_004.html
> そこで、からだにやさしい素材の代表例である紐状のポリエチレングリコールの両末端に、
> Gをたった四文字だけ並べてみると、NaイオンやKイオンを加えた瞬間に固まるゲル材料ができたのです。

なんかどこかのワクチンで使われてそうな構造ですねぇ、生理食塩水で希釈するからNaを確保できるし。
あと、この構造に封入しているものがmRNA以外にもありそうだし。
Unknown (Unknown)
2021-07-13 08:57:45
転載元の方が書いているように、ファイ座のはヒドロゲルかもしれませんが、他社はmRNAや色々なものも淹れているでしょうし、何でも入っていそう。

ミシェルさんの言う事も一つの見方でしょうが、今は誰の言うことも信じられないし、薬品の安全性に対して盲信は危険だと思います。打たないのが基本。各自が免疫力を下げないのが一番ですね、
Unknown (Unknown)
2021-07-13 10:18:58
これに関してミシェルの見解が気になります
Unknown (Unknown)
2021-07-13 15:18:30
とっても楽しく読ませていただいているサイトです。
しかし、陰謀論者の妄想は果てしなくて笑っちゃいますね。
自分の都合の良い解釈ばかりで、一切の学術的な論文や証拠を挙げることができないのはちょっと情けないですね。
国内でワクチン接種後に500人亡くなったとしても、打っても打たなくても亡くなる確率割合かそれ以下ですよね。年間140万人亡くなっているんですから。
Unknown (Unknown)
2021-07-13 17:02:21
ヒドロゲルって、要は寒天の仲間なんだよね。
PEGも造影剤や下部内視鏡検査で使ってますし。
結局、「DHMOを接種した人は必ず死にます」詐欺と基本的に同じなんだよ。

ただ、PEGの中にあるのはリスクが高いものなのは確か。
mRNAが作るタンパク質は新型コロナのスパイク蛋白で合成量の制限はしてないし、他に含まれている物質も全て公開されている保障がない。
生物学が苦手でない人やはたらく細胞が好きな人なら解るはずだが、mRNAが作ったスパイク蛋白(これができないと抗体もできない)は静脈経由で全身に周り、ACE2受容体がある細胞に進入して入り込まれた細胞は白血球に殺され分解される。
入り込む細胞で一番手軽なのは血管の内膜や血小板で、動脈硬化を起こしていると血管の内膜に入り込んだコレステロールが露出して血栓として飛んでいったり、血小板が重合して血栓になったり、血小板が足りなくて血管が裂けるのを停められなくて出血が止まらなくなるわけだ。
これがワクチン接種後に脳心臓血管系の死者がでている要因の一つなので、厚労省も嘘をついてるってこと。
政治家は厚労省の嘘を見抜ける人材はほとんどいないし、金で買収も簡単。

最後に、信じるか信じないかはあなた次第です。
Unknown (Unknown)
2021-07-13 17:21:35
グラフェンから成るヒドロゲルは全くの別物です
寒天にこういう芸当はできません
https://wired.jp/2013/05/30/light-controlled-hydrogel/
Unknown (ぱいなっぷる)
2021-07-14 23:28:59
色々な動画のご紹介、いつもありがとうございます。
何が本当かを検討する、良い訓練になります。
それにしても枠に関する内容になると、コメント欄にも
気持ちの悪い人が湧いてきますね。
それだけでも、これは打たないに限る、という暗示。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コロナ&ワクチン問題」カテゴリの最新記事