所沢バスティン研究会

ピアノメソード「バスティン」を勉強し指導者の親睦を深める、
所沢バスティン研究会のお知らせ(とこけん)ブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

7月定例会 自分と生徒はどのタイプ?

2014年07月30日 | 活動報告

7月定例会の始まりは、前回の藤原先生講座の感想発表会から。


そもそも、この所沢バスティン研究会発足の始まりは、藤原先生の講座がきっかけですので。
ある意味、原点を思い出す会員先生も多かったようです。

藤原先生の生徒への言葉かけが素敵♪
実践しているつもりでも見落としていることもあるので実践しなくっちゃ。
何度も講座を聞いているけれど、毎回進化している

等々、会員の反省点や今後へ活用など、意見交換しました。


そして、コーチング資格を持つ会員の先生による、タイプ別指導を考えるコーナー(笑)

まずは自己分析から。
4つのタイプのうち、自分はどのタイプに属するのかのテスト。
これがまた、2つのタイプを併せ持っていたり、意外な結果が出たりして
盛り上がりました♪

そして、そのタイプ別にアプローチを変えることで、指導へ活かしてみよう!というのが
目的だったりします。

今年は実践研究が大きなテーマですので、今後の研究会では
このタイプ別に先生役、生徒役のチームを作って。
パーティーAの模擬レッスンをやってみたいと思います。

こんな場面で困った!こういう生徒さんへはどんな対応しているの?等々
レッスン現場での悩みを共有し、対応の知恵をいただく。
そんな研究になったら楽しいな~と思っています。

チーム分け、内容などは、また追って連絡しますね。


さてさて、次回の定例会ではどんな実例が出てくるのか・・・楽しみです♪

コメント