laggards watch diary

時計と仮想通貨生活

グッチ チェンジベゼル

2018-08-28 17:46:24 | 日記


オールドグッチと言われたり。
懐かしいチェンジベゼルの
グッチ。



今でも人気がありますな。
若い子の腕には何でも似合うけどね笑
コメント

SEIKO シルバーウエーブ 四角

2018-08-26 15:45:44 | 日記


地元の商店街で20年以上前に購入した、
シルバーウエーブである。

いまなお、現役であるが、
商店街の時計屋は、とっくに
潰れている。

昔々は、商店街でも、
お宝時計に出会えたもんだ。

CMWの看板を掲げた、
あの古き良き時計屋。
たくさん色々教えてもらったもんだ。
コメント

リサイクルショップ戦利品とおススメお宝さがし

2018-08-24 16:41:57 | リサイクルショップ巡り


パンツ2本で500円。
やめられないリサイクルショップ巡り。。

ポイントはやはり定期的に通うことだが、
お店選び大事な気がする。

大手リサイクル店は高いので、
マイナーなリサイクルショップが
やはりオススメですな。

まずは地元のリサイクルショップを
ロケスマアプリで
検索されてみてはいかがでしょう。
人生に楽しみが増えます笑
コメント

リサイクルショップの掘り出し物

2018-08-20 15:56:16 | リサイクルショップ巡り

恒例のリサイクルショップへ。
まだまだ暑い日が続くが、
お盆明けでショップも
また色々出してくる。

Tシャツ100円コーナーにて
こやつを。



古着スヌーピー では
定番のARTEX。

なんだけど、あまり見ないタグ。
ググッてもよくわからない。。



色味がやっぱり良いUSAモノ。
アメカジは卒業したいが、
まだまだ抜けられそうにないな笑
コメント

ノモス青年の笑顔

2018-08-19 12:45:03 | 日記
久しぶりにノモスを引っ張りだしてみる。


20年近く前にノモスを知り合いの、
時計好きオヤジに勧められ購入した
古いタンジェントである。

当時10万前後にして、本格的な
手巻き時計として、時計好きオヤジに
熱い視線を浴びたノモス。

オヤジ達は、エタベースでありながら、
ブラッシュアップした機械を喜び、
まだまだ時計ベルトにしては珍しかった
コードヴァンベルトを誇らしく語ったものである。



ノモスが10万、ユンハンスが3万で購入できた
昔話である。
当時、ベルトはトモネジで自分で外すのが
困難かつ、コードヴァンはカチカチで硬かった時代である。シンプルな機械が耐久性を生み、
今なお、現役で活躍している。

数年前にバーゼル行き、ノモスのブースに行ったことがある。ちょうど、カラータンジェントが発売された年である。
白い建物にひっそりと区画内にあるノモスブースは、いかにもらしいブースだった。
ロレックスやモバード やパティックの華やかなブースは対照的なイメージであった。

新製品の説明をしてくれた、ノモスのウォッチメーカーは物静かな時計が大好きな雰囲気の青年だった。

バーゼル会場の外で偶然にまた出会った時の
にこやかな笑顔は今でも忘れられない。

ノモスはそんな青年が組み立てた時計なんだと、
嬉しく思ったことを思い出した。
コメント