TAKE ACTION +1 ブログTAKE ACTION FOUNDATIONの日々の活動をみなさまにお伝えするブログですTAKE ACTION FOUNDATION公式ブログ
ニュース / 2009-11-02 12:34:39


11月1日(日)
沖縄コカ・コーラボトラーズ株式会社と日本コカ・コーラ株式会社が
次世代を担う子どもたちを対象に行った環境教育プログラムの2009コカ・コーラ「森に学ぼう」。

沖縄県国頭郡大宜味村にある大保ダム建設予定地で行われた記念植樹には
TAKE ACTION F.C.から
中田選手はじめ、澤登選手、阿部選手、前田選手、氏家選手が参加しました。

参加した沖縄の子どもたちと一緒に選手が植樹したこの木は、
「TAKE ACTIONの木」として育っていきます。

この「TAKE ACTIONの木」が大きく育ち、
そしてゆくゆくは未来の地球を守っていくという
大切な役目を担う木となっていきます。
(ちょっとおおげさかもしれないけど・・・・)

写真は阿部選手と氏家選手が地元中学生と植樹したツバキの木です。
この記念植樹で植えられた木には、名札がつけられるそうです。

今現在は、建設中でダムの敷地内中に入ることはできませんが、
ダムが完成したあかつきには開放されるとのこと。

大保ダムが一般開放された際には、
こちらのブログでもお知らせしたいと思いますので、
ぜひ「TAKE ACTIONの木」を見にいってくださいね。

↓イベントのニュースリリースはこちら↓
http://www.takeactionfoundation.net/news/2009/107.html





















コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


ニュース / 2009-07-31 23:15:21
一般財団法人TAKE ACTION FOUNDATION(代表理事:中田英寿)は、かつて中田が在籍していた湘南ベルマーレ(http://www.bellmare.co.jp/)、及びJICA(国際協力機構)(http://www.jica.go.jp/)の協力のもと、サッカーボールを世界のこども達に送る活動を開始します。

以前より使用済みのサッカーボールを活用できないかとのお問い合わせを多くの皆様より頂いておりましたが、今般、湘南ベルマーレと、JICA(国際協力機構)「世界の笑顔のために」プロジェクト協力の元、ベナン、カメルーン、ウルグアイの小学校や地域の青少年サッカーチームにサッカーボールを配布する至りとなりました。 

モノのあふれる日本では、まだまだ使用できるボールが処分されております。一方で、途上国では新聞紙やゴミ袋を丸めて作ったボールでサッカーを行っていたり、ボールを持っている学校が僅かであることから、現地の小学校の大部分では、体育の授業で球技を行うことが困難であるのが現状です。

サッカーは上記各国でも最も人気のあるスポーツであることから、こどもたちの学習意欲の更なる喚起にもつながり、チームワークの大切さを学ぶことによる情操的教育効果も期待できます。

また、以下にあるように使用済みサッカーボールの回収を行っております。 皆様の周りにある使わなくなったボールをこの機会に是非ご提供頂きます様お願い致します。

【受付場所】  
・平塚競技場 スタジアム各入場ゲート

【対象試合】
●8月5日(水) 19:00 vs水戸ホーリーホック @平塚競技場
●8月9日(日) 19:00 vsサガン鳥栖 @平塚競技場

【その他】  
●8/5~9/2の期間中、馬入ふれあい公園サッカー場(神奈川県平塚市中堂246-1)でもボールの受付をしております。

●表面が著しく劣化しているボールはお受けしかねますのでご了承下さい。

● 湘南ベルマーレでは2003年より使用済みのサッカーボールを配布するプロジェクトを行っており、8月23日、9月2日の試合時も平塚競技場にてボールの回収を行っておりますが、TAKE ACTION FOUNDATION、JICAを通じたボール配布は上記の2試合、及び8月9日までに馬入ふれあい公園サッカー場にて回収されたボールが対象となります。

●TAKE ACTION FOUNDATIONではボール回収を行っておりませんのでご了承下さい。

こちらの進捗報告は随時オフィシャルウェブサイトにて報告いたします。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


ニュース / 2009-07-14 00:06:16
私の記憶が確かならば47位。
それが高知県の順位でした。

ところが。。。



この数週間の内になんと1位に!!!!
しかもこれまで不動の1位であった島根県に大差をつけて

いったい何がおこったのか高知県のトラックバックを確認したところ
多数の熱いトラックバックがついておりました。ありがとうございます。

2位の島根県以下の3位~10位のランキングも
1ヶ月前とは大分変化しております。

果たして島根県が1位を取り戻すのか、
はたまた新たな有力都道府県が現れるのか、
そんなL.A.F. MAPの動向に目が離せません。


現在、TAKE ACTION FOUNDATIONでは「LIFE AFTER FOOTBALL」の開催立候補団体のエントリーを受付おります。詳しい情報はこちらをご確認ください。


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


ニュース / 2009-06-23 20:23:01
6月4日に日本テレビ「NEWS ZERO」にてオンエアされた、TAKE ACTION!2008蚊帳配布プロジェクトの模様が同番組ウェブサイトにて動画配信をしております。

みなさんご覧頂けましたでしょうか?
http://www1.ntv.co.jp/zero/nakata/

HPにて既に発表させて頂きましたが、現地では蚊帳の配布キャンペーンのローンチがユニセフと現地の保健省によって行われました。 昨年からのTAKE ACTIONの活動の結果は、36,500張以上の家族用蚊帳となり 単純計算すると12万以上の人々をマラリアから守る事になります。

これは昨年から応援してくださっている協賛企業の皆様、試合に参加してくださった選手の皆様、チャリティガラに出席してくださった皆様、プロジェクトに協力を頂いたユニセフのスタッフの皆様。。。そして何よりも、これを読んで下さっている、応援してくださっている皆様がいたからこそ実現できた結果です。

このプロジェクトに関わった、皆様全員の『なにかできること、ひとつ。』がパズルのピースのようにピタッとはまり、この大きな結果が生まれたのだと感じました。  この写真のこども達の笑顔は、「あなた」が作っています。 

これからもこの笑顔が続くよう、財団も楽しく参加できる仕組みづくりをしていけるよう頑張りますので、どうかこれからも応援の程よろしくお願いします! さて、コンゴでは伝染病やこどもの生存に関わる問題以外にも多くの問題があります。 


日本にいると、アフリカは地球の裏側にあり、遠い国、彼らの問題も自分達とは関係ないと思いがちです。 しかし、少しだけでも調べてみてください。 まずは知ってみてください。 例えば、資源豊かなコンゴでは、その資源争いで内戦が長くに及び、400万人、いや500万人以上が犠牲になったともいわれています。 

そしてその「資源」のひとつとして、ノート型パソコンや携帯、ビデオゲームのコンデサーに使用されるタンタルというメタルがあります。 日本は中国やカナダ、オーストラリア、そしてアメリカから輸入をしているそうですが、コンゴから不正に輸出され、アメリカやヨーロッパに渡り、日本に輸入されているケースもあるそうです。 毎日の生活で必要とされているパソコンや携帯。 

自分達の生活の一部が、実は遠い国の人達に大きな影響を与えていることがあります。 ある人道支援団体の方が言っていました。「ヨーロッパやアジアのこども達がテレビゲームで人を殺すために、コンゴのこども達は殺されている。」 今回の旅で、様々な問題を目の前に、「自分は一体何ができるのだろう?」と考えさせられました。

コンゴ内戦に関してこのブログで全てを語るには、恐縮ながら私はまだまだ勉強が足りません。 これが読んで下さっている皆さんにとって、「コンゴ民主共和国」についてもっと知り、考えるキッカケになれば、と思います。

これからも財団のスタッフとして、自身も知る努力をし、考え、「なにかできること、ひとつ。」を見つけて行きたいと思います。

貧困、内戦、環境問題、保健衛生問題。。。そしてこども達。
この旅では多くの陰も光も見ました。

しかし、帰国して脳裏に浮かぶのはあのこども達の笑顔。
この光の部分に大きな希望と可能性を感じました。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


ニュース / 2009-06-17 09:50:01
「+1 CLICK ACTION(クリックアクション)」は、TAKE ACTION FOUNDATION公式サイト内の専用ページを訪れた人の"クリック"が、そのまま社会貢献活動に参加することに繋がっているというプログラムを、TAKE ACTIONFOUNDATIONとその活動に賛同していただいた企業や団体とともに実施していくプロジェクトです。

記念すべき第1回目は株式会社東芝と協力し、ケニアの子供たちに10万食の学校給食を届ける支援プログラムを実施。1クリック⇒1食分の給食支援とし、計10万食分の食糧支援=10万クリックを目指して6月17日(水)よりスタートいたしました。

また、この「+1クリックアクション」を楽しんで参加していただくための特典として12月17日にザ・リッツカールトン東京にて行われる「TAKE ACTION FOUNDATION 2009年活動報告会」に抽選で10名様をご招待いたします!

代表理事である中田英寿は「今までのプロジェクトは先日のTAKE ACTION in甲府のように、開催場所まで足を運んでくれた人しか参加できないプロジェクトが中心でした。今回の+1クリックアクションは東芝さんの協力もあり、インターネットが繋がれば誰でも参加、より多くの人が楽しめる仕組みになっています。多くの人の参加を期待しています。」と期待を寄せています。
みなさま奮って"毎日"ご参加ください!

※クリックは1日1回に限らせていただきます。
※参加者の金銭負担はございません。
※インターネットケータイを除く携帯電話は未対応

「+1 CLICK ACTION(クリックアクション)」
http://1clicktakeactionfoundation.net

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ