いつかロングステイ!⇒ 今マレーシア

2013年1月から、クアラルンプール暮らし(MM2H)。
それまでの神奈川生活、移住候補地への旅行。マレーシアの海。

シェラトン28FのBar Altitudeへ

2018-03-31 10:46:26 | 3月 ベトナム(ニャチャン)
この景色をぜひ見てみたくて来てみたAltitude。
シェラトン ニャチャン 28F。


6:00pm前に行ったら、よくお客さんが入っていて
各テーブル楽しそうな雰囲気

自分は75@28という赤いカクテル。
ラズベリーウォッカ、ミント入り。美味しい♪


5:00pm-7:00pmはHappy Hour。選ばれた飲物がBuy1 Free1。
一つ注文したら、もう一つ同じ飲物がタダ。
(と言ってたような。英語なので理解できたか怪しいけど。)

気が利くウエイトレスさんが
「二杯目をお持ちしましょうか?」と言ってくれたのだけど、
二人ともそんなに飲めなかったから、一杯ずつで終わりに。
十分ゆっくり楽しませていただきました



二人分トータルで323,400VND≒1,500円でした。
これなら、寄らない手はないですね


コメント

ニャチャン 海

2018-03-29 18:11:54 | 3月 ベトナム(ニャチャン)
15:00、ホテルにチェックインしたら、水着でホテル前の海へ。


水は茶色の波だけど、ベッドで横になっていると風がいい。
サングラスが欲しい。でも、そんなに日は射してないけど。


「ベトナムだから、道路渡るの大変そう」と
構えて来たからか、思ったより簡単で拍子抜け。

ニャチャンのTrang Phu St.は
横断歩道もマメな間隔で書いてあるし、
高さと広さが確保された中央分離帯
一旦待てるようになってるから、親切だわ



コメント

ニャチャンで有名な、ルイジアナ ブリューハウス

2018-03-27 16:12:00 | 3月 ベトナム(ニャチャン)
Luisiane Brewhouseまで「歩かないで到着出来て良かったなー
と、テーブルに着いて、目に飛び込んできた光景がこれ。
「うわ、綺麗ー。」


レストランなのに、ホテル内のプールサイドダイニングのよう
向こうに海も。最初から、心を掴まれてます。
座っている所は、屋根付きで日陰なので快適。

注文しておいて、ちょっと敷地内を見学。
プール、いいなぁ。
サンベッドもプール周囲に豊富にありました。
騒ぐような人もいなくて、大人な雰囲気。


プールを過ぎて海岸に出ると、
浜辺にもルイジアナ専用のサンベッドが。



まだチェックイン前なので、赤くなっても恥ずかしいから
Luisiane Witbierは2人で1杯。とっても美味しい


カキ、上にチーズがとろけてるけど、中の身は生のような感じで
磯の味がスルッと口に入ってきました。一番印象的だったのがカキ


えびとグリーンマスタードリーブスのスープ。
エビも葉もたっぷり入って、あっさりながら
過不足ない塩味で頼んで良かった。


一軒目から、海辺の町ニャチャンを体験できるお店でした
コメント

Cam Ranh空港から市内に到着(ニャチャン)

2018-03-25 21:52:57 | 3月 ベトナム(ニャチャン)
Cam Ranh空港からニャチャン市内へは、
バスを利用しました(50,000VND/人≒230円)。
検索したら、詳しく書いてくれていた方々がいて助かりました

情報通り、空港を出てすぐのチケットカウンターで買って、
そこから見えるバスでした。


ちょうど満席になったところだったので、
次の、隣に停まっているバスに乗るように言われ、
出るまであいにく最長の30分待ち
ま、でも二人並んで座れたから、
前の回にギリギリ離れて座れるよりは良かった


乗って待っていたら、1人1本、ボトルのお水をいただけました。
バスに乗ってきたのは、ほとんどがベトナム人で
乗り慣れている人のようでした。

担当者のお姉さんがバス入口で仕切ってくれていたので
バスに乗り込む前に行き先を言えて安心でした
走り出して、バス内で一人一人に行き先を尋ねていた時にも
再確認してくれたので、かなり心強かったです。
(左のお姉さんが同乗でした。)



Star City Hotel辺りにはバス停があるらしいとの情報があったので
行き先は「Star City Hotel」にして、そこで降りて
「ルイジアナ ブリューハウス」へ行く予定です。
まだ自分の泊まるホテルで降りても、チェックイン時間まで
入れないから、遅めのランチをしてようと思って


近付いてきたら、ルイジアナ ブリューハウスが見えました。
建物を通り過ぎたすぐの所にバス停もありました


ちょうど誰か降りるらしくドアが開いたので
「ここでOK。私達も降りるね。」って言ったら、
お姉さんが「まだだよ。」ってちゃんと教えてくれました。
「ルイジアナ ブリューハウスに寄ってくね。ありがとう。」と
言ってお別れ。
全員分、行き先をしっかりメモして、責任感のあるお姉さんでした


早速、道路からも海が見え、気分が上がります
さて、ニャチャンで初の食事へ行ってみよう。
コメント

ニャチャン(ベトナム)2泊3日

2018-03-24 16:56:27 | 3月 ベトナム(ニャチャン)
今週、ニャチャン(Nha Trang)へ行ってきました。

前回の旅先チェンマイでは、街歩きがメインでよく動いたので
今回は「海とプールでのんびりして、魚介でも食べて。」という
リラックス旅行にしたいと二人の意見が一致。



夫が調べたら、ちょうど乾季がスタートする
ベトナム ニャチャンがありました。
3~8月頃が乾季だそうです。

ニャチャンは行く前に写真で見たら
海岸線にヤシの木、背の高いホテルが並び、
ベトナムのハワイかと思いました
行ってみても、期待通りで綺麗です。


Air Asiaが、KLIA2⇔Cam Ranh空港(ニャチャン)便を
昨年9月に就航させたばかりです
KLからの飛行は2時間15分前後で、手軽な海外旅行先ですね!

朝早くに飛んだので、一日目から
「こんなに一日って長いんだ?」と充実度に驚き。
2泊3日でも、全然違う環境に浸れて
十分満足できる日程でした


コメント (2)

ミッドバレーメガモールへおでかけ

2018-03-18 17:17:04 | KL暮らし中
このところ、お昼に出ていくと日差しが強いです
夕方あたりには雷が鳴ったり、雨が降ることもあるKLです。


久しぶりにMid Valleyに行ってきました。
ここに行くには全く歩かないので、
日差しが暑くても関係ありません。
Grab Carでdoor to doorだから、楽チン

ミッドバレーの中にいると、
外が晴れでも雨でも全然関係ないですね。
照明も、映画館の階とか暗めだから、
何時かも分からないで歩いちゃってます。


それにしても、まあ!広い
広いのは承知の上で来てるのだけど、
半年や1年に一度くらいしか行かないから
毎回言ってしまいます。


滅多に行かない場所なので、ちょっと奮発して
少し前に出来た星乃珈琲にも寄ってきました
小さな席ごとに個室みたいに仕切られてるのが
正に日本ぽかったです。

パエリアは出汁の味も、何の味もしない色付きご飯って
感じで「一人で来て、この1品だけ注文してたら
味が足りなくて食べ続けるのは難しい。」と思いましたが、
ペスカトーレとコーヒー、美味しかったです
具の質はどっちもちょっとセコいかな。値段の割にね。



あとは、気に入るサンダルが見つかったので
買って帰ってきました
またしばらくしたら、行ってみよう
コメント

Kanjanaで北タイ料理 (チェンマイ)

2018-03-07 20:56:58 | 2月 タイ(チェンマイ)
Kanjanaという、ちょっと裏通りの
カジュアルなお店に行きました
tripadvisorで見てなかったら、
通りがかりもしなかっただろう場所でした

夜、閉店近くに訪問しました。
食べてる途中にCloseの札を出したので
お隣に新しいお客さんが来なくて良かったです。


チェンマイの名物、カオソーイ。クリーミーな感じ。
具材はえびを選択しました。
ほとんどのお料理について、具はビーフとかチキンとか
明記されて、選択制なのがいいですね

ココナッツ入りのカレー風味で、
ぬるくなくてよかったです。上の揚げてあるのも美味しい。

グラスヌードルはにんにくが効いてました。
両方、技ありでした。



美味しかったから、次の日のお昼にも訪問。
北タイセットも正解でした。
トマトポークディップやポークソーセージ、もち米、
蒸し野菜と、バランスもよく、満足。

このセット、「ラオスのルアンパバーンでも見たぞ。」と
思いました。
ルアンパバーンにもカオソーイという名前の麺もあったし。
あちらのカオソーイはトマト味で豚肉トッピング、
サラッとした汁物の麺です。

チェンマイがラーンナー王国の首都だった時、一時
北西ラオスも支配下に置いたことがあるらしいから、
「食も影響したのかなー。」と思いました。
(1548年にラーンナー王国のセーターティラート王が
ラーンサーン王国の王にもなった。)

Kanjana、お客さんがいっぱいなので、
座る席によっては相席かと思うほどお隣と近くて
目のやり場に困ってしまいますが
行って良かったお店です。
コメント

チェンマイ お寺

2018-03-05 18:51:21 | 2月 タイ(チェンマイ)
2月上旬チェンマイ5泊6日 の続き



チェンマイにはお寺が沢山ありました。
他の場所だったら、1300年代建立のお寺なんていったら
一つ存在するだけでも名所になりそうです。

が、チェンマイだと普通にあるので
お寺を見ても「うん、お寺だね。」と
麻痺してきてしまうくらいです。


お寺の敷地内や、お寺前でマーケットも開いてたり。
生活の中に自然に溶け込んでるのが印象的でした。


中の見学には、もちろん靴を脱いで上がります。

鳩のフンや小さな羽でも落ちているのが気になる自分には
宗教施設に上がるのは極力避けたい作業です。

お寺見学はそんな理由で落ち着いてできなかったけれど
フラワーフェスティバルや、ご飯を食べる楽しみが
あったので、良かったです
コメント

うちのインフルエンザ

2018-03-02 15:20:06 | KL暮らし中
我が家のインフルエンザA型がついに終わった。

思い返せば、あれは中華正月始まり頃。
大晦日から7連チャンで毎晩、外に散歩に出ていた

ジャランアローは毎日観光客で賑わい、
ブキッビンタンのガジは普段以上にいた
人の多い時期だった。


人混みで菌をもらってきたのだろう。
うちは、ハリラヤや中華正月とかの雰囲気に
つい浮かれて出ていくのが欠点だ。

せっかく外国にいるから、
今を見ておきたくなってしまうんだ。


それにしても、夫が先にかかるとは。私、たくましい
「キター!夫、発熱。」とか思ってたら39℃越えが
2日間で2回も来て、真っ赤で熱そうで可哀想だった。

夫がかかったのには、他にも理由があると思っている。
パソコンのやり過ぎだ

次の旅行地を決めようと、調べに夢中になりすぎた。
肩バンバン。肩こりが頭痛の引き金になったと思う。

頑張った甲斐あって旅行は予約済

しかし、直後に発熱
「旅行までにうまくいけば治るかも。」と思ったけれど
私にうつして治ってったたくましい私でも抗えなかったか。

残念だけど、私に治す時間はなかったよ。
旅行代、病院代はトホホである。

何はともあれ、二人の熱かったインフルエンザと中華正月が終わった。
普通に歩ける幸せをかみしめている。
今日は元宵節。盛大だろうけど、外へは行かないぞ。
コメント (2)