ずうとるび~とるず

最新のマニア的社会問題と趣味の紹介

(このblog内で掲載されている画像等の無断転載、転用は禁止しています)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

V作戦

2011-10-17 | ガンダム


秋の夜長といいますが、最近はあっという間に暗くなってきてだいぶ日が短くなってきました。
直ぐに暗くなってしまうのはなんとなく憂鬱ですね。

さて、AGE第2話を見た感想をちょっと。
…あの子はティファです。間違いなくティファです。
で、戦艦を乗っ取った人はジャミルです。
やはり、ガンダムにはあの手の特殊能力を持っているキャラクターは必須なんですね…。
それにしても、ガンダムAGE-1ノーマルが使用したライフルの製造過程は突っ込みどころありますが
まぁ~、その辺は多方面でやってくれるでしょう。
その出力はまさにバスターライフルですね♪

ってことで、今回のお題は
「バンプレスト スペシャルクリエイティブモデル ガンダム&ガンキャノン」です。


             
             
パッケージ表裏。
今回はガンダム+ガンキャノン×2のセットです。

         


まずは、ガンダムから見ていきましょう。


         
ガンダムの封入状態、及び付属品。

                 
                 
                 
                 
スペクリガンダムとしてはもう何体目?ってくらいのお馴染みガンダム。

構造や可動に関してはこれまでのスペクリ・ガンダムと同じなのでこちらをご参照ください。


         
ガンダム専用ビームライフル。これもこれまで同様の構造。


         
スコープとグリップが可動するので両手持ちが可能なのもこれまで同様です。


         
         
シールドの構造及び取り付け方法や取り付け箇所などもこれまでと同じ。


         
バズーカ…。

         
         
         
ビームサーベルの引き抜きからビーム展開までも同じ。


                 
でも、今回のガンダムには今までにはなかった武器が付属します。
それがこのビームジャベリン。

    
先端に、ビームエフェクトを付けてビームジャベリン!!

    
でも、このビームエフェクト部分がかなり重いので片手で持たせるのは一苦労。


    
「えいっ!!」


    
あと、スペクリガンダムでは始めて両手に平手が付きました。


             
スペクリガンダムはもうこれで打ち切りですかね…







続いては、ガンキャノン。

         
ガンキャノンの封入状態、及び付属品。

             
             
             
             
ガンキャノンの全身全景。
今回のスペクリの大本命はこちら。
(写真は「108」なのでカイ・シデン機)
スペクリならではのアレンジされたフォルムです。


         
         
首関節はボールジョイント接続となっているので可動しますが、後頭部のアンテナがキャノン砲に干渉するので
若干可動に制限があります。


         
腕の接続はダブルボールジョイント。
         
         
ガンキャノンの特徴的な肩アーマーもスペクリアレンジされ、カバーパーツがスライド可動します。

         
腕の引き上げ可動はこのくらいまで…。

         
上腕で横ロールし肘は二重関節なのでROBOT魂のように可動します。

         
         
前腕のこの部分でロール可動をします。

         
手首関節部分が斜めになっているので、この前腕の横ロールと相まって様々な方向に手を向けられるのが
特徴。

         
胴体…、腹部の可動。
胴体の形状は一部ガンダムと同じ形状になっているので、ガンダムばりの可動を持っています。
コクピットブロックにあたる部分の内側にはジャバラ状のパーツが仕込まれていて上体を反らすと中が
伺える仕様。

         

         
キャノン砲も可動します。


         
このキャノン砲ですがバックパックに収納できるアレンジが施されています。

         
バックパックの中央を軸にして持ちあげるように開きます。

         
その開いた部分にキャノン砲を背中側に押し込みます。


         
同じ展開を後ろから見てみます。


         
バックパックを開き…

         
キャノン砲を背中に押し込むように折り畳み…

         
バックパックをキャノン砲に合わせるように閉じれば収納形態にすることができます。



         
キャノン砲を収納するとかなりスッキリした印象になり…

         
         
キャノン砲と後頭部アンテナなどの干渉が軽減されるので頭部の可動は向上します。


         
腰周辺…
フロントアーマー、サイドアーマーは独立可動。

         
         
フロントアーマーの接続方法が独特で、股関節基部に接続されているのですが付け根がボールジョイント接続
になっているので、ご覧のように位置を変更できるようになっています。


         
太腿で横ロールもします。


         
そして、驚異の膝可動。
二重関節だけでなく、膝アーマーも分割する仕様。

先のドムもそうでしたが、スペクリの可動は膝に特徴がありますね。

         
その膝アーマーの中はモールドが施されています。
この部分にスミイレしても良さそうですね。

スペクリならではのアレンジでアンクルアーマー{「108」と書いてある部分)が存在し
この部分も勿論可動します。

         
開脚は180度限界まで♪

         
足首の可動も良好で設置性も抜群。
ガンキャノンは踏ん張った姿勢が印象なのでこの部分の可動は重要です。


         
ハンドパーツは左右武器の持ち手と…

         
左右平手が付属します。

         
ガンキャノン専用ビームライフル

         
スコープ部分は無可動ですが、造形はかなりリアルです。…少々大振りですが、デカイ武器は良い事だ♪


         
ガンダムと同じバズーカ。
これも、スペクリアレンジ(?)としてガンキャノンにも付属しますが、思えばこのバズーカは別にガンダム専用
というわけではなく、連邦バズーカなのでガンキャノンが装備してもおかしくはないですね。


         
肩に担ぐ場合は、キャノン砲を収納していたほうが担ぎやすいかもしれません。


         
アーマーシュナイダー…じゃなくて普通のコンバットナイフ。
ガンキャノン1体に1つ付属。

         
基本、砲撃戦仕様のガンキャノンに接近専用武器を持たせるというコンセプトのスペクリオリジナルの武器。


         
ガンキャノンなのにシールドも付属。
シールドそのものはガンダムやジムの物と同じ造形。

         
腕に装備させる場合はこの部分にカチっとはめます。


         
ガンダムのシールドとの違いは淵の色くらいです。
グレーになっており、キャノン砲や肩、爪先等と合うような色になっています。
一見、スペクリジムのシールドと同じかと思いきや、こちらのシールドのグレーのほうが若干濃いです。


         
リア部分の中央は…

         
ガンダム同様開くので…

         
バズーカをマウントする事が出来ます。


             
で、ライフル、シールド、バズーカを装備したスペクリならではのフル装備ガンキャノンの雄姿♪

             
             
             


             
             
こちらが僕らが知っているガンキャノン。
(シールドとバズーカがないだけ…)


   
108はカイ機。
109はサイド7でアムロの近所に住んでいた柔道少年機。

109も可動や付属品などは108と同じなので今回は割愛します。


        
        
ガンキャノン2体の違いは胸と足の機体ナンバーのみ。


   
「めぐりあい宇宙」において、ホワイトベースのカタパルトデッキで待機している状態(?)

 

以下、「スレッガーさんかい?早い、早いよ~」なアクション!

   
   
   
   
            

   
   
   
   

   

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ 総評、というか感想 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ガンキャノンらしからぬ動きを見せてくれるアクションフィギュアのガンキャノンは劇中を良い意味で裏切って
くれるので弄っていて楽しいです。
オリジナルの武器もいいですね。

設定では、ガンキャノンはガンダムより装甲があつく被弾してもなんのその!っていうことで元からシールドは
装備してないですよね。
ライフルもガンダムのライフルより高出力で掃射性が高いみたいなので、このスペクリのようにシールド装備
して、ライフルもあり、肩にはキャノン、接近戦でナイフを持っていればガンダム以上じゃん!と思ってしまいますが
パイロットが臆病者なのでダメなんですかね。



   
最後の写真は「驚異の可動を誇る連邦ズ」で。

ここまで出ればあとはスペクリ版ガンタンクを望むな、というのは無理ですかね?
ガシガシ動くガンタンクを見てみたいです。

このスペクリキャノンを基にROBOT魂でも一年戦争連邦軍を発売して貰いたいですね。

ということで、スペクリ・ガンダム&ガンキャノンでした。

ではでは。

『フィギュア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 書き換えられたOS | トップ | 今年もあと2ヵ月弱 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガンダム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事