Sliding Cafeマスターのブログ

トロンボーンを中心とした音楽ユニット「スライディング・カフェ」マスター岩崎浩のコラム

お盆

2018年08月12日 | Weblog
お盆に入りましたが、先日のフライヤーデザイン制作でレギュラー仕事の方がかなり滞ってしまったため、現在急ピッチで作業中。なんとかお盆期間中に通常ペースに戻したいところです。 ということで今年のお盆もお仕事モード全開です。決して仕事が大好きとかそういうのではなくて、これもフリーランスの音楽家として生きていくための生活スタイルの一部です。 . . . 本文を読む
コメント

フライヤー制作強化月間

2018年08月11日 | Weblog
11月に出身地島根県大田市での初公演のソロ・コンサート用フライヤー(チラシ)デザイン制作が終わり、ようやく懸念事項のひとつが片付いたと思いきや、今度は島根県大田市公演の2日前に行う奈良公演のフライヤーデザインを制作することになりました。が、先日制作した大田公演のデザインを元にテキスト情報だけを差し替えれば良いので、それ程時間をかけなくても出来そうです。 フライヤーデザイン制作は今後も増えそうなの . . . 本文を読む
コメント

フライヤー&チケットデザイン完成

2018年08月08日 | Weblog
11月に行う僕の出身地島根県大田市での初公演となるソロ・コンサート告知用のフライヤーとチケットデザインがようやく完成しました。この3日間はほぼそのデザイン制作にかかりっきり状態で、かなり疲れました。フライヤー、チケットのデザインをするのは今回が初めてで、普段ほとんど使ったことのないデザインアプリのため、なかなか自分のイメージ通りに作業が進まずフラストレーション溜まりまくりの3日間でした。最初は知人 . . . 本文を読む
コメント (2)

ライツ シルバー・クリーム

2018年08月05日 | 楽器・機材関連
半年ぶりにシルバークリームで楽器を磨きました。僕の使っている697Zはスライドが銀メッキ、ベルが金メッキなので、特にスライドは毎日クロスで拭いていてもだんだん酸化して黒ずんで来ます。この黒ずみは見た目がくすんで悪くなるだけでなく、音色や吹奏感にも影響して来るんですね。また銀メッキに比べて手入れが楽な金メッキも下地に銀メッキがかかっているので、その下地の銀の酸化による黒ずみが金メッキに浮き出て来ます . . . 本文を読む
コメント

ジャズ語

2018年07月31日 | レッスン
前回投稿記事の「ジャズの表現方法について考える」の流れから、今回はジャズ語について書いてみようと考えていましたが、いざジャズ語について書くとなると、かなり専門的な話題となり、おそらく楽譜や図解などを用いて解説しないと読んでいる人に理解してもらえないと思うので、詳しいジャズ語講座については、また時間がある時にでも書こうかと思います。が、真面目にジャズ語について解説するとおそらく1冊の本が書けてしまう . . . 本文を読む
コメント

ジャズの表現方法について考える

2018年07月27日 | レッスン
最近、特にレッスンにおいてジャズの表現方法について考えさせらることが多いです。20代、30代の頃は自分自身の演奏活動だけで精一杯だったので、仕事としてのレッスンはやっておらず、レッスンをやったとしても時々大学の後輩の面倒を見るような範疇においてアドバイスする程度だったので、個人個人の奏法、音楽表現方法にまで深く影響を与えるような’濃いレッスン’は行っていませんでした。40代半ば過ぎ頃からお仕事とし . . . 本文を読む
コメント

コプラッシュに取り組む意義

2018年07月21日 | レッスン
最近レッスンでコプラッシュのエチュードを取り入れているので、僕も日課練習としてやるようにしています。このエチュードは技術鍛錬のための練習曲がほとんどなので、普通に吹くとかなりぶっきら棒で非音楽的な演奏に聴こえてしまいがちです。特に技術的に未熟な奏者が吹くと、もう聴くに耐えないというか、まぁ厳しい〜、ですね。なので、最近僕が日課練習としてこのエチュードをやる時には、決して音楽的であるとは言えないこの . . . 本文を読む
コメント (2)

アドリブレッスン

2018年07月18日 | レッスン
今日は音大出身のフリーランス奏者の方のレッスン。前回に引き続き、ボサノバ、サンバなどのブラジル音楽におけるフレージング、ニュアンス、リズムのノリ方のレクチャーとアドリブフレーズの作り方についてレッスンしました。クラシックのレッスンで言うところのマスタークラス的なレッスン内容なので、僕自身もとてもやり甲斐を感じます。 ブラジル音楽とトロンボーンは本当によくマッチしますよね。 . . . 本文を読む
コメント

Bach 42BOF

2018年07月16日 | 楽器・機材関連
バック100周年記念モデルとして発売されたBach 42BOFです。といっても僕が買った訳ではありません。今日のレッスンの生徒さんが購入された楽器です。僕も少し気になっていた楽器なので、どんな感じなのか吹かせてもらいました。まず手に持った感覚として今までのバックのような重量感はなく、かなり軽いです。特にスライドはライトウェイトモデルかと思うほど軽いです。で、その軽さは当然吹奏感、鳴りにも影響してい . . . 本文を読む
コメント

感動(感銘)→落ち込む→やる気

2018年07月13日 | Weblog
自分の想像を超えた超人的な演奏パフォーマンスを観たり、聴いた時というのは大変な感動、感銘を受けますが、その直後に襲って来るものは、今の自分の実力では到底かなわない、あるいはこれからどんなに努力をしたとしてもその達人の領域には到底辿り着けないという事実を思い知らされ、もうトロンボーン演奏を辞めてしまいたい衝動に駆られます。約1週間は激しく落ち込んだ気分になり、練習意欲や向上心も完全失せてしまいます。 . . . 本文を読む
コメント