スイス漆喰外壁で北欧風の家づくり ~天然素材の家づくり記録と新築後の変化~

カルクウォール塗り壁とサイディングの外観 パイン無垢床材と天然素材インテリアで薪ストーブライフ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

石鉢を雨樋受けにしてみました。

2016-06-05 | 外講・エクステリア

中庭のバルコニー下は、雨が降っても濡れないため、乾燥しがちになります。

雨水は、雨樋を通じて地下のパイプで雨水桝へ流れていくので、地上へはまったく雨水が出ません。

雨水を生かすべく、雨樋を途中でカットして、某オクで購入した石鉢に一度雨水をため、こぼれた水を中庭に流すことにしました。

うまいこと雨樋の下に石鉢を置くことができました。

さらにもう一か所。

雨樋を隠すために花壇用の縁石を転用しましたが、ちょっとイマイチです(笑)

雨の予定でしたが、降りそうで降らなかったため、芝刈りを済ませました。

子供がサッカーをするのに綺麗になったので喜んでました。

ついでに、玄関側も綺麗に!

梅の木も剪定して伸びた枝をばっさりきりました。

南側のシラカシとモミジは雨が降ってきたので剪定できず・・・

某オクで落札した石鉢は偶然近くの方で引き取りに行きましたら、おまけに壺を譲ってくれました。左奥

ちょっと和風になりましたが、風情があるので雑草生えるより良しとしましょう。

雨水がどれくらいで溢れるか分かりませんが、とりあえず様子見です。

 

コメント