空色空のささやき

そよ風 そよ そよ 一人でひとりごと
そこから始まったブログ


今じゃおばさんだけど心は少女?

10月31日(月)天気予報は、晴れのち曇り。予想最高気温21℃

2016-10-31 22:47:00 | 空色空通信
今日は、夕方までは天気予報通りだったのに、夜遅くに降るって言ってた雨が夕方から降っています。
気温も昼間は昨日よりも2℃高い予報で暖かかった。
雨は夜中の間に降るみたいです。



今日は、ハロウィン🎃。
仮装している人達もたくさんいるようですが雨は大丈夫なのでしょうか。
私はハロウィンの仮装には興味はありませんが渋谷に行ってみたいです。

そう、DJポリスを見てみたいんです♪

どんな感じなのか見てみたい!
何人も居るのかな?DJポリス。
どんなことを言うのか聞いてみたいなぁ。




ケガや事故なく、楽しんでください。




コメント

行ってきた!姫路城④

2016-10-31 22:10:00 | お出かけ
大天守と小天守


身をなげたと言われるお菊井戸


しゃちほこ


西の丸へ続く坂道


百間廊下(写真をお借りしています)


西の丸から見た姫路城天守閣




姫路城は広かったです。
観光客でいっぱいだったってのもありますが長い時間見て回りました。

姫路城は遠くから見る方が白く見えると言うことが行ってみて分かりました。
今回、姫路城に行ったのは、せっかく大修理でシロスギ城になったのに早く行っておかないと直ぐに黒くなってしまうからね。
白い間に見ておきたかったんです。

あ、それともう一つ理由があったんです。それは、姫路市のイメージキャラクターのしろまるひめに会いたかったんです。
けど、残念ながらしろまるひめは山陽電鉄のイベントに行っていて姫路城を留守にしてました。
山陽電鉄の鉄道の日のイベントです。
しろまるひめは写真撮り放題らしいです。一緒に撮ることもできるみたいなんです。写真、撮りたかった。ほんと、残念です。
彦根城のひこにゃんみたいなユルーいパフォーマンスはないみたいですけど。
今年は二度、彦根城に行ってひこにゃんのパフォーマンスを見てきたけど、ひこにゃんはしろまるひめとは違って遠い存在でした。


この後、姫路城を出てアーケード街に行ってみました。
このアーケード街がまた大きいアーケード街で、全部歩くには大変な感じなので途中であきらめて帰りました。


帰りの中国道も事故渋滞でノロノロと動いていたら、また事故が起きて大変な渋滞になりました。
やっと吹田インターから中央環状線に入ったと思ったらまた事故です。
帰りは3ヶ所の事故渋滞で大変でした。




コメント

行ってきた!姫路城③

2016-10-31 11:15:00 | お出かけ
天守閣内の狭間


天守閣の骨組みの模型


階段も扉がついていた


武具庫


天守閣最上階にある神社


最上階からの眺め
コメント

行ってきた!姫路城②

2016-10-31 08:30:00 | お出かけ
大手門から入ります





三の丸から見た大天守







狭間(さま)




今回、狭間にめちゃ興味を持ちました。
弟君は、「何でそこに食いつく?」と言うのですが。
ただ、いろんな形の狭間がいろんな所にいっぱいあるんです。

コメント

行ってきた!姫路城①

2016-10-30 21:01:00 | お出かけ
往きの中国道で事故渋滞。中国道の事故渋滞ってことのは珍しくもない事ですが、渋滞に巻き込まれてしまった・・・   ぐぬぬ・・・
事故渋滞は10kmとナビさんが言ってました。

到着が遅れる。と言うことは、駐車場がいっぱいだったら困るなぁ。そんなことを思いながら姫路市内へ。
ところで駐車場はどこにあるの?
阪大歯学部附属病院の主治医の先生(姫路市在住)から、お城の前に地下の市営駐車場があると教えて貰ってました。
けど、その入り口が分からない。
探しながら運転していたら姫路城が見えました!(もちろん信号待ちに撮りました)

ナビ上に付近の駐車場を出してみるといくつもあるのですが、やっぱり入り口が分からない。
適当にこっち曲がってみよう。ぐるぐる回れば見つかるやろぅ・・・。


はい、見つけました。

いつもこんな感じな私。
なんとでもなるんだよね。
(そう甘くない時もあるけど)


心配する必要はありませんでした。
駐車場はぜんぜん混んでません。反対にガラカラでした。
車も止められて一安心。


さて、着いたのがお昼ですのでお昼ご飯を食べなくてはいけないのですが、どこに入ろうかとまよってるのも時間がたってしまうのでお弁当を買おうと言うことになりました。
お弁当を公園で食べてお昼ご飯はおしまい。
往きの中国道での事故渋滞でかかった時間を少し取り戻せたかな?と言うところです。

さて、姫路城に入ってみましょう。

コメント