Baker Street Trickster

ベイカー街のいたずら好きとでも思ってください。爪楊枝からミサイルまで幅広く話題を扱っていくつもりです。

ものっそい高い

2009-07-05 21:05:04 | 車・モータースポーツ等
レスポンスより、ヴェイロンvsマクラーレンF1という感じらしいですが。総額2億と高い対決ですねぇ。GT-Rあたりをカッチカチにゼロヨン用に同額のお金をかけチューンしたならばGT-Rの方が勝つと思うんですがね。そんなことは気にしてはいけないんでしょう。

主要諸元をwikipediaから借りるとこんな感じに(+トルクも併せてみました)

ヴェイロン

エンジン 8.0L W16 クワッドターボ
最大出力 1001PS
最大トルク127.5kgm
変速機 7速セミAT(DSG)
駆動方式 4WD
全長 4466mm
全幅 1998mm
全高 1206mm
車両重量 1888kg
最高速度 407km/h


マクラーレンF1

エンジン 6.1L V型12気筒 DOHC 48バルブ
最高出力 627ps
最大トルク 66.3kgm
変速機 6速MT
駆動方式 MR
全長 4,287mm
全幅 1,820mm
全高 1,140mm
車両重量 1,140kg
最高速度 391km/h


確かに馬力・トルクだけならヴェイロンでしょうけども、車重は圧倒的にマクラーレンが軽い。PWRで見ればマクラーレンの方が上?計算したら0.07勝ってました。まあ、ここまでくると誤差の範囲のような状況ですが。

で、レースはというと、スタートは軽いマクラーレンがリード。そもそもの時点でドライバーの腕の差もある為なんともだけれど。で、中盤以降はターボ炸裂のヴェイロンがブッチギリという。

ちなみに、レースをやった場合どちらが勝つか。
かちょー的にはマクラーレンを推したい。マクラーレンGTRだったら間違いなくそっち。理由はいたって単純。ヴェイロンはレースに不向きな体だから。

車体の重さはGTOといい勝負、馬力は本場のドラッグカーと比べた方がいい感じ、そんな車がコーナーをまがり、馬鹿みたいに加速する。確かに一発なら早いかも知らんけど、実際に何十周と走るには不向き。FSWでもNGでしょう。


※奥さん!今ならケーニグセグCCXが特価ですよ!去年の今頃は1億だったのが35%OFFでした!
そらそうや、日本人のお金持ちには名前が通らぬメーカーだろうし、ステータスでもないから金持ち相手にゃ売れないもん。メーカーが買って研究ってことも今のご時世じゃないだろうし、買うとすればレースドライバーだろうなぁ。

あとはマクラーレンF1 GTR。公道は無理でしょう。ただ、ノーマルとは違う濃厚なボディがなんともいえませんなぁ。
他にもノーマル仕様から、MC12、ゾンダFやフェラーリF40LM、ポルカレGTなど変態車が揃ってますから買ってみては?


あー、宝くじ当たらんかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 久しぶりに普通のチャリに乗ると | トップ | 昨日は満月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

車・モータースポーツ等」カテゴリの最新記事