ラベンダー日記

小さな幸せ

東山魁夷展・六本木ヒルズ

2018年12月05日 13時51分20秒 | 日記

 国立新美術館で開催されている「生誕110年 東山魁夷展」に行ってきました。20世紀を代表する日本画家の東山魁夷は、半世紀にわたり市川市の中山に住居を構え、創作活動を続け、戦後の代表作のほどんどがこの地で描かれていることを知り、同じ地域に住むものとして、とても身近に感じていました。画像や写真では見慣れていますが、実物をみるのは初めてで、その量感や質感に圧倒されました。今までにもいくつかの作品展に足を運びましたが、これほどの感動を覚えたのは初めてです。あまりの素晴らしさに言葉がありませんでした。特に印象に残った作品は、絶筆となった「夕星」です。

新国立美術館。

「緑響く」1982年 モデルとなったのは長野県茅野市 御射鹿池。

「東山魁夷 夕星」の画像検索結果

「夕星」(絶筆)1999年。夢の中で見た風景だそうです。

一緒に行った友人は、絵には興味がないからと一人で館内散策をしていました。せっかく来たのに…年齢を考えると、東京でこれだけの作品を見ることはもう出来ないかもしれないのに…人は百人百様です。

作品展のあとは、徒歩で10分くらいのところにある六本木ヒルズと敷地内にある毛利庭園、そしてすぐ隣にあるテレビ朝日に行きました。

毛利庭園から見た六本木ヒルズ。

毛利庭園。 思っていたより小さな庭園でした。

建物はテレビ朝日。

徹子の部屋のセットがありました。遠目でみた時は本人かと思いました。

クレヨンしんちゃん。

ドラえもん。 他にミュージックステーションのタモリや、ドラマ相棒の水谷豊などの等身大のフィギュアがありました。一階のショップではバラエティー番組のグッズやアニメキャラクターがたくさん販売されていました。

 

 

 

 

 

 

コメント

お出かけ&お泊まり 二泊三日

2018年11月28日 14時50分38秒 | 日記

 友人宅へお泊まりに行ってきました。初日は一般公開されて間がない豊洲市場へ向かいました。広くて整然とし、築地市場とはまるで雰囲気が違います。見学ギャラリーからガラス越しに見おろす競り場では、水産物や青果の取引はすでに終わり、ほとんど動きがありませんでした。どのフロアも混雑していましたが、特に飲食店街は大行列で、昼時なのに売り切れ店が続出していました。

二日目は昭和記念公園へ…爽やかな秋空の下で紅葉を楽しみました。澄んだ空気と風が心地よく、気持ちの良い一日を過ごしました。次回は550万本ものコスモスが楽しめるという季節に来てみたいと思います。

三日目は、時々テレビで取り上げられる江東区の砂町商店街へ行ってみました。昭和の風情が残る長~い商店街です。物価のあまりの安さにビックリ!です。さっそく今夜のお惣菜を調達しました。

一日目、友人宅に戻ってから写真のチェックをしていたら、どこに触れたのか見慣れない画面が…。キャンセルを押したら豊洲市場の写真が全部消えてしまいました。なので写真は二日目の昭和記念公園のみです。

昭和記念公園 西立川口を入ったところ。

みんなの原っぱ 大けやき。

絵はがきのようです。

園内を走るパークトレイン。

日本庭園。

亀の形に見えます。

立川基地を飛びだったヘリコプター。

そよぎの丘。すぐ近くに昭和天皇記念館があります。奥に見える建物は中央線立川駅周辺のビルや商業施設です。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コンサートと友人・遠い思い出

2018年11月16日 18時48分59秒 | 日記

 昔の職場の友人と二年ぶりにに会いました。今年開業した商業施設、ミッドタウン日比谷でランチをし、日比谷公園でゆっくりと過ごしたあと、銀座の街をウィンドウショッピングしました。栃木県在住の友人は、この日夕方からの東京ドームで開催されるポールマッカートニーのコンサートに行き、今夜は東京ドームホテルで宿泊です。来日公演がある時は毎回来ているそうです。

ビートルズが初来日した年、私は都内の女子高に通学していました。来日当日、校門や昇降口には先生たちが張り付き、まさに厳戒態勢でした。それでも示し合わせた三人がうまく脱出し、後日大目玉を食らいました。あれから50年以上が過ぎ、遠い昔の思い出になりました。

別の友人は、甲斐バンドの甲斐よしひろの大ファンで、年に四回コンサートに行きます。二人とも、その時を思い切り楽しみ、気分をリフレッシュすることで、また明日から頑張れると言っています。最後にはほとんど声が出なくなるとか……。ここまで夢中になれるものがある友人たちを羨ましく思いました。

日比谷公園から見た東京ミッドタウン日比谷。

建物の中はおしゃれな雰囲気です。

日比谷公園。人の姿もチラホラでした。

「ビートルズ」の画像検索結果

インターネットから引用。今ではポールとリンゴだけになり寂しくなりました。

「ビートルズ」の画像検索結果

当時、私が好きだったのはジョージハリスンです。

 

 

コメント

温泉&まつり&幸せ夫婦

2018年11月02日 17時55分07秒 | 日記

 この季節になると義妹と芦野温泉に行くのが恒例になりました。義妹が仕事を持っているので、連泊出来ないのが残念です。那須塩原駅に着くと、太鼓の音が鳴り響き、駅前広場で「那須野巻狩まつり」の大将鍋出陣式が行われていました。送迎バスの時間まで間があり、太鼓や舞を見物しましたが、神輿や大将鍋を載せた山車のパレードまでは見られませんでした。

私達の尽きることがない話の中で、今まで知らなかった弟の一面を知り、姉としてとても嬉しく思いました。義妹への労りの言葉、感謝の言葉、それに伴う行動力です。「〇さん(弟の名)を選んで良かった」との義妹の言葉に、二人の幸せ感が伝わってきました。私達夫婦には叶わぬ事ですが、弟夫婦がこれからも穏やかな日々を過ごせる事を願いました。

実の姉妹でもなかなか上手くいかない人が多いなか、私達二人はそれぞれに、周りの人達から羨ましがられたり不思議がられたり…の間柄です。

毎年10月の第四日曜日と、その前日の土曜日に開催されるそうです。

午後一時半頃ですが、どの鍋も空っぽでした。

芦野温泉ホテル。一軒宿です。

ホテル四階からの夕方の景色。

日が落ちるにつれて幻想的な雰囲気になってきました。

翌日、敷地内にあるテニスコートで若者たちのプレーが始まりました。

良いお天気に恵まれ視界も良好です。

 

 

 

 

コメント

工房からの風

2018年10月24日 14時41分21秒 | 日記

 「工房からの風」は、ニッケコルトンプラザで開催される野外クラフト展です。毎年この時期になると、土日の二日間連続で、数々の作品が展示販売されます。全国のクラフト工房から手作り作品が集まるイベントで、出展作家には受賞歴をもつ作家も多いそうです。

開場して間もない時間ですが、多くの人で賑わっていました。

「ニッケ鎮守の杜」の境内にも、テントがたくさん並んでいました。

洋服やバッグも展示されています。

陶磁。

ガラス。

漆器。

装身具。

竹細工。ほうき。ちりとり。

竹籠造りの実演。

ワークショップ。

出店数は約50店だそうで、いちばん多かったのが陶磁の出展でした。他に、染色、繍(ぬいとり)、革、木工などがあり、その他にも企画運営参加によるテントがたくさん出ていました。秋の日の数時間を、楽しみながらゆっくりと過ごすことが出来ました。テントに下がっている作家の名前、作家や来場者の顔が写り込んでしまい、思うような写真が撮れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント