re-tokyoの業務日誌

(株)東京住宅センターの店長が、日々の業務や出来事を心の赴くままに綴ります。

エアコンの誤解

2019-07-07 12:23:17 | 業務日誌
先日、インターネットの口コミサイトで見かけたのですが、

エアコンに関するありがちな誤解について取り上げてみようと思います。



私が見たのは

「エアコンが冷えない」というクレームでした。

話の要点としては、

冷房で設定温度を18度にしてもエアコンから出てくる風は20度台の前半程度。

メーカーに不具合だと訴えても相手にされない。だからこのメーカーはダメだ。

というものです。



これに対して

「18度設定で18度の風が出ないのは明らかな不具合だ。メーカーにもっと強く言うべきだ」

という他の方からの賛同する回答が複数ありました。



しかし知っている方は知っていると思いますが、これは明らかな勘違いです。


エアコンのリモコン表示される設定温度は、あくまでも「目標温度」です。

別のブログで電気工事業者さんも書かれていましたが、

現在のエアコンは概ね「吸い込んだ空気の温度を約10度下げて送り出す」ように動作するそうです。

ですから仮に室温が30度なら送風口では約20度に、

室温35度なら25度の風が出てくる理屈になります。

例えば上の例で20度の風を送り続けていると少しずつ室温が下がってきます。

28度に下がれば18度の風を送れるようになり、その繰り返しで設定された目標温度に達すれば動作を停止するわけです。

もちろん省エネ性能が重視される昨今ですから、

実際にはもっと細かい複雑な制御を行って電気代を節約するようにしているのだと思います。



もし最初の室温が40度あったなら、エアコンが正しく動作しても、出てくる風は30度もあります。

風が冷たくない、故障だとすぐ判断しないようにお願いします。

ただただ悲しい事件

2019-05-28 12:33:49 | 日記
川崎市で大変悲しい事件が起きてしまいました。

亡くなられた方、被害に遭われた方には心よりお悔やみ、お見舞い申し上げます。



当社は田園都市線沿線、現場の登戸は小田急線沿線で、車なら15分ほどの距離でしょうか。

現場は川崎市多摩区ですが、報道の映像では中原区や宮前区からも救急車が急行していたようです。



犯人とみられる男性は自傷の上で亡くなったようです。

本来言ってはならないことですが、

それなら何故、無関係の人を巻き込むのか、と思わずにはいられません。



被害者、関係者の方に1日も早く平穏が訪れることを願ってやみません。

4K・8K放送

2019-05-24 17:04:32 | 業務日誌
平成30年12月1日から4K・8K放送(以下まとめて「4K放送」とします)が正式に開始されました。

アナログ放送から地上デジタル放送へ切り替えたときも「とてもキレイだな」と思ったものですが、

その地上デジタル放送よりもさらに高精細な画質で映像が映される訳です。


しかし視聴するためにはクリアしなければならないいろいろな要素があり、

これらは非常に複雑に絡み合った問題となっています。



テレビやカメラ、パソコン用ディスプレイなど映像を表示するものでは

画面のキメ細かさを表すものとして「画素数」というものがあります。

テレビ等の映像は細かい点(画素)の集合体なんですね。



ちなみにそれぞれがどんな画素数なのかというと、

DVD  720×480

ブルーレイ 1920×1080

地上デジタル放送 1440×1080

BSデジタル放送 1920×1080(画面比16:9)

4K 3840×2160

8K 7680×4320


といった感じですね。

画面の大きさが同一なら、画素数が多いほど細かい点(画素)で画像が表現されるため、より高精細になるという訳です。



で、賃貸物件で考えたときにそこでは果たして4K放送が見られるのだろうか、という問題が出てきます。

結論から言うと残念ながら「分からない」という答えになります。



4K放送では画素数の多い分、テレビへ送られる情報量が格段に多くなります。

単純に縦横比が2倍になれば面積比では4倍です。

残念ながら古い受信設備のままではこれだけの情報が送られてきても処理しきれなくなります。

つまりこの情報を処理できる4K放送対応のBSアンテナ、ブースター、同軸ケーブル、分配器、TV端子が必要になるのです。

具体的にいうと4K放送の信号は従来よりも高い周波数帯で送られるので、この周波数への対応が必要です。

しかし特に同軸ケーブルなどは一般に壁の内部を配線されているものなので、交換などの工事が出来ません。

古いケーブルのままでは高い周波数の信号が送れないので、結果その場合は「4K放送を見ることが出来ない」ことになります。

※なお現時点では、4K放送は地上波放送の予定はなく、BSデジタル放送のみとなっています。



この様に4K放送の視聴は様々な要素が絡むため、

現在以降の新築物件を除いて、残念ながら我々では確信を持ってのお客様へのご説明は出来ない状況です。

ご理解頂ければ幸いです。



さて一方のテレビ側も「4K対応」の製品は数年前から販売されています。

が実は、それらは4K放送を受信するための「4Kチューナー」が搭載されていません。


インターネット環境があれば、YouTube等の4Kコンテンツ(動画作品)なら表示はできますが、

BSの4K放送を見るためには昨年末頃から少しずつ発売され始めた「4Kチューナー搭載テレビ」か、

あるいは単独製品の「4Kチューナー」を従来の4K対応テレビにケーブルで接続して視聴することになります。

新元号

2019-04-01 11:54:31 | 日記
「令和」


いいですね。


漢字はシンプルですが、その字や言葉の響きに気品を感じます。


変わるのは5月からですけど。


平成に続き、どうか平和な素晴らしい時代になりますように。

火災警報器の大切さ

2019-02-03 15:24:40 | 業務日誌
この1ヶ月ほどの間に、一戸建ての火災によって家族みんなが被災するという痛ましいニュースが続いています。

そこから改めて感じるのは住宅用火災警報器の重要性です。



2006年に消防法が改正されて一般家庭にも火災警報器の設置が義務づけられ、

寝室、キッチン、階段ホールに警報器を付ける事になりました。

しかし特に各個人の自宅については法律上はともかくとして、

誰か第3者が点検に来る訳ではないので、結果として各人の自己責任になっています。



最近の火災事故の現場において、実際に火災警報器が設置されていたかどうかは明らかではありません。

ただ火災警報器が煙等を感知した場合はかなり大きな音で

「火事です、火事です」

と警報を鳴らしますので、

もしきちんと設置されていたなら、家族全員が命を落とすような結果にはならなかったのではないかと思うのです。



お正月のNHKである番組が放送されていました。タレントの出川哲朗さんが出ていた番組です。


採石場に一戸建てを模した建物を設置し、実際に火災を起こして、

それからどの様に燃え広がっていくかを実験していました。

1階の居間で火災が起きた想定です。


室内の戸がきちんと閉まっている場合、2階の部屋では階段ホールに煙が充満し始めて

ようやく火災に気がつくといった状態でした。

その時点で1階の居間は大きく炎上しており、既に1階へ降りての避難はかなり困難になっていました。

場合によっては2階の人が状況を確認しようと階段への扉を開けた瞬間、

一酸化炭素を始めとする有毒ガスによってあっという間に意識を失い命を落としてしまうかもしれません。



先日ホームセンターに行ったのですが、市販されている住宅用火災警報器は一つ2,000円程度です。

3個セット5,000円というものもありました。

せいぜい脚立とドライバー程度があれば自分での取り付けもできるものです。

まだ設置していないというお宅があれば強くお勧めします。

命あっての物種ですからね。