見出し画像

自撮り齋藤のEZ DO DANCE

秩父鉄道とEZ DO DANCE No,1 『武州荒木駅』

上下斜めマニアの自撮り齋藤と申します。

「上下斜めマニアってなんですか?」
「自撮り齋藤マニアってなんですか?」

そう、この質問は何十回とされているのに、どうしてもうまく答えることができないのです。んもー、なんというかですね、心のどこかにある「上下斜めが好き‼」「自撮り齋藤が好き‼」って気持ちを伝えるためには、コリャ書かなくてはいけないですね‼旅に出ます!!

2020.03.06
明日は休みだということで、急遽日帰り旅をしようと思いついたのは夜の11時。青春18きっぷを買うには5日分を消化できるか自信がなく、JR時刻表の路線図とにらめっこ。この時期はJRをはじめ、3月のダイヤ改正の時期が差し迫っており、乗っておきたい列車が何個かありました。わたくし斎藤としても、鉄道マニアとしての血が騒ぐ時期であります。普段は気にも留めていなかった列車が、いざ引退と知った瞬間からスイッチが入ります。しかし、それは時すでに遅し。


武州荒木駅

近年では葬式鉄という言葉ができたように、「その時点」から騒ぎ出す鉄道マニアの感情というか熱量は十分わかります。わたくし斎藤も、かつてはその中にいました。

武州荒木

人生につきまとう、失ってから気づくもの。永遠というのは、嘘の悲しい歌でしかありません。今日があれば明日が来るというのも残酷なもので、時の流れの中でしか生きていないというか、ただいるだけというか。


武州荒木

わたくし斎藤、存在しているでしょうか。まずは、武州荒木駅周辺で自撮りした写真です。この日は風が強く、使用しているほっそ細の三脚では倒れてしまうほどでした。髪もなびいていますね。

秩父鉄道は羽生から乗車し、ぶらり途中下車の旅です。武州荒木は駅舎がよさそうだったので降りてみることにしました。駅周辺はにコレといってありませんが、荒木団地という趣のあるマンション群がいいなあと思いました。

武州荒木

この旅では、秩父鉄道「秩父121きっぷ」を購入しました。創立121年を迎えることを記念し発売されたお得な乗車券です。3回分がセットになっていて4500円。6月30日まで有効で、急行列車にも乗車ができます。

武州荒木駅

駅周辺を一周して武州荒木駅に戻ってきてまた一枚。「EZ DO DANCE」と書いて「上下斜め(うえしたななめ)」と読みます。この旅のなかで、どこにも「上下斜め」の要素は出てこないと思いますが、一緒に3-2-1 EZ DO DANCE!!(上下斜め)していきましょう!!
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る