ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ

≪予想≫ジャパンカップ

 第35回 ジャパンカップ 
東京2400M、芝C・左、3歳以上、オープン、定量

◎ミッキークイーン オークス馬ならやれる
デビューから7戦して、すべてのレースで連対している超優秀馬。今年は、オークス(東京芝2400M)と前走秋華賞(京都芝2000M)を勝ってクラシック2冠を達成!桜花賞にも出走していれば、あるいは3冠牝馬が出ていたのではないか・・・と思わせる強さです。オークスで勝っているこの馬にとって、ジャパンカップは最高の舞台になります。過去には、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウオッカなど牝馬が活躍するレースだけに期待が高まります。一線級の古馬牡馬相手になりますが、斤量はオークスからマイナス2キロの53キロと超余裕。

○ラブリーデイ 能力開花が著しい
今年は、緒戦の中山金杯(中山芝2000M)で勝つと京都記念(京都芝2200M)でも勝って、2連勝!距離が長いと思われた阪神大賞典(阪神芝3000M)では6着、天皇賞(春)(京都芝3100M)では8着と連敗を喫しましたが、続く鳴尾記念(阪神芝1800M)で勝ってからは、破竹の勢いは止まりません。宝塚記念(阪神芝2200M)、京都大賞典(京都芝2400M)、天皇賞(秋)(東京芝2000M)とG1を含み4連勝をあげています。やや先行型ですが、あまり展開にとらわれないところも強みです。昨年までのイマイチさが嘘のように今年ブレークした5歳馬に期待が高まります。

▲アドマイヤデウス 叩き2走目で充実
今年緒戦となった日経新春杯(京都芝2400M)は骨折長期休養明けにも関わらず、乗り越えての勝利。続く日経賞(中山芝2500M)でも勝って2連勝をあげました。前走は骨折休養明けで天皇賞(春)(京都芝3200M)以来のレースとなる天皇賞(秋)(東京芝2000M)で11着でしたが、上がりは最速タイの33.4秒と大健闘。能力的には引けをとらないと思うので、ゲートをスムーズに出てうまく流れに乗れれば、面白いと思います。

以上3頭に

 やる気しだいの変わり種ゴールドシップ
 今年は、宝塚記念3着の実績がある4歳牝馬代表ショウナンパンドラ

外国馬からは、
 今年の凱旋門賞で5着だった3歳馬イラプト

を加えた6頭で、馬連・3連複ボックス勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「競馬予想」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事