ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ

競馬大好きひろりんの大胆不敵な競馬予想。

独自の視点であみ出した
〝ひろりん指数〟で人気馬をメッタ切り!?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

≪予想≫宝塚記念

2018-06-24 06:52:28 | 競馬予想
 第59回 宝塚記念 
阪神2200M、芝B・内右、3歳以上、オープン、定量

◎アルバート 豊富なスタミナ活かして
ステイヤーの代表格!今年は、阪神大賞典(阪神芝3000M)で勝ち馬レインボーラインからコンマ5秒差の4着、前走天皇賞(春)(京都芝3200M)では、同じく勝ち馬レインボーラインからコンマ6秒差の8着といまひとつですが、昨年末のステイヤーズS(中山芝3000M)では、後続に2馬身半差をつけて快勝!しかも、3年連続同一重賞制覇という偉業も達成しました。G1では、昨年キタサンブラックが制覇した天皇賞(春)5着が最高順位となっており、G1クラスでは、やや力不足なのかなぁという感じもします。でも、今回の手薄なメンバーならあるいは・・・と期待しています。大穴を狙ってみます!

○ステファノス 豊富な経験を活かして
14年10月の富士S(東京芝1600M)で勝って以来、勝ち鞍から遠ざかっていますが、昨年は大阪杯(阪神芝2000M)で勝ち馬キタサンブラックに4分の3馬身差、オールカマー(中山芝2200M)では勝ち馬ルージュバックから半馬身差のいずれも2着と時折好走しています。前走新潟記念(新潟芝2000M)では、11着と惨敗してしまいましたが、香港C(沙田芝2000M)の海外遠征後、トップハンデの58キロということもあり度外視して良いと思います。海外と言えば、15年のクイーンエリザベス2世C(沙田芝2000M)で2着に入着した経験もあり、経験の豊富さは一番かもしれません。こちらも穴馬になりますが、一長一短のあるメンバーが揃った今回の宝塚記念ならと期待しています。

▲サトノクラウン 昨年の勝ち馬
昨年の宝塚記念で2着のゴールドアクターに4分の3馬身差をつけて勝利しています。断トツの一番人気に推されたキタサンブラックが9着に敗れ、予定されていた海外遠征等が白紙となったレースでした。馬場が悪いと好走する傾向があるので、馬場の渋化は大歓迎!距離の守備範囲は、2000Mから2400Mなので、前走ドバイシーマクラシック(メイダン芝2410M)7着、前々走有馬記念(中山芝2500M)13着が度外視です。現在、阪神競馬場は芝コース重馬場です。良くなっても稍重かな~という感じですので、押さえておいて損はないと思います。

以上3頭に

 ファン投票1位でみんなが復活を待っているサトノダイヤモンド
 前走レコード勝ちで絶好調のストロングタイタン

を加えた5頭で、ワイド・馬連・3連複ボックスで勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!
コメント

≪ひろりん指数≫宝塚記念

2018-06-23 16:16:01 | ひろりん指数公開!!
 第59回 宝塚記念 
阪神2200M、芝B・内右、3歳以上、オープン、定量
馬番/馬名/指数/16:16現在単勝オッズ

6  アルバート/12 81.7(15番人気)
1  ステファノス/11 36.9(13番人気)
9  サトノクラウン/11 11.8(6番人気)
3  サトノダイヤモンド/10 4.5(1番人気)
10 ヴィブロス/10 8.2(4番人気)
5  ストロングタイタン/9 16.8(10番人気)
4  ミッキーロケット/8 12.0(7番人気)
13 ワーザー/8 10.5(5番人気)
15 ゼーヴィント/8 15.9(9番人気)
7  パフォーマプロミス/7 7.9(3番人気)
8  ダンビュライト/7 12.1(8番人気)
12 タツゴウゲキ/7 101.3(16番人気)
14 スマートレイアー/7 34.7(12番人気)
2  ノーブルマーズ/5 30.4(11番人気)
16 キセキ/3 5.5(2番人気)
11 サイモンラムセス/-4 43.9(14番人気)
コメント

≪予想≫安田記念

2018-06-03 04:45:02 | 競馬予想
 第68回 安田記念 
東京1600M、芝C・左、3歳以上、オープン、定量

◎サングレーザー 前走レコード勝ちで充実
昨年秋の仲秋S(阪神芝1400M・1600万円以下)を勝ってオープンクラス入り。初重賞挑戦となったスワンS(京都芝1400M)で、いきなりの勝利をあげています。続いて、初G1挑戦となったマイルチャンピオンシップ(京都芝1600M)でも、勝ち馬ペルシアンナイトからコンマ1秒差の3着と大健闘。年末の阪神C(阪神芝1400M)でもレコード勝ちしたイスラボニータからコンマ2秒差の3着と、斤量利も活用し、安定した成績をあげてきました。前走は、明けて4歳、斤量利もなくなったマイラーズC(京都芝1600M)で、2着のモズアスコットに1と4分の1馬身差をつけてレコード勝ち!この充実度には、目を引かれます。差し脚を十分に活かせる外枠からのスタートで、勝機も充分!

○スワーヴリチャード 目下2連勝中
昨年のダービー(東京芝2400M)では、勝ち馬に4分の3馬身差に迫る2着で惜敗。休養をはさんだアルゼンチン共和国杯(東京芝2500M)では、3歳馬にしては見込まれたハンデ56キロで出走し、後続に2馬身半差をつけて圧勝!続く有馬記念(中山芝2500M)でも、馬券にこそ絡みませんでしたが、勝ち馬キタサンブラックからコンマ2秒差と健闘。能力の高さは間違いないところです。明けて4歳になって緒戦の金鯱賞(中京芝2000M)でも、後続に半馬身差をつけて勝利。前走大阪杯(阪神芝2000M)では、昨年秋のマイル王ペルシアンナイトに4分の3馬身差をつけて勝利し、G1馬となりました。目下2連勝中で絶好調ですが、初距離なので少し割り引きます。

▲ペルシアンナイト マイルなら
昨年の皐月賞(中山芝2000M)2着馬。ダービー(東京芝2400M)では7着でした。休養をはさんだ富士S(東京芝1600M)では5着に敗れてしまいましたが、古馬G1初挑戦となったマイルチャンピオンシップ(京都芝1600M)では、メンバー中上がり最速で追い上げて、見事な勝利!G1馬となりました。年明け緒戦の中山記念(中山芝1800M)では、5着に敗れたものの、前走大阪杯(阪神芝2000M)では、勝ち馬スワーヴリチャードに4分の3馬身差に迫る2着と健闘しています。相手なり条件なりに走れる器用さがありますが、やっぱりベストはマイル。ここでも好走は必至です。

以上3頭に

 前走ヴィクトリアマイル4着も落鉄で不完全燃焼だったアエロリット
 海外遠征帰りでも、その能力は軽視できないリアルスティール
 東京マイルの申し子リスグラシュー

を加えた6頭で、ワイド・馬連・3連複ボックスで勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!
コメント

≪ひろりん指数≫安田記念

2018-06-03 04:24:40 | ひろりん指数公開!!
 第68回 安田記念 
東京1600M、芝C・左、3歳以上、オープン、定量
馬番/馬名/指数/4:27現在単勝オッズ

15 サングレーザー/17 4.8(2番人気)
1  スワーヴリチャード/16 3.4(1番人気)
5  ペルシアンナイト/15 7.3(3番人気)
14 リスグラシュー/14 9.8(4番人気)
11 リアルスティール/13 10.4(5番人気)
4  アエロリット/12 11.4(6番人気)
2  サトノアレス/11 12.4(7番人気)
8  キャンベルジュニア/11 35.6(10番人気)
9  レッドファルクス/11 13.5(8番人気)
13 ブラックムーン/9 67.3(13番人気)
6  レーヌミノル/8 106.2(15番人気)
7  ウエスタンエクスプレス/8 41.7(11番人気)
10 モズアスコット/8 15.8(9番人気)
12 ヒーズインラブ/6 49.9(12番人気)
16 ウインガニオン/5 68.7(14番人気)
3  ダッシングブレイズ/3 154.2(16番人気)
コメント

≪予想≫東京優駿(日本ダービー)

2018-05-27 06:20:31 | 競馬予想
 第85回 東京優駿(日本ダービー) 
東京2400M、芝C・左、牝馬、3歳、オープン、牡57キロ、牝55キロ

◎ダノンプレミアム 多少不安も力は上位
阪神芝1800Mで、後続に4馬身差をつけてデビュー勝ち。2戦目のサウジアラビアロイヤルC(東京芝1600M)では、2着のステルヴィオに1と4分の3馬身をつけてレコード勝ちし、能力の高さを披露しました。3戦目は朝日杯フューチュリティS(阪神芝1600M)では、2着のステルヴィオに3馬身半差をつけての貫禄勝ち。デビューから土付かずの3連勝で2歳王者となり、昨年のJRA賞最優秀2歳牡馬に選出されました。年明け緒戦の弥生賞(中山芝2000M)でも、2着馬ワグネリアンに1馬身半差をつけて勝利し、皐月賞での活躍が期待されていましたが、まさかの挫跖による出走回避となってしまいました。これまでも、使い詰めることなく間隔をあけて出走し、成績を残してきていますので、休養明けとなること自体には問題なさそうです。厩舎コメントでも、挫跖による心配はないとのことですし、調教では自己ベストタイムをマークするなど体調も良さそうです。実力を出せる状態にあると判断し、本命を打ちます!

○ワグネリアン 東京コースでなら
中京芝2000Mでデビュー勝ち。2戦目の野路菊S(阪神芝1800M)では、後続に2馬身半差をつけて勝利。デビューから3連勝目となった東スポ杯2歳S(東京芝1800M)では、後続に3馬身差の圧勝でした。休養明けだった弥生賞(中山芝2000M)では、メンバー中最速の上がり33.7秒で追い上げたものの、勝ち馬ダノンプレミアムには届かず1馬身半差で2着に敗れてしまいましたが、鬼の末脚には驚かされました。前走ダノンプレミアム不在の皐月賞(中山芝2000M)では、1番人気に推されたものの7着と惨敗。自慢の末脚も不発でした。脚質から中山コースよりは東京コースは合っていると思うので、今回こそその末脚に期待したいです!

▲ステルヴィオ 経験豊富で距離も大丈夫
東京芝1600Mでデビュー勝ち。重馬場だったコスモス賞(札幌芝1800M)で2連勝目をあげています。3戦目のサウジアラビアロイヤルC(東京芝1600M)では、レコード勝ちしたダノンプレミアムから1と4分の3馬身差の2着、続く朝日杯フューチュリティS(阪神芝1600M)でもダノンプレミアムから3馬身半差の2着とダノンプレミアムとのライバル合戦では、これまでダノンプレミアムに軍配が上がっています。前々走スプリングS(中山芝1800M)では、皐月賞馬エポカドーロにハナ差で勝っており、前走皐月賞(中山芝2000M)4着の借りをここで返したいところです。オークス(東京芝2400M)でロードカナロア産駒のアーモンドアイが勝利したことで、距離不安は払しょくされたように思います。最後の直線での叩き合いがどんなものになるのか、今からワクワクしています。

以上3頭に

 ダービー目標で調整されたブラストワンピース
 クラシック3冠を目指してほしいのでエポカドーロ
 皐月賞2着で意外に差がないサンリヴァル

を加えた6頭で、ワイド・馬連・3連複ボックスで勝負です

「ひろりん指数」を基に予想しています
指数も見てね!!

今年もやってきました
日本ダービー
今年は、残念ながら現地観戦はできませんでしたが、テレビの前で熱く応援したいと思います

皆さんも良いダービーを
コメント