猫でも理解出来る絵の描き方

・イラストをどのような手順で描くのか?の解説、説明をしています。
・麻雀とバイクが大好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【イラスト】デッサン・箱型

2012-12-12 | イラスト
LINEPOPにはまってしまいました。
もともとぷよぷよ、テトリスが大好きだったので、わかりきっていたんですけどねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

んー今日は箱型にしましょう。
ティッシュの箱とかサイコロとかっすね(*σ・∀・)σ

まず先生のお手本の物があるんでそれ見てみましょ。



サランラップですね。
ってかこれお手本でもらってるので、僕も描いてると思うんですけど、無いですね( ´_ゝ`)何故?

まぁ箱型の描き方の説明いきましょう。

昨日のおさらいにもなりますが、手前の物ほど線を濃く描きます。

そして、今日は三点透視図法を使います。
つまり今回消失点が「3つ」
これで形は描けるんです。
しかし影の付け方が特殊です。

僕の下手な画像を用意しましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ(笑)


濃くするポイントが2つありますね(`・v´・ )ノ
手前の上の角が影が濃くなっています。
そして、奥の上の角も濃くなっています。普通に描いていると分からない影じゃないかな?と思います(^^;;
ま、影って当たるとこで当然変わるんですが、やっぱりこう当たった方がかっこいい面があるんですよ。

例えば、人の顔でも真下から光が当たってたら不気味なイメージになるのと同じです。

つまり顔の無い物体のデッサンですから、影で表現する必要があります。

要するに、覚えてしまえ。
ということです。

実際に箱型を置いて見ても設置面の影は見えやすいですが、箱自体の影はすごいわかりにくい(^^;;

あと、光は地面に当たって反射するので、設置面付近は若干明るくなります。

以上
・三点透視図法
・影の付け方
・設置面付近は反射により若干明るくなる。
の3点を今回のまとめにします(^-^)/
コメント   この記事についてブログを書く
« 【イラスト】デッサン | トップ | 絵が描きたい人、上手くなり... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

イラスト」カテゴリの最新記事