広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あらためて・・・

2017-07-06 14:15:09 | 学研教室

 

子どもたちの力を伸ばすには、

一番大切なことがあります。

子ども達の力を信じて伸ばしてあげるための

基盤となる家庭。

子ども達の学力を伸ばすために家庭での学習環境は整っていますか?

学習スペースを確保してあげていますか?

学校からの宿題に目を通してあげていますか?

忙しくてなかなか完璧にこなせないものです。

しかし、こまめに子ども達にチェックを入れることが大切です。

家庭教育こそが一番大切。

子供も成長しているのですが、母親、父親も親として

成長しているのです。

お子様の成績が悪いからと

お子様の成績をせめても、不出来を嘆いてもどうにもならないのです。

小学生時代は、どんな時もお子様に寄り添うことが

おうちの方にとって一番大切なことなのです。

「がんばり」を見てあげてください。

「宿題がわかならい」と言ったら、「なぜわからないの!どうして!」と言わず

一緒に悩んであげてください。

小学生時代の能力の差はすぐに取り戻せます。

ただ、そのままわからないところを残して、自信を失っていくことが一番いけない。

どの子も素晴らしい能力をもっているのです。

(お教室では、わからないところまで戻って繰り返し復習、学習します!)

大切なお子様の能力を傍にいるおうちの方が見守ってあげることが

お子様の能力を伸ばすために一番必要なことです。

一緒に頑張っていくことが子どもたちにとって一番大切なことだと思います。

大人でも応援してくれる人がそばにいると、頑張れますね。

子ども達も同じ事です。子どもならなおさら、見てもらいたい!認めてもらいたい!ほめてもらいたいのです。

自信と不安は紙一重。

 

学研教室では、子どもとの会話を大切にしています。

子どもたちは一つ一つのことに一生懸命。

でもまだ子どもなので導いてあげることが必要です。

認めてあげると、さらに子どもたちは頑張ってくれるのです!

学研はなまる教室は、子ども達そして保護者の皆様との連携をとって

子ども達がもつ素晴らしい能力「読める力、考える力、やりぬく力」を育てています。

学研教室で取り組んでいること 今年の夏体験してみませんか?

夏だけの学習もできます(夏の特別教室)

夏の特別教室

 

 

コメント