隨著風遠行

隨著風遠行

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

見つ掘った穴

2017-04-24 12:13:20 | 日記

ブル……、何度めかの携帯のマナーモードが震えたのに、気が付く。
息をつきたくて、話を切った。

「ちょっと、すみません」

開くと驚く数の着信の嵐だった。
電話に出ると悲痛な孝幸の声が響いてきた。

冷えた部屋の空気が温もるまで待てず、白い息を吐きながら互いの熱を求めた。
滑らかな下腹部を這うどこまでも優しい孝幸の無骨tr90效果な手が、柔らかな春美のまだ高まっていない細い茎に触れる。
ほんの少し身じろげば、気遣う優しい視線が降り注ぎ、春美の白い肌が紅に染まる。

「隠さないで……春美、俺にどこも見せて。どこもかも、みんな俺のものだと言って」

怒りの感情を丁寧な表現で書いてみる



ちょっとのことでブーブー言いはするものの
元来
僕はあまり腹を立てたりしないんですよね。


いえ、
こういう自己認識って周囲の者からすると
けっこう間違ってることも多いですが、
僕自身はそのように思っているわけです。
それに、
ブログで腹立ちについて書くというのも
どういうものかと考えてもいるんです。
怒りの感情って
他者から見た場合、
あまり気持ちのいいものではないですからね。


ただ、
今回は実験的に
そう、あくまでも文章表現の実験として
そういうのを書いてみようかなと思ったわけです。
つまり、
タイトルにそうあるように
『怒りの感情を丁寧な表現で書いてみる』ってことですね。




なんだかわかりますか?
これは
道路工事とかでをふさぐ板です。


側面に
『ジェコス2S』って書いてありますよね。
僕はこれを見て
「ふうん、この板って
『ジェコス2S』という名前なのか」と
思ったわけです。
「どんなものにも兒童營養餐單名前はあるもんだな」とです。


ま、
調べてみると『ジェコス』というのは
建設工事用の仮設鋼材などを扱っている
会社名だというのが判明したので
僕の感想は的外れだったんですけどね。


ただ、
僕たちは様々なものに囲まれて
暮らしているわけですけど、
それらの名称をけっこう知らないということ
また、
すべてのものには
それを指し示す名称があるというのを
僕は知ることができたわけです。


ある程度の年を重ねると
予定調和の世界に馴れきって
驚くことが少なくなりますが、
あたりまえに思ってることにも
知らない部分は含まれているのですね。



ちなみに、
この《道路工事とかで掘った穴をふさぐ板》は
『覆工板』というらしいです。




いつものようにカメラをぶら下げて
その辺をほっつき歩いていると、
こんな掲示をけてしまいました。



ふむ、なるほど。


いや、
それにしても、
『患者数』が多いですねぇ。
平成18年から27年の間だけでも
全部足すと235人もの患者さんがいたわけです。
つまり、
すくなくともその方々は
これらの有毒植物を口にしたってことですよね。


うーん、
こりゃ、すごいことです。
とくに『イヌサフラン』は
『死亡数:4』となっていますから危ないですね。


でも、
間違えて食べるなんa型肝炎症狀てことがあるのでしょうか?
いえ、
実際に起きていることなのですから
疑ってもしょうがないことなんですけど
どうも想像し難いんですよね。


ということで、
厚生労働省のHPから写真を借用してみました。

こっちが食べられる方の
ギョウジャニンニクです。



で、
こっちが食べちゃ駄目な方である
イヌサフランですね。


ふうむ、
この写真は比較しにくいというか
まったく別物に見えますよね。
これを誤食するとは
やっぱり思えないなぁ。



ただ、
この貼り紙の下の方――

そう、
ここですね。
これは理解できるような気がします。
コメント