ばばの気まぐれ日記

「始める事さえ忘れなければ人はいつでも若くある」マルチィン・ブーバー (オーストリア出身のユダヤ系宗教哲学者)

3月31日桜情報(城址公園)

2007-03-31 15:21:05 | blog
肌寒い花曇の中を桜のご機嫌伺いに行ってまいりました。場所によっては7分咲きのようなソメイヨシノもありましたが、未だ3分程度でしょうか?花弁の傷みも無く美しいソメイヨシノを観賞出来ました。早ければ早いだけ花が美しいですね。明日の天気が気になります。ここ数日が見ごろかと思います、とても楽しみです。夜は9時までライトアップされているようです。お楽しみください。 詳しくは「はてなダイアリー」に写真を載せ . . . 本文を読む
コメント (5)

桜情報..「家の前の街路樹の桜」

2007-03-29 21:37:32 | blog
桜情報。。。暖かい一日でした。半袖でも良い位でしたが、夕方はやはり寒くてセーターを放せません。我が家の前にある街路樹の桜が開花しました。まだ数えるほどです。この分なら4月1日の撮影会は城址公園の桜も期待できるでしょうか? . . . 本文を読む
コメント

23日桜の情報

2007-03-24 21:19:06 | blog
お花見のシーズンである。城址公園に桜の咲き具合を見に行ってきた。 通りすがりの3人の中年の女性がなにやら話し合っている。(サークルの担当者と思しき)その中の一人「桜の見頃は何時になるのか」と?尋ねてきた。こうしてチョコチョコ見に来ているんだけれど、「こんな担当になるんじゃなかった!」とぼやいていた。 分かります、分かりますぅ~。。。今年は暖かいとはいえソメイヨシノはまだまだ蕾がねぇ~。予測は難しい . . . 本文を読む
コメント

佐倉城址公園さくら案内

2007-03-22 19:08:59 | blog
 「日本100名城」の中に『佐倉城址公園』が入っている事を知らなかった。灯台下暗しである。友人から佐倉観光協会が発行しているパンフレットを頂いた。47種類930本の桜が植えられているその場所と種類(名前)が城址公園の案内図に丁寧に纏められている。 我が家の前の並木も桜が植えられているがもう咲き始めているピンクの濃い桜とソメイヨシノらしき桜と2種類が植えられているが、このパンフレットのお陰で桜の名前 . . . 本文を読む
コメント

口コミ情報!「痒い所に手が届く」

2007-03-19 19:11:07 | blog
 今日は久しぶりにマル一日何の予定も入っていない、そうだっ!美容室へ行こう! 髪の毛が纏まらないのは誰でも嫌な事だ。最近ベイシ○に入っているテナントの美容室が安くてとても上手だと(仕事仲間内で)評判だ。 指名すると¥200かかるが、『痒い所に手が届く』中村さんを指名させていただいた。 今日はカラーリングとカット。 シャンプーの時気がついたことだが、(中村さんのシャンプーは素晴らしい)何処の美容室へ . . . 本文を読む
コメント (2)

笑いカワセミに話すなよ!

2007-03-13 19:27:19 | blog
40年以上も昔、仙台に住む叔母が10歳離れて生まれた3男が未だ幼稚園児だった頃歌っていた「子供の歌」の一部を思い出した。 『犬の散歩』のアルバイトで調整池を散歩していた時のことだ、美しいコバルトブルーの羽を羽ばたかせて、葦の辺りに鳥が止まった。ヤッタ~。。「待ちに待ったカワセミの姿である」あぁ~っ!カメラを持っていない!そうだ携帯で写そう、大急ぎでカメラにセットをしたが間に合わなかった。水面間際 . . . 本文を読む
コメント (9)

「思いのまま」

2007-03-10 08:26:09 | blog
水戸偕楽園の観梅 予定していた友人が行けなくなったので良かったら参加しませんか?というお誘いに「ハイハイ!」と二つ返事で、昨日は水戸偕楽園の観梅となった。 水戸の梅の木の剪定は今まで見た梅の木の選定とはまったく違った風情である。 水戸の梅は一口で言ったら、「思いのまま」に咲いている風情なのだ。伸びやかに一つ一つの枝が勝手気ままに咲き乱れていると言う今までに無い光景を眼にする事が出来た。梅と言えば . . . 本文を読む
コメント

今日は春の様な陽気

2007-03-04 14:33:30 | blog
三寒四温と云う言葉通りに今年も季節が変わって行くのであろうか?本当に3日ほどは肌寒い日が続いたと思ったら、今日は打って変わって本当に暖かい良いお天気だ。花の芽があちらこちらから出ている。 「芝生も青いのが出ている!」と思いきや、それは雑草なのだ。先ずは雑草取りから庭仕事が始まる。さて今年はどんな庭を目指そうか? 「ガチャ」ポストを開ける音がする。」花の種が入っているチラシ(ヒ○○回線の会社のチラシ . . . 本文を読む
コメント